自作まどかSSまとめブログ!
ほむらの妹の、ほむかによる、まどほむ百合夫婦の為の
魔法少女まどか☆マギカのブログです。
魔法少女まどか☆マギカの自作SSや、ねんどろいど、キューポッシュをメインにしたフィギュアやグッズのレビューがメインのブログです。
まどか SS ブログ !

2016年06月

さやかちゃん「まどマギのキャラがIQテストしたら①」

さやか「なんかIQテストにはまって、何個かやってみたよ」
image

image

image

image

image

image

さやか「うん、まぁ実際には頭良くないけどじ結果だけはそれなりに良いんだよね」

さやか「で、IQテストしながらまどマギのキャラならどうとくだろって考えてたわけ」

さやか「ってことで、もしまどマギキャラがIQテストしたら開始!」




放課後

杏子「おいさやか、さっきからスマホばっか見て何してんだよ」

さやか「んー?あれだよあれ、IQテストってやつ」

杏子「IQテスト?さやかが?」

ほむら「そんなことしなくても、あなたのIQなんてわかりきっているわ」

杏子「だよなー」

さやか「それどう言う意味よ!?」

ほむら「どう言う意味って…ねぇ?」

杏子「だってさやか、バカ代表じゃん」

さやか「じゃあ、IQがどのくらいあったらバカじゃないのさ!」

ほむら「100あれば人並みね」

さやか「んじゃ!あたしが100越えたら何か奢りなさいよね!」

ほむら「嫌よ、私に利点がないもの」

さやか「こいつぅ~!」

杏子「あ、じゃああたしらで誰が一番か決めようぜ!負けた奴は買った奴になんか奢れば良いじゃん」

さやか「え」

ほむら「それなら構わないわ、流石に美樹さやかに負けるなんてあり得ないもの」

さやか「な、なんだとぉ!じゃああたしが買ったら土下座しなさいよね!」

ほむら「土下座どころかあなたの下僕にでもなんにでもなってあげるわ」

さやか「言ったなー!」

ほむら「私が買ったら、小さい頃のまどかの写真とかを寄越しなさい」

さやか「はぁ?」

まどか「みんな~」

さやか「まどか!」

ほむら「約束したから」

さやか「あっ!こいつ!」

まどか「何してるの?」

杏子「誰が一番バカか決めるんだよ、まどかもやろうぜ」

まどか「えー?わたし頭良くないから…」

杏子「まぁさやかには負けないだろうし、大丈夫だって。勝てば高級スイーツだぜ!」

まどか「ほんと?ならやってみようかな」

さやか「高級はきついって!」

ほむら「最初から負ける前提じゃない」

さやか「ぐぬぬ…」

杏子「んじゃさっそくやってみるか」

ほむら「制限時間は30分、紙で書いたりするのは禁止みたいね」

まどか「頭の中で計算するの苦手だなぁ…」

ほむら「大丈夫、あなたならできるわ」

さやか(あたしは何個か解いてるから有利!)

杏子「あ、さやかはもうやってるから、別のサイトでしなきゃな」

さやか「う」

杏子「フェアにしないとな」

さやか「くそー抜け目ないやつ…」

ほむら「じゃあこのサイトでしましょう、最新版だから誰もやっていないはずよ」

まどか「100いかなかったらどうしよう…」

ほむら「落ち着いて解けば100くらいはいけるようにできてるはずよ」

杏子「準備できた?」

さやか「う、うん」

ほむら「それじゃあ始めましょう」

まどか「落ち着いて…落ち着いて…」

さやかちゃん

image

悪魔少女まどか☆マギカ【8】

さやか「まったくもぉ…恭介の事は一応整理してきたつもりだったのになぁー」

さやか「……ふっ、あはは」

さやか「まーいっか」

さやか「ここには…思い出がちゃんと残ってるんだもんね」

さやか「制服もあるし、私服だって揃ってる」

さやか「スマホまであるし」

さやか「CDも自分用に結構買ってたっけ」

さやか「う…教科書とか宿題もそのまんまあるし…」

さやか「それに…」

さやか「アルバム…」

さやか「最近のはスマホに入ってるけど、昔のはこうしてちゃんと現像してとってあるんだよね」

さやか「……」ペラ

さやか「あはは…ほんと、あたしってば男みたいだよなぁ」

さやか「恭介の方が女っぽいかもしれないもん」

さやか「やっぱ恭介と写ってるの多いなぁ…」

さやか「それに…仁美もね」

さやか「仁美のやつ、この頃から美人じゃん、羨ましいなー」

さやか「……あれ?」

さやか「なんであたしが一人で写ってる写真こんなにあるんだろ?」

さやか「これってたしか、夢の国に行ったときのだよね?」

さやか「ミッキ○とかと一緒に写ってるし」

さやか「たしかこの時『あたしも美っ樹ー!』とか言ったっけ」

さやか「こんな下らないダジャレでも、ちゃんと笑ってくれたっけ」

さやか「相変わらず変な笑い方だったけどね」

さやか「ふふ…」

さやか「……ん?あれ?この時誰と一緒に行ったんだっけ?」

さやか「仁美や恭介じゃなかったことはたしかだけど…あれ?」

さやか「たしか家族ぐるみで行ったと思うんだけど…」

さやか「その子のお父さんが作ったお弁当が夢の国のやつより美味しかったって覚えてるもん」

さやか「ん…?あたしの友達で父親が主夫のとこなんてあったっけ?」

さやか「あたしはそれなりに友達多いと思うけど、家族ぐるみなんてそこまでいないはず…」

さやか「あれ…?」

さやか「そうだよ、この写真だって、となりに誰か写ってないと不自然だしさ」

さやか「ミ○キーはと握手してるのに、ミニ○は空気と握手しちゃってるし!」

さやか「やっぱ不自然だって!」

さやか「これもだ!運動会の写真だろうけど、一等賞のあたしが誰かを慰めてるっぽいのに」

さやか「あたしが一人で何もないところを励ましてるように見える…」

さやか「これも…あたしと仁美が誰かを見て笑ってるのに、何も写ってない…」

さやか「おかしい……」

さやか「修学旅行も宿泊研修も遠足も不自然な写真ばっかりだ…」

さやか「なんで今まで気付かなかったんだろ?」

さやか「魔獣退治が忙しかったとは言え…」

さやか「……あたしは何か大切なものを忘れてる」

さやか「いや、大切なものじゃない…大切な人だよ」

さやか「あたしは仁美以外にも間違いなく親友がいたはず」

さやか「ちっちゃくて」

さやか「すぐ泣いて」

さやか「頭もあたしと一緒で良くないし」

さやか「運動も苦手」

さやか「でも」

さやか「優しくて」

さやか「よく変な笑い方をして」

さやか「あたしの側にいてくれた」

さやか「あたしの親友」

さやか「ま」

ガチャ

なぎさ「まどか様が魔法少女を連れて帰ってきたのです!」

さやか「えっ?」

なぎさ「出迎えに行くのです!」

さやか「あっ、うん、わかった!」

悪魔まどか

image

悪魔少女まどか☆マギカ【7】

ほむら「まどかのことを覚えているのは私だけ…」

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「でも、そのまどかの記憶でさえ…私が私を記憶操作して作り出した」

ほむら「ただの幻想なのかもしれない…」

まどか「そんなことないよ…」

ほむら「このリボンだって…本当は最初から私が使っていただけなのかもしれない…」

まどか「違う…違うよっ…!」

ほむら「もちろん、今のは私の思いすぎかもしれないし」

ほむら「その可能性が高いとは思うけど…」

ほむら「誰もまどかのことを覚えていない以上…」

ほむら「証明のしようがないわ…」

まどか「……違うのに…」

ほむら「…まどかぁ……」

まどか「私はここにいるよ!ほむらちゃん!!」

ほむら「………」ゴロン

ほむら「……うぅぅ」ギューッ

まどか(枕に顔を埋めてるほむらちゃん可愛い)

まどか「じゃなくって!わぁぁ!どうしたらいいの!?」

まどか「ほむらちゃんが私のこと覚えていてくれて私ははしゃいじゃったけど」

まどか「ほむらちゃんがこんなに苦しんでるなんて…」

まどか「……私、ほむらちゃんに残酷なことしちゃったのかな…」

まどか「ほむらちゃん…」

まどか「何か、リボン以外に私がいる証拠を残せたらいいんだけど」

まどか「流石に現世に物理的干渉はできないし…うぅ」

まどか「何かないかな…?」

キッチン

キュッキュッ

まどか「あれ?キュゥべえ何してるのかな?」

キュゥべえ「ふぅ、皿洗いしとかないと後でほむらに文句言われるだろうからね」キュッキュッ

まどか「皿洗いしてる!?」

キュゥべえ「こんな時、耳毛が長くて良かったと思うよ」

まどか「え!?あれ耳毛だったの!?」

まどか「うわぁ、なんか軽くショックだよ、結構触ってたような…」

キュゥべえ「よし、皿洗いはこれで大丈夫だね」

キュゥべえ「それじゃあ僕はお風呂に入ってこよう」

まどか「お風呂入るんだ?たしかに私の時は桶に入ってたけど…」

まどか「……まあ、キュゥべえのことはいいや」

まどか「それよりも、何かほむらちゃんに残したいな…」

まどか「何か…」

まどか「………」

まどか「………」

まどか「………」

まどか「わーん!思い付かないよぉ!」

まどか「だって私概念だもん…」

まどか「魔法だって都合良くは使えないし…」

まどか「ほむらちゃん…」

まどか「―――!!」

まどか「どこかの魔法少女が…いかなきゃ!」

まどか「また来るからね!ほむらちゃん!」

その頃

さやか「ん…あれ、寝てたんだ」

さやか「って言うか、こっちの世界でも普通に眠くなるんだね」

さやか「なんか魔法少女しかいないことを除けば、割りと普通な世界…なのかなぁ?」

さやか「ほんと、ここもあたしの部屋とそっくりだし」

さやか「あたしの部屋…かぁ」

さやか「どこまで再現してあるんだろ?」

さやか「パッとみは完璧だけど…」

さやか「……流石にアレはないよね?」

さやか「お母さんが勝手に掃除してもバレないように隠してたし…」ゴソゴソ

さやか「うげっ!?」

さやか「あわわわわ!ま、まじ!?」

さやか「なんでこれまで再現されてんのー!?」

さやか「もうこっちで使うことないのに!」

さやか「……まあ、あっちでも結局渡せなかったんだけどさ」

さやか「墓場まで持っていくつもりだったんだけどなぁー…」

さやか「…あぁ、ここがある意味墓場か」

さやか「あーもー!こんなことなら捨てとけばよかった!」

さやか「……恭介へのラブレター」
あけみふうふ!
www_dotup_org3517771
記事検索はここでガンガンやっちゃいますからねー!
コメント・フィナーレ!!
てぃひひ!ギャラリーだよ
  • 【予約必須】1/8スケールフィギュア 悪魔ほむらうめver 7/30から予約開始【ほむらちゃんかわいい】
  • まどか
  • ほむらちゃん
  • マギアレコード配信まだか☆まどか
  • 魔法少女まだか☆まどか
  • 暁美ほむら
livedoor プロフィールです
Q今月は?
Aさやかちゃん感謝月間!
あん?
やーいやーいバカさやかのバーカ
は?
バカって言ったほうがバカなのよこのバカ杏子!
バカ論争や記事カテゴリよりも、私はまどかを見たいわ
QRコードなのです
QRコード
アクセスアップの協力、感謝するわ
PVランキング にほんブログ村 アニメブログ 魔法少女まどか☆マギカへ
君のそばでいつまでも...
www_dotup_org3517771