キーンコーンカーンコーン

杏子「…」ピコン

ほむら「………」

さやか「やっと終わったぁー、今日もお疲れぇ」

まどか「うぅ…くたくただよぉ…」

さやか「日本の学校にもそろそろ慣れた?」

まどか「ううん……」

さやか「そっかそっか、まぁこれからゆっくり慣れてけば良いよ」

まどか「ありがと、さやかちゃん」

さやか「よっし、それじゃ帰ろ帰ろ!」

まどか「うん、そうだね…って、きゃあ?」

さやか「うわっ?カバンひっくり返っちゃったかぁ」

まどか「わわわ、プリントが…」

ヒラッ

ほむら「!」

まどか「あ……」

ほむら「………」

まどか「あ、あの…」

ほむら「……」ヒョイ

まどか「あっ」

ほむら「……はい」

まどか「あ、ありがとう…」

ほむら「………」ジッ

まどか「ひっ……」ビクッ

ほむら「………」

ほむら「…」プイッ

まどか「あっ…」

さやか「はいはい!さっ、帰ろまどか!」

まどか「さ、さやかちゃん…うん」

杏子「…」ピッ

さやか「ほら杏子ー!あんたもボサッとしてないで帰るよ!」

杏子「わりぃ、あたしパスな」

さやか「え?何で?」

杏子「ちょっと用事があってねー」

さやか「ふぅん?まぁ良いけど、夕食までには帰ってきなさいよ?」

杏子「わかってるって、んじゃな」

さやか「うん、また後で」

まどか「ばいばい、杏子ちゃん」

杏子「またな」

ほむら「………」

まどか「ぁ……」

さやか「ほらっ、帰るよ」

まどか「う、うん…」

ほむら「………」

ほむら「……はぁ」

ほむら「……」トボトボ

杏子「ちょっと不器用すぎるんじゃねーの?」

ほむら「………」

杏子「あんたに言ってんだよ、暁美ほむら」

ほむら「……何が言いたいの、佐倉杏子」

杏子「あんたさ、まどかと仲良くしたいなら素直になったら良いんじゃない?」

ほむら「……」

杏子「黙って後ろからチラチラ見てるだけでさ、そんなのって良くないと思うぜ?」

杏子「現に、まどかだって怯えてるじゃんか」

ほむら「……あなたには関係ないわ」

杏子「それが関係あるんだよね」

ほむら「………」

杏子「ほむら、ちょっと顔貸してくれる?」

ほむら「断ると言ったら?」

杏子「言わせねぇよ」

ほむら「………」

杏子「それに、忘れたとは言わせないぜ?」

ほむら「……?」

杏子「前にラーメン奢ってくれるって言ったじゃん」

ほむら「……!!」

杏子「!」

ほむら「あ、あなた…まさか覚えて…!?」

杏子「…ああ、そのまさかさ」ニッ

ほむら「く………」

杏子「これ以上面倒事になるのも嫌だし、まずは食いに行こうぜ」

ほむら「……やむを得ないわね」

杏子「へへっ」


杏子「おっちゃん、これとこれとこれと…あと、これも!」

ハイヨー

ほむら「そ、そんなに食べるの…?」

杏子「このくらい普通だって」

ほむら「そうなの…?お金足りるかしら…」

杏子「それよりも、早くあんたも頼みなよ」

ほむら「じ、じゃ…このラーメンを一つ」

ハイヨー

杏子「予想通りだけど、やっぱ少ないんだな」

ほむら「普通だと思うけど…それに、お金だってあんまりないし」

杏子「ふーん?」

ほむら「……それで」

杏子「ん?」

ほむら「あなた…どこまで覚えてるの?」

杏子「あぁ、それなんだけどさ」

ほむら「まさか私の作った魔女結界での出来事全て…!?」

杏子「ちょっとちょっと、何言ってるわけ?」

ほむら「だって、あなた…」

杏子「なんだよ、魔獣ならともかく、魔女なんて知らねーよ」

ほむら「えっ…」

杏子「そもそも、その覚えてるっての嘘だし」

ほむら「えっ?」

杏子「ちょっとあなたを試してみたってわけ」

杏子「そしたら、見事に釣れちゃってさ」

ほむら「………」

杏子「だから、あたしは何も知らないってわけさ」

ほむら「……何よそれ」

杏子「奢りもしなくていいぜ、このくらい自分でだすし」

杏子「逆に、あたしが奢ってやるからさ」

ほむら「………くだらない、私は帰るわ」

杏子「おいおい待ちなよ、ラーメン来たぜ」

ほむら「いらないわ」

杏子「食いもん粗末にすんなよ」

ほむら「……はぁ」

杏子「ま、とりあえず食おうぜ」

ほむら「食べるだけよ」

杏子「よし、それじゃいただきまーす」

ほむら「…いただきます」

杏子「もぐもぐ」

ほむら「……」チュルチュル

杏子「……なぁ、ほむら」

ほむら「…何よ」

杏子「あんたさ、何時まで強情張ってるわけ?」

ほむら「……何のことかしら」

杏子「その態度だよ」

ほむら「………」

杏子「あんた、遠くからまどかやさやかを見てるだけの毎日じゃんか」

杏子「そんなんで良いのかよ?」

ほむら「………」

ほむら「ええ、構わないわ」

杏子「嘘だね」

ほむら「……嘘じゃないわ」

杏子「あんたに一つ教えてやるよ」

ほむら「……」

杏子「あんた、嘘つくのが相当下手だと思うぜ?」

ほむら「……余計なお世話よ」

杏子「ラーメン奢ってんだし、話くらいちゃんと聞きなって」

ほむら「………」

杏子「あんたに何があったのかは聞かないけどさ、もっと素直になれっての」

ほむら「…私は素直よ」

杏子「んなわけあるか」

ほむら「嘘じゃないわ」

杏子「嘘だって」

ほむら「……」

杏子「だって顔に嘘って書いてるぞ」

ほむら「えっ?うそっ?」アタフタ

杏子「……ごめん、それは嘘だけどさ」

ほむら「あっ……な、何よ」

杏子「あはは、やっぱりあんた可愛いとこあるじゃんか」

ほむら「馬鹿にしないで」

杏子「馬鹿にしてないって、あんたのそのクールになりきれてないとこ、結構好きだぜ」

ほむら「……別に私は」

杏子「ほむらってさ、直ぐに顔に出るのは自覚してるだろ?」

ほむら「……」

杏子「そこは否定しないんだ?」

ほむら「……好きに解釈しなさい」

杏子「はいはい、で、これ見てほしいんだけどさ」

ほむら「これは…動画?」

杏子「ああ、放課後のほむらを盗撮してたんだよ」

ほむら「なんでそんなことを…」

杏子「いいから、あんたの顔を見てなよ」

ほむら「私の…?」

杏子「いいから、いくよ?」

――ムービー再生後――

ほむら「………」

杏子「な?」

ほむら「私…こんなに顔にでていたの…?」

杏子「ああ」

ほむら「そんな…」

杏子「まぁなんて言うかさ」

杏子「①まどかを見て超切なそうな表示になる」

杏子「②そのまま泣きそうになる」

杏子「③その自分に気付いて、顰めっ面になる」

杏子「④そこをタイミング悪くまどかに見られて、まどかに怯えられる」

杏子「⑤また泣きそうになる」

杏子「だいたい、これを毎日繰り返してんだよね」

ほむら「……否定はしないわ」

杏子「正直、まどかにビビられるのも仕方ないと思うぜ?」

杏子「いっつもほむらに睨まれてると思ってるだろうからさ」

ほむら「………」

杏子「あんた、無言の時はだいたい泣きそうになってんだよね」

ほむら「っ…」

杏子「ほら、今もそうだしさ」

ほむら「………」

杏子「言葉や態度でクールぶっても、表情ですぐバレてんだよ、本音がさ」

ほむら「………」

杏子「じゃあどうすればいいの?って顔してるよ」

ほむら「くっ……」

杏子「そう怒るなって、無理もないしさ」

ほむら「………」

杏子「ま、なんて言うかさ」

杏子「まずは思ったことは口にだそうぜ?」

ほむら「………」

杏子「それはできない?あー…じゃあどうするんだよ」

ほむら「………」

杏子「わからない?まぁそうだよなぁ…ってか、あんた逆に表情豊かなんじゃないか?顔見りゃ何言いたいかわかるし」

ほむら「………」

杏子「表情豊か…ならさ、いっそのこと笑っちゃえよ」

ほむら「え?」

杏子「どうせ、まどかと話す勇気もないんだろ?」

ほむら「……」

杏子「だったらさ、せめて笑顔で振る舞えよ」

杏子「顰めっ面よりも、印象良くなると思うよ」

ほむら「………」

杏子「無理じゃねぇって、やればできるさ」

ほむら「………」

ほむら「……」

ほむら「…やってみる」

杏子「お、やっと素直になったじゃん」

ほむら「別に、あなたが余計なお世話ばっかりするせいよ」

杏子「そりゃどーも」

ほむら「……でも、どうして今日はこんなことを?」

杏子「別に?ラーメンが食いたかったからだけさ」

杏子「ついでに、家に帰ると毎日誰かさんを心配してるやつからの相談になっちまってさ」

杏子「その相談が長くってさぁ、ほんと疲れるんだぜ?

ほむら「…?」

杏子「ま、あいつも強情張ってるから、中々上手くいかないんだけどな」

ほむら「……?」

杏子「ん、ほむらにはわからなかったか、まぁ気にすんなよ」

杏子「それよりも、早くラーメン食わないと伸びるぞ」

ほむら「え?…あっ!」

杏子「って、遅かったか」

ほむら「あ、あなたは?」

杏子「んなもんとっくに完食済みだよ」

ほむら「………」

杏子「今日一番びっくりした顔してるぞ」

ほむら「……ふふっ」

杏子「ん?」

ほむら「あなた、どれだけ私の顔を観察してきたのよ」

杏子「え?そ、そりゃ…あれ?何時からだっけな」

ほむら「まぁいいわ、これであなたとの約束も守れるし…」

ほむら「今日は私の奢りよ」

杏子「へ?なんで?」

ほむら「いいから、おごらせなさい」

杏子「マジ?ラッキー!んじゃもっと食おう!」

ほむら「え」

杏子「あはは、お金どうしようって顔してるし、勘弁してやるよ」

ほむら「……もう」

杏子「それよりも、早く食えよ?延びるどころか冷めちまうぜ」

ほむら「……」チュルチュル

杏子「もっと急いで食えよ!」

ほむら「……」チュルチュル

杏子「え?あぁ…わかったよ、食が細いなぁ」

ほむら「……」チュルチュル

杏子「こうやってみると、小動物みたいだよなー、ほむらって」

ほむら「ばか」

杏子「…はは、そこは言葉にだすのな」

ほむら「……ふふっ」

杏子「そうやって笑えば可愛いんだからさ、もっと普段から笑顔でいくなよ?」

ほむら「余計なお世話よ」

杏子「台詞と表情が合ってないぜ?」ニヤニヤ

ほむら「……」チュルチュル

杏子「あはは」





後日

さやか「ここのラーメン美味しいね!」

杏子「だろ?この前ほむらとも来たんだ」

さやか「えっ?あいつと?何で?」

杏子「さぁ?何でだろうな」

さやか「えー…あ!そう言えば、最近まどかがほむらから睨まれなくなったって言ってたけど」

さやか「もしかして、杏子が何かしたの?」

杏子「別に何もしてねーよ」

さやか「もったいぶらないでどんな話したの?」

杏子「聞く価値もねぇって、つまらないし」

さやか「えー?」

杏子「ほんとだて」

杏子「ほむらとラーメン食っただけのつまらない話さ」

おわり