自作まどかSSまとめブログ!
ほむらの妹の、ほむかによる、まどほむ百合夫婦の為の
魔法少女まどか☆マギカのブログです。
魔法少女まどか☆マギカの自作SSや、ねんどろいど、キューポッシュをメインにしたフィギュアやグッズのレビューがメインのブログです。
まどか SS ブログ !

魔法少女ゆかり☆マギカ 永遠の物語【133】

さやか「…あたしだって…好きで闘ったわけじゃ…」

マミ「志筑さんの治療は私がするわ…」

さやか「あたしがします!」

マミ「ダメよ…だって美樹さんも相当の魔力を消費してるもの」

さやか「!」

さやか(あれ…いつの間に…?)

マミ「美樹さん…ここは一旦引いて欲しいの」

マミ「それでもう一度よく考えて」

マミ「なんで志筑さんとこんなことになったのか…」

マミ「私も志筑さんの意識が戻ったら、しっかりと話を聞いておくから…」

さやか「……」

マミ「…ごめんなさい…私…先輩なのに全然役にたてなくって…」

さやか「そんなこと…」

マミ「ううん、私がしっかりしてればこんなことにはならなかったはずだもん…!」

マミ「どんな理由があっても二人が戦うのは絶対に間違ってる!」

さやか「…」

まどか「うぅ…」ウルウル

マミ「…鹿目さん、美樹さんを家まで送ってあげて」

まどか「は、はいっ!」

さやか「あたし……」

マミ「美樹さん、今は頭を冷やして欲しいの」

さやか「別にあたしは」

マミ「お願い」

さやか「……わかりました」

まどか「さやかちゃん…」

さやか「帰る」ダッ

まどか「あっ…マミさん、仁美ちゃんのことお願いします!」ペコッ

マミ「うん、美樹さんをよろしくね」

まどか「はい!」タタッ

マミ「………」

仁美「」

マミ「どうして…こんなことに…」

マミ「美樹さんもボロボロになってたし…二人は本気で戦ってたんだよね?」

マミ「確かに昼休みの時から険悪な雰囲気はでてたけど…」

マミ「……志筑さんは昨日からどこか情緒不安定だったし…」

マミ「…私がもっとちゃんとしていれば…」

マミ「ごめんなさい…」

マミ「今、治してあげるからね」パアッ


その頃

まどか「待ってよ、さやかちゃん!」

さやか「……ねえ、まどか」

まどか「え?」

さやか「あたし…そんなに頼りないかな…」

まどか「頼りない…?」

さやか「自惚れだったのかもしれないけど、あたしは今までまどかや仁美の力になれてたと思ってた」

さやか「だから魔法少女になって、もっとまどかも仁美も恭介も…みんなの力になれると思ってた」

さやか「それなのに、急に魔女との戦いを控えろ…って」

さやか「そんなの納得できるわけないじゃんか!」

まどか「さやかちゃん…」

さやか「あたしは恭介の為だけに魔法少女になったんじゃない!」

さやか「マミさんやゆかりの話を聞いて魔女のこと知って」

さやか「魔法少女のことを色々知って」

さやか「あたしがみんなを守るって、そう決めたからあたしは魔法少女になったんだ!」

さやか「もちろん恭介の腕を治してあげたかったけど」

さやか「それと同じくらい、あたしはみんなの力になりたかった!」

さやか「なのに…恭介と恋人になった途端、急に戦うなだなんて…意味わかんない…」

さやか「仁美の考えてることが全然わかんない…」

まどか「……」

さやか「ねえ、まどか…あたし…間違ったこと言ってる?」

まどか「……ま、間違ってはいない…と思うよ」

さやか「でしょ?ならさ」

まどか「で、でもっ!」

さやか「!」

まどか「でも…仁美ちゃんは…さやかちゃんのことが心配なの」

まどか「わたしももちろん心配だよ?」

まどか「でも…仁美ちゃんが一番さやかちゃんのことを考えてると思うの」

さやか「…あたしはそれが全然わかんないよ」

まどか「そうかもしれないけど…」

まどか(たぶん、仁美ちゃんはさやかちゃんがこの世界でも魔女になっちゃうと思ったから…)

まどか(無理矢理さやかちゃんを戦わせないようにしたかったと思うの…)

まどか(でも、それをさやかちゃんに言うことはできないよぉ…)

鹿目まどか

image

魔法少女ゆかり☆マギカ 永遠の物語【132】

その後

さやか「く……」

仁美「はぁ…はぁ…」

さやか(あっさり勝てると思ってたんだけど…予想外に強いわ)

さやか(仁美のこと見くびってたよ…)

さやか(身体中がズキズキする…けっこうダメージあるわ、これ)

さやか(仁美は本当に本気であたしに向かってきてるんだ…)

さやか(そこまでして何であたしを魔女と戦わせなくないの?)

さやか(いったい仁美は何を守ろうとしてるのさ…)

さやか(…でも、あたしは負けるわけにはいかない)

さやか(あたしがみんなを守るんだ!)

さやか(仁美が守りたい人だって、あたしが…!)

さやか「……仁美」

仁美「…はい」

さやか「あたしはみんなを守りたい、そう思って魔法少女になったんだよ」

さやか「なのにさ、いくら恭介の彼女になれたからと言って…」

さやか「魔女と戦うなと言われて納得できるわけないじゃんか」

仁美「……」

さやか「もし仁美があたしよりずっと強くて、仁美の足を引っ張ることになるならわからなくもないけど」

さやか「あたしらって殆ど互角じゃん」

さやか「なら尚更、仁美に任せて身を引くだなんてできるわけないよ!」

仁美「…それはわかってます」

仁美「それをわかった上でお願いしているのですわ」

さやか「…意味わかんないんだけど」

仁美「さやかさん、お願いですから暫くの間…私達に任せて欲しいんです」

さやか「っ…なんで?理由は?」

さやか「恭介がどうこうってのさ…建前でしょ?」

仁美「…いえ、違います」

仁美「あなたは上条くんのそばにいる義務があります」

さやか「そんな義務聞いたことない!」

仁美「これは譲れませんわ」

さやか「…もう…あっそ!」

さやか「やっぱ言葉じゃ埒があかないってわけね…」

仁美「……ええ」

さやか「………」スッ

仁美「!」

仁美(何かが変わった…?)

さやか「…仁美の実力を舐めてた」

さやか「仁美はお嬢様のイメージしかなかったから、簡単に勝てると思ってた」

仁美「…」

さやか「でも驚いたわ…あんた意外と喧嘩も強そうだしね」

さやか「それに…やっぱり仁美を傷付けたくなかった」

さやか「それで本気を出せなかったけど…」

さやか「マジで本気を出してあんたを傷付けてでも…」

さやか「あたしは魔法少女でい続けなきゃいけない」

さやか「だから……!!」ギュンッ

仁美「!?」

仁美(早…)

さやか「!」シュッ

仁美「っ」バッ

さやか「これで最後だぁぁぁぁっ!!」ブンッッ

仁美「きゃぁぁぁぁぁっ!!」

さやか「……」

仁美「うっ…」ドサッ

さやか「……ごめん」

仁美「」

さやか「気絶してる…」

さやか(峰打ちにしたけど、このままじゃ全治数ヶ月はかかるかも…)

さやか「仁美…」

仁美「」

さやか「………」

さやか「……なにしてんだろ…あたし」

さやか「仁美だって守りたい大切な親友なのに…」

さやか「……ばっかみたい」

さやか「バカだよ…」

さやか「あたしも…仁美も…」

さやか「まどかの言う通りだってわかってたのにさ…」

さやか「………」

さやか「早く魔法で治さなきゃ」

仁美「さや…か…さん…」

さやか「!?」

仁美「…ま…まだ…まだですわ」ヨロッ

さやか「な…もう勝負は決まったでしょ!」

仁美「私は…負けるわけには……」フラフラ

仁美「私が…さやかさんを…守らなきゃ…」フッ

さやか「!」

仁美「まも…ら…」ドサ

さやか「……あたしを守る…?」

さやか「………」

まどか「さやかちゃーん!!!」

さやか「……まどか」

まどか「さやかちゃん!仁美ちゃん…は…!?」

仁美「」ボロボロ

まどか「っ…!?」

さやか「…」

まどか「ひ、仁美ちゃん…?」

さやか「…ごめん」

まどか「な、なんで…模擬戦って言ってたのに…」

さやか「引くに引けなかったんだよ…あたしも…仁美も…」

まどか「そんな…仁美ちゃんはさやかちゃんを守りたかっただけなのに…」

さやか「!」

まどか「は、早く手当てしなきゃ!」

さやか「それならあたしが…」

マミ「み、美樹さん!」

さやか「マミさん…」

マミ「な、なんでこんなこと…」

さやか「…あたしは話し合いで解決したかったんです」

さやか「でも仁美が引き下がらないから…」

マミ「だからって魔法少女同士で戦ってもしょうがないよ!」

マミ「それに…二人は親友なんでしょ…?」

さやか「…それとこれとは別です」

マミ「私は…親友どころか…友達もいないけど…でも…」

マミ「二人ともボロボロになるまで戦うなんて絶対に間違ってる!」

鹿目まどか

image

ほむら「あいむほーむ」【78】

まみ「ねえ」

マミ「ん?」

まみ「けえき。ってやっぱり美味しいのかしら?」

マミ「ケーキ?ええ、もちろん!すっごく美味しいわよ」

まみ「そう!なら紅茶と言うお茶も?」

マミ「そうね、私はよく紅茶とケーキをセットで頂いてるわ」

まみ「せっと?」

マミ「一緒に。よ」

まみ「ふふ、そっか」

仁美「宜しければ、少し寄り道をしてケーキを買いに行きませんか?」

まみ「えっ?良いの?」

ほむか「うん。あかりちゃんとまどかちゃんの分もお土産にね」

マミ「ふふ、なら決まりね」

ほむか「良いよね?お姉ちゃん…って、あれ?」

仁美「さやかさんと杏子さんもいませんわ」

ほむか「もしかして、何かあったのかな?」

まみ「いや、向こうから駆け足で誰かが来ているわ」

ほむら「はっはっ」ドドドドドドド

ほむか「お、お姉ちゃん!?」

ほむら「ふぅ。今日も私の勝ちね、さやか!」

ほむか「え、えっと…お姉ちゃんしかいないよ?」

ほむら「え?あっ、ほんとだ」

ほむか「それよりも、どうしたの?いつの間にそんなに速くなったの?」

ほむら「……それは」

仁美「ほむらさんは転校初日で県の記録を更新しましたの」

ほむか「えぇっ!?」

ほむら「ま、まぁ…その……色々ふっ切れたのよ」

ほむか「そうなの?」

ほむら「そうなの」

ほむか「そっかぁ」

ほむら「ふふっ」

まみ「私たちの家族のほむらも運動神経は抜群よ」

ほむか「そうなんですね」

マミ「ところで、美樹さんと佐倉さんは?」

ほむら「遅いわね。何をしているのかしら?」

ほむら「って…ん?杏子は知らないわよ?」

マミ「え?私はてっきり3人一緒かと思ったのだけど」

ほむか「………あ!!」

仁美「どうされました?」


続きを読む
あけみふうふ!
www_dotup_org3517771
記事検索はここでガンガンやっちゃいますからねー!
コメント・フィナーレ!!
てぃひひ!ギャラリーだよ
  • 鹿目まどか
  • 鹿目まどか
  • 魔法美少女ともえ☆マミ
  • 鹿目まどか
  • 鹿目まどか
  • 鹿目まどか
livedoor プロフィールです
Q今月は?
Aさやかちゃん感謝月間!
あん?
やーいやーいバカさやかのバーカ
は?
バカって言ったほうがバカなのよこのバカ杏子!
バカ論争や記事カテゴリよりも、私はまどかを見たいわ
QRコードなのです
QRコード
アクセスアップの協力、感謝するわ
PVランキング にほんブログ村 アニメブログ 魔法少女まどか☆マギカへ
君のそばでいつまでも...
www_dotup_org3517771