ほむら「ど、どうすればいいの…」

まどか「ほむらちゃんっ…」ギュッ

アルティメットまどか「ほむらちゃぁぁぁぁ!」ギュッ

ほむら「ちょっ、まどか?」

ほむら(まさか今度は私を引っ張るつもり!?)

アルティメットまどか「ほむらちゃんは私と一緒に円環の理に行くの!行かなきゃいけないの!」

まどか「やだよぉ!ほむらちゃんを離してよっ!」

ほむら「やっ、ちょ、痛い痛い!」

アルティメットまどか「あなたにはパパもママもタツヤもいるんだからもういいでしょ?」

まどか「何であなたがわたしの家族のことを知ってるの?」

ほむら「いたた…」

アルティメットまどか「知ってるに決まってるよ!私の家族だもん!」

まどか「何言ってるの?わたしの家族だよっ!」

アルティメットまどか「だからほむらちゃんは私に譲ってぇ!」

まどか「嫌だよ!わけわかんないこと言わないでってば!」

ほむら「ま、まどか!痛い!痛いってば!」

まどか「ほむらちゃんが痛がってるよ!もう離そうよ!」

アルティメットまどか「とか言って!あなたも離そうとしないじゃない!」

まどか「あなたが離せばわたしも離すよ!」

アルティメットまどか「私だって!あなたが離せば私も離すよ!」

ほむら「痛い痛い痛い…」


円環の理

さやか「ほむらが大変なことになってる!?」

なぎさ「ユニークなのです」

さやか「いやでもあれかなり痛そうなんだけど」

なぎさ「まどかも珍しく本気をだしてるのです」

さやか「女子中学生と互角の女神って一体…」

なぎさ「まあ、中学生のまどかも円環の理の一部なのには違いないのです」

さやか「うーん、にしても、まどかなら普通ほむらが痛がってたらすぐに離しそうなんだけど」

さやか「かなり必死なんだろうね…」

さやか「二人とも、まどかなのに、まどからしくない」

なぎさ「ほむらがチーズみたいに伸びちゃいそうです」

さやか「ほむら、未だに整理つかないまま痛がってんのか…気の毒だけど」

さやか「自分でまいた種だし、やむを得ないっていうか」

さやか「その気になれば痛みも消せるんだし」

さやか「まぁ…頑張れ、ほむら」


ほむホーム

ほむら「わああああ!!」

まどか「ほら!もう離そう?ほむらちゃんが凄く痛がってるよ!」

アルティメットまどか「あなただって離してよ!」

まどか「あなたが離したらわたしも離すもん!」

アルティメットまどか「私だって!」

まどか「うー!」

アルティメットまどか「むむむ!」

ほむら「ま、まどかああああ!!」

まどか「大丈夫だよ、ほむらちゃん。これからも、わたしと一緒にいようね?」

アルティメットまどか「そんなのダメだよ!ほむらちゃんは私と一緒に円環の理でずっとずっと!」

ほむら「痛い痛い痛い!!」

まどか「ほむらちゃんはわたしの最初の友達だもんっ!」

アルティメットまどか「ほむらちゃんは私の最高の友達だもんっ!」

まどか「ほむらちゃんはこれからも、わたしと一緒に学校に行って、一緒に遊んで、それで…!」

アルティメットまどか「ほむらちゃんはこれからは、私と一緒にずっと円環の理で…!」

ほむら「うわあああ!」

まどか「わたしはほむらちゃんの側でいつまでも…!」

アルティメットまどか「私がほむらちゃんの側にいるの!」

まどか「まだ誰も知らない明日へほむらちゃんと一緒に!」

アルティメットまどか「ほむらちゃんの心を守るためほむらちゃんの側にいるの!」

円環の理

さやか「まだ誰も知らない明日へって、考えるまでもなくいちゃつくだけの明日じゃん!」

さやか「あと、ほむらの心を守る前にほむらの体を守ってやれよ!」

なぎさ「ほむらも罪な悪魔なのです」

さやか「自業自得とは言え、気の毒…」

さやか「まどかがああなる理由はわからなくはないけど」

さやか「あんなに力ずくで引っ張ったら流石の悪魔でも痛いっしょ、いやマジで」

さやか「仮にも…って言うか、魔法少女にとっての女神なのに、あれじゃ女神よりも、邪神だよ」

なぎさ「女神と言っても、まだまだまどかも少女なのですよ」

さやか「女神少女邪神まどか、かぁ」



ほむホーム

ほむら「や、やめて…まどかぁっ…!」

まどか「ほむらちゃん!」

アルティメットまどか「ほむらちゃん!」

ほむら「私が裂けちゃうっ!!」