ほむか速報!まどマギ SS マギレコ まとめ【魔法少女まどか☆マギカ】

魔法少女まどか☆マギカのSS、フィギュアやグッズのレビュー、マギアレコードなどを主に取り扱っています。

魔法少女まどか☆マギカの自作SSや、ねんどろいど、キューポッシュをメインにしたフィギュアやグッズのレビューがメインのブログです。
現在はマギアレコード(マギレコ)の感想なども行っています。

2018年01月

御園かりんの告白【20】

かりん「わたし…全部話すの」

かりん「何て言ったらいいのか、今もよくわからないし…」

かりん「めちゃくちゃなこと言っちゃうかもしれないけど…」

かりん「それでも、わたしの正直な気持ちを先輩に聞いてほしいの…」

かりん「だから…お願いします、先輩」

アリナ「わ、わかったカラ…」

かりん「ありがとうございます、先輩!」

かりん「それじゃあ…まず最初に、わたし…みんなに謝らなきゃいけないことがあるの」

ももこ「ん?」

かりん「わたし…ずっと嘘ついてたの、演技をしてたの…」

鶴乃「嘘?」

かりん「そうなの…わたしはずっとアリナ先輩の後輩を演技してたの…」

アリナ「え?アリナの後輩だけど…?」

かりん「もちろんそうなの、でも…わたしは前から元々のわたしを演じてたの…」

ももこ「うん…?」

ももこ(レナと練習した時はこんなこと言ってなかったぞ?)

鶴乃「それってつまり、どこかのタイミングでわざと昔のかりんちゃんを演じるようになったってこと?」

かりん「そうなの…」

アリナ「…?」

鶴乃「ならまずは…元々のかりんちゃんって?」

かりん「その…最初のわたしは、漫画が書きたくて先輩の部室に通うようになったの」

かりん「美術部は先輩しかいないけど、先輩がすごいアーティストだってわかってたから」

かりん「その人に色々教わりたくて、お邪魔するようになったの」

アリナ「……」

かりん「アリナ先輩は怖い、って色んな人に言われてたから…内心ビクビクしてたの」

かりん「でもすぐそうじゃなくなったの」

かりん「たしかに先輩はちょっと怖いのかもしれないけど、わたしは怖いだなんて思わなかったの」

アリナ「!」

かりん「わたしの漫画はちゃんと読んでくれるし、ダメなところはダメってちゃんと言ってくれるし」

かりん「誉めてくれるときはちゃんと誉めてくれるの!」

かりん「だからアリナ先輩は厳しいけど、優しい先輩だってわかったの」

アリナ「…」

かりん「それから、先輩に誉めてほしくて毎日部室に行くようになったの」

かりん「ここが、わたしの最初の変化?なの」

鶴乃「つまり『漫画を描くために部室に行く』から『アリナに誉めて貰うために部室に行く』に変わったんだね」

かりん「そうなの、でもここからもっと変わったの…」

アリナ「…」

かりん「漫画やハロウィンでたくさん先輩にはお世話になったの」

かりん「…ハロウィンの時、気づいちゃったの」

かりん「あの時、先輩が来てくれたら…って強く思っちゃったの」

かりん「先輩が来てくれなくて寂しいって…思っちゃったの…」

アリナ「あ…」

いろは(本当はアリナさん来てくれてたんだよね…)

やちよ(私も気づかなかったし、隠れて見ていたのね…)

かりん「あれから…アリナ先輩のことばっかり気にするようになっていったの」

かりん「あの時はまだ…わたしの気持ちには気づいてなかったの」

かりん「……ううん、嘘…なの」

かりん「もうほんとは気づいてたの…わたしの気持ちに…」

かりん「先輩のことを好きになっちゃった…って、わたしの気持ち…」

アリナ「っ!?」

かりん「でも…でもでも!気付かなかったことにしたかったの…」

かりん「わたしは『先輩のことが好きなわたし』じゃなくて『先輩の後輩のわたし』でいたかったの!」

鶴乃「それは…『アリナ・グレイが好きな御園かりん』じゃなくて『あくまで普通の先輩と後輩』でいたかった、ってこと?」

かりん「そうなの…だからわたしはみんなに気付かれないようにずっと演技してたの…」

ももこ「なるほど、それがさっき言ってた演技ってわけね」

鶴乃「たしかに仲が良いのはすぐわかったけど、好きだとは気づけなかったもん」

かりん「由比先輩のお店に入ったときも、すごく頑張って演技してたの」

鶴乃「あの日はどうだったの?」

かりん「初詣は先輩を誘って行くってずっと前から決めてたの」

かりん「でもなかなか言い出せなくて…元旦になっちゃったの」

かりん「朝起きてからお節を食べて、それから先輩に連絡したの」

かりん「でも既読にもならなくて…いつもはすぐ返事くれるのに…だから何かあったと思って」

かりん「気づいたら先輩を探し回ってたの」

かりん「そしてなんとか先輩と会えて、なんとか初詣に誘えたの」

かりん「がんばって普通に誘ったの…でも本当はすごく緊張してたの…」

やちよ「それでフェリシアに怪我させられたのね」

やちよ「すごく反省していたわ」

かりん「あれは…逆にフェリシアちゃんに感謝してるの」

やちよ「え?」

かりん「怪我自体は大したことなかったの、でも先輩がすごく心配してくれて」

かりん「先輩がハンカチで応急処置してくれたのは、どんな回復魔法よりも効果あったの」

アリナ「!」

かりん「先輩がわたしのことを心配してくれたのが、ものすごく嬉しくて…」

かりん「だからあの時はもう頭のなかがアリナ先輩でいっぱいいっぱいだったの」

かりん「でも、バレないように普通でいようとしたの…わたしも騙すくらいの演技をしたの」

鶴乃「あくまで普通のかりんちゃんを装ったんだね」

かりん「おみくじでマジカル☆大吉がでたの、恋愛のところは」

かりん「マジカルな恋が実るってあったの…」

かりん「マジカルな恋…それって絶対アリナ先輩のことなの」

かりん「アリナ先輩と恋人になれるなんて魔法でも無理だと思ってたから」

かりん「本当にびっくりして、ますます先輩のことばかり考えるようになってたの」

かりん「あの時、さっきの双子さんが漫才みたいなことしてたけど全然頭に入ってこなかったの…」

かりん「それにあの時は先輩と手を繋いでたの」

アリナ「…」

かりん「先輩の手はあったかくて…少しでも長く手を繋いでいたかったの」

かりん「初詣の後は先輩とごはんを食べられるところを探したの」

かりん「ほんとは入れるお店はあったけど、手を離したくなかったから」

かりん「見つからないフリをしてたの」

アリナ「えっ」

かりん「それに入れても込んでたから、先輩とゆっくりできないって思って…」

かりん「でも先輩は本当にお腹が空いてたみたいだったの、だからすごく悪いことしたって思ってたの」

かりん「そんなとき見つけたのが由比先輩のお店だったの」

鶴乃「うちはこころちゃんとまさらちゃんしか来てなくて暇だったからね!」

鶴乃(なんか複雑だけど逆に良かった!)

かりん「あの時も頭のなかは先輩のことばかりで、あんまり味はわからなかったの」

鶴乃(なんの特徴もない50点で逆に良かった!特徴あったら頭なか変わっちゃうかもしれないからね!逆に!うん!)

かりん「がんばっていつものわたしを演じようとしたけど…」

かりん「先輩のことばかり考えて、先輩のことばかり見てて」

かりん「だから、食べることに集中できなくてごはんつぶが付いたと思うの」

かりん「先輩と一緒に食べることもなかったから緊張もしてたし」

かりん「先輩もすごく優しそうにわたしを見てくれてて」

かりん「あの時はもう限界だったと思うの…」

かりん「先輩のことしか考えられなかったの…」

鶴乃(本当に優しそうに見つめてたもんね、アリナ・ホワイトだったよ!)

ホムカ・グレイ

image

御園かりんの告白【19】

ももこ(ただ、このままだと中々話が進まないような気もするし)

ももこ(ここはちょっと踏み込んだ質問した方がいいかもな)

ももこ(できる限りサポートしよう、せっかくレナも頑張ったんだしな!)

ももこ「ほっぺにキスで思い出したけど」

アリナ「だ、だからあれはキスじゃないってば!!」

鶴乃「!」

鶴乃(明らかに焦ってる、アリナって焦ると普通の日本語になるっぽいね)

鶴乃(と言うことはアリナが日本語を多く使うほど図星ってわけ…か)

ももこ「まぁそれは置いとくとして、アリナってよくかりんちゃんのイチゴ牛乳よく飲むんだよね?」

アリナ「よ、よくってワケじゃないケド…」

ももこ「それってさ、間接キスなんだけど意識してたりする?」

アリナ「なっ!?」

かりん「間接…キス…///」

ももこ「かりんちゃんはそう思ってるみたいだよ?」

アリナ「な…そうだったの!?」

かりん「女の子同士だから、ふ…普通のことだってわかってはいるの」

かりん「でも…わたしは…///」

ももこ「意識しちゃうんだよな?」

かりん「……///」コク

アリナ「っ!?」

かりん「や、やっぱり変…なの…?」モジモジ

ももこ「そんなことないって、鶴乃はある?」

鶴乃「私?私はよくフェリシアにされるよ!」

鶴乃「でもフェリシアはただの食いしん坊だよ」

やちよ「そう?あの子鶴乃によくなついてるじゃない」

鶴乃「そうかなー?最近はよくさなちゃんと一緒にいるし、私だけが特別じゃないと思うよ」

やちよ「ふぅん?」

いろは「ふふっ」

鶴乃「な、なに!?」

ももこ「経験豊富なやちよさんはどうなの?」

やちよ「だから私はいろはとだけだって…」

いろは「わっ?」

ももこ「と言うと?」

やちよ「別にお互い気になる飲み物買ってきて交互に飲んだり」

やちよ「二人きりの時に食べさせ合うくらいよ」

いろは「わ!わ!」

ももこ「それはいろはちゃんだけ?他にはいないの?」

やちよ「そうよ、前からみふゆがよく迫っては来てるけど」

やちよ「元々、私そう言うのが苦手なのよ…みふゆは今も親友だと思ってるけど」

やちよ「本当にいろはだけが例外なだけね」

いろは「やちよさん!もう喋らないで!!載せられてますから!」

やちよ「はっ?し、しまった…!」

やちよ「鶴乃のみならずももこまで…」

ももこ「ごめんごめん」

ももこ(アタシから振っといてアレだけど、やちよさんチョロすぎやしないか?)

ももこ(いろはちゃんがリーダーになってから、重荷がなくなってなんか昔より明らかに天然になってる)

鶴乃「ぐぬぬ…私もししょーとそう言うのしたことないからね…」

アリナ「ヴァァァッッ!やっぱり見せつけてるダロ!」

いろは「ごめんなさい、私達は黙ってます…やちよさん」

やちよ「……」コクコク

アリナ「チッ…って言うか二人はカップルなんだし、別にそのくらいしてもおかしくないと思うワケ」

鶴乃「ん?ならかりんちゃんとよく間接キスしてるアリナもカップルってなるよ?」

アリナ「へ?あっ!?ち、違う!違うから!」

鶴乃(焦ってる焦ってる)

ももこ「じゃあアリナは誰の飲み物でもそうするの?」

アリナ「い、いや…そういうワケじゃないケド…」

アリナ「あ、アンタは!?」

ももこ「アタシ?アタシはレナとかえでとはするけど」

ももこ「二人ともアタシの大切な親友だし、愛してるからな!」

アリナ「ほ、ホラ!カップルじゃなくてもしてるワケ!」


ももこ「そうだけど、恋人じゃなくてもかけがえのない大切な存在だよ」

ももこ「それに相手から渡されたら多少は気にしても飲むかもしれないけど」

ももこ「アリナの場合は自分からだよな?」

ももこ「それって気の許せる相手じゃないとできないと思うよ」

アリナ「っ…!」

鶴乃「じゃあアリナにとって、かりんちゃんは気の許せる相手なんだね!」

アリナ「そ、それは…!」

かりん「先輩…」

アリナ「う…!」

ももこ「否定しないってことは、そうなんだな」

アリナ「く…」

鶴乃「そもそも気の許せる相手じゃないと手を繋いで町を歩けないよね」

ももこ「そりゃそうだな」

アリナ「……」

ももこ(あ、アリナこのまま黙っちゃうパターンだ)

ももこ(でもアリナがかりんちゃんのこと意識してるのは間違いないな)

ももこ(でもアリナから打ち明けることはないだろうし)

ももこ(ここは、かりんちゃんが押すしかない!)

ももこ「かりんちゃん、今こそレナとの練習の成果を見せるときだよ!」

かりん「う!」

鶴乃「大丈夫だよ!私達がついてるから!」

いろは「かりんちゃんの一番伝えたい正直な気持ちをぶつければ大丈夫だよ!」

やちよ「そうすれば応えてくれるわ、私達がそうであったようにね」

アリナ「ま、まって!アリナはまだ!」

かりん「先輩!」

アリナ「ぅ…」

かりん「わたしの話を聞いてほしいの…」

ももこ「こう言ってるんだし…な?」

アリナ「……」

鶴乃「聞いてあげよう?」

アリナ「わかったから!聞くから!黙っててよ!」

鶴乃「うん、わかった。黙ってるね」

ももこ「よし、いこう!かりんちゃん!」

かりん「は、はいなの!」

ホムカ・グレイ

image

かなしいとき

ほむか「かなしいときー」

ほむら「かなしいときー」

ほむか「まどかが死んだときー」

ほむら「かなしいときーまどかが死んだときー」

ほむか「かなしいときー」

ほむら「かなしいときー」

ほむか「ガチャで爆死したときー」

ほむら「かなしいときーガチャで爆死したときー」

ほむか「かなしいときー」

ほむら「かなしいときー」

ほむか「ガチャのピックアップがピックアップしてないときー」

ほむら「かなしいときーガチャのピックアップがピックアップしてないときー」

ほむか「かなしいときー」

ほむら「かなしいときー」

ほむか「BPをレベルアップで漏らしたときー」

ほむら「かなしいときーBPをレベルアップで漏らしたときー」

ほむか「かなしいときー」

ほむら「かなしいときー」

ほむか「結構課金してきっちりプレイしてるメインアカウントよりも適当にしてるサブアカウントの方がガチャ運がいいときー」


ほむら「かなしいときー結構課金してきっちりプレイしてるメインアカウントよりも適当にしてるサブアカウントの方がガチャ運がいいときー」

ほむか「かなしいときー」

ほむら「かなしいときー」

ほむか「結構課金してきっちりプレイしてるメインアカウントよりも適当にしてるサブアカウントの方がミラーズランキングがいいときー」

ほむら「かなしいときー結構課金してきっちりプレイしてるメインアカウントよりも適当にしてるサブアカウントの方がミラーズランキングがいいときー」

ほむか「かなしいときー」

ほむら「かなしいときー」

ほむか「御園かりんの告白【19】をいつもより多目に書いてテンション上がったからそのまま御園かりんの告白【20】を書いたら御園かりんの告白【19】に上書き保存してしまって御園かりんの告白【19】がなくなってしまったときー」

ほむら「かなしいときー御園かりんの告白【19】をいつもより多目に書いてテンション上がったからそのまま御園かりんの告白【20】を書いたら御園かりんの告白【19】に上書き保存してしまって御園かりんの告白【19】がなくなってしまったときー」
image

ほむか「かなしいときー」

ほむら「かなしいときー」

ほむか「御園かりんの告白【19】をどんな感じに書いたのかいまいち思い出せなくて御園かりんの告白【20】に自然に繋げるのが少し難しい気がするときー」

ほむら「かなしいときー御園かりんの告白【19】をどんな感じに書いたのかいまいち思い出せなくて御園かりんの告白【20】に自然に繋げるのが少し難しい気がするときー」

ほむか「かなしいときー」

ほむら「かなしいときー」

ほむか「あわてて御園かりんの告白【19】を書こうと思っても1時間近くかけて作ったから虚無感がつよくて手につかないときー」

ほむら「かなしいときーあわてて御園かりんの告白【19】を書こうと思っても1時間近くかけて作ったから虚無感がつよくて手につかないときー」

ほむか「かなしいときー」

ほむら「かなしいときー」

ほむか「やけくそになってこんなこと書いてるときー」

ほむら「かなしいときーやけくそになってこんなこと書いてるときー」

ほむか「かなしいときー」

ほむら「かなしいときー」

ほむか「夕日が沈んだときー」

ほむら「夕日が沈んだときー」
あけみふうふ!
www_dotup_org3517771
記事検索はここでガンガンやっちゃいますからねー!
コメント・フィナーレ!!
てぃひひ!ギャラリーだよ
  • ももこ
  • みたま
  • あいみ
  • あいみ
  • 織莉子
  • 【マギレコ】「御園かりん」「梢麻友」「梓みふゆ」ゲットと7回目の誕生日と4体目キューポッシュ鹿目まどかとまどか先輩YouTube
livedoor プロフィールです

ほむか

Q今月は?
Aさやかちゃん感謝月間!
あん?
やーいやーいバカさやかのバーカ
は?
バカって言ったほうがバカなのよこのバカ杏子!
バカ論争や記事カテゴリよりも、私はまどかを見たいわ
QRコードなのです
QRコード
アクセスアップの協力、感謝するわ
PVランキング にほんブログ村 アニメブログ 魔法少女まどか☆マギカへ
君のそばでいつまでも...
www_dotup_org3517771