ほむか速報!まどマギ SS マギレコ まとめ【魔法少女まどか☆マギカ】

魔法少女まどか☆マギカのSS、フィギュアやグッズのレビュー、マギアレコードなどを主に取り扱っています。

魔法少女まどか☆マギカの自作SSや、ねんどろいど、キューポッシュをメインにしたフィギュアやグッズのレビューがメインのブログです。
現在はマギアレコード(マギレコ)の感想なども行っています。

2017年11月

魔法少女まどか☆マギカ 過ぎ去りし時を求めて○③③

まどか「待って!ほむらちゃん!」

悪魔ほむら「まどか…」

まどか「わたしずっとずっとほむらちゃんに会いたくて…」

まどか「いっぱいお話したいし、いっぱい謝りたいし…」

悪魔ほむら「ありがとう、まどか」

まどか「ほむらちゃん…」

悪魔ほむら「あなたが何を思い、何を考えているのか」

悪魔ほむら「今の私には全部わかるわ」

悪魔ほむら「だって私はもう、まどかの一部になっているんだもの」

まどか「そんな…」

悪魔ほむら「今こうしていられるのは、まどかの魔力の解放によって眠っていた私自身の魔力と」

悪魔ほむら「まどかを救いたい一心で気を失っても立ち上がろうとした暁美ほむらの魔力が共鳴したからなの」

悪魔ほむら「だから私はこっちの世界の暁美ほむらの体を借りることができた」

悪魔ほむら「これは本当に一時的なものでしかない、奇跡とも言えることだわ」

悪魔ほむら「それにこれ以上この体を借りると、私も宿主の体も共倒れになるわ…」

悪魔ほむら「ここにいる全員が限界を越えて戦ったの、魔女にならないことも奇跡…」

悪魔ほむら「それか、円環の理の力が限定的に発動したからなのかもね」

悪魔ほむら「でもその力も、もう残ってない…だからこれ以上は無理なの」

まどか「……」

悪魔ほむら「まどか、これからも暁美ほむらのこと、よろしくお願いするわ」

悪魔ほむら「この暁美ほむらは確かに私とは似て非なる別の暁美ほむらだけど」

悪魔ほむら「あなたを思う気持ちは、私と一緒なの」

まどか「……うん」

悪魔ほむら「ありがとう」

まどか「ほむらちゃん…」

悪魔ほむら「それじゃあ、私は最後の仕事を仕上げるわ」

悪魔ほむら「まずは…さやか、来なさい」

さやか「ほむら…何するの?」

悪魔ほむら「あなたの穢れを全て受け止めるわ」

さやか「え?…あ、体が軽くなった…?」

悪魔ほむら「次は杏子ね」

杏子「んっ…」

悪魔ほむら「これで暫くすれば目を覚ますはずよ」

さやか「ちょっと待って、何したのよ」

ほむら「穢れを吸収したのよ」

さやか「…そんなことして大丈夫なの?」

悪魔ほむら「ええ…むしろこれでいいのよ。そして巴さん…」

まどか「マミさん…」

さやか「ほむら…マミさんは…もう…」

悪魔ほむら「…本当にこの人は…苦手よ」

悪魔ほむら「とっくに限界を越えてたのに、無理して自分を盾にするだなんて…」

悪魔ほむら「なんでいつも私の目の前で死んでしまうの…」

マミ「」ニコ

悪魔ほむら「巴さん…」

さやか「…マミさんは満足そうな顔をしてるんだ…きっと、あたし達の勝利を確信してたんだよ」

まどか「マミさん…」

悪魔ほむら「……巴さんは私に任せて」

さやか「え、ちょっと…マミさんを連れていくの?」

悪魔ほむら「私の帰る場所はあくまでもまどかの中よ…円環の理でもなければ天国や地獄でもないわ」

悪魔ほむら「でも私は神を陥れその力をもぎ取った悪魔でもある」

悪魔ほむら「さっきあなた達から穢れを吸収したのも、本当はこの力を使うため…!」

さやか「何言って…」

悪魔ほむら「はぁっ!!」カッ

さやか「うわっ!?」

まどか「ほむらちゃん!?」

ゴゴゴゴゴ

さやか「な、なにここ!?結界!?」

まどか「これって…まさか!」

悪魔ほむら「まどかは見たことのある光景よね、私も三度目よ」

まどか「ほむらちゃん…また宇宙を…」

さやか「え!?」

悪魔ほむら「私は最後にもう一度世界を再構築するわ」

さやか「そんな力どこに残ってんのさ!」

悪魔ほむら「この戦いで限界の向こう側に達したみんなの穢れ…魔力、これを利用すれば…」

さやか「で、でもそれじゃあ!」

悪魔ほむら「いいの?見滝原は壊滅、巴さんだって死んでしまったのよ?」

さやか「う…」

悪魔ほむら「それに今度こそ、平和な世界にしてみせるわ」

悪魔ほむら「インキュベーターのことだって…」

まどか「ほむらちゃん!」

悪魔ほむら「まどか…」

まどか「…最後にいいかな?」

勇者まどか

image

【マギレコ】イベント「Another Daze」全アカウント完走と「巴マミ」「かずみ」「佐倉杏子」「かずみ」ゲット【マギアレコード】


ほむら「明日から新しいイベントが始まるわね」

ほむら「もう由比鶴乃が☆5に覚醒するとは…意外だったわ」

ほむら「それよりも先に神浜唯一の☆1の魔法少女を☆4にしてあげた方がよかった気がするけど」

ほむら「でも調度良かったわ、前回のここまさイベントでメイン1は鶴乃とやちよを魔力解放させていたのよ」

ほむら「☆5の火には困ってないけど、もちろん鶴乃の育成はするわ」

ほむら「それにしても、メインストーリーはもちろん、アナザーにも美樹さやかは欠片もでてこなかったわね」

ほむら「アナザーストーリーの感想は、何がなんでもまどかがくっついてくるってところかしら」

ほむら「本当に行方不明のメガほむとはなんだったのかしらね?」

ほむら「もちろん、これからメガほむが単独行動して巴マミ同様行方不明になる可能性はあるけど」

ほむら「既にななみけと会って神浜にも来てるのだから、やっぱり初期設定通りとはならないはずよ」

ほむら「美樹さやかは留守番してるわけでもなさそうだったから、まだ魔法少女になっていないのかしら?」

ほむら「でも巴マミはアナザーでたしか美樹さやかの事も思い出していたわよね?」

ほむら「巴マミの魔法少女ストーリーは未来の話だとしても、アナザーは既に過去の話だし…謎ね」

ほむら「まあ、美樹さやかも近いうちに実装されるはずよ」

ほむら「今のところ8つのアカウントで合計9000個くらい貯めてあるし、何回か当たってほしいところね」

ほむら「でも、今ガチャ運はない気がするわ」

ほむら「なぜかって?まぁいいじゃない」

ほむら「それよりも、これを見てちょうだい」

 



ほむら「ええ巴マミよ」

ほむら「もちろんいつものように単発で引けたわ」

ほむら「みなみに引いたのは末っ子サブ6よ」

ほむら「サブ6はまどか、このは、巴マミ…本来なら存在しなかったサブ垢なのに戦力はかなり整ったわ」

ほむら「一応サブ6は葉月とあちしも覚醒させてるし、そもそもまどかがいるから特に苦戦することはないはずよ」

ほむら「それよりも、これを見てちょうだい」

 



ほむら「ええかずみよ」

ほむら「もちろん単発…と言うか10連は殆どしなくなったのかしら」

ほむら「これはサブ2、キリカがいるから闇被りだけど無問題ね」

ほむら「サブ2はキリカ、レナ、かずみ…バランスは良くないかもしれないけど戦力としては十分ね」

ほむら「それよりも、これを見てちょうだい」

 


ほむら「ええかずみよ」

ほむら「かずみ合計で4回も当たったのよね、期間限定な分当たりやすいのかしら?」

ほむら「引いたのはかつて最弱のサブ垢であり、今では最強のサブ垢であるサブ4よ」

ほむら「初日から10月頭まで☆4なし、そこからレナ2連続、かりん、こころ、そしてかずみ」

ほむら「大逆転した引きの良さよね」

ほむら「どのサブ垢もだけど無課金どころか、ストーリーも最低限しかしてないし、アナザーと魔法少女ストーリーは放置、ミラーズも最低限しかしてないから」

ほむら「ちゃんとしてるメインより石の数は半分以下のはずなのに、もう☆4が5回も…当然リセマラはしてないわ」

ほむら「1万いかないくらいの課金額のメイン2が☆4を6回、3万前後くらいのメイン1が☆4を8回」

ほむら「そう考えると、このサブ4が一番引きの強いアカウントになるのかもね」

ほむら「まさかここまで良くなるなんて、あの日最後の石でレナを当てなければアンインストールしてたから…本当に意外だわ」

ほむら「ここ最近はサブ4を筆頭にサブ1以外のサブとメイン2の引きは良いのよ」

ほむら「でもメイン1はこのはピックアップから☆4なしで、そろそろ寂しくなってきていたのよね…でも」

ほむら「刮目しなさい」

 



ほむら「そう、杏子よ」

ほむら「ここにきて大本命の杏子が来るなんて…最高としか言えなかったわ」

ほむら「正直、メイン1で見滝原組を揃えるのを当面は諦めていたのだけど」

ほむら「ここにきて思わぬ形で杏子が来るとはね…」

ほむら「こうなったら、是が非でも美樹さやかを引いて見せるわ」

 ほむら「この画面でのオール100も完成したし、満足よ」

ほむら「最後に各アカウントの☆4以上よ(覚醒あり)」

メイン1
まどか(魔力解放1)
マミ(魔力解放1)
れん(魔力解放1)
ももこ
このは
杏子
やちよ(魔力解放2)
鶴乃(魔力解放2)
梨花
メガほむ


メイン2
まどか(魔力解放1)
れん(魔力解放1)
杏子
ももこ
かずみ
フェリシア(魔力解放2)
さな(魔力解放2<兆>)
かこ
かえで
ななか
メガほむ(魔力解放1)

サブ1
ももこ
このは
まさら(魔力解放3)
メガほむ

サブ2
キリカ
レナ
かずみ
織莉子
かえで(魔力解放1)

サブ3
このは
かずみ
梨花(魔力解放2)
ななか
かえで

サブ4
レナ(魔力解放1)
こころ(魔力解放1)
かりん
かずみ
まさら

サブ5
杏子
このは
こころ(魔力解放1)

サブ6
まどか
マミ
このは
葉月(魔力解放1)
あやめ

ほむら「あと、8つともイベント完走したわ。だから育成すれば魔力解放3が8つとも加わるわね」

ほむら


魔法少女まどか☆マギカ 過ぎ去りし時を求めて③②

カッ

ワルプルギスの夜「!!??」

使い魔「!?」

キュゥべえ「救済の魔女…」

だ ま り な さ い

キュゥべえ「!?いや、これは…」

まどか「」グッタリ

ほむら「まどか…」

キュゥべえ「暁美ほむら…まだ生きていたのかい!?」

ほむら「……時間遡行したのが自分だけじゃないと気付くべきだったわね」

キュゥべえ「!?」

ほむら「たしかにあなた逹の科学力はすごいけど」

ほむら「いつだって相手より優位な立場にいると思い込むのは禁物よ」

キュゥべえ「…」

ほむら「何時だったか、私も苦手だけど好きだった先輩に言われたわね」

キュゥべえ「……君は確かに僕たちが始末したはずだよ」

キュゥべえ「暁美ほむら…いや、叛逆者悪魔ほむら!」

悪魔ほむら「ええ、そうよ…私はあなた逹を道連れに命を失った」

悪魔ほむら「死んでしまい、まどかの心に影を作ってしまったのも事実」

悪魔ほむら「でもね…私は完全に消滅したわけではなかったわ」

キュゥべえ「……鹿目まどかのソウルジェム」

悪魔ほむら「流石に察しが良いわね。ええ、そうよ」

悪魔ほむら「まどかに返したリボンに残しておいた魔力、それが後のまどかのソウルジェムに取り込まれた」

悪魔ほむら「私は結果的にまどかのソウルジェムとなって辛うじて存在することができた」

悪魔ほむら「と言っても、あくまでまどかの魔力の一部として…」

悪魔ほむら「まどかに語りかけることもできないし、何もできなかった」

悪魔ほむら「でも…この世界の暁美ほむらの肉体と魔力、そして魔女になりかけたまどかの魔力の暴走」

悪魔ほむら「これらが集まって、私は再びあなたの前に立つことができたわ」

キュゥべえ「……」

悪魔ほむら「それもすべて、最後までまどかが諦めなかったからに違いないわ」

キュゥべえ「…鹿目まどかは僕達の術中に嵌まったはずだよ」

悪魔ほむら「それはどうかしら?まどかの諦めない想いが私に繋がったのよ」


キュゥべえ「……そんなはずは…」

ワルプルギスの夜「!!!!」ゴォォォッ

悪魔ほむら「はっ!!」

ワルプルギスの夜「!!??」

キュゥべえ「なっ!?」

キュゥべえ(ワルプルギスの攻撃をかきけした…)

悪魔ほむら「ワルプルギスの夜…可哀想に、あなたもインキュベーターに利用されたに過ぎないのよね…」

悪魔ほむら「私はこれでも円環の理の一部、まどかに代わって私があなたを救済するわ」

ワルプルギスの夜「…」

悪魔ほむら「あなたもとっくに限界を越えていたのよね?あれだけの攻撃をよく耐え抜いたわ」

悪魔ほむら「インキュベーターに無理矢理強化されていたとは言え…流石だわ」

悪魔ほむら「巴さんの渾身のティロ・フィナーレ、さやかと杏子の合体技、そして私とまどか…」

悪魔ほむら「どの技も、通常のワルプルギスなら倒せていたはず」

悪魔ほむら「なのに、あなたはボロボロになっても立ち上がった…見事よ」

悪魔ほむら「でも、もう終わりにしましょう」

悪魔ほむら「本来ならとっくに倒れているはず…私が楽にしてあげるわ」

悪魔ほむら「安らかに眠りなさい…」

悪魔ほむら「はぁっ!」

ワルプルギスの夜「アハハハハハハハハハハ…」スゥ

シュゥゥゥ

キュゥべえ「……君は何時も僕たちの邪魔をするんだね」

悪魔ほむら「それはお互い様よ、インキュベーター」

キュゥべえ「………」

悪魔ほむら「まどかを利用した上に、まどかを再び魔女にさせようとした罪」

悪魔ほむら「私はそれを許せるほど優しくないわ」

キュゥべえ「もちろん知ってるよ」

さやか「……」

悪魔ほむら「…でも、あなた逹の言う宇宙の寿命のことも理解できないわけじゃないわ」

さやか「!」

キュゥべえ「ならわかるはずだよ、これほど効率の良い方法はないってね」

悪魔ほむら「それは感情のないあなた逹の理屈よ」

悪魔ほむら「例えどんなに小さくても、命は命。エネルギーでもエントロピーでもないわ」

キュゥべえ「…」

悪魔ほむら「宇宙の寿命を延ばす、それは良いことだと思うけど」

悪魔ほむら「その為に自分たちの命を渡せるほど、私達は大人でもないのよ」

キュゥべえ「何が言いたいんだい」

悪魔ほむら「私はあなた逹を真っ向から否定するつもりはないわ」

悪魔ほむら「それでも、まだ私達を利用するのなら容赦はしない」

キュゥべえ「……」

悪魔ほむら「……」

キュゥべえ「いつか君たちにも理解できる日がくるよ」

キュゥべえ「僕たちの出した答えは決して間違っていなかったって」

キュゥべえ「あの時理解していたら、もっと宇宙は発展していたとね」

悪魔ほむら「…そう、ならあなた逹にも理解できるといいかもね」

悪魔ほむら「どんなに小さな命にも大切な感情がある、とね」

キュゥべえ「本当に僕達は仲が悪いみたいだね、ほむら」

悪魔ほむら「そうね、キュゥべえ」

キュゥべえ「…わけがわからないよ」

悪魔ほむら「………」

キュゥべえ「……できれば、もう二度と君の顔はみたくないよ」

キュゥべえ「それじゃあ、僕は行くよ」

悪魔ほむら「………」

まどか「ん…」

悪魔ほむら「まどか」

まどか「ほむら…ちゃん…?」

悪魔ほむら「ふふ」ニコ

まどか「ほむらちゃん…ほむらちゃーん!」ギュッ

悪魔ほむら「まどか…いつだって私はあなたの側にいるわ」

悪魔ほむら「だからもう泣かないで…」

まどか「ほむらちゃん…?」

悪魔ほむら「さやか」

さやか「あれ?気付いてた?」

悪魔ほむら「後のこと、あなたに任せてもいいかしら?」

さやか「あんたがあたしに頼み事なんて珍しいじゃん」

悪魔ほむら「一度目の頼みを破ったのはあなたでしょう?」

さやか「……あたしも会いたかったからさ」

悪魔ほむら「…とにかく、後は任せるわ」

さやか「……うん」
あけみふうふ!
www_dotup_org3517771
記事検索はここでガンガンやっちゃいますからねー!
コメント・フィナーレ!!
てぃひひ!ギャラリーだよ
  • ももこ
  • みたま
  • あいみ
  • あいみ
  • 織莉子
  • 【マギレコ】「御園かりん」「梢麻友」「梓みふゆ」ゲットと7回目の誕生日と4体目キューポッシュ鹿目まどかとまどか先輩YouTube
livedoor プロフィールです

ほむか

Q今月は?
Aさやかちゃん感謝月間!
あん?
やーいやーいバカさやかのバーカ
は?
バカって言ったほうがバカなのよこのバカ杏子!
バカ論争や記事カテゴリよりも、私はまどかを見たいわ
QRコードなのです
QRコード
アクセスアップの協力、感謝するわ
PVランキング にほんブログ村 アニメブログ 魔法少女まどか☆マギカへ
君のそばでいつまでも...
www_dotup_org3517771