アルティメットまどか「ほむらちゃんが取られちゃう…」

アルティメットまどか「そんなのってないよ…」

アルティメットまどか「あんまりだよ…」

さやか「うーーん」

なぎさ「それじゃあ、まどかがほむらを取り戻しに行けばいいのです」

さやか「はぁ?」

アルティメットまどか「なぎさちゃん…」

なぎさ「ガンガンいくべきなのです!」

さやか「いやいや」

アルティメットまどか「…うん、そうだよね」

アルティメットまどか「私…決着をつけてくる」

アルティメットまどか「鹿目まどかとほむらちゃんを賭けて、サシで勝負するよ!」

なぎさ「その意気なのです!」

さやか「むーーん」

アルティメットまどか「ありがとう、なぎさちゃん」

アルティメットまどか「私、その言葉を待ってたの」

なぎさ「後でチーズをよこすのです」

アルティメットまどか「うん!ほむらちゃんを連れ戻してきたら、お腹一杯チーズを食べようね!」

なぎさ「はいなのです!」

アルティメットまどか「ありがとう!それじゃあ、行ってくるね!」

アルティメットまどか「ほむらちゃーん!!」

なぎさ「いってらっしゃいなのです」

さやか「………」

なぎさ「ふぅ」

さやか「…いっちゃったね」

なぎさ「ですね」

さやか「まどか、あっちの世界に干渉できるんだ」

なぎさ「干渉できるから、あっちのまどかの邪魔をしていたのです」

さやか「たしかに」

なぎさ「魔法少女の神様のまどかに不可能はないのです」

さやか「うん」

さやか「………」

さやか「え?て言うか何!?これどうすんの!?」

なぎさ「後は、まどかに任せるのです」

さやか「いやいやいやいや!」

さやか「え!?」


ほむホーム

ほむら「すぅすぅ」

まどか「ほむらちゃん、可愛いなぁ」

ほむら「まどか……」ギュッ

まどか「えへへ、そんなに握りしめなくても、わたしは何処にも行かないよ?」

ほむら「すぅ…」

まどか「ほむらちゃん…」

まどか「本当に不思議だなぁ…やっぱり、ほむらちゃんとは前にもあった気がするの」

まどか「わたし達、もしかしたら運命の…えへへ」

まどか「何いってるんだろ、わたし」

まどか「ほむらちゃんは、わたしの最初の友達…だよ」

まどか「最初の……」

まどか「……ほむらちゃん」

まどか「……」スッ

ほむら「ん…」ピクッ

まどか「ほむらちゃんの頬っぺ」

まどか「………」

まどか「えへへ、ルミナスしちゃおっかな?」

まどか「ほむらちゃんには内緒だよ」

まどか「えい」

アルティメットまどか「だめぇー!!!」キーン

まどか「ふぇっ?」

アルティメットまどか「やぁっ!」ドン

まどか「きゃっ?」

アルティメットまどか「今日こそは決着をつけるよ!鹿目まどか!」バーン

まどか「だ、誰!?」

アルティメットまどか「私はまどかだよ!」

まどか「えっ!?ま、まどか!?」

アルティメットまどか「そうだよ!」

まどか「わ、わぁ、わたしと同じ名前なんだね…」

アルティメットまどか「そうだよ!」

まどか「……えーと…」

アルティメットまどか「決着をつけてやるんだから!」

まどか「えと、あなたは…その、ほむらちゃんのお友達なの?」

アルティメットまどか「ほむらちゃんは!私の最高の友達だよ!」

まどか「最高の…」ピクッ

アルティメットまどか「あなたにほむらちゃんは渡さないもん!」

まどか「…ムッ」

アルティメットまどか「ほむらちゃんを返して!」

まどか「…誰だか知らないけど、いきなりそんなこと言われても納得できないよ」

アルティメットまどか「むっ!」

まどか「わ、わたしだって!ほむらちゃんとすっごく仲良しだもん!」

まどか「いきなり最高の友達なんて言われても困るよ!」

アルティメットまどか「こっちの台詞だよ!」

まどか「だいたい、あなたは誰なの?ほむらちゃんから聞いたことないよ!」

アルティメットまどか「私はまどかだよ!ほむらちゃんとはずっと前から友達だもん!」

まどか「まどかはわた……あれ?」

アルティメットまどか「うー!」

まどか「……え?」

まどか「も、もしかして…あなた、わたし…なの?」

まどか「よくみたら似てるような……」

アルティメットまどか「違うよ!私とあなたは違うもん!」

まどか「そ、そうだよね…」

アルティメットまどか「鹿目まどか!私はあなたに決闘を申し込むよ!」

まどか「わ、わたしだって!負けないもん!」

アルティメットまどか「むむむむ!」

まどか「うぅ…!」



円環の理

さやか「なんだこれは!」

なぎさ「想像以上に、まどかの頭があれだったのです…」

さやか「似てるも何も、全く同じじゃん!いや、目の色と髪の長さは違うけどさ!」

なぎさ「お互い、相手を全くの別人だと思ってしまってるのです」

さやか「まどか同士で何やってんだ!」

なぎさ「うーん、たぶん、普通のまどかは突然の展開に混乱してるだけなのです」

なぎさ「でも、神様の方のまどかは、嫉妬でおかしくなってるのです…」

さやか「まどかがおかしくなっちゃったよ…」

さやか「あんな子じゃなかったのになぁ」