ほむら「私が裂けちゃうっ!!」

まどか「ほむらちゃん!」

アルティメットまどか「ほむらちゃん!」

カッ

まどか「……うぅ、何が起こったの?」

ギュッ

まどか「あっ…」

ほむら「まどか…」

まどか「ほむらちゃん!」

ほむら「まどかぁ…」

まどか「えへ…えへへっ!わたしのところに来てくれたんだね!」

まどか「やったぁ!」

ほむら「…わけがわからないのだけど…結局、何があったって言うの?」

まどか「うーん…わたしもよくわからないの」

まどか「眠ってるほむらちゃんを見てたら、急にあの子がやってきて」

まどか「ほむらちゃんを返せ!って、わけわかんなくって…」

まどか「でも、ほむらちゃんを知らない子にとられたくなくって」

まどか「わたし、無我夢中で…ごめんね、痛かったよね?」

ほむら「そうだったのね…ごめんなさい、私の責任よ」

まどか「そんな、ほむらちゃんは何も悪くないよ」

ほむら「ううん、もともとあなたを裂いたのは私なの…」

まどか「さいた?」

ほむら「だから、あなたが二人に別れてしまったのよ…」

まどか「へ?わたしがわかれた??」

ほむら「えっ?もう一人のまどかのことよ?」

まどか「あのまどかって子のことなんでしょ?」

ほむら「ええ、もう一人のまどか、円環の理…」

まどか「あの、えんかんのことわりってあの子も言ってたけど、何がなんだが…」

ほむら「え?何も聞いてないの?」

まどか「うん、どっちがほむらちゃんと仲言いか競ってただけだよ」

まどか「それに、その…あの子って何なのかな?ほむらちゃんと物凄く仲良しみたいだから、わたし…」

まどか「嫉妬しちゃって…」

ほむら「…?え?だから、もう一人のまどかよ、私が裂いてしまった、もう一人のあなた」

まどか「???」

ほむら「えっ?まどかよ?あなた自身、もう一人の鹿目まどか…だけど…」

まどか「??????」

ほむら「……あれ?もしかして、余計なこと言ったかしら…」

ほむら「この子、円環の理のまどかを自分とは無関係の誰かと思ってるんじゃ…」

まどか「ぷしゅー」

ほむら「あぁっ!まどかぁー!?」

まどか「ふにゃぁ…」

ほむら「ま、まどかがオーバーフローしてしまったわ…」

ほむら「わわわ」


ほむら「ど、どうすれば…」

ほむら「はっ?そう言えば、もう一人のまどかは!?」

ほむら「まど……っ!!??」

アルティメットまどか「ほむらちゃん…ほむらちゃんっ…」ギュゥ

アルティメットまどか「会いたかった…会いたかったよぉ…」

アルティメットまどか「どうして私をおいてけぼりにしたの?」

アルティメットまどか「ずっとずっと会いたかったのに…」

アルティメットまどか「ばか…ほむらちゃんのばかばか!」

アルティメットまどか「大好き…」

ほむら「ふ…」

悪魔ほむら「まどか…」ギュゥ

アルティメットまどか「ほむらちゃん…」ギュゥ

ほむら「増えてるー!!!???」

ほむら「やっ?えっ?ちょっ?はぁっ!?」

ほむら「え???」

悪魔ほむら「動揺しているようね、暁美ほむら」

ほむら「しゃ、しゃべった?」

悪魔ほむら「ええ、もちろん喋るわよ、悪魔だもの。悪魔じゃなくても喋るけど」

アルティメットまどか「ほむらちゃん…」

ほむら「あ、あなたは私?」

悪魔ほむら「ええ、私も暁美ほむらよ、またの名を魔なる者」

ほむら「悪魔は私も…あれ?」

ほむら「悪魔に変身できない…?」

悪魔ほむら「どうやら、まどかが引っ張った時に、魔法少女としての暁美ほむらと」

悪魔ほむら「悪魔としての暁美ほむら、この二人に裂けてしまったみたいね」

ほむら「そ、そんなことありえるの?アニメじゃあるまいし…」

悪魔ほむら「ありえるわ、現に私たちはここに二人いる」

悪魔ほむら「それに、まどかを裂いてしまったのも私よ?忘れたの?」

ほむら「そ、そうだけど…」

悪魔ほむら「あなた、相当動揺しているみたいね、落ち着きなさい、暁美ほむららしくないわよ」

悪魔ほむら「…いや、むしろ元々の暁美ほむららしさがでてきたのかもね」

ほむら「何を言って…?」

悪魔ほむら「二人に別れたことによって、魔法少女になる前の私の性格が少なからず、あなたの方に残ったようね」

ほむら「…??」

悪魔ほむら「ふっ、まぁ今は仕方ないわ」

悪魔ほむら「それよりも、今はお別れが先ね」

ほむら「??」

悪魔ほむら「私はまどかと共に円環の理に帰るわ」

悪魔ほむら「こっちには、あなたが残りなさい」

ほむら「え…?」

悪魔ほむら「今回の件は、全て私に責任があるわ」

悪魔ほむら「一方的にまどかを切り離しておきながら、残された円環の理のまどかを見放していたのは私」

悪魔ほむら「その結果、魔法少女、円環の理としてのまどかの感情だけが残っていたまどかは」

悪魔ほむら「寂しさと嫉妬から、暴走するに至ってしまった」

悪魔ほむら「まどかの気持ちに気づいていなかった、私自身の愚かさが原因よ」

悪魔ほむら「だから、私はまどかと共に円環の理に帰るわ」

悪魔ほむら「だから、あなたはこちらに残って、もう一人のまどかを幸せにしなさい」

悪魔ほむら「それが暁美ほむら、あなたの役目よ」

ほむら「……少しは理解できたわ」

ほむら「それにしても、あなたはこの短時間で、よくそこまで理解できたわね」

ほむら「私は理解するのでいっぱいいっぱいなのに…」

悪魔ほむら「そんなの簡単よ、ただまどかのことを思ったら答えがでてきただけのこと」

ほむら「…?」

悪魔ほむら「あら、わからないのかしら?」

ほむら「……いまいち、ね」

悪魔ほむら「愛よ」

ほむら「………」

悪魔ほむら「それじゃあ、お別れね、まどかが待ってる」

悪魔ほむら「さようなら」

ほむら「………」

悪魔ほむら「おまたせ、まどか」

アルティメットまどか「ううん、もう大丈夫」

アルティメットまどか「これからは、ずっと一緒にいてくれるんだよね?」

悪魔ほむら「ええ、もちろんよ。もう二度とあなたを離さない」

悪魔ほむら「これからは、ずっと一緒よ、まどか」

アルティメットまどか「ほむらちゃん…!」

悪魔ほむら「まどか」

アルティメットまどか「えへへ…嬉しい、嬉しいよぉ」

アルティメットまどか「私、もう一人ぼっちじゃないんだね」

アルティメットまどか「ほむらちゃんがいてくれるんだね…!」

悪魔ほむら「ええ」

アルティメットまどか「えへへ、ほむらちゃん…大好き!」

悪魔ほむら「私もよ」




ほむら「………」

まどか「ふにゃ…」

ほむら「………」

ほむら「え?」