自作まどかSSまとめブログ!
ほむらの妹の、ほむかによる、まどほむ百合夫婦の為の
魔法少女まどか☆マギカのブログです。
魔法少女まどか☆マギカの自作SSや、ねんどろいど、キューポッシュをメインにしたフィギュアやグッズのレビューがメインのブログです。
魔法少女まどか☆マギカオンライン(終了)や嫁コレもしてます。

魔法少女ゆかり☆マギカ 永遠の物語【126】

まどか「あはは…実はわたしもなんだ」

まどか「いつもわたし達の中心にさやかちゃんがいたからね」

まどか「でも、仁美ちゃんも同じこと考えてて安心できたかな」

仁美「ふふ、そうですわね…私もまどかさんも、さやかさんに助けてもらってばかりでしたわ」

仁美「さやかさんはようやく幸せを掴んだんですもの、これからは私達がさやかさんを支える番ですわ!」

まどか「うん!」

仁美「それではまどかさん、明日からも頑張りましょう!」

まどか「がんばるぞー!」

仁美「はい!」

まどか「てぃひひ、違うよ仁美ちゃん、そこは『おー!』だよ?」

仁美「そ、そうですわね」

まどか「それじゃあもう一度、がんばるぞー!」

仁美「おー!」

まどか「うぇひひ!そうそう!」

仁美「ふふっ!」



さやか「……」

さやか「……楽しそう」

さやか「まどかと仁美って二人きりでも仲良いんだね」

さやか「いや、親友だから当然なんだけど…」

さやか「…なんかモヤモヤする」

さやか「なんの話ししてたんだろ…」

さやか「あたしには内緒なんでしょ…?」

さやか「…………」

マミマンション

ほむら「……」オロオロ

ゆかり「そんなに緊張しなくても大丈夫だよ?」

マミ「ま、まぁ気持ちはわかるかな…」

ほむら「ごめんなさい…」

ゆかり「んー…たぶん、このほむらちゃんは1週目のほむらちゃんで間違いないと思うんだけどなぁ」

マミ「暁美さんのことも未来で聞いてたんだもんね」

ゆかり「一応、ママからちょっとは聞いてたんだけどね」

ゆかり「でも、それより…何て言うのかな、感覚でわかるの」

マミ「感覚…」

ゆかり「ほむらちゃんのことが、何となくわかるんだ」

ゆかり「もしかしたら、あの時ほむらちゃんのソウルジェムから記憶が流れてきたのかも」

マミ「そうなのかな」

ほむら「うぅ…」

ゆかり「今のほむらちゃんは、メガネと三つ編みおさげが似合う気もするの」

マミ「あー…それはなんとなくわかるかも」

ほむら「……」オロオロ

ゆかり「今までのほむらちゃんは何処に行ったんだろ?」

マミ「一旦、ゆかりちゃんの体に乗り移ってたはずだし、もしかしたら体の中にいるんじゃ…?」

ゆかり「えー?それはないと思うけど…」

マミ「そ、そうだよね…」

ゆかり「ソウルジェムも特に変化はないし…」

マミ「変身してみたら何かわかるかも」

ゆかり「そうだね」

ゆかり「………」

ゆかり「……あれ?」

マミ「どうしたの?」

ゆかり「へ、変身が…できない…?」

マミ「え!?」

ゆかり「あれっ?なんで?」

マミ「そんな…」

ほむら「あわわ…」

ゆかり「ほ、ほむらちゃんは変身できる?」

ほむら「わ、わたしは魔法少女になってないと思います…」

マミ「でもソウルジェムはあるみたいだけど…」

ゆかり「記憶だけがなくなってるのなら良いんだけど…」

ほむら「ソウルジェム…これですか…?」

ゆかり「変身するように祈ってみて?」

ほむら「こ、こうですか?」パァッ

ほむら「きゃっ?」

マミ「へ、変身できたわ」

ゆかり「じゃあわたしだけ…?」

ほむら「わ、わたしが魔法少女に…いつなったんだろう…?」

マミ「暁美さんはどこまで覚えているの?」

ほむら「えっと…たしか…鹿目さんと巴さんに助けてもらって…」

ほむら「二人が魔女をやっつけるところを後で見てた…ような…」

マミ「そっか、私は鹿目さんとコンビだったんだ」

ゆかり「魔法少女としての記憶がないなら、無理させることはできないね」

マミ「うん…でも、ひとまず命は助かったんだし、気にしても仕方ないわ」

マミ「今日はもう休もう?お風呂の準備もできてるしね」

ゆかり「うん、そうだね。ほむらちゃんの着替えはわたし用の新品でいいかな?」

ほむら「あっ、でも、わたし…」

ゆかり「たぶん、わたしとサイズ一緒だと思うから大丈夫だよ」

ほむら「じゃ、じゃあ…」

マミ「あれ?」

マミ(……心なしか、暁美さんって今の方がスタイルいいような…)

鹿目まどか

image

魔法少女ゆかり☆マギカ 永遠の物語【125】

その頃

さやか「~♪」

さやか「えへ…えへへ…」

さやか「っ~!」

さやか「あー!ヤバいヤバいヤバい!」

さやか「テンションおかしくなっちゃってますね!あたし!」

さやか「まさか恭介からあたしにねー」

さやか「なんかあたしのこと眼中にない感じだったのは気のせいだったのか~」

さやか「あ~!」

さやか「えへへへ」

さやか「なんか仁美も気を使ってくれたみたいだしね、お礼しなきゃ」

さやか「それにまどかもね!」

さやか「………」

さやか「そうだ、ゆかりとほむらはどうなったんだろ…」

さやか「……何時までも浮かれてちゃダメだわ、あの二人をなんとかしなきゃいけないんだし」

さやか「ちょうどこの辺だし、マミさん家寄って行こう」

一方

マミ「みんな、遅くまでありがとう」

まどか「そんな、マミさんこそありがとうございました」

仁美「本当にお二人が目を覚まして良かったですわ」

ゆかり「心配かけてごめんね」

ほむら「何て言うか…その…ごめんなさい…」

まどか「早くほむらちゃんも元に戻してあげなきゃ」

マミ「明日からの課題ね」

ほむら「すみません…」

まどか「さやかちゃんにも伝えとかないとね」

ゆかり「さやかちゃんは上条くんのところにいるんだよね?」

仁美「はい、もう面会時間ではないので帰ったかもしれませんが」

まどか「さやかちゃん、良かったね!やっと上条くんと…」

ゆかり「!」

仁美「まどかさん、それはさやかさんの口から直接聞くまでは…ね?」

まどか「あっ、うん、そうだね」

マミ「?」

ほむら「?」

ゆかり「……仁美ちゃん、良かったの?」

仁美「え?」

ゆかり「あ!ううん…ちょっと気になって」

わたしの世界では仁美先生は上条仁美になってるんだもん

仁美「…ふふ、私は大丈夫ですわ。むしろ嬉しいくらいです」

仁美「それよりも、魔女の件は…」

ちょっと離れたところ

さやか「あ!まどか達じゃん、マミさん家にいたんだ」

さやか「あれ!?ゆかりとほむらもいる!?」

さやか「良かった…!二人とも無事だったんだ!」

まどか「さやかちゃんには内緒?」

さやか「うん?」

仁美「はい、このことはさやかさんにまだ話すべきではないと思いますの」

さやか「なんの話だろ…?」コソッ

仁美「ようやく幸せを掴んだばかりのさやかさんに、あの話をするのは…」

ゆかり「そうだね、ショックは大きいと思うし…」

マミ「幸福から絶望への落差があればあるほど、ソウルジェムは穢れるってキュゥべえも言ってたわ…」

仁美「はい、ですので暫くは私達だけの秘密…と言うことで」

まどか「決まりだね、さやかちゃんには内緒だよ?」

ゆかり「わかったよ」

マミ「うん」

ほむら「美樹さん……」

仁美「それでは、これで失礼しますわ」

まどか「また明日」

ゆかり「うん、また明日」

マミ「気をつけて帰ってね」

ほむら「さ、さようなら…」



さやか「………」

さやか「あたしには内緒だよ…?」

さやか「なんの話を…してたのさ…」

さやか「…まどか、仁美」



まどか「遅くなっちゃったね」

仁美「ええ、でも何故だかスッキリしていますの」

まどか「今日の仁美ちゃん、口調とかいろいろ変だったから心配したんだよ?」

仁美「あ、あれは…///」

仁美「何て言うか、自由の身になれた気がして…それでその、普通の話し方の方が良いかもって…」

まどか「うぇひひ、仁美ちゃんってお嬢様口調だもんね」

仁美「この話し方だって、お父様がこうしろと言うから…」

まどか「んー、たしかに仁美ちゃんらしくないけど、たまには普通の話し方をしてみてもいいんじゃないかな?」

まどか「わたしで良ければ、練習相手になるよ!」

仁美「まどかさん…」

まどか「仁美ちゃんには命も、さやかちゃんのことも助けてもらったばかりだし」

まどか「それにさ、その…わたしと仁美ちゃんは親友…でしょ?だから力になりたいの」

仁美「…ふふ、ふふふっ」

まどか「ふぇ?」

仁美「ごめんなさい、なんだかおかしくって」

まどか「うぅ、変なこと言っちゃったかな…?」

仁美「いえ、逆ですわ。嬉しいんですの、まどかさんが親友と言ってくれて」

まどか「!」

仁美「私の親友はさやかさんとまどかさんですわ、でも何時もさやかさんが一緒にいるから」

仁美「まどかさんと二人だけ、と言うことは滅多にありませんもの」

仁美「だから、どことなくさやかさんがいないとぎこちなかったんですわ」

鹿目まどか

image

ほむら「魔法少女まどか☆マギカ【新編】叛逆の物語の地上波放送」

ほむら「私の名前は暁美ほむら、このブログの主人公よ」

ほむら「さて、今日は地上派でドラゴンボールZ復活のFが放送されるみたいね」

ほむら「ただ劇場版そのものを流すのではなく、追加シーンも結構あるらしいわ」

ほむら「それで思うことがあるのだけど、そろそろ叛逆の物語も地上派で放送してもいい頃合いじゃないのかしら?」

ほむら「あと2ヶ月で叛逆の物語も3年を迎えることになるわ」

ほむら「まどマギのテレビ放送最終回から叛逆まで2年半だったことを考えると」

ほむら「3年ってかなり長い…そうは思わない?」

ほむら「別にさっさと新作を公開しろと言う訳じゃないの」

ほむら「でもね、いい加減『新作を作りたい』とか『構想は考えてる』とかじゃなくて」

ほむら「作るのなら『新作を作る』作らないのなら『叛逆の物語で完結』とはっきりと明言して欲しいのよ」

ほむら「100%制作をするのなら、ある程度は待てると思うし」

ほむら「叛逆の物語で完結なら、それはそれでその後の話を各々自己補完すれば良いと思うわ」

ほむら「一番して欲しくないのが、中途半端な出来の新作を作って、それがコケてそのまままどマギ自体が終わることなのよ」

ほむら「まぁ、それを理解しているから制作側もなかなか行動にでられないんだろうけど…」

ほむら「とにかく、もし新作を作るのなら作ると言って欲しいわ」

ほむら「別にリンゴ社みたいに、発表してからすぐ公開みたいなことはしなくていいのよ」

ほむら「制作確定のアナウンスがあれば、2年くらいなら待てる人もいるだろうしね」

ほむら「仮に2年経ったとしたら2018年、テレビから7年と言うことになるわ」

ほむら「ガンダムで言えばSEEDからAGEくらいの年月よ」

ほむら「もう来年の公開もたぶんないだろうから、7年以上は経つと言うことになりそうよね…」

ほむら「それともあれかしら?ヴェルサス魔法少女まどか☆マギカから魔法少女まどか☆マギカ15にでもなるのかしらね…」

ほむら「叛逆の物語を地上派で放送する時が来たら、その時に新作の発表があると思うわ」

ほむら「だから、いつの日か叛逆の物語が地上派で放送されることを祈っておくわね」

ほむら「魔法少女まどか☆マギカ叛逆の物語【美樹さやか特別編】とか見たいわ…」
あけみふうふ!
www_dotup_org3517771
記事検索はここでガンガンやっちゃいますからねー!
コメント・フィナーレ!!
てぃひひ!ギャラリーだよ
  • 鹿目まどか
  • 鹿目まどか
  • 暁美ほむら
  • 鹿目まどか
  • 鹿目まどか
  • 魔法美少女ともえ☆マミ
livedoor プロフィールです
Q今月は?
Aさやかちゃん感謝月間!
あん?
やーいやーいバカさやかのバーカ
は?
バカって言ったほうがバカなのよこのバカ杏子!
バカ論争や記事カテゴリよりも、私はまどかを見たいわ
QRコードなのです
QRコード
アクセスアップの協力、感謝するわ
PVランキング にほんブログ村 アニメブログ 魔法少女まどか☆マギカへ
君のそばでいつまでも...
www_dotup_org3517771