ほむか速報!まどマギ SS マギレコ まとめ【魔法少女まどか☆マギカ】

魔法少女まどか☆マギカのSS、フィギュアやグッズのレビュー、マギアレコードなどを主に取り扱っています。

魔法少女まどか☆マギカの自作SSや、ねんどろいど、キューポッシュをメインにしたフィギュアやグッズのレビューがメインのブログです。
現在はマギアレコード(マギレコ)の感想なども行っています。

Mirror to Heart −まさここ ss−【53】



数分後

まさら「」
こころ「」

さやか「うわぁぁぁっ!?」

ひみか「きゃあっっ!?」

キリカ「グッ……!」

魔女「ππЛМЛКЛКУТЬ!!」

ひみか「ぅ…ここ…ろ…さ……」ガクッ

さやか「ひ、ひみか…」

キリカ「織莉子…織莉子……」ヨロッ

さやか「っ…」フラフラ

さやか(ま、まずい…これマジで全滅する1分前ってやつ…)

さやか(あ…相性が悪すぎた…あんなやつマミさんなら一人で倒せるはず…)

さやか(せめて一つでもグリーフシードがあれば…)

魔女「ζρЙУЭЭЭЭЮЯЯ!!」

さやか「ぁ…」

さやか(やば…よけられな)
キリカ「グゥッッ!!」バッ

さやか「!?」

キリカ「ち…織莉子以外を庇うことになるなんて…」

さやか「ど、どうしてあたしを…」

キリカ「さぁね…」ガクッ

さやか「……」

キリカ「」

ひみか「」

まさら「」
こころ「」

さやか「……」

魔女「#Κー"!М∩@∪∪∪」

さやか(もう魔力なんてこれっぽっちも残ってない…)

さやか(このままじゃあたしも魔女になる…)

さやか(もう誰も立ち上がれない…こいつを倒せない…)

さやか(……終わった)

さやか(こんなところで…)

さやか(まどか…仁美…ほむら…マミさん…)

さやか(恭介…杏子…)

さやか(ごめん…あたし…ここまでみたい…)

さやか(ばいばい…みんな…)

あいみ「ちょっとたんまーーーっ!」

バキュンバキュンバキュン

魔女「!!」

あいみ「うりゃりゃりゃーーっ!!」

魔女「!!!」ガキンガキン

あいみ「えっ?マジ!?弾かれてるっ!?」

さやか「あ…たま…」

あいみ「えっ?」

さやか「弱点…あた…ま…」

あいみ「頭…?あ!弱点ぽいのロックオーン!!」バキュンバキュンバキュン

魔女「!?!?」

あいみ「もういっちょ!」バキュンバキュンバキュン

魔女「!?!?!?」

あいみ「あっ!コラ!逃げんなーっ!…いや、まぁいっか」

あいみ「間に合ってよかった!魔法少女の魔力を感じたから二手に分かれて慌ててやってきて正解だったよ」

あいみ「まさらやこころの魔力は感じないけどピンチだったみたいだし!」

あいみ「ピンチに駆け付けた今の私かっこよくない!?」

「『うん、今のあいみは凄く素敵だよ』」あいみ

あいみ「ほんと!?」

「『あいみは絶望を乗り越えて強く清く美しくなった。だからオレと…』」あいみ

あいみ「隼人くん…うん!私は絶望なんてしない!隼人くんがいてくれるから!」

「『あいみ』」あいみ

あいみ「隼人くん!」

あいみ「……はっ?今それどころじゃなかった!!」

あいみ「ねぇ?大丈夫!?」

さやか「ぅ…あたしは…だいじょ…ぶ…」

あいみ「で、でもズタボロだよ?」

さやか「回復だけが取り柄…だから…」

あいみ「そ、そうなの?」

キリカ「ぅ…」

あいみ「わわ?あなたも大丈夫!?」

キリカ「…心配いらない…私は…織莉子のためにも…」

キリカ「ぐ…」ヨロッ

あいみ「た、立たない方が…」

キリカ「どいてくれ…織莉子に伝えなきゃ…」フラフラ

あいみ「あ、ちょっと…まだ結界の中だよ!?せめて回復してもらった方が!」

キリカ「心配いらないさ…私は問題ないからね…それよりもそっちを」

あいみ「そっち?…あっ!ひみかちゃん!?」

ひみか「」

あいみ「ひみかちゃん!しっかりして!」

ひみか「っ…ぁ…?」

あいみ「ひみかちゃん!」

ひみか「あ…いみ…さん…」

あいみ「うん!大丈夫?」

ひみか「わ…たし…よりも…ここ…ろ…さん…まさ…ら…さ…」

あいみ「えっ?こころとまさらもいるの!?」

さやか「……」

あいみ「こころー?まさらー?」キョロキョロ

あいみ「あ!いた!しかも抱き合ってる!?」

あいみ「よかったー!再会できてたんだね!」タタッ

あいみ「まさらもここに来てたんだー…」

まさら「」
こころ「」

あいみ「……まさら?こころ?」

まさら「」
こころ「」

あいみ「抱き合いながら寝てるの?ここ結界の中だよ?」

まさら「」
こころ「」

あいみ「まさらー?こころー?」ユサユサ

まさら「」グラッ
こころ「」ズルッ

まさら「」ドサ…

こころ「」ドサ…

あいみ「……え?」

まさら「」

こころ「」

あいみ「ん?まさら…?ここ…ろ…?」

あいみ「え………?」

さやか「……ごめん」

あいみ「ごめん…って…なにが…?」

さやか「……精一杯回復したよ…だから体は綺麗になったけど…」

さやか「でも……ごめんっ…」フルフル

あいみ「いや……ん……?」

ひみか「ぐすっ……ひくっ…」

あいみ「まさら…?」

まさら「」

あいみ「こころ…?」 

こころ「」

あいみ「あは…じょうだん…だよね……?」

あいみ「ねぇ…うそでしょ…うそなんだよね…?」

あいみ「二人とも綺麗じゃん…」

あいみ「まさらは相変わらず美人だし…」

あいみ「こころもすっごく可愛いし…」

あいみ「ありえないでしょ……?」

あいみ「まさら…やっとこころに恋してることに気付いたんだよ…?」

あいみ「こころ…まさらと両思いなんだよ…?」

あいみ「なのに…なのに…なんで…なんでっ…」

あいみ「死ん…で……」

まさら「」

こころ「」

あいみ「あ…ぁ…あぁあぁぁ…」

さやか「……」ツー

ひみか「すん…すん…」ポロポロ

あいみ「いや…いや…いやだよ…いや…」

まさら「」

こころ「」

あいみ「こんなラストいやぁぁぁああぁあぁぁああぁぁぁぁああぁぁぁあぁ!!!」

もう戻れないあの頃

image

Mirror to Heart −まさここ ss−【52】



その頃

魔女「〒/Ι∧οΘ#%∪#%!!!」

さやか「きゃぁぁぁぁっ!!」

さやか「ぐっ…く…負けるもんか…」ボロボロ

さやか「負けるもんかぁぁぁぁっっっ!!!」

魔女「#"!@??>>=<」

さやか「よくもこころさんとまさらさんをおぉぉぉぉっ!!!」

まさら「」
こころ「」

さやか「やぁぁぁああぁぁっ!!」ブンッ

魔女「η,%∧∩∪∠⊥∠∃!!!」

ガキンッッ

さやか「っっっ!!…うわぁぁぁっ!?」

さやか「くっ…う…」ヨロッ

さやか(強い…なんなのこの魔女…)

さやか(この魔女がまさらさんとこころさんを殺した…)

さやか(あの武器みたいなので二人を貫いたんだ…)

さやか(許さない…絶対にあたしが倒してやる…)

さやか(なのに…)

さやか「はぁ…はぁ…」フラフラ

さやか(やば…目が霞んできた…)

さやか(こんなところで死ねない…死んでたまるか…)

さやか「ぅ…」ガクッ

さやか(グリーフシード…グリーフシードさえあればこんなやつ…)

さやか(こんな…つ…)

さやか「……」

ひみか「まったぁぁー!!」

魔女「!?」

ひみか「やぁぁっっ!!」ドゴン

魔女「…!!」

キリカ「次次ぃ!!」ズバスバッ

ガキンッガキンッ

魔女「!!!!」

キリカ「っ!?…く、今のうちだ」

ひみか「はいっ!あの、大丈夫ですか!?」

さやか「…ん…あれ…あたし…」

ひみか「よかった!無事ですね!」

さやか「はっ?ま、魔女…!」

キリカ「こいつの相手は私だ、君はとっとと引き下がりなよ」

さやか「あんた…!?」

さやか(マミさんと杏子の二人を同時に相手したって…たしか…呉キリカ!)

ひみか「立てますか?」

さやか「…うん、ありがと。ちょっと油断しただけだから」

ひみか「よかったです!あの…ところで他の魔法少女見ませんでした?」

さやか「え?」

ひみか「粟根こころさんって言って、私のお姉ちゃんみたいな人と」

ひみか「そのこころさんの大切な友達の加賀見まさらさんって魔法少女で」

さやか「!!!」

ひみか「さっきまさらさんとは会ったんですけど、それから合流できなくて…」

ひみか「でも絶対にこの山にいるはずなんです!」

さやか「っ…二人は…」

ひみか「あ?見かけました!?どこですか!?」

さやか「………」

ひみか「?どうしたんですか?顔色がわ…」

ひみか「………え?」

まさら「」
こころ「」

ひみか「こころ…さん…?」

ひみか「…まさらさん……?」

さやか「っ…ごめん……」

ひみか「うそだ…うそだよ…うそうそうそうそうそ…」

ひみか「そんなわけ……」

まさら「」
こころ「」

ひみか「あ…あぁあぁぁ…」

キリカ「……」ギリッ

キリカ(二人とも死んでる…これじゃあ織莉子が悲しむ…)

キリカ(織莉子に守れって言われたのに…)

キリカ(なのに私は…)

キリカ(それに二人は愛し合っていたんだ…それがこんな…)

キリカ「クソォォォォォォッ!!!」

キリカ「ふざけるなふざけるなふざけるな!!」

キリカ「切り刻んでやるっっっ!!!」

魔女「∠∠∽∽√♪ヵヶΙΙΙΙΙ!!」

キリカ「遅い!!…なっ!?」

魔女「√♪ΚηρМ!!!」

キリカ「スピードが落ちない…魔力不足…!?くっ!だったら正面から…!!」

キリカ「ヴァンパイアファング!!」

魔女「ББККЛХи!!」

ガキンッッ

キリカ「なに…っ!?ちっ、私の爪が…これでもダメなんて…」

さやか「あいつ…あたしの剣も通らなかった…固すぎるんだよ…」

さやか「だからまさらさんの攻撃も……」

ひみか「こころさん…こころさんっ…」

さやか「……」

さやか(このままじゃあの魔女を倒すどころか、二人の遺体を連れ出すこともできない…)

さやか(それどころか、あたし達3人まで…)

さやか(ほむら…ほむらがいれば時間を止めて…)

さやか(でも今はほむらもいない…)

さやか(まどか、ほむら…あたしどうすればいいのよ…)

さやか(杏子…あんたならこの状況も乗り越えられるんでしょ…教えてよ…)

さやか(マミさん…マミさんならきっと何とかしてくれる…)

さやか(…なのにあたしは……)

ひみか「やだ…やだよ…こころさん…まさらさん…」

まさら「」
こころ「」

さやか「…あんたは二人をお願い」

ひみか「え…?」

さやか「あたしが時間を稼ぐから…二人をお願い」

ひみか「で、でもあなたもボロボロですよ…」

さやか「わかってる…あたしだって死ぬつもりなんかないよ」

さやか「でもこのままじゃ全員やられる…そうはさせない…」

ひみか「……私の仲間が応援を呼んでくれてます、だから私もそれまで残ります!」

さやか「あんただってボロボロじゃない…」

ひみか「ひみかです!こころさんとまさらさんの仇を討ちます!」

さやか「っ…」

キリカ「あんな魔女私一人で十分だ、君たちはさっさと逃げるがいいさ」

さやか「…結局誰も引き下がらないってわけね」

ひみか「私は引けません!」

キリカ「二人を殺して織莉子の邪魔をした魔女を許すわけにはいかないからね」

さやか「あたしだって…引き下がれない…ここで下がったら正義の味方失格だよ…」

さやか「でもどうするのさ…あたし達の武器じゃ弾かれるだけだよ」

ひみか「私なら衝撃で…」

キリカ「いや、あいつの弱点はたぶんアレだ」

ひみか「頭?にある穴…?」

キリカ「あいつの体は硬い、でもあの穴だけは例外のはずさ」

さやか「なるほどね…」

さやか(でも…あの魔女はでかい…ジャンプしながら近づくのも厳しい…)

さやか(剣を投げる?でももう魔力も残ってないし…)

さやか(まどかがいれば…)

さやか(ほむらから武器借りてくれば…!)

キリカ「織莉子ならすぐにあれを撃ち抜けるのに…織莉子…」

ひみか「う…でも負けられない!」

魔女「ΒΑΜΜιθθθО!!!」

さやか

image

Mirror to Heart −まさここ ss−【51】

魔法少女A「手続きは簡単だよ、写真撮って名前を記入するだけだからね」

まさら「!名前を…」

こころ「まさら?名前がどうかしたの?」

まさら「い、いえ…///」

こころ「??」

魔法少女B「今誰も使ってないし先に写真撮っちゃおっか…ゆうれいになるための、ね…」

こころ「ゆうれい…」

まさら「!」

こころ(ゆうれい…私ゆうれいになるんだ…)

こころ(もう二度とみんなには会えない…)

こころ(お母さん…お父さん…)

こころ(あいみ…みんな…)

こころ(さようなら……)

こころ(私……)

ギュッ

こころ「!」

まさら「…震えているわ、辛いのよね」

こころ「…辛いよ、まさかゆうれいになるなんて昨日まで考えたこともなかったもん…」

こころ「けど…しょうがないよ…」

こころ「それに、まさらがいてくれるから…大丈夫」

まさら「こころ…ええ、これからは本当にずっと一緒よ」

まさら「何度も言ったけど、もう二度とあなたを一人にしない」

こころ「約束だよ?」

まさら「ええ、約束する」

こころ「ありがとう…」

魔法少女A「それじゃあ一人ずつ撮るからね」

魔法少女B「学生証作る時みたいな感じにね」

まさら「先に私がいくわ」

魔法少女A「はい、じゃあ座って…3、2、1、はい!終わり!次はこころちゃん」

こころ「は、早いですね」

魔法少女A「たぶん本物の免許証もこんな感じだよ、3、2、1、終了!」

魔法少女B「後は名前を入力して終わりだよ」

まさら「っ!///」

魔法少女B「えっと、二人とも名字は?」

こころ「あ、粟根です」

まさら「……」

魔法少女B「まさらちゃんは?」

まさら「…加賀見」

魔法少女B「鏡?ミラー?」

まさら「いえ」

魔法少女A「まぁ違うでしょ」

魔法少女B「だって漢字わかんないんだもん、かがみわかる?」

魔法少女A「……入力は二人に任せるね!」

魔法少女B「あ!ずるい!」

まさら「……」

こころ「あ、キーボード…えっと、粟…」

まさら「ま、待って」

こころ「ん?」

まさら「ここの名前…変えても大丈夫?」

魔法少女A「へ?偽名はダメだよ?」

まさら「偽名じゃない…」

こころ「まさら?」

まさら「……///」

こころ(まさらまた顔が赤くなってる…可愛い…)

まさら「こころ、粟根じゃなくて…か、かが…加賀見にして…ほしい…///」

こころ「え?…えっ?///」

こころ「か、かが///加賀見こころってこと?///」

まさら「う、うん…///」

魔法少女A「うはっ!」

魔法少女B「また始まるの!?」

こころ「きゅ、急にそんなこと言われても///」

まさら「い、嫌かしら…」

こころ「嫌なわけないよ///でも///」

こころ「それじゃあまるでプロポーズみたいだから///さっきのずっと一緒にいてもいいですか、すっごくドキドキしたんだよ?///」

まさら「あれは…//////」

こころ「まさら?///」

まさら「み、みたいじゃなくて…///」

こころ「えっ///」

魔法少女A「……よし、私名字変えていいか聞いてくるね」

魔法少女B「ま、まって、私も行く!私まで顔赤くなりそうだし//」

まさら「…ずっとここにいるってわかった時、いつかロマンチックなプロポーズしようと思ったけど///」

まさら「め、免許証に名前を登録するなら今しかないって…///」

こころ「そ、そっか///えへへ///」

まさら「急に変なプロポーズでごめんなさい…」

こころ「ううん///それにロマンチックなプロポーズってまさららしくないかも?///」

まさら「え?」

こころ「まさらのイメージだと///」

「『はい、ソウルジェム』」こころ

こころ「えっ?まさらのソウルジェム?」

「『結婚指輪の代わり、私の魂そのものをあなたへ贈るわ』」こころ

こころ「け、結婚指輪!?///ま、まさらそれって…?///」

「『こころ、愛してる。結婚しましょう』」 こころ

こころ「はい…///」

まさら(あいみが乗り移ったみたい)

こころ「みたいなこと言ってくれそうだなって///まさら普段はクールだし///」

まさら「クールな方が良かったかしら…」シュン

こころ「そんなことないよ///クールじゃない可愛いまさらの方が特別感あるし///」

こころ「加賀見こころ…えへへ///」

こころ「じゃ、じゃあ私、まさらのお嫁さんでいいのかな///」

まさら「い、嫌じゃなければ…」

こころ「嫌なわけないよ///それにここなら日本の法律も関係ないもん///」

まさら「な、なら///」

こころ「こ、こう言うときなんて返事すればいいのかな///」

まさら「ふ…ふつつかものですが?///」

こころ「ふ、ふつつかものですが!///」

まさら「な、なんか変な感じね…///」

こころ「うん///」

まさら「こころはクールな私がいいのよね…」

こころ「クールなまさらも可愛いまさらも大好き…///」

まさら「……///」

こころ「まさら?///」

まさら「…こころ、私と結婚して。愛してる。」キリッ

こころ「!!///」

まさら「……///」

こころ「はい…///」

まさら「こころ…///」

こころ「あ、あなた?///」

まさら「まさらでいい///」

こころ「うん///まさら///」



??「……ぷ、プロポーズ!?」

??「す、すごいわね…こんなところで普通できないわ」

??「結婚…いつかは私もしてみたかった…」

??「でも今はそれどころじゃない…私はゆうれいになる訳にもいかないの」

??「あの二人のようにここで幸せに生きていくなんて…」

??「どんな手を使ってでも止めなきゃいけないの」

??「巴マミを…倒すまでは…!」
あけみふうふ!
www_dotup_org3517771
記事検索はここでガンガンやっちゃいますからねー!
コメント・フィナーレ!!
てぃひひ!ギャラリーだよ
  • 可能性《マイ》
  • マイ?
  • いろは
  • いろは…
  • 謎の美少女マイ
  • もう戻れないあの頃
livedoor プロフィールです

ほむか

Q今月は?
Aさやかちゃん感謝月間!
あん?
やーいやーいバカさやかのバーカ
は?
バカって言ったほうがバカなのよこのバカ杏子!
バカ論争や記事カテゴリよりも、私はまどかを見たいわ
QRコードなのです
QRコード
アクセスアップの協力、感謝するわ
PVランキング にほんブログ村 アニメブログ 魔法少女まどか☆マギカへ
君のそばでいつまでも...
www_dotup_org3517771