杏子「バレンタインチョコ?」

マミ「ええ!なぎさが私に作ってくれるって張り切っちゃって」

杏子「ふーん」

マミ「ただね、私へのバレンタインってことは内緒らしいの」

杏子「は?」

マミ「マミにバレンタインチョコ作るから、作り方教えて欲しいのです」

マミ「でもでも、これはなぎさからマミへのサプライズチョコなのですよ!」

マミ「なんて言ってね!すっごく可愛かったわ!」

杏子「なんだそりゃ、サプライズになってねぇじゃんか」

マミ「ふふ、そうなのよね。でもそこが逆に可愛くって」

杏子「なるほどねぇ」

マミ「ふふっ、楽しみだなぁ」

杏子「でもさ、普通バレンタインって女が男にやるもんじゃん」

杏子「なのにマミは女から貰っても嬉しいわけ?」

マミ「もちろんよ」

杏子「へえ?」

マミ「それに、女性同士でのバレンタインも特別珍しいことでもないわ」

マミ「愛が籠っていれば、相手が誰であろうと問題ではないわ」

杏子「……そうか」

マミ「佐倉さんはチョコあげたりしないの?」

杏子「まぁなー、あげるくらいなら自分で食うし」

マミ「そっかぁ…ふふ、佐倉さんらしいわね」

マミ「でも、そんな佐倉さんからチョコ貰えたらすっごく嬉しいと思うわよ?」

杏子「嬉しいと思うって、誰がだよ」

マミ「えっ?そ、それは…美樹さんに決まってるじゃない!」

杏子「さやか?」

マミ「ええ、きっと美樹さんも喜ぶと思うわ」

杏子「さやかか…たしかに、あいつにも苦労かけてるし」

杏子「たまには悪くないかもなぁ」

マミ「でしょ?だから作ってみたらどうかしら」

杏子「ああ、考えとくよ」


さやホーム

杏子「ただいまー」

さやか「あっ、おかえりー」

ほむら「おかえりなさい」

杏子「あれ、ほむら来てたのか」

ほむら「ええ、ちょっと」

杏子「ん?甘い匂い…これはチョコか!」

さやか「そそ、もうすぐバレンタインじゃん?」

杏子「だな」

さやか「で、このヘタレにあたしがチョコの作り方伝授してるってわけ!」

ほむら「ヘタレじゃないわ」

杏子「へー、さやかってお菓子作れたりしたんだ」

さやか「まぁ、今までバレンタインだけは力入れてたしねー」

さやか「で、今年はバックアップに回ってやろっかなってさ」

杏子「バックアップ?」

さやか「チョコあげたいけど、上手く作れないって涙目で助けを求めた来たのよ」

ほむら「涙目じゃないわ」

杏子「ああ、だいたいわかった」

ほむら「サプライズよ」

さやか「そうそう、だからさやかちゃんが一肌脱いだってわけ!」

杏子「へぇ、まぁ頑張れよ」

ほむら「杏子は誰かにあげたりはしないのかしら?」

杏子「あたしは自分でくっちまうよ」

さやか「だろうねー」

ほむら「そう…」

杏子「じゃ、あたしは部屋にいるからさ、味見くらいなら手伝ってやるから呼んでよな」

さやか「はいはーい」

さや杏ルーム

杏子「チョコかぁ」

杏子「今まで誰かにあげたりなんてしたことなかったしな」

杏子「サプライズ…マミは喜ぶって言ってたし……」

杏子「うーん……」

杏子「マミにはああ言ったけど、どうすっかなぁ」

杏子「渡す本人と一緒にチョコ作るのは違う気がするし」

杏子「でもだからって、あたし作り方よくわかんねぇし」

杏子「………となると」

まどホーム

まどか「話しはわかったよ、杏子ちゃん」

杏子「悪いね、手間かけさせちゃってさ」

まどか「ううん、わたしも一人で作るより誰かと作った方が楽しいもん」

杏子「へへ、そっか」

まどか「それじゃあ早速作ろっか」

杏子「ああ、頼むよ」

まどか「えへへ、まずはチョコを溶かして…」

杏子「なんか勿体ない気がするな」

まどか「これからもっと美味しくなるんだから、勿体ないことはないと思うなぁ」

杏子「それもそうだな…でもさ、溶かしてどうすんの?」

まどか「こうやって、形を作るの」

杏子「へー!星とかハートとかこうやって型どるのか」

まどか「そうそう。これが完成したチョコなの」

杏子「へぇ、うまそうじゃん」

まどか「そ、そうかな?えへへ、自信はないんだけど、愛情は籠めたんだよ」

杏子「こんなに沢山つくって、まどかは誰にあげるんだ?」

まどか「みんなにあげたいの、日頃の感謝の気持ちだよ」

杏子「ってことは、あたしも?」

まどか「うん、気に入ってくれたらそれはとっても嬉しいなって」

杏子「あはは、ありがとうな」

まどか「うぇひひ」

杏子「じゃあ、この一番でっかいのがいい!」

まどか「わわっ!そ、それはダメだよ!」

杏子「ん?」

まどか「それは…あのね、その……」

杏子「……ああ、なるほどね」

杏子「悪い悪い、頑張って渡しなよ?」

まどか「う、うんっ!」

杏子「んじゃ、あたしも負けないように作んなきゃな」

そしてバレンタイン当日

杏子「まどか、チョコ取りに来たぜ」

まどか「はい、おっきいの3つと、普通のも3つ」

まどか「ちゃんとみんなには内緒にしておいたよ」

杏子「へへ、サンキュー」

まどか「杏子ちゃんもこれから渡しに行くんだね」

杏子「ああ」

まどか「おっきいのはやっぱり、さやかちゃんに?」

杏子「まぁなー」

まどか「てぃひひ、さやかちゃんきっと喜ぶよ」

杏子「やっぱ、でかい方が嬉しい?」

まどか「大きさは関係ないかもしれないけど、やっぱりおっきい方が愛情も伝わると思うなぁ」

杏子「そっか…んじゃ、食うかい?」

まどか「えっ?」

杏子「ほら、あたしからまどかへのバレンタインだよ」

まどか「このおっきいのを貰っていいの?」

杏子「ああ、まどかは一緒に作ってくれたし、そのお返しだよ」

まどか「わぁ、ありがと、杏子ちゃん!」

杏子「へへっ」

まどか「あっ、わたしもあげなきゃ!杏子ちゃん、これっ!」

杏子「ああ、ありがとう」

まどか「えへへ、嬉しいなぁ」

杏子「まぁ、まどかにはでかいのあげなくても良かったかもしれないけどな」

まどか「え?…うぅ、そうだよね…」

杏子「勘違いすんなって、まどかはそろそろ超でかいチョコ貰うだろうからさ」

まどか「?」

杏子「ま、言うまでもないけど頑張りなよ?」

まどか「え?う、うん、頑張るね」

杏子「んじゃ、行ってくるぜ」

まどか「頑張ってね、杏子ちゃん!」

杏子「ああ!」



杏子「さて、とりあえずまどかには渡せたな」

杏子「…ん?」

杏子「おーい!」

ほむら「ひゃぁ?」

杏子「なにコソコソしてんだよ」

ほむら「き、杏子?びっくりさせないで欲しいわ」

杏子「あんたはキョドりすぎなんだよ」

ほむら「キョドってないわ」

杏子「はいはい、あ、これ」

ほむら「え?」

杏子「バレンタインだよ、バレンタイン」

ほむら「なっ?杏子…まさか、私のことを…」

杏子「んなわけあるか!友チョコだよ友チョコ!」

ほむら「なるほど、なら私も」

杏子「お?あたしの分もあったのか、ありがと」

ほむら「ええ、小さいけれど…」

杏子「別に小さくねぇよ?ってか、それがでかすぎんだよ」

杏子「いったい何を入れたらそんなでっかいチョコになるんだ?」

ほむら「愛よ」

杏子「まぁほむらはそんなもんだよな」

ほむら「むー?」

杏子「はは、別にバカにしてるわけじゃないよ」

杏子「ま、頑張ってこいよな」

ほむら「ええ、頑張るわ」

杏子「じゃ」




杏子「さーて、ほむらにも渡せたし…おっ」

なぎさ「杏子!」

杏子「よっ」

なぎさ「奇遇なのです!」

杏子「なぎさもマミん家に行くとこだな」

なぎさ「はい!マミには内緒なのです!」

杏子「あはは、んじゃ先に、ほら、あたしからなぎさへのバレンタインだ」

なぎさ「わぁ!」

杏子「へへ」

なぎさ「あ…でも、なぎさはマミの分しか作ってなかったのです…」

杏子「気にしてねーよ、ほら、一緒にマミの家行こうな」

なぎさ「はいなのです…ごめんなさい」

杏子「気にすんなって、それに今回はなぎさがきっかけ作ってくれたんだしさ」

なぎさ「?」

杏子「ま、とにかく行こうぜ」



マミホーム

なぎさ「マミー!」

マミ「いらっしゃい!待ってたわ!」

杏子「よっ」

マミ「あら?佐倉さん!」

杏子「ちょっとな」

マミ「ちょうどよかった、チョコレートケーキを作っていたの」

杏子「まじ?マミのあれうまいんだよなぁ」

マミ「ふふ、帰って美樹さんと二人で食べてね」

杏子「ああ、さんきゅ」

なぎさ「ま、マミ!その…うぅ…」

マミ「ん?」

杏子「っと、あたしは邪魔みたいだし帰らなきゃな」

マミ「えっ?もう?」

杏子「あたしがいたら、なぎさが甘えづらくなるじゃん?」コソッ

マミ「な、なるほど…!」

なぎさ「うー?何をコソコソしてるのですか?」

杏子「いーや?ほら、マミ、あたしからマミへのバレンタインだよ」

マミ「えっ?私に?嬉しい!」

なぎさ「あー!なぎさにくれたのよりもおっきいのです!」

杏子「へへ、マミは特別だからな」

マミ「特…別…?」

杏子「あはは、まぁ後はなぎさに任せるぜ」

マミ「さ、佐倉さん!」

杏子「んじゃなー!」

マミ「佐倉さん……」

なぎさ「まっ、マミ!マミになぎさからサプライズがあるのです!」

マミ「!…ふふ、なあに?」

なぎさ「ば、バレンタインチョコなのです!」

マミ「わぁ!私に?ありがとう、すっごく嬉しいわ!」

なぎさ「えへへ」

マミ「ふふっ」




さや杏ホーム

杏子「ただいまー」

さやか「おっかえりー」

杏子「さやか!マミからケーキ貰ってきたぜ」

さやか「おお!マミさんのケーキきたー!」

杏子「あと、まどかとほむらからも貰ったし、一緒に食おうな」

さやか「あたしも貰ったし、食べよ食べよ!」

杏子「…ん?!その妙にでかいのは誰からだ!」

さやか「ほむらだよー」

杏子「ほむら?意外とでかいんだな…あたしのより全然でけぇ」

さやか「あはは、あたしのは試作品だろうね」

杏子「そうなのか…なんか妬けるぜ、くそっ」

さやか「ん?おっきいのが良かったの?一緒に食べるんだし別にいいじゃん」

杏子「いや…」

さやか「あ、そうそう、おっきいのと言えば」

さやか「じゃーん!」

杏子「!」

さやか「はい、あたしからあんたへ!」

杏子「さやか!」

さやか「ま、あれですか、ほむらの練習に付き合ってたら、何かあたしのもでっかくなっちゃった」

杏子「はは、何かほむらと言い、出かけりゃ良いってもんじゃないと思うけど…」

杏子「やっぱ、嬉しいな」

さやか「食べすぎて鼻血ださないようにしなきゃね」

杏子「はは、だなー」

杏子「あ、そうだ…さやか!」

さやか「ん?」

杏子「はい」

さやか「あっ!あたしに?杏子が作ったの?」

杏子「ああ」

杏子「ハッピーバレンタイン、さやか!」

おわり