円環の理

アルティメットまどか「ほむらちゃん」

悪魔ほむら「まどか」

キャッキャッ

さやか「うおぉぉぉぉぉぉ!!!」

さやか「さやかちゃんラリアットぉぉぉっ!!!」

悪魔ほむら「甘い」

さやか「ぬぐぐ」

悪魔ほむら「帰ってきたら『おかえりなさい』でしょう、そんなこともわからないの?美樹さやか」

さやか「それくらいわかるわよ!でもそれより先にしなきゃいけないことがある!!」

さやか「おいこらまどか!!」

アルティメットまどか「なあに?」

さやか「なんなのさ!あの茶番劇!!」

さやか「自分相手に何ほむら自慢してんのさ!」

さやか「しかも!もう一人のまどか泣かせてるし!」

さやか「あんた仮にも女神なんだから!少しは女神らしいことしなさいよ!」

さやか「もっと他にすることあったでしょ!」

さやか「って言うか!現世に干渉するどころか普通に実体化できるんだったら」

さやか「もっと早くほむらに会いに行きゃよかったじゃん!」

さやか「ほんと今までなにやってたのさ!もぉー!!」

アルティメットまどか「うぅぅ」

悪魔ほむら「やめなさい、全ての責任は私にある。責めるのなら、私を責めなさい」

さやか「元はと言えば、あんたが元凶だもんね」

さやか「あんたが、まどかを引き裂いたせいで、両方のまどかがおかしくなっちゃったんだからさ」

悪魔ほむら「ええ、申し訳ないわ」

さやか「あんたが引き裂く前のまどかは!もっと女神らしかったんだよ!」

さやか「……いや?ん?」

なぎさ「ほむらを導くのを何よりも楽しみにしてたのです」

なぎさ「ほむらの為に、いろんな準備をしてて、大変だったのですよ」

さやか「……そう言えば、四六時中ほむらのこと言ってたっけ」

アルティメットまどか「えへへ」

さやか「いや誉めてないし…」

さやか「……とにかくほむら!あんたのせいだ!」

さやか「ほむらがまどかに変なことしたせいで!まどかまで変になっちゃったんだよ!」

悪魔ほむら「わかってる、だからこれからは私が責任を取って、まどかを守るわ」

アルティメットまどか「ほむらちゃん…」

悪魔ほむら「まどか、これからはずっと一緒よ」

アルティメットまどか「うん…」

さやか「うがー!何かムカつく!爆発しろ!!」

悪魔ほむら「騒がしいわね、美樹さやか。あなたはもう帰りなさい」

アルティメットまどか「なぎさちゃんもね、ありがとう」

さやか「せっかく助けに来たのに、お払い箱かよ」

なぎさ「まぁそんな気はしてたのです」

さやか「……でも、どうしよう」

さやか「あたしは本来、まどかの鞄持ち…円環の理の一部としてここにいた」

さやか「なのに、ほむらの世界改編の影響で現世に…」

さやか「…あたしは本来なら、円環の理に残らないといけないはず…」

なぎさ「……それはなぎさもです」

なぎさ「なぎさ…どうしたらいいのですか?」

さやか「………」

薔薇円の魔法少女「ここは私達に任せて、あなた達は現世で暮らしなよ」

委員長の魔法少女「せっかくのチャンス、無駄にしたらもったいないですよ」

舞台装置の魔法少女達「まどか様は私達が全力で守ります」

さやか「みんな…」

なぎさ「………」

アルティメットまどか「さやかちゃん、なぎさちゃん」

さやか「まどか…」

アルティメットまどか「……本当にごめんなさい」

アルティメットまどか「私、嫉妬や寂しさでおかしくなってた…」

アルティメットまどか「…ううん、これは言い訳だね」

アルティメットまどか「私の回りにはたくさんの魔法少女がいてくれて」

アルティメットまどか「私は一人ぼっちじゃなかなったのに」

アルティメットまどか「……そんな簡単なことにも気づかなかったなんて」

アルティメットまどか「私、神様失格だよ…」

アルティメットまどか「…でも、これからは頑張るよ」

アルティメットまどか「もう何があっても挫けない」

アルティメットまどか「私には、魔法少女のみんなが、そして」

悪魔ほむら「まどか」

アルティメットまどか「ほむらちゃんが一緒にいてくれるから」

アルティメットまどか「だから、私はもう大丈夫」

アルティメットまどか「それに、さやかちゃんとなぎさちゃんは現世で生きて欲しいの」

アルティメットまどか「このまま、さやかちゃんとなぎさちゃんが残ったら、悲しむ人が現世にたくさんいるからね」

アルティメットまどか「…今までありがとう、さやかちゃん、なぎさちゃん」

さやか「……ほんと、何やってんだろ、あたし」

さやか「あたしも、もっと早くまどかを助けにいくべきだったのに…」

さやか「…ま、結果オーライってやつなのかな」

さやか「そして…」

さやか「みんな、あたし達だけ現世に帰れるだなんて…その、ごめん」

さやか「あたし…」

薔薇園の魔法少女「勘違いしないで」

さやか「へ?」

委員長の魔法少女「あなたは、現世のまどか様を守る役目があるんですよ」

さやか「…そっか、そうだったね!さやかちゃんバカだから忘れてたよ!」

舞台装置の魔法少女達「あははははっ」

なぎさ「次帰ってくることがあったら、チーズをいっぱいいっぱい持ってきてあげるのです!」

薔薇園の魔法少女「どうせ、なぎさちゃんが全部食べちゃう癖に」

なぎさ「うー!なぎさはそんなことしないのです!」

薔薇園の魔法少女「あはは、ごめんごめん」

悪魔ほむら「そろそろね、お別れよ」

さやか「ほむら、あんた今度こそは一生かけて責任取りなさいよね」

悪魔ほむら「ええ」

さやか「もう二度とまどかを泣かせないこと、わかった?」

悪魔ほむら「魂に刻んでおくわ」

さやか「信じるからね」

悪魔ほむら「任せておいて」

薔薇園の魔法少女「暁美ほむらさん…だよね、まどか様の最高の友達」

委員長の魔法少女「あなたのおかげで、まどか様がおかしくなっちゃって、大変だったのですよ?」

悪魔ほむら「…ごめんなさい」

薔薇園の魔法少女「でも、まぁまどか様を思っての事だからね」

委員長の魔法少女「愛の力、ですよね?」

悪魔ほむら「愛よ」

舞台装置の魔法少女達「あははははっ」

悪魔ほむら「……恥ずかしい」

薔薇園の魔法少女「あはは、でもこれからはあなたも私たちの仲間だからね」

悪魔ほむら「ええ、よろしく」

委員長の魔法少女「と言うことです、さやかさん」

悪魔ほむら「これからは私達に任せて」

さやか「よし!任せた!」

アルティメットまどか「さやかちゃん」

さやか「まどか」

アルティメットまどか「あの、これをもう一人の私に…」

さやか「あれ?現世のまどかはあんたとは別人なんじゃなかったの?」

アルティメットまどか「…ううん、あの子は間違いなく私だったよ」

アルティメットまどか「あんなに大切にしていたリボンを…私…」

アルティメットまどか「だからこれを、もう一人の私に…お願い」

さやか「うん、わかった」

悪魔ほむら「では、お別れよ」

アルティメットまどか「さやかちゃん、もう一人の私のこと、よろしくね」

さやか「任せといて!あたしはまどかの親友だからね!」

アルティメットまどか「ありがとう、さやかちゃん!」

なぎさ「むー!なぎさもいるのですよ!」

アルティメットまどか「なぎさちゃんも、マミさんのことよろしくね?」

なぎさ「マミはなぎさに任せるのです!」

アルティメットまどか「えへへ、ありがとう」

悪魔ほむら「そして、さよならよ」

なぎさ「ばいばい!なのです!」

さやか「みんな…またね!」

カッ
ほむホーム

まどか「うぅん…」

ほむら「まどか」

まどか「あれ…ほむらちゃん?」

ほむら「おはよう」

まどか「おはよ…ってあれ?わたし、いつのまに?」

ほむら「夢を見ていたのよ」

まどか「夢?…あっ!」

まどか「ほ、ほむらちゃん!あのまどかって子、まさかわたしじゃ…?」

ほむら「えっ?」

まどか「あの髪の長いまどかって子だよ!」

ほむら「何を言ってるの?」

まどか「あれ??」

ほむら「ふふ、寝惚けているのね」

まどか「うーん…でも…あ!リボン!リボンがちぎれちゃったの!」

ほむら「リボンなら、あなたが結ってるじゃない」

まどか「あれっ?ほんとだ…」

ほむら「ふふっ」

まどか「うーん…」

まどか「夢…だったのかな?あのまどかって子…」

まどか「あの子、本当にほむらちゃんが好きって…わたし、嫉妬して…」

まどか「ほむらちゃんが取られちゃうって…すっごく嫌だって…」

まどか「なんだろう…この気持ち…」

まどか「わたし…」

ほむら「まどか」ギュッ

まどか「ほ、ほむらちゃん!」

ほむら「大丈夫よ、まどか。私は何処にもいかない」

ほむら「ずっと、あなたの側にいるわ」

まどか「ほむらちゃん…」

まどか「…えへへ、ごめんね?わたしも寝惚けてたみたい」

まどか「わたしも、ほむらちゃんの側にいるよ」

まどか「だって、ほむらちゃんはわたしの最初の友達で最高の友達だもん!」

ほむら「ありがとう、まどか」

ほむら「私も、まどかが最初の友達で、最高の友達よ」

まどか「えへへ、ありがとう。でも最初の友達はわたしじゃないでしょ?」

ほむら「ううん、最初の友達よ」

まどか「??」

ほむら「ふふっ」

まどか「えへ…嬉しいから気にしないでおくね」

ほむら「ありがとう」

まどか「あれ?そう言えば、ほむらちゃん。そのリボンは…?」

ほむら「最初の友達から貰った、私の宝物よ」

まどか「えっ?でも、最初の友達って、わたしじゃ…?」

まどか「!!」

まどか「……そっか、やっぱりあの子は…」

ほむら「まどか?」

まどか「ううん、何でもないよ、ほむらちゃん」

まどか「あ!ならわたしとほむらちゃんのリボンはお揃いなんだね!」

ほむら「ええ、そうね」

まどか「えへへ!嬉しいなぁ」

ほむら「うん、そうだね」

まどか「ほむらちゃん」

ほむら「まどか」




さやか「よし、こっちも一件落着だね」

さやか「ほむらが落ち着いた時に事情を全部話せて助かったよ」

なぎさ「それでも、最初のほむらは『???』って顔に書いてあったのです」

さやか「まぁ、まどかと自分が増えたら驚くよね、そりゃ」

さやか「あ、リボンも増えたし」

なぎさ「まどかが契れて四本になったリボンを治して新しい四本にしてくれたのです」

さやか「リボンもまどかもほむらも増えちゃったってわけね」

なぎさ「チーズも増やして欲しいのです!まどかがチーズくれるって言ったのに!」

さやか「そう言えばそんなこと言ってたね」

なぎさ「ぶー!なぎさはぷんぷんです!」

さやか「あはは」

マミ「なぎさー!」

なぎさ「あっ、マミ!」

マミ「もうっ!どこに言ってたの!?すっごく心配してたんだから!」

なぎさ「ま、マミ…ごめんなさい」

マミ「もう…」ダキッ

なぎさ「えへへ」

さやか「ごめんなさい、マミさん。あたしがなぎさ借りてました」

マミ「そう、美樹さんが面倒見ていてくれたのね?ありがとう」

さやか「いえ、そんな」

マミ「そうそう!さっきね!抽選会があったの!」

マミ「それでチーズがたくさん当たったのよ!」

なぎさ「チーズ!!」

マミ「ふふ、だから今から食べない?」

なぎさ「チーズ!チーズ!わーい!なのです!」

さやか「よかったね、なぎさ」

なぎさ「はい!」

さやか「あ、マミさん。あたしは良いんでなぎさと食べてください」

マミ「いいの?たくさんあるから遠慮はいらないわよ?」

さやか「大丈夫っす、それに用事ありますんで」

マミ「そう、わかったわ」

マミ「ふふふ、じゃあ帰りましょうね」

なぎさ「マミ!チーズ!カマンベール!」

マミ「さよなら、美樹さん」

さやか「はい!またねー!」

さやか「……あはは、チーズかぁ、覚えてたんじゃん、まどかのやつ」

さやか「さーて、あたしは…」

杏子「さやか!」

さやか「杏子」

杏子「おい!どこいってたんだよ!探してたんだからな!」

さやか「ごっめーん」

杏子「へへ!まぁ許してやるよ、でもその代わりにゲーセン代奢ってよ」

さやか「はいはい」

杏子「よっしゃ!ならさっそく行こうぜ!さやか!」

さやか「おう!」

杏子「ゲーセンまで競走と行こうじゃない」

さやか「負けてたまるか!」

杏子「いくぜー!」

さやか「どーん!」

杏子「やーい、やーい、さやかー、こっちこっちー!」

さやか「あははっ」





円環の理

アルティメットまどか「えへへ、よかった」

悪魔ほむら「まどか…」

アルティメットまどか「なあに?ほむらちゃん」

悪魔ほむら「……」ピト

アルティメットまどか「えへへ、くすぐったいよぉ」

悪魔ほむら「……何処にも行かないで」

アルティメットまどか「……うん」

アルティメットまどか「これからは、ずっと一緒だよ」

おわり