アルティメットまどか「絶対に許さないもん!」

さやか「あちゃー…どうしよう…」

アルティメットまどか「あの子だけずるいよ!」

さやか「でもさ、いっても自分自身じゃんか」

アルティメットまどか「だから私じゃないよ!」

さやか「んなこと言ってもなぁ…」

アルティメットまどか「何であの子にはパパもママもタツヤも友達もみんないるのに」

アルティメットまどか「ほむらちゃんまで取ろうとするの!?」

さやか「うーん、やっぱりまどかはまどかだと思うけど…」

アルティメットまどか「さっきだって!ほむらちゃんとルミナスしようとしてたんだよ!?」

アルティメットまどか「だから全力で邪魔したもん!」

さやか「やっぱりお前の仕業か!」

アルティメットまどか「だって許さないんだもん!」

さやか「ほむらもまどかもショック受けてたんだよ?」

アルティメットまどか「まどかは自業自得だよ!ほむらちゃんだって、私がいるのに酷いよ……」

さやか「めんどくさいなぁ……」

アルティメットまどか「あー!」

さやか「ん?」

アルティメットまどか「また、まどかがほむらちゃんの家に向かってるよ!」

さやか「え?マジ?」

アルティメットまどか「むむむむ!」


ほむホーム前

まどか「ほむらちゃん……」

まどか(どうしよう、やっぱりちゃんと謝らないと…)

まどか(ほむらちゃんを傷付けたままに何てできないよ)

まどか(何であんなことしたのかはわからないけど…)

まどか(わたし、ほむらちゃんに元気になってほしい)

まどか(だから、わたしが頑張らなきゃ)

まどか「……よ、よーし」

ピンポーン

まどか「……」

シーン

まどか「ほ、ほむらちゃん…」

まどか「まどかだよ?入ってもいいかな?」

まどか「……ほむらちゃん」

まどか「勝手に入ってごめんね?でも……」

まどか「…お、おじゃまします」

円環の理

アルティメットまどか「アウトー!アウトだよ!ねぇ、さやかちゃん!」

さやか「やっぱり、現実世界のまどかの方がまどからしいよね」

アルティメットまどか「何言ってるの!不法侵入だよ!」

さやか「まどか…今さらだけど、らしくないって、落ち着きなよ」

アルティメットまどか「私は冷静だもん!」

さやか「あんた仮にも神様なのにさぁ」

アルティメットまどか「むむむむ!」

さやか「神様らしくないどころか、まどからしくもないぞ」

アルティメットまどか「そんなことないもん!」

さやか「あぁ…あたし一人じゃどうにもなりそうにないわ、これ…」



ほむホーム

ほむら「………」

まどか「……ほむらちゃん?」

ほむら「………」

まどか「あ、あのね?わたし、やっぱりほむらちゃんにちゃんと謝りたいなって…」

ほむら「………」

まどか「えと…勝手に入っちゃってごめんなさい…」

ほむら「………」

まどか「……わたし、ほむらちゃんに謝りたいだけなの」

まどか「あんなことするつもりなんて、本当になかったの」

まどか「体が勝手に動いて…」

まどか「信じてくれないかもしれないけど、本当だよ」

ほむら「………」

まどか「ほむらちゃん……」

まどか「やっぱり…怒ってるの…?」

ほむら「………」

まどか「……そ、そうだよね、それだけのことを、わたし…」

まどか「ごめんなさい……」

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「………」

まどか「…ほむらちゃん?」

ほむら「……すぅすぅ」

まどか「あれ?もしかして、眠ってるの?」

ほむら「すぅすぅ」

まどか「あっ…眠ってたんだ」

まどか「えへへ、ほむらちゃんの寝顔可愛いなぁ」



円環の理

アルティメットまどか「わー!わー!」

さやか「うるさい」

アルティメットまどか「私もほむらちゃんの寝顔見たいよ!」

さやか「いや見てんじゃん」

アルティメットまどか「違うの!目の前でちゃんと見たいの!」

さやか「はぁ」

アルティメットまどか「不法侵入に加えて不法ほむらちゃんの寝顔覗き見だよ!」

さやか「ほむらの寝顔に不法も何もあったもんか」

アルティメットまどか「ずるい!」

さやか「あー…なぎさー助けてー…」