ほむホーム

ほむら「今日は大晦日」

ほむら「そして私は欲望に忠実な悪魔」

ほむら「だから、今日はまどかと二人っきりですごしてやるわ!」

ほむら「さぁ、待っててね、まどか!」

ほむら「さて、今日はまどかと二人っきりで過ごすと決めたんだから」

ほむら「頑張らなくっちゃ」

ほむら「そうと決まったら、さっそく電話よ」

ほむら「ふふふ、楽しみだわ」プルル

まどか『も、もしもし!おはよう、ほむらちゃん!』

ほむら「おはよう、まどか」

まどか『わたしも電話しようと思ってたところだったんだ』

ほむら「そうなの?」

まどか『うん、えへへ。今年最後のモーニングコールはほむらちゃんになったね』

ほむら「ふふっ、そうね」

まどか『それで、どうしたの?ほむらちゃん』

ほむら「まどかも私に用事があるのでしょう?先に話して?」

まどか『…わ、わたしは後でで大丈夫だよ、ほむらちゃんからお願い』

ほむら「わ、わかったわ…まどか、あの…その……」

まどか『…』

ほむら「き、今日って大晦日…でしょ?」

まどか『う、うん!今年はあっという間だったよね!』

ほむら「ええ…」

まどか『アメリカから日本に帰ってきて、ほむらちゃんやさやかちゃん達と仲良くなって』

まどか『それはとってもハッピーだなって、ウェヒヒ!』

ほむら「………」

まどか『…ほ、ほむらちゃん?』

ほむら「ぁ…ご、ごめんなさい、気にしないで」

まどか『う、うん』

ほむら「それで、今晩なんだけど……」

まどか『!う、うんっ!』

ほむら「ま、まどか…その、あのね」

まどか『……』

ほむら「わ、私…私と……」

ほむら(何を緊張しているの、暁美ほむら!)

ほむら(私は悪魔なのよ!何でもできちゃうのよ!)

ほむら(もう昔の私とは違うんだから、自分の欲望には忠実にならなきゃいけないの!)

ほむら(だから…がんばれ!私!ほむら!)

ほむら「わ、私…と……その………」

まどか『………』

ほむら「…私と……」

まどか『ほっ、ほむらちゃん!』

ほむら「っ?な、なに?」

まどか『ほむらちゃん、良かったら…なんだけどね?』

ほむら「…うん」

まどか『今日…その、わ、わたしの家で…パーティー……しない?』

ほむら「えっ?」

まどか『う、家はね!大晦日パーティーするんだよ!』

ほむら「そ、そうなの?」

まどか『と言っても、パパのご馳走食べてテレビ見るだけだから、当たり前なのかもしれないんだけどね』

ほむら「それはそうかもしれないけど…でも、いいの?」

まどか『えっ?』

ほむら「その…私なんかがお邪魔しちゃって……」

まどか『……』

ほむら「久しぶりでしょう?家族4人水入らずの大晦日だなんて……」

ほむら「だから、私なんかがお邪魔しちゃダメ…だと思うの」

ほむら(って、私は何を!?)

まどか『えー?そんなことないよぉ!別に久しぶりでもないし、毎年やってるもん!』

まどか『それに、ほむらちゃんがいてくれたら、それはとってもハッピーだなって!』

ほむら「まどか…」

まどか『ほむらちゃんは一人暮らしだし…わたし何かでも、一緒に年明けできたら良いな…って思うの』

ほむら「まどか…」

まどか『だから…だからさ!今日は一緒にすごそうよ、ほむらちゃん!』

ほむら「…うん、ありがとう。嬉しい」

まどか『ほんとっ!?』

ほむら「うん、ほんと」

まどか『わーい!やったぁ!』

まどか『えへへ、それじゃあ待ってるからね!』

ほむら「うん、またね、まどか」

まどか『うん!ばいばい!』

ほむら「ばいばい、まどか」ピッ

ほむら「……やった」

ほむら「やったぁ!嬉しい、まどかから誘ってくれた!」

ほむら「まどかと二人っきりではなくなったけど、この際気にしないわ!」

ほむら「ふふっ、嬉しい」

ほむら「どんな服来て行こうかしら?」

ほむら「~♪」

ほむら「ふれたー心はーかーがやいたー♪」

ほむら「鮮やかなー色になって♪」

ほむら「はーばーたーくよー希望のせてー♪」

~♪

ほむら「むーげー…あら?電話?」

ほむら「えぇ、美樹さやか?こんな時になんなのかしら?」

~♪

ほむら「……」

~♪

ほむら「……仕方ないわね」ピッ

ほむら「もしもし」

さやか『あー、やっと出たわね、留守電になるかと思ったわ』

ほむら「…ただいま留守にしております。ぴ、ピーっと言う音の後にお名前とご用件をお願いします」

さやか『もしもし、さやかちゃんだよ。ほむらー、この留守電聞いたら、かけ直してくんない?』

ほむら「プッ」

さやか『って騙されるかー!』

ほむら「チッ」

さやか『あんた思いっきり笑ってたじゃない!』

ほむら「あら、聞こえていたのね」

さやか『しかも、ピーって言うとき、若干恥ずかしがってたでしょ?』

ほむら「だ、だまりなさい!」

さやか『………』

ほむら「…喋らないなら切るわね」

さやか『ちょ!あんたが黙れ言ったんでしょーが!』

ほむら「ほんと、めんどくさいわね」

さやか『こっちの台詞だい』

ほむら「で、何の用なの?」

さやか『ほら、今日って大晦日じゃん』

ほむら「それがどうかしたの」

さやか『まあまあ良いから黙って聞きなって』

ほむら「………」

さやか『でさ、今日マミさん家で年越ししようってなってんのよ』

ほむら「………」

さやか『参加するのは、あたしと杏子とマミさんとなぎさなんだけどさ』

ほむら「………」

さやか『って、聞いてる!?』

ほむら「うるさいわね、聞いてるわよ」

さやか『ならなんかリアクションしなさいよね!』

ほむら「あなたが黙れって言ったじゃない」

さやか『あー!ほんと、めんどくさいわね!』

ほむら「こっちの台詞よ」

さやか『まぁいいや。で、そのことなんだけどさ』

さやか『あんたどうせ一人で暇でしょ?』

ほむら「はぁ?」

さやか『だーかーら!一人寂しい悪魔ほむらちゃんが可哀想だから』

さやか『あたしらが一緒に過ごしてやるって言ってんの!』

ほむら「さやか……」

さやか『言っとくけど、あんたに拒否権はないんだからね?』

さやか『マミさんも張り切って、5人分のご馳走とかそばとか用意してあるんだから!』

ほむら「……」

さやか『だから、今からマミさん家来て、待ってるからさ』

ほむら「ふふっ」

さやか『ちょっと、何がおかしいのさ!』

ほむら「生憎だけど、先客がいるの」

さやか『へ?そうなの?』

ほむら「ええ」

さやか『…あー、家族?』

ほむら「……いえ、家族じゃないわ」

さやか『え?なら誰?』

ほむら「もちろん、まどかよ」

さやか『えっ?まどか!?』

ほむら「ふふ。だから気持ちだけ受け取っておくわ」

さやか『え?え?でも、まどかは…』

ほむら「ありがとう、さやか。切るわよ?」

さやか『えっ?ちょっと!』

ほむら「ふふっ」

マミホーム

さやか「あー、切れちゃった」

杏子「ほむらのやつ、これないって?」

さやか「うん、そうみたい」

なぎさ「そうなのですか?残念なのです」

さやか「まどかと過ごすって言ってたけど…」

マミ「鹿目さん、大晦日は家族水入らずで過ごしたいって言ってなかった?」

杏子「あたしらの誘い断ったもんな」

さやか「そうなんですよねぇー、ほむらの強がりなのかな?」

マミ「うーん、余計な詮索はよしましょう」

なぎさ「じゃあ、今日は4人で過ごすのです」

さやか「そうだねー、あっ何か遊ぼうよ」

杏子「遊ぶったって何をさ?」

さやか「大晦日らしい遊び!」

杏子「なんだそりゃ?例えば?」

さやか「笑ってはいけない魔法少女24時!!」

杏子「はぁ?」

さやか「ロッソ・ファンタズマー!」

杏子「あ?」

さやか「あはは!」

なぎさ「さやか、アウトー!なのです」

杏子「てめぇ殺すぞ!」

さやか「きゃー!」

ドタバタ

マミ「あんまり騒ぐと、晩ご飯抜きにするわよ?」

さやか「ごめんなさい」

杏子「ごめんなさい」

なぎさ「さやか、杏子、アウトー!なのです!」

マミ「ふふっ」


まどホーム

まどか「ほむらちゃん、そろそろかなぁ?」

詢子「まどか、上手く誘えてよかったな」

まどか「うん!」

タツヤ「ほむあねーちゃ、まだー?」

まどか「そろそろ来るからね」

詢子「あはは、まどかもタツヤもほむらちゃんがお気に入りだねぇ」

まどか「うんっ!」

タツヤ「あい」

詢子「まー、最初はいきなりリボン渡してくるだなんて変わった子だと思ったけどさ」

詢子「実際に会ってみれば、礼儀正しくて可愛い子で安心したよ」

詢子「それに、そのリボンも私の好みにド直球だし」

まどか「えへへ、私も気に入ってるんだ」

詢子「あれから、ずっとその赤いリボンしてるもんなぁ、まどか」

まどか「うん、ほむらちゃんに似合うって言われたの嬉しかったから」

詢子「そっかそっか!前は黄色いリボンが大好きだったのになぁ」

詢子「ん?そういや、今さらだけどあの黄色いリボン何処にいったの?」

まどか「ちゃんと持ってるよ」

詢子「そりゃそうだよな」

まどか「ウェヒヒ」

知久「まどかー」

まどか「パパ、どうしたの?」

知久「まどかのガールフレンドがまってるよ」

まどか「ほむらちゃんが!」

まどか「って…ち、違うよぉ!ほむらちゃんとはそんなんじゃないもん!」

知久「あはは、冗談だよ」

まどか「ぶー、パパのいじわる」

知久「でも、ほむらちゃんが来てるのは本当だよ」

まどか「ほんとっ!?」タタッ

知久「……あはは」

詢子「ありゃガチだな」

知久「うーん……」

詢子「パパはどう思う?」

知久「ほむらちゃんは良い子だと思うよ、娘に欲しいくらいに」

知久「でも、まどかが男の子だったらまだしも、まどかも女の子だからね……」

詢子「だよなぁ」

知久「転校初日にあんなに嬉しそうにリボン見せられた時は驚いたよ」

詢子「あはは、あの時は荷物とかもひっくりかえって大変だったっけ」

知久「ああ、そうだったね」

詢子「で、この前から年末はほむらちゃんを招待したいから、5人分のご馳走お願い!っておねだりしはじめて」

知久「当日、やっと誘えたってとこなんだよね」

詢子「……ま、娘の将来はまた今度考えるとして」

詢子「今日は5人で年末を楽しむ!OK?」

知久「うん、OK。じゃあママはタツヤを頼むね」

詢子「パパは料理頼むわ、手伝うことがあったら言ってよ」

知久「うん、まかせといて」

玄関

ほむら「……」ソワソワ

ほむら(まどかの家にくるのは、この世界でも既に何度かはあるのに)

ほむら(ものすごく緊張するわ…)

ほむら(でも、今の私は悪魔…!)

ほむら(もう何も怖くない!)

ほむら(怖くない……)

まどか「ほむらちゃーん!」

ほむら「まどかっ!」

まどか「ウェヒヒ!いらっしゃい!」

ほむら「え、ええ!」

まどか「えと…あ、あがって?」

ほむら「うん…お、お邪魔します」

タツヤ「ほむあねーちゃ!」

ほむら「たっくん」

詢子「おっす、ほむらちゃん!」

ほむら「あっ、お母様も、すみません、お邪魔します」

詢子「あはは、そんなかたっ苦しいこと言わないで大丈夫だって」

ほむら「すみません…」

詢子「大丈夫大丈夫、我が家だと思ってくつろいでいきなよ」

ほむら「は、はい…!」

まどか「……」ニコニコ

そして…

ほむら「ごちそうさまでした」

知久「全部食べてくれて嬉しいよ」

ほむら「とても美味しかったです」

知久「ありがとう」

まどか「パパの料理はわたしの自慢だよ!」

ほむら「まどかも、お父様の用に料理はできるの?」

まどか「ぁ…わ、わたしはダメダメ…かな?」

ほむら「そうなの?」

まどか「う、うん…やっぱりダメかな…?」

ほむら「そんなことないわ、まどか」

まどか「ほむらちゃん……」

ほむら「まどかならきっと、料理が上手な奥さんになれるわ」ニコッ

まどか「ほ、ほむらちゃんっ!?」カァーッ

ほむら「?」

知久「はは…」

詢子「なるほど…何となくわかった気がする」

知久「僕も」

詢子「ほむらちゃんはたぶん気づいてないんだろうね」

知久「天然なのかな?」

詢子「さぁ、どうだか」

まどか「ぁぅ…」

ほむら「…?」

詢子「そうだ、そろそろ風呂入ってきなよ」

まどか「そ、そうだね!」

ほむら「すみません、お風呂までお借りしてしまって…」

知久「気にすることじゃないよ、入っておいで」

ほむら「はい。じゃあ、まどか」

まどか「!う、うんっ!」

ほむら「あなたが先に入って?」

まどか「……え?」

ほむら「私は髪長い分、時間が長くなるから後からで大丈夫よ」

まどか「あ…」

詢子「まさか、まどかのやつ…」

ほむら「お父様、せめて後片付けを手伝わせてください」

知久「ありがとう。でもいいよ、これは僕の仕事だから」

ほむら「そう…ですか」

タツヤ「ほむあねーちゃ!」

詢子「あはは、タツヤが遊んでだってさ」

タツヤ「ほむほむー」

ほむら「ふふ、じゃあ今日もお絵描きする?」

タツヤ「あい!」

まどか「……ほ、ほむらちゃん!」

ほむら「ん?」

まどか「その…一緒に入らない?」

詢子「ぶふぉっ!」

知久「!!」

ほむら「え?」

まどか「ほ、ほら!友達同士お泊まりする時は一緒にお風呂に入るでしょ?」

ほむら「え?」

まどか「少なくとも、アメリカはそうだったよ!」

ほむら「そ、そうなの?と言うかお泊まりだったの?」

まどか「えっ?帰っちゃうの!?」

ほむら「だ、だって…着替えとか持ってきてないし…」

まどか「それなら、わたしのを貸すよ!」

ほむら「えっ!?」

まどか「だから泊まっていこうよ!一緒にカウントダウンしようよ!」

ほむら「で、でも…」チラッ

詢子「…まったく、うちの娘はわがままだよなぁー、パパ?」

知久「あはは、まぁまどかもこう言ってることだし、ほむらちゃんが良かったら…僕たちも大丈夫だから」

ほむら「そ、それなら…」

まどか「やったぁ!」

ほむら「で、でも一緒に入るのは…」

ほむら「その……」オロオロ

ほむら「は、恥ずかしいわ……」カァッ

まどか「」

詢子「」

知久「」

鹿目家(かわいい!!)

そしてそして…

詢子「やっとタツヤも寝てくれたよ」

知久「今日はほむらちゃんがいたからなかなか眠らなかったもんね」

詢子「だねぇ…はは、ほむらちゃんって可愛いよなぁ」

知久「そうだね」

詢子「一番最初は不気味だとも思ったけど、あれは間違いなく気のせいだわ」

詢子「実際は純粋無垢って感じ?」

知久「うん、むしろまどかに振り回されてて気の毒なくらいだ」

詢子「ほむらちゃんがどう思ってるかはわかんないけどさ」

詢子「まどかは……まぁ、私が口だしするのはまだ先かな」

知久「僕もかな」

詢子「ま、今は娘の大好きな友達をお・も・て・な・し、だね」

知久「はは、それはもう古く感じるね」

詢子「そう?」

知久「うん、まぁいつの日かほむらちゃんに色んな意味で倍返しされるかもね」

詢子「ならそれも古いんだじぇ!」

知久「あはは」

詢子「ふふっ」

知久「……来年も、良い年になるといいね」

詢子「なるさ、絶対に」

知久「そうだね」

まどルーム

ほむら「まどか…」

まどか「えへへ…」

ほむら「今日はごめんなさい、色々と迷惑をかけてしまって…」

まどか「ううん、わたしこそ無理言っちゃってごめんね?」

ほむら「ううん、そんな」

まどか「ベッドも狭いでしょ?」

ほむら「大丈夫、それに暖かいから」

まどか「…えへ、そっか」

ほむら「それよりも…着替えまで借りちゃって、本当にごめんなさい」

ほむら「クリーニングにだして返すわ」

まどか「そんなことしなくても大丈夫だよぉ」

ほむら「でも、私なんかが身に付けたものを……」

まどか「いいの、ほむらちゃんは気にしなくて大丈夫だから」

ほむら「……ごめんね」

まどか「ううん」

ほむら「……」

まどか「……」

ほむら「……まどか」

まどか「なあに?」

ほむら「今年もあと一時間ね」

まどか「そうだね」

ほむら「……私、なんだか怖いの」

まどか「何が?」

ほむら「年越しが…ふふ、年越しなんて随分と久しぶりな気がして…」

まどか「……」

ほむら「だから、私……」

まどか「…そっか、ほむらちゃんはわたしの為に何度も……」ボソッ

ほむら「……え?」

まどか「…あれ…わたし…私は……何か……」

ほむら「っ!?」

まどか「ほむらちゃんは…私の……」

ほむら「まどかっ!」ギュッ

まどか「ふぁ?」

ほむら「大丈夫…大丈夫だから……」

まどか「あれ?わたし?」

ほむら「……」ギュゥ

まどか「あっ…えへへ、またほむらちゃんに抱き締められちゃった」

ほむら「あっ…ご、ごめんなさい!」

まどか「ふふ、何だか初めてあった時を思い出すね」

ほむら「………そうね」

まどか「あの時はびっくりしちゃったよ」

まどか「秩序とか欲望とか、難しいこと言われちゃって」

ほむら「……わけわかんないよね、気持ち悪いよね」

まどか「ううん、そんなことないよ」

ほむら「……」

まどか「あの時くれたリボンは、わたしの宝物なんだよ」

ほむら「……」

まどか「だって、ほむらちゃんがわたしに『似合う』って言ってくれたから」

ほむら「…ええ、やっぱりそれはまどかに相応しいわ」

まどか「……私は、ほむらちゃんが似合ってると思ってたんだけどね」

ほむら「え?」

まどか「……」

ほむら「まどか…?」

まどか「そうだ!ほむらちゃんっ!」

まどか「わたしもほむらちゃんにあげるよ、リボン!」

ほむら「え?」

まどか「この黄色いリボン、わたしのお気に入りだったんだけど」

まどか「ほむらちゃんにあげるね」

ほむら「え?でも…」

まどか「ほら、こうやって…」キュッ

まどか「うん、似合ってる!」

ほむら「そ、そうかしら?私に黄色は…巴さんみたいだし」

まどか「そんなことないよ?」

ほむら「そう?」

まどか「うん、だからほむらちゃんにあげるね」

ほむら「……ありがとう」

まどか「ふぁ…」

ほむら「眠いの?」

まどか「うん…眠くなっちゃった……」

ほむら「なら、もう寝ましょう?」

まどか「カウントダウンは……」

ほむら「まどかが無理して体を壊してもいけないし…えと、私も眠いし、だから寝ましょう」

まどか「ぅん…」

ほむら「おやすみなさい、まどか」

まどか「おやしゅみ……」

まどか「…すやすや」

ほむら「……本当に眠かったのね」

ほむら「…ありがとう、まどか。リボン…大切にするわ」

ほむら「そして…ごめんなさい…」

ほむら「私は…悪魔……」

ほむら「まどかを引き裂いた悪魔なの……」

ほむら「……ごめんね、まどか」

ほむら「………」

ほむら「…すぅすぅ」

まどか「………」

リビング

詢子「3」

知久「2」

詢子「1!」

知久「あけましておめでとう!」

詢子「あけましておめでとう!」
まどルーム

まどか「……」

ほむら「すぅすぅ」

まどか「ほむらちゃん、わたし…ううん、私は……」

まどか「ほむらちゃんが悪魔でも何になったとしても」

まどか「絶対に見捨てたりなんかしないよ」

まどか「だって、私は、ほむらちゃんのことが……」

まどか「……ふにゃ?」

まどか「あ、あれ?わたし何を…?」

まどか「わわっ!年が明けてる!」

ほむら「すぅすぅ」

まどか「ほ、ほむらちゃん…」ゴクッ

まどか「は、ハッピーニューイヤー!」

まどか「わ、わたしからのお年玉だよ!」


まどか「え、えいっ!」

まどか「ちゅっ」

ほむら「むにゃ…?」

まどか「わ、わぁー!おやすみなさいっ!」

まどか「………」

まどか「うぇひひ!」

おわり