ほむか速報!まどマギ SS マギレコ まとめ【魔法少女まどか☆マギカ】

魔法少女まどか☆マギカのSS、フィギュアやグッズのレビュー、マギアレコードなどを主に取り扱っています。

魔法少女まどか☆マギカの自作SSや、ねんどろいど、キューポッシュをメインにしたフィギュアやグッズのレビューがメインのブログです。
現在はマギアレコード(マギレコ)の感想なども行っています。

アリナのスウィートルーマー【37】



月咲「黒羽も白羽も…みんないるからね!」

郁美「今は素性を気にしてる場合じゃないからね…」

夏希「わっ、たくさんいる!」

このみ「これだけいれば…!」

令「翼の指揮は観鳥さんに任せてよ」

純美雨「…まさかマギウスと手を組むことになるとはネ」

あきら「今はそれどころじゃないよ、ここで全力をだせなかったら…」

ひみか「みんながひとつになるしかない!」

まなか「まなかもそこ通りだと思いますよ」

莉愛「…そうですわね、あなた達の言う通りですわ」

ゴゴゴゴゴ

あやめ「わっ!く、来る!!」

あいみ「負けたくない…負けるわけにはいかないの!!」

莉愛「さぁ…行きますわよ!」

麻友「私たちひとりひとりじゃどうにもならないかもしれないけど…」

郁美「みんなで力を合わせればきっと勝てるよ!」

このは「葉月の…みんなの仇はかならずうつわ!」

理子「怖いけど…頑張りますからっ!」

ひみか「負けらんないっ!!」

みと「いくよー!」

月夜「いざ…参ります!」


ラグナロクのウワサ「ふふふ…餌がこんなに…」

ラグナロクのウワサ「そんなに私に食べてほしいのですね…」


せいか「っ!??あ、あれは…!?」

れいら「かりん…ちゃん…!?」

夏希「で、でも…羽とか生えてるし…それに髪色だって…」

あいみ「かりんちゃんじゃないよ…」

れいら「そ…そうだよね…」

せいか「う、うん…違うよ…あのかりんちゃんなわけない…」

みと「でも…あのお店で…?」

あいみ「…あいつは…まさらとこころの…みんなの仇!」

みと「…う、うん、そうだよね!」

かのこ「それにしてもなんて奇抜なデザイン…」

このは「はぁぁっ!!」ダッ

あやめ「こ、このはーーっ!!」

このは「よくも葉月をっ!!」

このみ「ひとりで行っちゃ不味いよ…みんなっ!」

あきら「うん!いくぞっ!!」

令「翼はみんなの援護を!」

郁美「やぁぁぁっ!!」

ドドドドドドドドドド

ラグナロクのウワサ「くす…」

ドガドガドガドガドガ

ひみか「効いてる!?」

理子「て、手応えはありますけど…」

莉愛「いいえ!手を緩めちゃダメですわっ!あいつはまだまだこんなものじゃない…!」

莉愛「やちよちゃん達ですら手も足もでなかったんだから……」

郁美「マギウスの3人もやられちゃったんだよね……」

純美雨「断トツで過去最高ネ…」

麻友「全力で…えーい!!」

あやめ「うりゃぁーーーっ!!」

ドガドガドガドガドガ

ラグナロクのウワサ「ふふふ」

このは「くっ…!」

あきら「効いてない…!?」

ひみか「ば…化け物…!?」

純美雨「諦めちゃダメヨ!!」

せいか「みんなっ!」

れいら「下がって!」

みと「やぁぁっ!!」

あやめ「それそれそれーっ!!」

莉愛「くらいなさいっっ!!」

あいみ「私だって!!」

ドガドガドガドガドガ

ラグナロクのウワサ「ふふふ」

まなか「…先輩よりめんどくさいですね…」

夏希「そ、そんな…」

麻友「…やっぱり…うぅ…」

理子「ど、どうして…」

郁美「弱音を吐いちゃダメ!最後まで諦めないで!!」

令「みんな!耳をふさいで!!」

月夜・月咲「笛花共鳴!!」

~~~♪♪♪

ラグナロクのウワサ「ふふふ」スッ

月夜「えっ?」パッ

月咲「なっ?」パッ

ラグナロクのウワサ「探してるのはこの笛?」

夏希「あの魔法って…!?」

せいか「まさか…」

月夜「そ、そんな…」

月咲「か、返してっ!!」

ラグナロクのウワサ「いーーやっ♪くふふっ♪」

月夜・月咲「!?」

ラグナロクのウワサ「ふふ、魔法で一時消去させてもらったよ」

このみ「一時消去って…!?」

月夜・月咲「………………」

ラグナロクのウワサ「こんなこともできるよ」ポンッ

葉月『このはっ!あやめっ!』

このは「なっ!?」

あやめ「えっ!?」

葉月『ふふっ…はぁっ!!』

純美雨「避けろっ!!」ガシッ

あきら「あぶないっ!!」ガシッ

葉月『あらら、避けられちゃったかぁ~』

かこ『だったら…』

あきら「っ!?」

ななか『これならどうでしょう!?』ドンッ

純美雨「ッッ!!」サッ

あきら「に、偽者ってわかってるのに…!!」サッ

麻友「この変身魔法は…!」

ななか『ならば…』スゥ

かのこ「消えた!?」

あいみ「…っ!?まさか!?」

まさら『違う、まさら』パァッズバッ

あいみ「あっ…」

まなか「あぶないっ!」ドンッ

まさら『ち…』

ひみか「ひ、卑怯だぞー!!」

いろは『ううん、違うよ』

こころ『人類を救うためだよ、ひみか』

あやめ「…こころ先生はそんなこと言わないっ!!」

鶴乃『ほ?まぁ君たちの意見なんてどうでもいいけどねー』

純美雨「次から次に…」

フェリシア『どーせオレが食べるし!!』

あやめ「フェリシア…」

さな『だから早く大人しくなってください…』

まなか「卑怯ですよ…!」

やちよ『あなた達が束になっても、私には勝てないわ』

莉愛「やちよちゃんにまで…!!」

みふゆ『絶対に、ですよ?』

郁美「くぅ……!」

唯一神

image

アリナのスウィートルーマー【36】



十七夜「残る問題は…果たして自分にそれができるかだな」

みたま「……はっきり言うけど…十七夜ひとりでは無理よ」

ほむら「っ…」

十七夜「ふむ、やはりそうか」

みたま「だから…十七夜、これを」スッ

十七夜「なっ…これは…」

みたま「私のソウルジェムよ、これを十七夜…あなたに託すわ」

十七夜「…どうするつもりだ、八雲…」

みたま「あなたの心を読む魔法、そして私の調整…」

みたま「この2つの魔法を組み合わせれば…」

みたま「不可能も可能にできるはずよ…!」

十七夜「……だが、失敗すれば八雲…どうなるかはわかるだろう」

みたま「みんなと運命を共にできるなら本望よ」

十七夜「…」

みたま「もし本当に私たちだけ見逃してもらえたとしても…」

みたま「ももこや、やちよさん…みんなのいない神浜で生きていたってしょうがないじゃない…」

十七夜「…ああ、同感だ」

みたま「…ふふ、神浜なんて滅びれば良いって思っていたのが嘘のようね」

十七夜「お互い変わったな」

みたま「ええ…それじゃあ、十七夜…そしてほむらちゃん」

みたま「三人のソウルジェムを合わせるわ」

十七夜「うむ」

ほむら「はい…!」

みたま「ほむらちゃんとまどかちゃんの魔力を十七夜に」

みたま「そして限界まで調整して…最後に私のソウルジェムを十七夜のソウルジェムに…!」

みたま「何度も魔力の受け渡しを今日はしたけど…」

みたま「これが正真正銘、最後の調整よ…」

十七夜「我々4人の最後の力を振り絞り、アリナを呼び覚ます」

十七夜「そして画伯を取り戻す…!」

十七夜「これしかやつを止める手段はない…」

十七夜「…暁美君、本当にいいんだな?」

ほむら「はい、後悔はしません…これは、まどかの意思でもありますから」

まどか「すぅ…すぅ…」

十七夜「ありがとう…!」

みたま「それじゃあ…いくわよ」

十七夜「ああ」

ほむら「はい」

カッッッ

一方

莉愛「不味いですわ…あのウワサが町の方へ…」

麻友「ど、どうしましょう…莉愛ちゃん…」

莉愛「……神浜の残りの魔法少女の力を終結して、戦うつもりだったけど…」

莉愛「やちよちゃん達が束になってもかなわなかった…」

莉愛「…だったら…私にできることは…残った魔法少女を逃がすこと…!」

麻友「莉愛ちゃん……」

莉愛「麻友さん、あなただけでも逃げなさい」

麻友「えっ?」

莉愛「…私は臆病者ですわ…みんなが戦ってるのに…私は隠れてチャンスを窺うことしかできなかった…」

莉愛「残った魔法少女のみんなと協力しなきゃ勝てないと判断したからとは言え…」

莉愛「結局…何もできなかった」

莉愛「だから麻友さん、せめてあなただけでも私に守らせなさい!」

麻友「…莉愛ちゃんが戦うなら、私も戦う!」

莉愛「なっ?」

麻友「莉愛ちゃんを一人になんてさせません!」

莉愛「麻友さん…」

まなか「なーにカッコつけてるんですか」

莉愛「げっ!」

まなか「まなかも、いえ、まなか達も戦いますよ!」

莉愛「あ、あなた達!?逃げなさいと行ったでしょ!?」

純美雨「ななか達がやられたのに尻尾を巻いて逃げるなんてできないネ」

あきら「みんなを見捨てたりはできないよ!」

あいみ「まさらやこころも、きっとこうしてたと思う…だから私も!」

このみ「町の花々も、魔法少女の命も枯らしたくない…!」

理子「わ、わたしもがんばりますからっ!」

このは「葉月の…ななかさん達の…みんなの仇は必ず!」

あやめ「あちしだって頑張る!!葉月もフェリシアもかこも助ける!!」

れいら「正直言うと…物凄く怖いけど…でも」

せいか「私たちも戦う…みんなと協力すれば…きっと…」

みと「勝てるよっ!」

かのこ「カエンダケとかに比べれば大したことないはず!」

夏希「みんな一緒なら勝てるよ…ゴー!ファイ!ウィン!」

莉愛「みんな…」

莉愛(全員心から震え上がってるはずでしょうに…)

莉愛(でも……)

郁美「私達も戦うよ…!」

令「ぶりっこキャラ忘れるくらい本気みたいだね」

令「もちろんこの観鳥さんも取材じゃなくて戦うよ」


純美雨「マギウスの翼カ…」

月夜「今はマギウスの翼としてではなく、神浜の魔法少女として戦うでございます」

月咲「マギウスもそうじゃない魔法少女も、東も西も、生まれも育ちも関係ない!」

月咲「ウチら全員神浜の魔法少女なんだから、力をあわせればなんとかなるよ」

月夜・月咲「ねー!!」

莉愛「あなた達まで…」

神とは

image

アリナのスウィートルーマー【35】



ほむら「………」

ほむら(仮に…立ち向かうとしても…どうすれば…)

ほむら(正面から戦っても勝ち目はない…)

ほむら(でもこれといった弱点も……)

ほむら(……ウワサ…)

ほむら(巴さんがウワサに支配された時は…心を通わせることで剥がすことができた…)

ほむら(心を通わせる…)

ほむら(ウワサの母体は御園さん…)

ほむら(御園さんが特に慕っている魔法少女は和泉さんとアリナ…)

ほむら(でもアリナはもういない……)

ほむら(……和泉さんに託すしかない…)

ほむら(でも…和泉さんは既に何度も……)

ほむら(やはり時間を……)

ほむら(でも……)

ほむら(まどかっ……)

暁美さん

ほむら「!?」

アリナはまだ生きているわ

ほむら「え…?」

ほむら(今の声は……?)

あなた達ならできる

がんばって

ほむら「………!」

ほむら(……アリナが生きている…)

アリナ「」

ほむら(……少なくとも…肉体はとっくに活動を停止している…)

ほむら(死んでいるとしか思えない…)

ほむら(でももし…生きているとしたら…)

ほむら(……アリナは魂と心をウワサに奪われた…)

ほむら(御園さんの外見がアリナに近く変化したのも…おそらくは…)

ほむら(アリナの魂、心は…御園さんの中にある…!)

ほむら(アリナは…御園さんの中でまだ生きている…!)

ほむら(だとすれば……)

みたま「………」

十七夜「く…どうにもならんか……」

ほむら「……和泉さん」

十七夜「暁美君…どうした?まだ時間遡行はできるはずだろう?」

ほむら「……私の魔力を…いえ、私とまどかの魔力を、全てあなたに託します」

十七夜「なに…?」

ほむら「それでもあいつを止めることなんて到底無理かもしれません」

ほむら「ですが……」

十七夜「……気持ちは嬉しいが…今更自分一人が魔力を回復したところで…すまない…」

ほむら「……アリナは生きています」

十七夜「!?」

みたま「えっ…」

ほむら「アリナは…御園さんの中に眠っているんです」

十七夜「……アリナが…」

ほむら「御園さんを救えるのはアリナ…そして和泉さん、あなたしかいません」

十七夜「……自分がアリナを目覚めさせるしかない…と言うことか」

ほむら「はい」

十七夜「………」

ほむら「………」

十七夜「……本気だな」

ほむら「もちろん」

十七夜「……わかった」

ほむら「!」

十七夜「正真正銘、最後の勝負だ…自分が撃って出る」

ほむら「…ありがとうございます」

十七夜「礼を言うのは自分の方だ…暁美君は別の世界にいけるのに」

十七夜「それを蹴って自分に託してくれるのだからな…」

ほむら「…まどかなら、必ずこうしますから」

ほむら「それに…あの人だって……」

十七夜「……ああ、そうだな」

十七夜「……さて、後はどうやってアリナを目覚めさせるか…」

十七夜「自分の魔法は心を覗くことしかできない…」

十七夜「……だが…」

十七夜「梓のように自分の限界の限界を越えれば……」

みたま「……無理よ、十七夜」

十七夜「八雲…」

みたま「みふゆさんは自分自身に幻惑をかけることで無理矢理…不可能を可能にしたの」

みたま「でもそれは…みふゆさんにしかできない芸当だわ」

みふゆ「」

十七夜「梓…あぁ…わかっている…わかっているんだ…」

みたま「でもね…可能性は僅かだけど…残っているわ」

十七夜「!」

みたま「…アリナはたしかに心、魂、そして魔力の全てを奪われてしまった」

みたま「でもあの時…アリナの魔力には」

みたま「アリナ、私、いろはちゃん、ほむらちゃん、マミちゃん…ももこ、そして十七夜」

みたま「このみんなの魔力もあったはずよ」

十七夜「あぁ…奪われてしまったがな…」

みたま「…たしかに、やちよさんやみふゆさん…多くの魔法少女の魔力は吸収されてしまったけど…」

みたま「アリナの時のように外見の変化はなかった…」

十七夜「!」

ほむら「アリナだけは…別…」

十七夜「純粋に吸収されたのではなく、別の形で利用されている…」

十七夜「やつの体や人格形成に…」

みたま「ええ…推測だけどね」

みたま「あの中には私、十七夜、ほむらちゃんの魔力が今も残っているはず」

みたま「だったら、同じ魔力の私たちになら干渉はできるはずよ」

十七夜「やつの中の自分達の魔力を逆に利用すると言うわけか…」

ほむら「そしてアリナの心を呼び覚ます…」

みたま「そう…一か八か…だけど」

十七夜「…光が見えてきたな」


あけみふうふ!
www_dotup_org3517771
記事検索はここでガンガンやっちゃいますからねー!
コメント・フィナーレ!!
てぃひひ!ギャラリーだよ
  • 唯一神
  • 神とは
  • ほむらちゃ
  • すぐ死んじゃう魔法少女
  • ほむらちゃ
  • 【マギレコ】「和泉十七夜」「鹿目まどか」「粟根こころ」「水波レナ」「神原駿河」ゲット【マギアレコード】
livedoor プロフィールです

ほむか

Q今月は?
Aさやかちゃん感謝月間!
あん?
やーいやーいバカさやかのバーカ
は?
バカって言ったほうがバカなのよこのバカ杏子!
バカ論争や記事カテゴリよりも、私はまどかを見たいわ
QRコードなのです
QRコード
アクセスアップの協力、感謝するわ
PVランキング にほんブログ村 アニメブログ 魔法少女まどか☆マギカへ
君のそばでいつまでも...
www_dotup_org3517771