ほむか速報!まどマギ SS マギレコ まとめ【魔法少女まどか☆マギカ】

魔法少女まどか☆マギカのSS、フィギュアやグッズのレビュー、マギアレコードなどを主に取り扱っています。

魔法少女まどか☆マギカの自作SSや、ねんどろいど、キューポッシュをメインにしたフィギュアやグッズのレビューがメインのブログです。
現在はマギアレコード(マギレコ)の感想なども行っています。

2015年02月

悪魔まどかとアルティメットほむら

image

失恋少女かなめ☆まどか⑥⑤

一時間後

真ほむホーム

ほむ母「はーい、たくさん食べてね、まどかちゃん」

まどか「あ、ありがとうございます!」

ほむら「……」

ほむ母「ほら、ほむらちゃんも」

ほむら「…ええ」

ほむ母「いただきます」

まどか「い、いただきます」

ほむら「……いただきます」

まどか「もぐ…あっ、おいしい!」

ほむ母「そう?よかったぁ、お口にあったみたいね」

まどか「はい、このオムライス、とろとろで凄くおいしいです」

ほむ母「ありがとう、ほむらちゃんの大好物でね、家ではホムライスって読んでるの」

まどか「ホムライス?」

ほむら「もうっ!余計なこと喋らないでよ!」

ほむ母「でも本当のことじゃない」

まどか「あはは、でも面白いし、美味しいよ、ホムライス」

ほむ母「ほら、まどかちゃんも喜んでくれてるし」

ほむら「もぅ…!」

まどか「わたしのパパの手料理もすっごく美味しいけど、負けないくらいすっごく美味しいよ」

ほむ母「あら?まどかちゃんのお家はパパがお料理しているの?」

まどか「はい、ママは仕事で忙しいから、パパがいつも家事をしてるんです」

ほむ母「そうなのね、うちはパパが仕事仕事で中々帰ってこられないの」

まどか「じゃあ今もお仕事なんですか?」

ほむ母「うん、だから普段はほむらちゃんと二人で食べてるの」

ほむ母「でも、ほむらちゃんが群馬にいる時は一人だったから寂しかったなぁ」

まどか「そうなんですね…」

ほむら「…ちょっと外の空気吸ってくる」

まどか「ほむらちゃん?」

ほむ母「………」

まどか「あの…大丈夫…なんですか?」

ほむ母「…ほむらちゃんは昔から、ああ言うところがあるのよね」

まどか「昔…ほむらちゃんの昔って、どんな感じだったんですか?」

ほむ母「パッとみじゃ、今と昔は大違い…なんだけど、根っこは昔から変わらないのかな」

まどか「?」

ほむ母「ほむらちゃんはね、昔から体が弱くて、入退院を繰り返していたの―」



ほむら「はぁ……」

杏子「よぉ」

ほむら「杏子!?」

杏子「ここじゃ話しにくいだろ?あっち行こうぜ」

ほむら「…!」

杏子「グリーフシードのお礼だとでも思って付き合ってよ」

ほむら「…ええ、わかったわ」

鹿目まどか

image

ほむら「美樹さんっていっつも明るくて羨ましいです」[再掲SS]

ほむら「……」ジィー

さやか「まどかはあたしの嫁になるのだぁー!」

まどか「きゃー!やめてよ、さやかちゃーん」

キャッキャッ

杏子「ほんっと仲良いよなあいつら」

マミ「ふふ、そうね」

さやか「おやおや?杏子ー、あんたひょっとして嫉妬しちゃってる?」

杏子「は、はぁ?なんであたしがまどかに嫉妬しなきゃなんねーんだよ!」

さやか「んん?誰も『まどかに』なんて言ってないぞぉ?」

杏子「あっ……」

さやか「ってことはー、やっぱりまどかに嫉妬してるってことでしょ?」

杏子「ば、ばかっ!あたしは…」

さやか「はいはい照れない照れない、杏子もあたしの嫁になるのだぁー!」

杏子「うわぁっ?や、やめろっ!あ、あたしは!あたしはっ!」

さやか「可愛いやつめぇー」

まどか「酷いよさやかちゃん!私をお嫁さんに貰ってくれるんじゃなかったの?」

さやか「もちろん!まどかもあたしの嫁だぁー!」

杏子「なんだと!?」

マミ「あら美樹さん、二股はだめよ?」

さやか「心配無用!さやかちゃんキングダムは一夫多妻制なのだぁ!」

まどか「えー?それで良いのかな?」

杏子「よくねーよ!」

さやか「こらこら、さやかちゃんのお嫁さん同士仲良くしなきゃダメだぞ」

まどか「さやかちゃんがそう言うなら…うん、いいよ」

杏子「ったく」

さやか「あははっ!」

マミ「ふふふ、羨ましいわぁ」

さやか「もちろん!マミさんもあたしの嫁!」

マミ「まあ、なら今日から美樹マミなのね」

さやか「そう言うこと!」

ほむら「………」ポツン

ほむら(いいなぁ……)

ほむら(わたしもあんな風になれたらな……)

ほむら(…ううん……でも…)

ほむら(わたしには…無理だよ…できないよ……)

ほむら(わたし……)

さやか「ほーむらっ!」ダキッ

ほむら「ひゃぁっ?」

さやか「さーに暗い顔してんの?」

ほむら「あっ、いや、別に…その……」

さやか「こーら、嘘つかないの!あたしには分かるんだからね?」

ほむら「美樹さん……」

さやか「誰もほむらをひとりぼっちになんかさせないよ」

ほむら「えっ…」

さやか「だって、ほむらもあたしの嫁だからね!」

ほむら「……!」

さやか「ほら、みんなが待ってるしさ、早く行こうよ」

ほむら「あっ…」

さやか「ねっ?」

ほむら「は、はい…!」

―――

――



さやか「でね?その時に杏子がさー」

恭介「ははは、さやかも佐倉さんも相変わらずだね」

さやか「でしょ?それでほむらもさー」

ガチャッ

さやか「!?」

恭介「ん?」

仁美「……そ、その私もお見舞いにと思いましたの」

恭介「君はたしかクラスメイトの……」

仁美「…志筑仁美です」

さやか「ひ、仁美……!?」

仁美「さやかさん……」

さやか「…ど、どうして」ボソッ

仁美「……や、やっぱり邪魔…でしょうか?」

さやか「っ…」

恭介「別に邪魔じゃないよ、むしろ来てくれて嬉しいよ」

仁美「上条くん…」

さやか「…恭介……?」

恭介「でも、どうして志筑さんが?」

仁美「そ、それは……」

さやか「ば、バカだなぁ恭介はぁ!」

恭介「へ?」

さやか「そんなの恭介が心配だからに決まってんじゃん!」

さやか「仁美みたいな美少女に見舞いに来てもらえるだなんて恭介もすみにおけないなぁー!」

恭介「さやか?」

仁美「さやかさん……」

さやか「あ、じゃ、じゃあまた今度ね!邪魔者は退散するね!」

さやか「仁美!恭介のこと頼んだよ!」タタッ

仁美「………」

恭介「あっ!さやか!」

仁美「……さやかさん」

恭介「…?変だな、さっきまで普通だったのに」

仁美「……やっぱり私も帰りますわ」

恭介「え?せっかく来てくれたのに?」

仁美「……ごめんなさい」

恭介「う、うん、ごめんね」

仁美「いえ、それでは、ごきげんよう」ペコ

恭介「ご、ごきげんよう」

恭介「……?」

恭介「変なさやか」

恭介「急にどうしたんだろう?」

恭介「さやか……」

―――

――



ほむら「やっぱり美樹さんは凄いなぁ」

ほむら「鹿目さんの言う通りだよ」

ほむら「羨ましいなぁ」

さやか「っ…」タタッ

ほむら「わっ?」

さやか「あっ!」

ドンッ

ほむら「わわわっ?」

さやか「きゃぁっ?」

ほむら「いたた……」

さやか「ご、ごめんなさい!考え事してて…って」

さやか「ほむら?」

ほむら「み、美樹さん」

さやか「……あー、ご、ごめん!あたしが悪かったね!」

ほむら「い、いえ…わたしも悪かったです」

さやか「そ、そう?あははは…」

ほむら「怪我はないですか?」

さやか「ん?うん!この通りピンピンだよ!」

ほむら「ふふ、良かったです」

さやか「んー、じゃあお詫びにさやかちゃんがスイーツをおごってしんぜよー!」

ほむら「え?いいんですか?」

さやか「いいのいいの!ほら、いこいこ?」

―――

――



さやか「んー、おいしー」

ほむら「そうですね」ジィー

さやか「……?なんかあたしについてる?」

ほむら「ほっぺにクリームが」クスッ

さやか「え?あっ!ほんとだ、ありがと」

ほむら「ふふっ」

さやか「……なんかさ、ほむらご機嫌だね」

ほむら「そうですか?」

さやか「うん、そう見える」

ほむら「…ふふ、そうかもしれません」

さやか「なんで?良いことあったの?」

ほむら「はい、美樹さんとこうしているのが楽しくって」

さやか「むむっ!ひょっとしてほむらも、このさやかちゃんの魅力に気づいちゃった感じかぁー!」

ほむら「そうかもしれません」

さやか「え?……まじ?」

ほむら「はい、鹿目さんもそうですけど、美樹さんといると楽しいんです」

さやか「そ、そう?」

ほむら「はいっ」

さやか「やー、さやかちゃんのモテ期到来かな?」

ほむら「ふふっ」

さやか「……ねー、ほむら」

ほむら「はい」

さやか「…あたしってさ、どこが良いのかな?」

ほむら「そうですね…えっと、えっと」

さやか「ほら、ほむらってまどかの優しいとこが好きなんでしょ?」

ほむら「はい!鹿目さんは優しくって…!」

さやか「それみたいな感じでさ、あたしって何があるのかな」

ほむら「……明るいところ、です」

さやか「え?」

ほむら「美樹さんっていっつも明るくて羨ましいです」

さやか「そ、そーかな?」

ほむら「はい!わたしも鹿目さんも巴さんも、それに佐倉さんだって」

ほむら「みんな、美樹さんの明るさに助けられてます」

さやか「……!」

ほむら「だからわたしは、美樹さんの明るいところが好きです」

さやか「……えへへ、そっか」

ほむら「それに比べてわたしは何も取り柄ないから……」

さやか「…そんなことないよ、ほむら」

ほむら「え?」

さやか「あたし、ほむらのそういう素直なとこ好きだよ」

ほむら「そ、そうですか?」

さやか「うん、あと嘘つくのが下手でドジなとこも好きだね」

ほむら「え?えぇ?そ、そうかな?」

さやか「へへへ、さやかちゃんは嫁のことは何でもわかるのだぁ!」

ほむら「み、美樹さん!」

さやか「どれどれ、嫁のここを堪能するかぁ」

ほむら「きゃぁっ!へ、変態さんみたいです!」

さやか「ぐへへへ」

ほむら「……ふふっ」

さやか「あはははっ!」

―――

――





続きを読む

魔法少女ともえ☆マミ

image
あけみふうふ!
www_dotup_org3517771
Twitter プロフィール
まさここ!まどほむ!まどか先輩!まさここ絵の修行中。ブログにて、まどマギ&マギレコのSS等もやってます。まさここは運命!Pixiv→https://t.co/ewbiKwnR39
記事検索はここでガンガンやっちゃいますからねー!
コメント・フィナーレ!!
てぃひひ!ギャラリーだよ
  • 水着こころver.2020
  • 水着こころver.2020
  • 水着こころver.2020
  • 水着こころver.2020
  • 水着こころver.2020
  • 水着こころver.2020
livedoor プロフィールです

ほむか

Q今月は?
Aさやかちゃん感謝月間!
あん?
やーいやーいバカさやかのバーカ
は?
バカって言ったほうがバカなのよこのバカ杏子!
バカ論争や記事カテゴリよりも、私はまどかを見たいわ
アクセスアップの協力、感謝するわ
PVランキング にほんブログ村 アニメブログ 魔法少女まどか☆マギカへ
君のそばでいつまでも...
www_dotup_org3517771