さやか「なんかさ、まどかやほむらと比べてさやかちゃん冷遇されてない?」

杏子「んなことねぇと思うぞ?」

さやか「いーや、あるって!」

さやか「だってさ、まどかは赤ちゃんのころから出てきてるし」

さやか「ほむらも相当出番あるしさぁー!」

杏子「まどかは主人公だし、ほむらはヒロインみたいなもんだろ?」

杏子「いや、どっちかってーと、ほむらが主人公でまどかがヒロインって感じじゃん?」

さやか「むー」

杏子「ま、とにかくさ。コネクトでまどほむ要素なかったんだし」

杏子「その分、ルミナスであっても良いと思うぜ」

さやか「むむー」

杏子「それに、さやかも小さい頃のシーンあったし」

杏子「その…ま、まぁ結構可愛かったし…?」

さやか「むぅー!それでも不公平だぁー!」

さやか「あたしたけサビの前でハブラレルヤだし!」

杏子「あのシーンはほむらもマミもあたしも出番なかったんだからいいじゃんよ」

さやか「もぉいい!さっさと行くよ!」

杏子「……たく」
DSC_0095

DSC_0096

DSC_0097

DSC_0098


さやか「あんた何時もお菓子食べてるよね」

杏子「そんなのあたしの勝手じゃん」

さやか「それでよく太んないよね」

杏子「そうか?そんなもんだと思うけどな」

さやか「ま、いっか。このアングル結構可愛いから許す!」

杏子「かっ、かわっ!?」

杏子「さ、さやかっ!今何て!?」

さやか「可愛いのはさやかちゃんもだけどねー!」
DSC_0099

DSC_0100

DSC_0101

DSC_0102

杏子「さやかー!」

さやか「元気いっぱいさやかちゃん!」

杏子「さやかー!」

さやか「うんうん、やっぱり可愛い担当はあたしとまどかってのが分かるシーンだね」

杏子「さやか!あたしが何だって?」

さやか「うん?だから可愛いかったってば」

杏子「!!」

杏子「へへへっ、そっか…!」

さやか「変な杏子」