ほむか速報!まどマギ SS マギレコ まとめ【魔法少女まどか☆マギカ】

魔法少女まどか☆マギカのSS、フィギュアやグッズのレビュー、マギアレコードなどを主に取り扱っています。

魔法少女まどか☆マギカの自作SSや、ねんどろいど、キューポッシュをメインにしたフィギュアやグッズのレビューがメインのブログです。
現在はマギアレコード(マギレコ)の感想なども行っています。

こころとまさらwithあいみ『海デート編』【48】



れん「………」

れん(梨花ちゃんが彼を作る………)

れん(………)

れん(……ダメ…)

梨花「あー…あはは、あれは…あの時のアタシ自棄になってたからね」

梨花「女の子が好きな自分を誤魔化そうとしてたから…」

マミ「そうだったのね、通りで違和感があったわけだわ」

梨花「え?違和感?」

マミ「あの時の綾野さん、どこか無理してるように見えたのよ」

マミ「我慢してると言うか」

梨花「あはは、バレちゃってたんだね」

梨花「アタシ、あの時はまだ失恋したの引きずってたかんねー」

マミ「そ、そうだったの?」

梨花「もうこの際言っちゃうけど、アタシが魔法少女になったワケって」

梨花「片想いしてた女の子と恋人になるためだったんだ」

マミ「!」

梨花「でも…やっぱり無理矢理恋人になってもねー…」

梨花「だからアタシから別れを切り出したんだっ」

マミ「そう…そんなことが…」

梨花「そ、だからアタシの初恋は無理矢理みのったんだ…」

梨花「しかもアタシから別れてさ…」

マミ「…」

梨花「けどね、今度こそ無理矢理じゃなくて、ちゃんと恋人作ることができたのっ」

梨花「それが、れんちゃんなんだっ♪」

マミ「ふふ、なるほどねぇ。だからあんなに五十鈴さんのことばかり話してたんだ」

梨花「そーゆーことっ♪」

梨花「ねっ、れんちゃん?」

れん「………」

梨花「…れんちゃん?」

マミ「…?」

れん「…ダメ…」

梨花「えっ?」

れん「ダメっ!ダメですっ!」ガシッ

梨花「わぁっ?」

マミ「!?」

れん「梨花ちゃんは私の恋人です…!誰にもわたしたくないっ…!」ギュー
梨花「れ、れんちゃん!?///」

マミ「あら、これは…」

れん「梨花ちゃん…!梨花ちゃんっ…!」ギュー
梨花「……ふふ、大丈夫だよ、れんちゃん」

れん「……」ギュー
梨花「私が好きな人はれんちゃんだけだよ?」

れん「!」
梨花「私だって、れんちゃんを誰にも渡したくないよっ」

れん「…梨花ちゃん…」

梨花「大好きっ♪///」

れん「はい…私も…はい///」

マミ「うんうん」

梨花「そーゆーことだから、マミちゃん」

マミ「ごめんなさい、余計なことを言ってしまったわ」

梨花「ううん、逆にそのおかげでれんちゃんの本音聞けて良かったよっ♪」

梨花「マミちゃんも彼か彼女できたら、ダブルデートしようね!」

マミ「ふふふ、わかったわ。何時になるかわからないけどね」

梨花「マミちゃんならすぐできるよっ♪」

マミ「ありがとう、それじゃあ私は行くわ」

梨花「うんっ、またねー」

梨花「じゃ、アタシ達も行こっか、れんちゃん♪」

れん「はい…♪」



マミ「そっか、綾野さんと五十鈴さんは恋人になっていたのね」

マミ「さっきの二人といい、鹿目さんと暁美さんといい」

マミ「魔法少女同士の恋人って増えているのかしら…?」

マミ「本人はすごく否定してるけど美樹さんと佐倉さんも怪しいのよね…」

マミ「…ん?」



こころ「あっ、まさらほっぺについてるよ?」

まさら「わたあめって意外と綺麗に食べにくいわね…」

こころ「えいっ」ペロッ

まさら「っ?///」

こころ「えへへ…///」

まさら「…も、もう///」

あいみ「ふふっ」



マミ「さっきの…本当に魔女の影響ではないのね」

マミ「あんなに恍惚とした表情をしていたから…いえ、言い訳はダメよね」

マミ「誰かを好きになったことがないから私にはまだ気持ちがわからないわ…」

ドンッ

マミ「きゃっ?」

ももこ「わっわわわっ」

みたま「!…えいっ♪」

ももこ「ばっばか!ひっぱったら…わぁぁぁっ!」バタン
みたま「やーん♪」バタン

マミ「ごっ、ごめんなさい!」

ももこ「い、いや、倒れたのはこいつがひっぱったから…おい!」
みたま「今日のももこは積極的ねぇ♪」

ももこ「おいっ!?」
みたま「ふふ♪」

マミ「あら?八雲さん…?」

みたま「あら」

マミ「あ」

ももこ「あ」

マミ「ど、どうも…」

ももこ「あ、ああ…」

マミ「…」

ももこ「…」

マミ&ももこ(気まずい!)

みたま「あらあらぁ?二人とも黙ってどうしたの?」

ももこ「あーいや…なぁ?」

マミ「え、ええ…」

みたま「ももこと面識があったのね」

マミ「ま、前に神社で…」

ももこ「はは…」

みたま「ふぅん」

女の子「ちょっと目を離したらまた!」

マミ「あっ」

女の子「マミ!迷惑かけたのですか!?」

みたま「!!?」

マミ「えっ?あ、いや!そう言うわけじゃ!」

なぎさ「なぎさにはわかるのです!どうせまたマミの早とちりなのです!」

マミ「い、今は違うわ!」

なぎさ「じゃあこの空気の悪さはなんなのですか!こっちにくるのです!」

マミ「どうしてこうなるの~!」ズルズル

ももこ「な、なんだったんだ?」

みたま「…今の女の子、かなりの手練れね」

ももこ「うん?そうか?まぁ巴さんを引きずっていったけど」

みたま「おそらく見滝原の魔法少女よね…調整屋がいるわけでもないのに」

みたま「見滝原の魔法少女のレベルの高さは何なのかしら…」

ももこ「…?どうしたんだよ?」

みたま「…ううん、なんでもないわ♪」

ももこ「?変な調整屋だな」

みたま「それよりも、あそこにいるのまさらちゃん達よね?」

ももこ「ん?あ、そうだな…あれ?いつも以上にいちゃついてる…あっ」

みたま「上手くいったみたいねぇ」

梨花れん

image

こころとまさらwithあいみ『海デート編』【47】



あいみ「これで両片想いから両想いになれたんだし」

あいみ「私の役目も終わったかなー」

こころ「え?」

まさら「終わる?」

あいみ「そりゃもう二人は恋人なんだから、二人っきりが良いでしょ?」

あいみ「だからこれまでみたいに三人でいろいろすることも減らそうかなって」

こころ「な、なんで?」

あいみ「なんで?って、だから二人っきりが良いだろうし」

まさら「それとこれとは別よ…」

こころ「そうだよ、あいみだって大切な友だちなんだよ?」

まさら「あなたを除け者にするなんて絶対にできないわ」

あいみ「こころ…まさら…」

こころ「それに次はあいみの番なんだからね?」

あいみ「私の番?」

まさら「お互い片想いだと思っていた私達が恋人になれたんだもの」

まさら「少なくともあいみは両想いなのがわかっているのだから」

まさら「次はあいみが伊勢崎くんに告白する番よ」

あいみ「うぐ!?」

こころ「大丈夫だよ、私達も全力で応援するから!」

あいみ「あ、え、えーっと…ま、まぁそれはこれからと言うことで!」

あいみ「まずは二人のお祝いだよ!まだお祭りは終わってないんだし」

あいみ「いろんな屋台見よう?ねっ?ほらほらっ!」

こころ「…」

まさら「…」

あいみ「う…」

こころ「ふふっ、そうだね。あいみの気持ちはよーくわかるし」

まさら「私もあいみを急かす立場じゃないわ」

あいみ「ほっ」

まさら「それじゃあ行くわよ」

こころ「うんっ!」

あいみ「よーし!いこいこー!」

暫くして

れん「……」ギュッ

梨花「♪」ギュッ

れん(梨花ちゃんの手…あたたかい…)

れん(このあたたかさだけで、私の心が満たされてく…)

れん(でも…梨花ちゃんを私なんかが独り占めしちゃっていいのかな…)

れん(本当に私なんかで良かったのかな…)

梨花「ちゃん」

れん「……」

梨花「れんちゃんっ」

れん「っ?は、はい」

梨花「どしたの?今日のれんちゃんずっとボーっとしてるよ?」

れん「そ、それは…」

梨花「どこか具合悪い?休む?」

れん「そうじゃない、です…はい…」

梨花「ほんと?」ジィー

れん「っ…」

れん(梨花ちゃんの真っ直ぐな瞳は私には眩しすぎるのかも…)

れん(でもそれ以上に…)

れん「かわいい…」ボソッ

梨花「へ?」

れん「あ!?な、な、なんでもないです!」

梨花「…そっか!」

れん「う、うん…」

梨花「…えへへ、れんちゃんもかわいいよっ♪」

れん「え!?///」

梨花「それにれんちゃんはアタシの自慢の彼女なんだもん♪」

れん「り、梨花ちゃん///」

梨花「アタシね、こうやって好きな人と一緒に過ごすこと憧れてたんだーっ」

梨花「前はね…罪悪感しかなかったよ、だから私から別れたんだ…」

れん「それって…」

梨花「…うん、キュゥべえに願って彼女になってもらった子」

梨花「結局虚しいだけで後悔しかなかったんだ…」

れん「……梨花ちゃん…」

梨花「でもねっ、れんちゃんは違うのっ!」

梨花「キュゥべえなんかのちからじゃない、アタシの…ホントのアタシの想いをれんちゃんに告白して」

梨花「それで彼女になってもらったの」

れん「…うん」

れん(梨花ちゃんから告白された時…世界が止まったように見えて…)

れん(あれからはずっと夢を見ているような感覚…今も…)

れん(私なんかが梨花ちゃんの彼女になれるわけないから…)

梨花「アタシね、れんちゃんにオッケー貰った時のことは一生忘れないよっ」

れん「…!」

梨花「れんちゃんはアタシの…本当の私の夢を叶えてくれたんだもん」

れん「梨花ちゃん…」

梨花「私の夢はれんちゃんにしか叶えられないの、だって私の好きな人はれんちゃんなんだから」

梨花「だからね、『私なんか』だなんて思わないで欲しいの」

れん「っ!?な、なんでそれを!?」

梨花「んー…ふふっ、恋してるとね、好きな人が何考えてるのかわかるんだよっ♪」

れん「そ、そうなの…!?」

梨花「うんっ♪」

れん「……!」

梨花「アタシ、ほんとーーーにれんちゃんのこと大好きだからっ!」

梨花「だからこれからもよろしくねっ!」

れん「…は、はい…っ!」

??「あっ、綾野さん!」

梨花「ん?あっ、マミちゃん!」

マミ「綾野さんも来ていたのね!それにたしか…五十鈴さん!」

れん「えっ?し、知ってるんですか?」

マミ「ええ、佐倉さんから聞いてたのもあるけれど」

マミ「綾野さんがいつも話してくれていたから」

れん「そ、そうなんですか?」

マミ「ええ!本当に大切な友だちなんだって思ったわ」

梨花「あはは、ちょっとハズいかも…///」

梨花「でもね、マミちゃんちょっと間違ってるよ?」

マミ「ん?」

梨花「大切な友だちじゃなくて、大切な彼女だから!」

マミ「!!」

れん「…///」

マミ「あ…そ、そうだったのね!」

梨花「びっくりした?」

マミ「ええ、まぁ…前に一緒に彼を作ってダブルデートって言ってたから…」

れん「えっ」

梨花「あっ」

マミ「?」

クールマミ

image

こころとまさらwithあいみ『海デート編』【46】



あいみ「でもまぁこれで晴れて二人は恋人同士ってことなんだもんね」

こころ「うんっ///」

まさら「ええ///」

あいみ「ほんと良かった…一時はどうなるかと思ったけど、これで安心できるよ」

こころ「なんだかいっぱい迷惑かけちゃってたみたいだね…」

まさら「…ごめんなさい」

あいみ「いやいや迷惑だなんてこれっぽっちも思ってないよ」

あいみ「そりゃあれこれ心配はしたけど、まさらが自覚すれば時間の問題なのはわかってたし」

まさら「…///」

こころ「自覚…」

あいみ「うん、まさらって無自覚なだけで結構前からこころのこと好きだったからね」

こころ「だから気がついたら好きになってたって…///」

まさら「そうなるわね…///」

あいみ「まさらってさ、いろんな意味で人形みたいでしょ?」

まさら「否定はできないわね…感情が乏しいのだし…」

あいみ「こころ以外の前ではね」

まさら「っ///」

こころ「えへへ…///」

あいみ「でも、まさらって初めて話した時からこころのこと気になってたんだよね?」

まさら「そうね…何故だかはわからないけれど、こころのことをあの時から少なからず考えていたわ」

あいみ「それってさ、一目惚れなんじゃないの?」

こころ「え///」

まさら「一目惚れ?いえ、でもこころの存在自体は以前から知っていたわ」

あいみ「でも喋ったりとかはなかったんでしょ?」

まさら「そうだけど…」

あいみ「ちゃんと向き合って初めて話したその日から、こころのことが気になってたんだから」

あいみ「それもう一目惚れで良いと思う!」

まさら「そうなるの…?」

こころ「ま、まさらが私に一目惚れだなんて言い過ぎだよ///」

あいみ「そう言うこころだって、まさらのこと昔から気になってたじゃん」

こころ「え?」

あいみ「まさら知ってる?こころって昔はさ」

まさら「廊下ですれ違うときに振り向いてくれていたと聞いたわ…///」

あいみ「振り替える?いやいやそんなもんじゃないって!」

こころ「あっ///」

まさら「?」

あいみ「中学の時から、こころとは話すことあったんだけど」

こころ「ま、まって///」

あいみ「こころってば『加賀見さん今日も綺麗だったー!』とか『加賀見さんと目があった♪』とか」

あいみ「『加賀見さんって彼氏いるのかな…』とか『加賀見さんって女の子とでも付き合えるのかな…』とか」

まさら「…!」

こころ「そ、そんなこと言ってたの?///」

あいみ「普通に考えて、こころがまさらのこと好きなのバレバレなんだけど」

あいみ「何故かこころは誰にもバレてないつもりだったんだよね」

あいみ「今も変わってなかったけど」

こころ「わあああああ///」

あいみ「しょっちゅうまさらのこと話してたんだよねー」

まさら「中学の頃から?でもさっきはそこまでは言っていなかったけど…」

あいみ「こころも自覚なかったんだよ、あの頃からまさらが好きだったなんてさ」

こころ「あ、あの頃は私もまだあんまりよく考えてなかったから///」

あいみ「むしろ高校になってからは、中学の時よりかはまさらに関して大人しくなってたから」

あいみ「最初はまさらのこと諦めたのかと思ってたんだけど」

あいみ「気がついたら魔法少女になってて、ペア組むようになってたからさ」

あいみ「それ知った時はびっくりしたし納得もしたんだよね」

こころ「私もまさかあの加賀見さんが魔法少女で、しかも私を助けてくれるだなんて思わなかったから…」

まさら「あれは本当に偶然だったものね」

あいみ「ほんとにそう?」

まさら「え?」

あいみ「まさらって極力他の魔法少女とは干渉しなかったんだよね?」

まさら「ええ」

あいみ「もちろん、ピンチの魔法少女を助けることはあっても」

あいみ「基本ステルスで人知れず助けるんだよね?」

まさら「そうね」

あいみ「じゃあなんで、こころの時は姿をちゃんと現してこころを守るナイトみたいになってたの?」

まさら「!」

こころ「わ、私だけなの?」

まさら「あ、いや」

あいみ「あれもさ、無意識かどうかはわからないけど、こころと話すきっかけがほしかったんじゃない?」

まさら「っ!?」

こころ「きっかけ…」

あいみ「だってそれからはまさらってかなりの頻度でこころと一緒になってったでしょ?」

まさら「…こころが傷付くところを見たくなかったからよ」

あいみ「その理由がわからなかったんだよね?」

まさら「ええ…」

あいみ「でも今ならわかってるんだよね!」

まさら「……こころが好きだったからよ///」

こころ「まさら///」

あいみ「そ!つまりまさらは出会って間もない頃からこころの事無意識のうちに好きになってたんだよ」

あいみ「つまり一目惚れ!」

まさら「そう…なのかも///」

あいみ「こころも中学の頃、まさらと話してもないのに好きになってたんだから」

あいみ「こころも一目惚れでしょ?」

こころ「そうかも///」

あいみ「つまり二人とも一目惚れしてたんだよ!」

あいみ「でも、こころはずーっと片想いだと思ってて」

あいみ「まさらはこころを好きになってる自覚がなかった」

あいみ「つまり無自覚片想いだったの!」

あいみ「二人は今までずーっと両片想いだったってわけ!」

こころ「そっか、私たち…///」

まさら「ずっと両片想いだったのね…///」
あけみふうふ!
www_dotup_org3517771
記事検索はここでガンガンやっちゃいますからねー!
コメント・フィナーレ!!
てぃひひ!ギャラリーだよ
  • 梨花れん
  • クールマミ
  • みんなのあいみさん
  • バカップルまさここ
  • バカップルまさここ
  • まさここ
livedoor プロフィールです

ほむか

Q今月は?
Aさやかちゃん感謝月間!
あん?
やーいやーいバカさやかのバーカ
は?
バカって言ったほうがバカなのよこのバカ杏子!
バカ論争や記事カテゴリよりも、私はまどかを見たいわ
QRコードなのです
QRコード
アクセスアップの協力、感謝するわ
PVランキング にほんブログ村 アニメブログ 魔法少女まどか☆マギカへ
君のそばでいつまでも...
www_dotup_org3517771