自作まどかSSまとめブログ!
ほむらの妹の、ほむかによる、まどほむ百合夫婦の為の
魔法少女まどか☆マギカのブログです。
魔法少女まどか☆マギカの自作SSや、ねんどろいど、キューポッシュをメインにしたフィギュアやグッズのレビューがメインのブログです。
まどか SS ブログ !

ほむらちゃん

image

鹿目まどかの失恋【33】

なぎさ「くるくるお姉ちゃん!」

マミ「え?くるくる…わ、私?」

なぎさ「お姉ちゃんしかいないのです!」

マミ「えっと…あなた、ケーキ屋さんで…そう!私のチーズケーキを食べた子じゃない!」

なぎさ「そうなのです、わたしはなぎさなのですよ」

マミ「なぎさちゃん…で良いのかしら?それで、私になんのよう?」

マミ「もうケーキは食べさせないわよ」

なぎさ「そのことなんです…その、昨日はごめんなさい」

なぎさ「なぎさはチーズに目がないのです」

マミ「だからって、人のケーキを食べるだなんて、お姉さん関心しないなぁ」

なぎさ「う…だから、お詫びを持ってきたのです」

マミ「お詫び?」

なぎさ「はい、代わりのケーキを用意したのです」

マミ「別にお詫びなんて…」

なぎさ「うぅ、いらないのですか?」

マミ「ううん、違うの。ちゃんと謝ってくれたら、それで大丈夫よ」

なぎさ「お姉ちゃん…はい、ごめんなさい」

マミ「もう同じことをしてはダメよ?」

なぎさ「はい、反省するのです」

マミ「ふふ、じゃあこの話しはもうおしまい」

なぎさ「あっ、待ってください!」

マミ「ん?」

なぎさ「せっかくだから、お姉ちゃんと一緒にケーキを食べてほしいのです」

マミ「マミよ」

なぎさ「え?」

マミ「巴マミ、私の名前よ」

なぎさ「じゃあ、マミお姉ちゃんなのです!」

マミ「ふふふ、よろしくね、なぎさちゃん」

なぎさ「はいなのです!」

キュゥべえ「僕もいるよ」



その頃

さやか「や、やっほー…」

杏子「よう、遅かったじゃねぇか」

さやか「あー…ちょっと、ね」

仁美「ほら、まどかさん」

まどか「うん!」

ほむら「……まどか」

まどか「ほむらちゃん!」

杏子「よし、んじゃあたしらは向こうで待っとくよ」

仁美「まどかさん、ファイトですわ」

まどか「うんっ!」

ほむら「っ…」

さやか「…ほむら」

ほむら「…これでいいのよ」

さやか「うん…」

杏子「おい、さやかどうしたんだよ?」

さやか「うん、今行く」

杏子「なあ、さやか、ほむらのやつどうだった?」

さやか「うん…あはは」

仁美「何かあったのでしょうか?」

さやか「いや、まあ…そのさ、何て言うのかな」

さやか「何でこうなっちゃったんだろうって…ね」

杏子「はぁ?」

仁美「?」

ほむら「……」

まどか「ほ、ほむらちゃん」

ほむら「まどか…」

まどか「色々迷惑かけちゃって、ごめんね」

ほむら「ううん、迷惑だなんて、そんな…私はただ…」

まどか「…わたしね、あれから色々考えてみたの」

まどか「でも、答えは最初から決まってたみたい」

ほむら「…」

まどか「…わたし、ほむらちゃんのことが好きなの」

ほむら「……」

まどか「いっぱい迷惑かけちゃうし、取り柄もないし、ほむらちゃんには釣り合わないと思うし…」

まどか「それに、女の子同士だけど、でも…」

まどか「それでも…わたしは、あなたが好きです」

まどか「ほむらちゃんが大好きです!」

まどか「だから、これからもずっと一緒にいてください…!」

ほむら「……ごめんなさい」

ほむらちゃん

image

まどかvsマドカvsアルティメットまどか②④

まどか「そ、それじゃあ行ってくるね」

アルティメットまどか「いってらっしゃい」

マドカ「頑張ってね!」

アルティメットまどか「…ねぇ」

マドカ「ん?」

アルティメットまどか「私とあなたとあの子、誰が一番オリジナルに近いと思う?」

マドカ「そんなの、言わなくてもわかってるんでしょ?」

マドカ「答えは3人ともだよ、みんな鹿目まどかだよ」

アルティメットまどか「……それもそうだね」

アルティメットまどか「ねっ、ほむらちゃん?」ジッ

マドカ「!」

一方

ほむら「………」ボーッ

ほむら(はぁ…私は一体何をしているのかしら)

ほむら(情けないわ…まったく…)

ほむら(……まぁ…魔法少女になる前のことを考えれば)

ほむら(妥当と言えば妥当なんだろうけれど…)

ほむら(何度も時間を繰り返して、強くなった気でいたのだけどね…)

ほむら(……こんなんじゃ悪魔を名乗る資格すらないのかもしれないわ)

ほむら「はぁ…」

まどか「ほ、ほむらちゃん?」

ほむら「!…まどか」

まどか「だ、大丈夫?疲れたの?」

ほむら「…いえ、そう言う訳じゃないの」

ほむら「ただ……ううん、なんでもないわ」

まどか「そ、そっか」

ほむら「……」

まどか「……」

ほむら(黄まどか…この子は私が円環の理から引き裂いたまどかなのよね)

ほむら(円環の理や魔法少女のこと…いろんな記憶は消したはずだけど)

ほむら(今回の件で知ってしまったのよね…)

まどか「…ほ、ほむらちゃん」

ほむら「なに?」

まどか「う、あ、あの…このあと何がしたいのかな…って」

ほむら「まどかは何かしたいことはある?」

まどか「わたしは……」

まどか「…わたし、もっとほむらちゃんのこと知りたい」

ほむら「えっ?」

まどか「……本当はわたしも一人の存在で」

まどか「ずっと前からほむらちゃんと友達だったんだよね…?」

まどか「でもわたし…転校してからのことしか知らないから…」

まどか「だからもっと知りたいの、ほむらちゃんのこと…」

まどか「だから…」

ほむら「まどか…」

ほむら(……この子は白まどかや赤まどかのそばにいたのだし)

ほむら(私とまどかの関係は流石にもう知っているみたいだものね…)

ほむら(…これ以上隠しても仕方ないか)

まどか「あの…」

ほむら「…わかったわ、それなら私の家に行くわよ」

まどか「えっ?いいの?」

ほむら「ええ、それに赤まどかとか一緒に暮らしてるんだもの」

ほむら「あなたが来ても何の問題もないわ」

まどか「じゃ、じゃあ…」

モニタリングルーム

アルティメットまどか「わー!これじゃあ私だけほむらちゃんの家に行けてないよ!」

マドカ「うぇひひ、私は住んでるからね」

アルティメットまどか「それはそうだけど、あなたはある意味住んでて当然だもん」

マドカ「双子だからだよ!」

アルティメットまどか「それ誰も信じてないような…」

マドカ「双子だよ!」

アルティメットまどか「もー、しかたないなぁ」

ほむホーム

ほむら「さ、入って」

まどか「おじゃましま…って、え!?」

ほむら「?」

まどか「え…えと、すごく個性的な部屋なんだね」

ほむら「ん?あぁ、これは魔法でこうしてるの」

まどか「魔法ってこんなこともできるんだ」

ほむら「部屋くらい簡単よ、宇宙そのものを作り替えることすら」

ほむら「あなたにはできたのだからね」

まどか「わたしが宇宙を…うん、そうらしいよね」

まどか「全然覚えてないや…」

悪魔まどか

image
あけみふうふ!
www_dotup_org3517771
記事検索はここでガンガンやっちゃいますからねー!
コメント・フィナーレ!!
てぃひひ!ギャラリーだよ
  • さやかちゃん
  • 鹿目まどか
  • ほむらちゃん
  • さやほむ
  • ほむらちゃん
  • 悪魔まどか
livedoor プロフィールです
Q今月は?
Aさやかちゃん感謝月間!
あん?
やーいやーいバカさやかのバーカ
は?
バカって言ったほうがバカなのよこのバカ杏子!
バカ論争や記事カテゴリよりも、私はまどかを見たいわ
QRコードなのです
QRコード
アクセスアップの協力、感謝するわ
PVランキング にほんブログ村 アニメブログ 魔法少女まどか☆マギカへ
君のそばでいつまでも...
www_dotup_org3517771