自作まどかSSまとめブログ!
ほむらの妹の、ほむかによる、まどほむ百合夫婦の為の
魔法少女まどか☆マギカのブログです。
魔法少女まどか☆マギカの自作SSや、ねんどろいど、キューポッシュをメインにしたフィギュアやグッズのレビューがメインのブログです。
まどか SS ブログ !

2015年05月

魔法少女ゆかり☆マギカ 始まりの物語【27】

杏子「とにかく、仲間をつくれ」

杏子「絶対に一人になるな」

杏子「そうすればきっと上手く行くさ」

ゆかり「わかりました!」

杏子「頑張れよ」

ゆかり「はい、ありがとうございました!」

杏子「ん」

仲間…

仲間は大切だってよく聞くけど、本当にそうなんだよね

頑張らなきゃ…!

なぎさ「ゆかりちゃん」

ゆかり「あっ、なぎささん」

なぎさ「ちょっといい?」

ゆかり「え?はい、なんですか?」

なぎさ「しーっ、こっちに」

ゆかり「?」

なぎさ「あのね、ゆかりちゃんにお願いがあるの」

ゆかり「お願い…ですか?」

なぎさ「うん」

ゆかり「はい、大丈夫です」

なぎさ「ありがとう、実はね…私の事…なんだけど」

ゆかり「なぎささんのこと?」

なぎさ「うん…」

ゆかり「なぎささん?」

なぎさ「あのね、ゆかりちゃん…誰にも話してこなかったんだけど」

なぎさ「実は私ね、昔円環の理にいたことがあるの」

ゆかり「え?」

なぎさ「このことは誰にも話してないから、私だけの秘密…だけどゆかりちゃんには話さないわけにはいかないから話すね」

ゆかり「…!」

なぎさ「円環の理、それはまどかのことでもあるけど、魔法少女にとっての天国…みたいなところでもあるの」

ゆかり「は、はい」

なぎさ「実は、本来の歴史だと私は魔女になって、そして倒されていたんだ」

ゆかり「!?…そ、そうなんですか」

なぎさ「うん、でも倒されるだけじゃなくて、逆に魔法少女を返り討ちにしたこともあったんだ」

ゆかり「そのことを覚えてるんですか…?」

なぎさ「そう、一生忘れることはできない、かな」

ゆかり「……」

なぎさ「もう知ってるかもしれないけど、ゆかりちゃんが過去に戻る時間は、まどかが魔法少女になる少し前」

なぎさ「その時点で魔法少女になっているのは、マミ、杏子、あとたぶんほむら」

なぎさ「まどかもさやかも魔法少女にはなってないし、ゆまもたぶんなってないと想う」

ゆかり「なぎささんは…?」

なぎさ「…私は、その時にはもう魔女になってるはず」

ゆかり「えっ!?」

なぎさ「だから、過去に戻っても、私は仲間になれないと思うの」

ゆかり「そ、そんな…?」

なぎさ「それどころか、私と戦うことになる…はず」

ゆかり「え……」

なぎさ「これ…」スッ

ゆかり「イラスト?かわいい…」

なぎさ「これが魔女になった私、お菓子の魔女、シャルロッテ」

ゆかり「!?」

なぎさ「魔女の姿はたくさんあるけど、私はこの姿なんだ」

ゆかり「魔女……」

なぎさ「円環の理では、まどかの力でいろんな世界の様子を見ることができたの」

なぎさ「魔女になる世界、魔女に倒される世界、魔法少女にならない世界、いろんな世界があったけど」

なぎさ「一番多かった世界が、ある魔法少女と戦う世界」

ゆかり「ある魔法少女?」

なぎさ「うん、その魔法少女に倒されることもあれば」

なぎさ「逆に私がその魔法少女を倒す…ううん、殺すこともあった」

ゆかり「…!!」

なぎさ「結局私はその魔法少女、それが仲間の魔法少女に倒されるんだけど」

なぎさ「…私はもう、その魔法少女と戦いたくないの」

ゆかり「なぎささん…」

なぎさ「わがままかもしれないけど、もしゆかりちゃんが行った世界で魔女になった私がいたら」

なぎさ「なんとかして、ほむらに倒してもらいたいんだ」

ゆかり「えっ?」

なぎさ「私を倒す魔法少女は、ほむらかもう一人のどちらか」

なぎさ「ほむらになら、私倒されても構わない」

なぎさ「それに、ほむらなら絶対私に勝てるから…」

ゆかり「……」

なぎさ「でも…でもっ!マミとは戦いたくない!!」

ゆかり「!?」

なぎさ「もうマミに殺されるのも、マミを殺すのも嫌!!」

ゆかり「まさか、ある魔法少女って…マミさん?」

なぎさ「うん…私はね、他の世界で何回も何回もマミと戦っているの」

なぎさ「円環の理でその真実を知った時にはあんまり気にしなかったんだよ?」

なぎさ「でも、べべとしてマミに近付いて仲良くなって」

なぎさ「百江なぎさとしてもマミと仲良くなって」

なぎさ「私は…なぎさは、マミのこと本当のお姉ちゃんのように好きになっちゃって」

なぎさ「まどかの円環の理の力が弱まって、円環の理での記憶が蘇って…」

なぎさ「あの時のことを思い出したら辛くて嫌で…」

なぎさ「もう二度とあんな思いはしたくないの…!」

ゆかり「なぎささん…」

なぎさ「マミはこのことを知らないし、まどかは気を使って黙ってくれてるけど…」

なぎさ「あの時の光景は…マミを食べるときの光景は目に焼き付いて忘れることができないの…!」

ゆかり「!!」

まどか『かなりの実力を持っていた魔法少女も、ほんの一瞬の油断で死んでしまうことだっつあるの』

まどか『実際、それで首を噛みきられたりした人だっているの』

ママが言っていたのって、まさか…

魔女になったなぎささんがマミさんを殺して、その逆もあって…

2人はいろんな世界で何度も殺しあいをしていたってこと…?

そしてその事をなぎささんだけは思い出した…

じゃあ、なぎささんは今までどんな気持ちでマミさんと接してきたんだろう…

ものすごく辛かったんじゃないのかな

2人とも本当の姉妹のように仲良し

この世界ではそうでも、他の世界では…

……あれ

もし、わたしが過去に戻って、なぎささんが魔女になってたらどうするの

なぎささんは、ほむらさんに殺してほしいって言ってるけど…

でも、ほむらさんに殺されたら、なぎささんは…この世界のなぎささんはどうなっちゃうの?

なぎささんの存在がなくなっちゃう…?

それに、なぎささんだけじゃない

全ての魔女も…ママが円環の理になれば救済できるんだろうけど

ママを円環の理にしたら、この世界のママがいなくなっちゃう…

それどころか、わたしの存在も…

……今まで、ママを救うことしか考えてなかったけど

ママを救えば、他の魔女は…魔法少女だった人たちはどうなるの

なぎささんはどうなるの…?

わたしはどうすれば……

暁美ほむら

image

ほむら「あいむほーむ」【23】

ほむか「そろそろあがろっか」

ほむら「うん、そうね」

―――

ほむら「ほむか、着替えはもう終わった?」

ほむか「うん、それじゃあさやかちゃん達を呼ぼっか」

ほむら「そうね、でも私はもう少し時間がかかるから、呼んできて」

ほむか「そっか、じゃあ行ってくるね」

ほむら「お願いね」

ほむルーム

さやか「杏子、あんた何時まで恥ずかしがってんのよ」

杏子「べ、別に恥ずかしがってなんかねぇよ!」

さやか「ほんとにそうかぁー?」

杏子「うっぜ!だからさやかと一緒は嫌なんだよ!」

さやか「むっ…」

杏子「…なんだよ」

さやか「ならマミさんとでも一緒に入れば?」

杏子「えっ」

マミ「あら?」

さやか「あたしは嫌なんでしょ?なら良いよ」

まどか「あはは、さやかちゃん…」

杏子「いや、なんつーか…そういわれると」

マミ「私は構わないわよ?」

杏子「ちょっ、マミまで?マミはまどかと入るんだろ?」

まどか「わたしはさやかちゃんと入るよ」

さやか「さっすがあたしの嫁!」

まどか「うぇひひ」

杏子「お、おい…」

マミ「ふふ、それでどうするの?私と入る?それとも美樹さんと入る?」

杏子「っ…」チラ

さやか「なによ」

杏子「~~!!」

さやか「なーに」

杏子「ああ!もう!わかったよ!入るよ!入れば良いんだろ?さやかと!」

さやか「あれー?あたしは嫌じゃなかったの?」ニヤニヤ

杏子「るせー!最初に言い出したのはさやかじゃねーか!」

さやか「ふぅん?ま、あたしは杏子がそう言うなら大丈夫だけど?」

さやか「あ、でも何かあれだし、美人のさやか様、一緒に入らせてください。って言えばオッケーだよ」

杏子「てめぇ殺すぞ!」

まどか「さやかちゃんったら、また杏子ちゃんをからかっちゃって」

マミ「佐倉さんって私とお風呂に入るときも最初はあんな感じだったのよね」

まどか「え?マミさんって杏子ちゃんと入ったことあるんですか?」

マミ「え?そうよ?佐倉さんが泊まりに来たときはよく」

まどか「えー…」

マミ「?お友達なら普通そうなるでしょ?」

まどか「あ、あはは…」

まどか(わたし中学生になってから誰とも入ったことないからわかんないよー……)

まどか(ほむらちゃんとほむかちゃんを二人きりにするために、提案したのは良いけど…一緒にお風呂……)

まどか(わたしなんか、マミさんと入るのも緊張してるのに…)

まどか(普通…なら良いんだけど、さやかちゃんとも小学生の時が最後だったし…)

まどか(お風呂…中学生ならまだ一緒に入っても大丈夫なんだよね…?)

まどか(ほむらちゃんはどう思ってるのかな…)
続きを読む

魔法少女ともえ☆マミ

image

魔法少女ゆかり☆マギカ 参考資料

ほむか「魔法少女まどか☆マギカオンライン、最後の力を使ってこんなのを作りました」

ほむか「思い付いたのがサービス終了直前だったんで、ざっと作ったんで吟味はしてませんが…」

ほむか「魔法少女ゆかり☆マギカの参考になればなって」

ほむか「見滝原中の制服を来た三人」
image

image

image

ほむか「一人はほむかです、ゆかり☆マギカにはでません」

ほむか「じゃあ残りの二人は…?」
image

ほむか「桃色の髪、服装、弓、これらはまどかっぽいですよね」

ほむか「でも髪型はまどかと言うよりも、ツインテほむ…?それにリボンの付け方はリボほむ…?」

ほむか「それに瞳は紫…どことなく、ほむらっぽい」

ほむか「そんな彼女の名前が鹿目ゆかり」

ほむか「この子が主人公です」

ほむか「親はもちろん、まどか、父親は不明」

ほむか「なぜ紫の要素があるのか、どことなくほむらっぽさがあるのかそれらは謎に包まれてます」

ほむか「そしてこっちの子は…」
image

image

ほむか「薄小豆色(紫に見えるのは気のせい)の髪で、短めのポニテ」

ほむか「瞳は紫(ほむカラーじゃないよ)」

ほむか「変身したら、武器は槍か剣(暫定)」

ほむか「そんな彼女が美樹あずき」

ほむか「育ての親は杏子だけど、産みの親はさやか?それとも…?」

ほむか「こっちもゆかり同様、出生については謎に包まれてます」

ほむか「今は出番が少ないけれど、第二の主人公です」

ほむか「この2人の物語はかなりの長編になります」

ほむか「完結する頃には、新作映画の発表がされてると良いなぁ」
あけみふうふ!
www_dotup_org3517771
記事検索はここでガンガンやっちゃいますからねー!
コメント・フィナーレ!!
てぃひひ!ギャラリーだよ
  • さやかちゃん
  • 鹿目まどか
  • ほむらちゃん
  • さやほむ
  • ほむらちゃん
  • 悪魔まどか
livedoor プロフィールです
Q今月は?
Aさやかちゃん感謝月間!
あん?
やーいやーいバカさやかのバーカ
は?
バカって言ったほうがバカなのよこのバカ杏子!
バカ論争や記事カテゴリよりも、私はまどかを見たいわ
QRコードなのです
QRコード
アクセスアップの協力、感謝するわ
PVランキング にほんブログ村 アニメブログ 魔法少女まどか☆マギカへ
君のそばでいつまでも...
www_dotup_org3517771