杏子「はぁー、食った食った!」

さやか「ほんとよくそんなに入るわよねぇ…」

杏子「だから普通だろ?それよりもデザート食おうぜ!」

さやか「はぁ?だからそんなに食べたら太るって言ってるでしょ!」

杏子「んだよ、あたしは別にふとんねーし、さやかだって細いんだから気にすんなって」

さやか「細い?あたしが?そ、そうかな?」

杏子「そうだって、毎日一緒に風呂入ってるあたしが言うんだから間違いねーって」

さやか「ちょっ!?」

ザワザワ

さやか「あんた何てことカミングアウトしてんのさ!!」

杏子「あぁ?ほんとのことじゃねーか」

さやか「ほ、ほら!わかったからこの店入るわよ!ほら早く!」

杏子「んだよ、友達同士一緒に入るのは普通って言ったのは、さやかじゃねーか」

さやか「わかったから!はーやーくー!」


マミ「ここのケーキ屋さんは美味しいって評判なのよ」

なぎさ「この時を待ってたのです!」

マミ「べべは何を食べる?」

なぎさ「なぎさは、チーズケーキが食べたいのです!」

マミ「ふふ、どれでも好きなものを頼んで良いわよ」

なぎさ「わーい!なのです!それじゃあ、なぎさは、えっと、えっと」

なぎさ「ベイクドもスフレもレアチーズもあるのです!」

マミ「他にもニューヨークチーズケーキやチョコ、ヨーグルトもあるのね」

なぎさ「すごいのです!」

マミ「あら、カマンベールチーズケーキもあるわ」

なぎさ「マミモットカマンベール!マミモットカマンベールー!」

マミ「ふふふ、それじゃあ全部注文しましょうか」

なぎさ「え?いいのですか!?」

マミ「ええ、こういう時は思いきって注文するものよ」

なぎさ「わーい!マミ大好きなのです!」

マミ「ふふふ、べべったら、みんなが見てるんだからそんなにくっついちゃダメよ?」

なぎさ「えへへ…なのです」

マミ「ほら、行きましょう、べべ」

なぎさ「はいなのです!なぎさはマミが大好きなのです!」

マミ「私もよ、べべ」



さやか「あー…」

杏子「マミのやつデレデレじゃねぇか」

さやか「あはは、まぁあたしらはあんなに注文しないようにしなきゃね…って」

杏子「さやかー、あたし、これとこれとこれとこれと…あとこれもな!」

さやか「あんたは金とカロリーを少しは気にしなさいよ!」

杏子「うるせーな、いいじゃねぇか減るもんじゃねーし」

さやか「お金は減るし、カロリーは増えまくるわ!」

杏子「やーいやーいさやかー!」
さやか「んだとコラァー!」



ほむら「騒がしいわね」

まどか「あんなに騒いじゃったら、回りの人に迷惑かけちゃうよね」

ほむら「その点、まどかは大人しくて可愛い、非の打ち所がないわ」

まどか「ほむらちゃんも物静かで美人さんで、非の打ち所がないよ」

ほむら「まどかぁー!」

まどか「ほむらちゃん!」




仁美「……私とまどかさん、さやかさんの3人で遊んだ毎日が遠い昔のように感じますわ」

恭介「あははは…」