ほむか速報!まどマギ SS マギレコ まとめ【魔法少女まどか☆マギカ】

魔法少女まどか☆マギカのSS、フィギュアやグッズのレビュー、マギアレコードなどを主に取り扱っています。

魔法少女まどか☆マギカの自作SSや、ねんどろいど、キューポッシュをメインにしたフィギュアやグッズのレビューがメインのブログです。
現在はマギアレコード(マギレコ)の感想なども行っています。

2021年01月

いつも胸に溢れてるあなたへの想い㉓

こころ「まさらの方が…ってきりがないね」
まさら「うん、私もそう思う」

こころ「まぁこれは置いとくとして…とにかく、まさらの事は知ってたよ!初めて見た日のこと覚えてるもん」
まさら「初めて…」

こころ「うん、だからあの時まさらが助けてくれた時はシンデレラみたいな気分だったんだよ?」
まさら「シンデレラ…?」

こころ「白馬の王子様が迎えに来てくれたーって!」
まさら「…あの時泣きそうだったのにそんなこと考えてたの?」

こころ「あはは…今のテンションだから言えてるんだけどね」
まさら「…白馬の王子様…ね…」

こころ「あ、白馬の王女様…?」
まさら「それは別にいいんだけど、それを言うなら私もそうよ」

こころ「うん?」
まさら「きっと私は…ずっと眠ってたんだと思う」

こころ「寝て…?あっ!毎日が退屈で寝てても起きてても変わらない!みたいな…?」
まさら「…まぁ、そうね。何というか…私はずっと眠り続けていて」

まさら「もしかしたら、ずっと眠りつづ寝る人生だったのかもしれない、寝たまま死んでしまったのかもしれない」
こころ「…わかった!白雪姫!?」

まさら「そう、白雪姫…」
こころ「まさらが白雪姫…!」

まさら「私を眠りから覚ましてくれた人…それを例えるなら白馬の王子様なのかもしれないわ」
こころ「白馬の王子様…!」

まさら「その白馬の王子様が誰だかわかる?」
こころ「え!?そっ、それは……

こころ「……え…えっと…」
まさら「わからない?」

こころ「……うぅ……」
まさら「本当にそう?」

こころ「…まさらのいじわる」
まさら「そうかもしれない」

こころ「もー!じゃあ答えを言ってよ!」
まさら「…内緒」

こころ「えー!?なんで?」
まさら「……だって、恥ずかしいから」

こころ「まさらも恥ずかしいって感じるの?」
まさら「…私をなんだと思ってるの…」

こころ「わっ!ご、ごめんね?そんなに“しゅん…”ってしないで…」
まさら「………」

こころ「ま、まさら…ごめんなさい…」
まさら「……ふふっ、冗談よ」

こころ「えっ…えー!」
まさら「ふふ、ごめんなさい」

こころ「うー…さっきからまさらに上手いこと乗せられてるような…」
まさら「気のせいだよ」

こころ「気のせい…気のせいかぁ…気のせいと言えば…まさらってさ」
まさら「なに?」

こころ「ちょくちょく口調が変わるよね」
まさら「え?」

こころ「いつもは『〜よ』とか『〜だわ』ってクールな感じで言うけど、たまに『〜だよ』とかみたいに可愛く言うことあるもん」
まさら「……あっ」

こころ「あれってどっちが素なの?」
まさら「…正直、わならない。別にどちらも意図的にしているものじゃないから」

こころ「そうなの?」
まさら「うん、でもたぶん普通じゃない時に口調が変わりやすいのかもしれないわ」

こころ「そっかぁ…ふーん…ね、まさら。誰が白馬の王子様なの?」
まさら「え」

こころ「私、誰か聞いてみたいなぁ」
まさら「……こころ、この少しの間で変わった?」

こころ「ちょっとだけ吹っ切れたのかも」
まさら「そう…吹っ切れたんだ」

こころ「うん!」
まさら「じゃあ、誰が白馬の王子様か言えるはずよ?」

こころ「う……もー、やっぱりズルい」
まさら「ごめんなさい」

まさら「こころ」
こころ「なに?」

まさら「こころ」
こころ「心?」

まさら「こころ」
こころ「こころ?」

まさここ

IMG_0401

いつも胸に溢れてるあなたへの想い㉒

まさら「お昼だって、そう…何を食べても同じだと思っていたのに」
こころ「……」

まさら「学食も、お弁当も、コンビニで買ったものも、何もかも同じだったのに」
こころ「……」

まさら「あなたが傍にいてくれたら、どれも美味しく感じるようになれた」
こころ「!」

まさら「あなたがお弁当を作ってきてくれると本当に嬉しかった」
こころ「そ、そうだったの?」

まさら「うん」
こころ「そ…そうだったんだ…全然わかんなかった…たしかに美味しそうに食べてはくれてたから」

こころ「お弁当用意する時はまさらの分も作ったりしてたけど…大体は学食で済ませてたから…
まさら「学食でも、こころがいてくれればそれで良かった」

こころ「ま、まさら…」
まさら「でも、あなたのお弁当ならもっと嬉しい、ただそれだけよ」

こころ「…ど、どうしたの?まさら?いつもと違うよ?」
まさら「だから言ったでしょ?私は変わったって」

こころ「そうだけど…で、てもこれじゃ、まるでまさらが…」
まさら「…まるで、私が何?」

こころ「っ…う、ううん…」
まさら「……」

こころ(まさか…う、ううん…違う、違うよね?)

こころ(そ、それよりも!私が話をしたかったんだよ!)

こころ「え、えっと…!」
まさら「…ごめんなさい、話しすぎたわ」

こころ「だ、大丈夫だよ!」
まさら「…そう?じゃあ部活も

こころ「あ、続けるんだ?」
まさら「だって大丈夫だって」

こころ「言ったけど〜!」
まさら「ふふっ」

こころ「うー…」
まさら「部活も、あなたが迎えに来てくれることが一番の楽しみになってしまったの」

こころ「ええっ?!」
まさら「みんなには悪いけど、本心だから仕方ないわ…」

こころ「そ、そうなのかな?」
まさら「そうだよ」

こころ「そ、そっか」
まさら「うん」

まさら「それで魔法少女としても、あなたがいる限り私は戦い続けることができた」
こころ「!」

まさら「魔法少女になって後悔をしなかったわけじゃないわ」
こころ「あっ…」

まさら「魔女やウワサ、キモチとの戦い、西と東の争い、マギウスの件、他所の魔法少女との戦い…」
こころ「……」

まさら「いつ、命を落としても不思議ではないのが魔法少女」
こころ「うん…」

まさら「だからもし、命を落としたら…あの頃の私ならともかく、今の私なら…死にたくない、死ぬわけにはいかない、そう思うもの
こころ「まさら…」

まさら「こころが何度か危なくなった時、私は自分を恨んだわ」
こころ「!」

まさら「マギウスの翼…更紗帆奈、スズネ達…色々あったもの」
こころ「う、うん…」

まさら「…十七夜さんの件は私も操られてしまったから…ももこがいなければ全滅してしまっていたのかもしれないし…」
こころ「だね…おかしくなってたもんね…」

まさら「それに…スズネ達との……」
こころ「………

まさら「……本当に色々あったわ」
こころ「うん…」

まさら「…でも、生きてる」
こころ「!」

まさら「私もこころも、生きてるわ」
こころ「…うん、生きてる…そうだよね」 

まさら「魔法少女だから辛い思いをすることもあったけど、魔法少女だから今の私がいる」
こころ「!」

まさら「魔法少女は短命…これは抗えない運命かもしれないけれど…」
こころ「っ…」

まさら「でも、私は魔法少女になったから今の私になれた、だから魔法少女になって良かったと思うわ」
こころ「……うん、私も同じだよ。なって良かった」

こころ「お母さんが帰ってきてくれたし、今はちゃんと3人で過ごせてる」
まさら「ええ…」

こころ「魔法少女になったおかげで友だちもたくさんできた…」
まさら「そうね…」

こころ「そして…魔法少女になったから、まさらと出会えた」
まさら「!」

こころ「…同い年だし、同じ学校だし、まさらのことは知ってたよ?」
まさら「!!……そうなの?」

こころ「知らないわけないよ、まさら昔から綺麗で可愛かったから憧れてたもん」
まさら「こころの方が綺麗で可愛いと思うけど…」

こころ「えー?まさらの方がずっとずっと美人で可愛いよ!」
まさら「こころの方がずっとずっとずっと美人で可愛いわ」

まさここ

2019-08-22-07-10-05

いつも胸に溢れてるあなたへの想い㉑

こころ「まさらは私を助けてくれたの」
まさら「…たまたま居合わせただけだよ」

こころ「きっかけはそうかもしれないけど、でもあの後も何度も何度も助けてくれたもん」
まさら「あの頃のあなたは…見ていて心配だったたら…」

こころ「あの頃のまさらが心配してくれたんだよね…」
まさら「!……そう、あの頃の私はもう既に…ふふ、不思議よね」

まさら「あの頃の私は、何にも関心が持てなくて…何もかもがつまらなくて」
こころ「…」

まさら「家族にも、クラスメイトにも、部員にも、先生にも、魔法少女にも…そして私自身にも関心が持てなかった」
こころ「…うん」

まさら「私の人生そのものですら、どこか私には関係のないもののように思えて…」
こころ「……」

まさら「私の瞳に写るものはみんな…モノクロだったわ」
こころ「モノクロ…」

まさら「例えば…どんなに綺麗な景色を見たとしても、私にはただの風景にしな見えなかった」
こころ「…!」

まさら「どんなに美味しいと言われる食べ物も、何を食べても変わらなく感じた」
こころ「…

まさら「どんなに楽しい時間だと言われても、私にとってはただいつものように変わりなく過ぎていくだけの時間にしか思えなかった
こころ「……そう、だったんだ…」

まさら「何を見ても、何をしても、私には何も感じられなかった」
こころ「………」

こころ(…じゃあ…あの時の景色も…まさらにとってはただの風景…だったのかな)

こころ(あの時食べたお弁当の味…今でもはっにり覚えてる)

こころ(作ったのは私なのに、いつも食べてる味なのに、ものすごく美味しくて…)

こころ(本当に楽しい…ずっとずっと続いて欲しい時間だったんだよ…?)

まさら「なのに…ひとつだけ、ひとりだけカラフルだった」
こころ「…カラフル…?」

まさら「色褪せた私の世界でただ一人…はっきりと色が見えたの」
こころ「……」

まさら「それが、こころ…あなた」
こころ「!!」

まさら「あなたと過ごす時間は何もかもが違った」
こころ「……」

まさら「朝…以前はただ朝ごはんを食べて、少しテレビを見て、身支度をして登校するだけだった」
こころ「……」

まさら「何もないただの朝、それが普通だと思ってた。普通だった…でも…」
こころ「……」

まさら「あなたが毎朝くれる何気ないメッセージが…楽しみで…」
こころ「!…」

まさら「朝ごはんそっちのけでスマホを見て親に驚かれたのも今となったは懐かしいわね…」
こころ「……」

まさら「登校も、ただの道路を歩くだけなのに、ただ会話をするだけなのに」
こころ「……」

まさら「楽しくて、あっという間に学校について…」
こころ「……」

まさら「休み時間も、ただ次の授業の準備をするだけなのに、ちょっとでもあなたと会話できたら嬉しくて」
こころ「……」

まさら「ほんのちょっとしたことがどれも楽しいと思えた」
こころ「……まさら」

あけみふうふ!
www_dotup_org3517771
Twitter プロフィール
まさここ!まどほむ!まどか先輩!すずマギ!まさここ絵の修行中。ブログにて、まどマギ&マギレコのSS等もやってます。まさここは運命!Pixiv→https://t.co/ewbiKwnR39
記事検索はここでガンガンやっちゃいますからねー!
コメント・フィナーレ!!
なぎさはアーカイブを見たいのです
てぃひひ!ギャラリーだよ
  • おむすび
  • まさここ
  • いつもの
  • まさここ
  • まさここ
  • まさここ
livedoor プロフィールです

ほむか

Q今月は?
Aさやかちゃん感謝月間!
あん?
やーいやーいバカさやかのバーカ
は?
バカって言ったほうがバカなのよこのバカ杏子!
バカ論争や記事カテゴリよりも、私はまどかを見たいわ
アクセスアップの協力、感謝するわ
にほんブログ村 アニメブログ 魔法少女まどか☆マギカへ
君のそばでいつまでも...
www_dotup_org3517771