ほむら「えっ?」ホムッ

まどか「!」

なぎさ「なぎさは、ほむほむ派です!」

ほむら「…何を言っているの?」ホムッ

なぎさ「ほむらは、すっごくほむほむしてるのです!」

ほむら「……ほむほむ?」ホムッ

杏子「なぎさ、ほむほむって何なのさ?」

なぎさ「もちろん、ほむらのことなのです!」

ほむら「…わけがわらないのだけど」ホムッ

なぎさ「その、若干目を細めて、首を傾げてる姿がとってもほむほむしてるのです!」

ほむら「…え?これ?」ホムッ

さやか「あー!わかるかも!たしかに、『ホムッ』って効果音聞こえて来そうだし!」

杏子「あぁ、わかるかも」

まどか「……」

ほむら「あなた達ねぇ……」

マミ「みんな、どうかしたの?」

なぎさ「ほむらはとってもほむほむしてるのです!」

マミ「ほむほむ?」

ほむら「巴さん、気にしないで」

なぎさ「ダメなのです、ちゃんとほむほむしてください!」

ほむら「ほむほむって言われても…」ホムゥ

さやか「お、この困ってる感じ!『ホムゥ』って感じ!」

ほむら「だまりなさい」

さやか「ちぇー」

マミ「なんとなく、把握したわ」

ほむら「あまり把握してほしくないのだけど…」ホムゥ

なぎさ「ほむほむしてます!」

ほむら「だまりなさーい!」

なぎさ「おこられちゃったのです」

マミ「まぁまぁ、暁美さん、落ち着いて?」

ほむら「だって…」

マミ「たしかに、暁美さんにはなんとなく、独特の仕草を感じるわ」

杏子「それが、ほむほむしてるってわけ?」

なぎさ「または、ほむっとしてるのです」

さやか「ほむらちゃほむほむ!ほむらちゃほむほむ!」

まどか「……」

ほむら「だーまーりーなーさーい!!」

キーン

まどか「かわいい」ボソッ

マミ「み、耳が…」

杏子「びっくりした…」

さやか「なんか一瞬ガイコツが見えた気がしたわ…」

なぎさ「やれやれなのです」

ほむら「まったく……」

さやか「んー、でも、なんかさ『ほむほむ』ってしっくりくるよね」

杏子「たしかにね」

マミ「私達の場合はどうなのかしら?」

さやか「はいはい!さやさや!サヤァ!」

杏子「なんか、すっげぇドヤ顔なさやか想像した」

マミ「美樹さんには悪いけど、滑ってそう」

杏子「実際、滑ると思うよ。予言しとく」

なぎさ「うおっとしいので却下です!」

さやか「何を言うだー!なんかショック……」

マミ「私は?」

杏子「マミィ…か?ドヤ顔で必殺技してそうだな」

なぎさ「直後に食べられそうなのです」

マミ「……ひどい」グスン

杏子「あたしは…うーん、特に思い付かねぇな」

さやか「あんあん!」

杏子「うるせぇ!」

なぎさ「なぎさも、特に思い付かないのです」

さやか「さっきから空気のまどかは?」

まどか「……」

さやか「ん?なんか物凄い真面目な顔して考え込んでる」

杏子「珍しいこともあるもんだな」

なぎさ「まどまど…?ピーンと来ないのです」

ほむら「どうだろうと、まどかわいい」ホムッ

なぎさ「やっぱり、ほむほむが一番なのです!」

杏子「たしかに」

マミ「一理あるわね」

さやか「ほむらちゃほむほむ!ほむらちゃほむほむ!」

ほむら「だーまーりーなーさーい!!」

なぎさ「怒ってても、ほむほむしてるのです」

杏子「なんか癖になるな、ほむほむ」

マミ「可愛い特徴ね」

さやか「ほーむーりーなーさーい!!」

ほむら「な、なによみんなして…」

さやか「ほーむーりーなーさーい!!」

ほむら「…やっぱり、私の名前が変だからみんなしてからかってるの?」ホムゥ

杏子「そんなことねぇって」

マミ「ただ、可愛いと思っただけよ」

なぎさ「ほむほむはアイデンティティーなのですよ」

さやか「ほーむーりーなーさーい!!」

ほむら「嘘よ、みんなして私を馬鹿にしてるんだわ…」ホムゥ

ほむら「だから嫌だったのよ、こんな名前なんて……」ホムゥ

杏子「あー、なんか悪いことしちゃったかも」

マミ「ごめんなさい、悪気はなかったの…」

なぎさ「でもやっぱり、ほむほむしてるのです」

ほむら「ほむらなんて名前……」

さやか「ほーむーりーなーさーい!!」

ほむら「……これこそが感情の極み」ガッ

さやか「!?」

ほむら「怒りよ」

さやか「へ?」

ほむら「ふんっ!!」

さやか「ざや゙ぁ゙っ゙!?」

ほむら「はぁ……」

さやか「なんであたしだけ……」ガクッ

杏子「自業自得じゃん」

ほむら「……ほむらなんて名前…」

マミ「その…暁美さん?立派な名前だと思うわよ?」

ほむら「嘘よ、そんなこと言って、心ではみんな馬鹿にしてるんだわ…」

マミ「暁美さん……」

なぎさ「ふさぎこんじゃったのです」

杏子「誰のせいだと思ってんのさ」

なぎさ「やれやれなのです」

ほむら「ほむ……」

杏子「おいおい、どうすんのさ、ほむらはしっこの方で体育座りして落ち込んでるぞ」

マミ「見ればわかるけど…なんで説明口調…?」

なぎさ「ホムーンとしてるのです」

マミ「なぎさちゃん、そろそろ静かにしましょうか」

なぎさ「なぎさが静かにしても、ほむらはほむほむしてるのです」

マミ「なぎさちゃん」

なぎさ「やっぱり、ほむほむはほむほむなのです!」

マミ「なぎさ」

なぎさ「…ご、ごめんなさい…でも」

杏子「まぁ、ほむらのことなら、まどかに任せりゃ何とかなるさ」

マミ「それもそうね、今日はやけに大人しかったのは気になるけど」

杏子「なぁ、まどか…ってあれ?」

マミ「あっ、鹿目さんが…」

ほむら「ほむぅ……」

まどか「ほむらちゃん」

ほむら「まどか…」

まどか「わたしは、ほむらちゃんの名前好きだなぁ」

ほむら「……でも、みんなに馬鹿にされるのよ?」

まどか「もしそうだとしても、わたしは好きだよ、ほむら」

ほむら「ほむっ!?」

マミ「鹿目さんに呼び捨てされてドキッとしてるわ」

杏子「って言うか、あいつ自分でほむほむ言ってんじゃん」

なぎさ「やっぱりほむほむなのです」

まどか「ほむらって名前、燃え上がれー!って感じで、カッコいいと思うなぁ」

ほむら「まどか……」

まどか「それにね、わたし…今ずっと考えてたの」

ほむら「何?」ホムッ

まどか「わたし、みんなのことちゃん付けで読んでるけど…」

マミ「え?私は?」

杏子「空気読め」

まどか「わたし、ほむらちゃんだけは特別な呼び名にしたいなって思ってしまうのでした」

ほむら「ま、まどか…」

まどか「ねえ、ほむらちゃん…ダメ、かな?」マドォ

なぎさ「まどかの上目使いなのです」

杏子「落ちたな」

ほむら「ううん…ダメじゃないわ…!」

まどか「じゃあ、ほむらちゃん…いいの?」

ほむら「ええ!わたしのこと『ほむら』って読ん」

まどか「うぇひひ!ほむほむ!」マド

ほむら「…え?」ホムッ

まどか「わたしね!なぎさちゃんがほむほむって言ったときに電流が走ったんだ!」マド

まどか「ほむほむ、って響き!すかっごく可愛いよね!」マド

まどか「萌え上がれー!って感じで!はしゃいじゃって!」マド

まどか「だからね!ほむらちゃんのこと、ほむほむ!って呼べたら、それはとっても嬉しいなって!」マド

杏子「なんだよマドって…」

マミ「まあまあ…と言うか、この展開って」

なぎさ「予定調和なのです」

ほむら「まどか…」

まどか「ほむほむ!」

ほむら「まどかぁー!」

まどか「ほむらちゃほむほむ!」

杏子「はいはい、ここからテンプレ」

マミ「やっぱりこうなるのね」


なぎさ「まどほむしてるのです」
杏子「さて、帰ろっか」

マミ「それもそうね」

なぎさ「ほむまどよりも、まどほむがしっくりくるのです」

杏子「結局、ほむらはほむほむしてるってことで良いわけ?」

マミ「そう言うことになるわね」

なぎさ「だけど、最終的にはまどほむになるのです」

杏子「わけわかんねぇけど、それでいいや」

マミ「とりあえず、今からまどほむ空間になるから帰りましょう」

なぎさ「さよならなのです」

まどか「ほむらちゃほむほむ!」マド

ほむら「まどかぁー!」ホム

マドホムマドホム

マドホム

マミ「なぎさちゃん、今日は何を食べたい?」

なぎさ「カマンベール!マスカルポーネ!」

杏子「これはなぎなぎか…?いや、違うよな」

杏子「って…」

杏子「やば、さやか忘れた」



さやか「………」

マドカァー!

ホムラチャ!

マドホム

マドホム

さやか「……三ヶ月後、そこには元気にブレイクダンスをするさやかちゃんの姿が!」

さやか「もうまどほむはこりごりだよ」

さやか「HAHAHA!」

さやか「って何だこの落ちはー!」サヤァ

おわり