杏子「えへへっ!大量大量!」

杏子「ゲーセンでロッキー山ほどてにいれたぜ」

杏子「これだけありゃ、当分は困らないね」

杏子「さて、そんじゃ帰ろっかな」

杏子「それにしても、なんで今日はロッキーがあんなにたくさん合ったんだろ?」

杏子「んー…まぁいっか」

杏子「よっし、そんじゃ早速一箱目行くよ」

杏子「いただきまーす」モグモグ

マミ「あら?佐倉さん!」

杏子「んー?」

マミ「こんなところで会うなんて偶然ね」

杏子「あぁ、なんだマミか」

マミ「佐倉さんは何をしていたの?」

杏子「別に、ただゲーセンにいただけだよ」

マミ「そう……ん?そのお菓子の山はどうしたの?」

マミ「もしかしてロッキーゲームでもするつもりじゃ……?」

杏子「するつもりってか、もうしたよ」

マミ「!!」

マミ「ほ、本当に?」

杏子「ん?まぁね」

マミ「佐倉さん……あなた、以外と大胆なのね…!」

杏子「はぁ?何が大胆なのかわかんねーぞ?」

マミ「そう……」

杏子「な、なんだよ…その顔は」

マミ「……それで、誰としたの」

杏子「何が?」

マミ「ロッキーゲームよ!」

杏子「え?一人でだけど?」

マミ「ひ、一人で?」

杏子「あぁ、別に何時ものことじゃん」

マミ「……そっか、佐倉さんは一人で…何時も……」

杏子「マミ?」

マミ「佐倉さん…わかる、わかるわ!その気持ち!」

杏子「あ、ああ…?」

マミ「私にもよく分かるもの…!」

杏子「へぇ?マミもするんだ」

マミ「うん、毎年この日はロッキーを全種類買うことにしてるの」

杏子「ふーん?」

マミ「そして一本毎に味を変えて食べる」

マミ「これが醍醐味ね」

杏子「まぁわからなくはねーかな」

マミ「でも、それだけじゃ少し物足りない……」

マミ「そこでロッキーゲームよ!」

杏子「ん?ゲーセンで数を増やすの?」

マミ「えっ?」

杏子「えっ?」

マミ「……と、とにかく、ロッキーゲームをするのよ」

杏子「へぇ…?」

マミ「だけど相手がいないと結局ロッキーゲームは成立しないわ」

杏子「いや一人でできるじゃんよ」

マミ「佐倉さん…一人ではダメなの」

杏子「なんで?」

マミ「だって…ロッキーゲームは2人いなきゃ…」

杏子「はぁ?」

マミ「はっ?ま、まさか……」

マミ「ロッソ・ファンタズマ!」

杏子「え?」

マミ「ロッソ・ファンタズマを使っていたのね?」

杏子「いや、普通にしただけだって」

マミ「佐倉さんっ!」ガシッ

杏子「わっ?な、何さ?」

マミ「大丈夫、もう大丈夫よ佐倉さん」

マミ「あなたには私がついているわ!」

杏子「……?」

マミ「ロッキーゲームが孤独を生むならみんなするしかないじゃない!」

マミ「あなたも…!わたしもっ…ロッキー!」

杏子「……ロッキー食いたいわけ?」

マミ「!!」

マミ「え、ええ!食べるわ!食べましょう!」

杏子「はい、ロッキー」

マミ「佐倉さん…ありがとう」

マミ「これで私も……!」

マミ「さあ、佐倉さん?何時でも来てちょうだい」

マミ「私は準備万端よ」

マミ「んー」

杏子「マミのやつ、ロッキーが食いたいなら最初からそう言えば良いのにさ」

杏子「別にあんな熱弁しなくたってロッキーの一箱くらいやるっての」

杏子「なんか最後までなにか言ってた気がするけど、まぁいいや」

杏子「さてと、あたしもロッキー食おっかな」

ほむら「待ちなさい、佐倉杏子」

杏子「ん?今度はほむらか」

ほむら「その大量のロッキー…あなたまさかロッキーゲームを?」

杏子「ああ、ゲーセンで大量にゲットしたのさ」

ほむら「それで、あなたは誰とロッキーゲームをするつもり?」

杏子「いや、だからあたしは一人でさ」

ほむら「ロッキーゲームは相手がいないと始まらないでしょう?」

杏子「ほむらもかよ、どうしてそうなるのさ?」

ほむら「だってロッキーゲームは2人で―――」

―――

――



杏子「///」カァァッ

ほむら「ほむらちゃん!」

ほむら「まどか…!」

ほむら「ほむらちゃん…わたし、もっとほむらちゃん味のロッキーを食べることができたら」

ほむら「それはとっても嬉しいなって」

ほむら「それには及ばないわ」

ほむら「そ、そんな…」

ほむら「その変わりに、まどほむ味のロッキーを食べるのよ」

ほむら「ほ、ほむらちゃん!だきっ!」

ほむら「まどかぁー!ぎゅっ!」

―――

――





杏子「うわぁぁぁぁ!///」タタタッ

杏子「ろ、ロッキーゲームってそう言うことだったのかよ…」

杏子「それってつまり、その…」

杏子「ちゅ、ちゅー…じゃねぇか…」

杏子「///」

杏子「ロッキーゲーム…か」

杏子「こ、これなら…ひょっとしたら…」

杏子「さやかと奇跡も魔法もあるんだよ…なんて……」

杏子「……///」

杏子「よ、よっし!こうなったら練習だよ!」

杏子「練習して、そしてさやかと…!」

杏子「ロッキーはたくさんあるし…よし!」

杏子「ロッソ・ファンタズマ!」

あんこ「あたしは幻だよっ!」

杏子「うん、これなら相手があたしだし恥ずかしくないね」

あんこ「さっそく始めようぜ」

杏子「ああ!ほら、ロッキー」

あんこ「んまい!」モグモグ

杏子「ばかっ!普通に食ってどうすんのさ!」

あんこ「あっ、そうだった」

杏子「ロッキーゲームするんだからさ」

あんこ「えっと、こうか?」

杏子「ああ、そうそう」

あんこ「んー」

杏子「……///」

あんこ「んー?」

杏子(あ、あたしが上目使いでロッキーくわえて…)

杏子(な、なんか変な感じがする……)

杏子「や、やっぱあたしからするよ!」

あんこ「ん?わかった」モグモグ

杏子「よ、よーし…!」

杏子「く、食うかい?」

あんこ「くうくう!」ズイッ

杏子「!!」

杏子(あ、あたしの顔が近づいて…!)

―――

まどか「わわわ……」

まどか「杏子ちゃんの声が聞こえたから来てみたら…」

まどか「杏子ちゃんと杏子ちゃんがちゅーしてる……」

まどか「ど、どういうことなの?」

まどか「み、見間違え…なのかな?」

まどか「もっと近づいて…」カサッ

杏子「!?」

まどか「あっ?」

杏子「まっ、まどか!?」

まどか「あ、えと!これは!」

杏子「み、見た?今の見てた?」

まどか「えっと!わたしは杏子ちゃんが杏子ちゃんと、その…」

杏子「あっ…」

まどか「な、何も見てないよ!」

杏子「嘘つけ…見てるじゃんか……」

まどか「あ、あはは……その、杏子ちゃん?」

杏子「違う!違うんだ!さっきのは練習!練習だから!」

杏子「ロッキーゲームの!」

―――

――



杏子「……だからあたしはロッキーゲームの練習をしてたのさ」

まどか「そ、そうだったんだね」

杏子「わ、わかった?」

まどか「う、うん…」

杏子「はぁ…よかった」

まどか「あはは……」

杏子「でも、やっぱ自分の幻と練習でもロッキーゲームするなんておかしいよね」

まどか「杏子ちゃん……」

杏子「だから、やめるよ…幻とロッキーゲームするのをさ」

まどか「…そっか」

杏子「やっぱ幻なんかじゃなくて、本物としなきゃね」

まどか「えっ?」

杏子「なぁ……まどか」チラチラ

まどか「え?えっ?えっ?わ、わたし?」

杏子「頼むっ!まどか!」

杏子「あたしの練習に付き合ってくれ!」

まどか「で、でも!わ、わたし……」

杏子「こんなこと頼めるのは、まどかしかいないんだ……」

まどか「わたしだけ…?」

杏子「マミはなんか頼みづらいし、ほむらはアレだからさ……」

杏子「だから…頼む!一回だけでいいから!」

まどか「……杏子ちゃん」

杏子「一回だけでいいからさ…頼むよ、まどか」

まどか「………うん、いいよ」

杏子「ほ、ほんと?」

まどか「……杏子ちゃんの為になれるなら、わたし…ロッキーゲームくらい…」

まどか「うん、いいよ。してあげるね、杏子ちゃん」

杏子「まどか…!ありがとう!」

まどか「えへへ」

杏子「そ、それじゃあ…はい、ロッキー」

まどか「う、うん…!」

杏子「そ、それじゃあ頼むよ、まどか」

まどか「……もぐ」

まどか「ひうよ、きょうほひゃん」(いくよ、杏子ちゃん)

まどか「んー…」

杏子「……///」

杏子(ロッキーくわえて目を瞑ってるまどか…なかなか可愛いじゃんか)

杏子(ほむらの気持ちもわからなくはないかもね)

杏子(でも、あたしは…やっぱり、さやか!)

杏子(だからさ、ここで練習をして…そこで!)

杏子「い、いくよ…!」

まどか「んー…」

杏子「ばく…!」

―――

――



ほむら「私も杏子に負けないくらい大量のロッキーを買ってきたわ」

ほむら「これで、まどかとロッキーゲームを…!」

ほむら「ふふふ……」

ほむら「……あら?」

―――

まどか「ど、どうだったかな?」

杏子「うん、なんとなくコツはつかめたよ」

まどか「そっか、よかった」

杏子「……まどか、一応気を付けてはいたんだけどさ」

杏子「その…あたしの…何て言うか……ふれたって言うか、えっと……」

まどか「…ちゅー?」

杏子「う、うん…その、ふれてたら謝るからさ…」

まどか「………」

杏子「ま、まどか……」

まどか「えへへ、杏子ちゃんには内緒だよ?」

杏子「えぇっ?」

まどか「ほら、早く行っておいでよ。日がくれちゃうよ?」

杏子「まどか……」

まどか「さやかちゃんが待ってるよ?」

杏子「そ、そうだな…うん!」

杏子「付き合ってくれてありがとう、まどか!」

まどか「うん」

―――

ほむら「………」

ほむら「……え?」

ほむら「杏子と……まどかが…き、きききき」

ほむら「キス…?」

ほむら「え?なんで?どうして?わけがわからないわ?」

ほむら「杏子が好きなのはさやかのはずよ?」

ほむら「それに、まどかは私のまどかなのよ?」

ほむら「え?本当にどうして?」

ほむら「まさか2人は…?」

ほむら「いえ!そんなの絶対おかしいわ!」

ほむら「まどかと杏子が付き合っているだなんて…」

杏子「付き合ってくれてありがとう、まどか!」

まどか「うん」

ほむら「!!!!!」

―――

――



マミ「もうっ!佐倉さんったら!」プンプン

マミ「放置プレイだなんて聞いてないわよ?」

マミ「まったく……あら?」

ほむら「………」ズーン

マミ「暁美さんがあからさまに落ち込んでる…」

ほむら「………巴マミ」

マミ「暁美さん、どうかしたの?」

ほむら「ロッキー…もういらないから…全部あなたにあげるわ」

マミ「え?こんなに?」

ほむら「ええ……」

マミ「ありがとう、でもどうしてこんなに?」

ほむら「別に……」

マミ「……そう、それなら気晴らしにロッキーゲームでもどうかしら?」

マミ「たまたま私もしたいな、って思っていたところなの」

マミ「だから暁美さんも一緒に」

マミ「……って、いない…」

―――

――



まどか「杏子ちゃん、さやかちゃんと上手くできると良いな」

まどか「ロッキーゲーム…かぁ」

まどか「今度はわたしもちゃんとしてみないな」

まどか「でもできるわけないよね?」

まどか「ロッキーゲームしよう?だなんて言えないし…」

まどか「……あんこ味のロッキー、甘かったな…なんてね」

まどか「……よーし、タツヤにロッキー買って帰ろ!」

―――

――



杏子「よ、よし!もう少しでさやかん家だ…」

杏子「さやか……あれ?あそこにいるのって…」

杏子「さやかとほむら?」

―――

さやか「あんたがあたしに相談なんて珍しいじゃん?どうしたの?」

ほむら「杏子にまどかを取られた……」

さやか「えぇっ?」

ほむら「はぁ……」

さやか「ど、どういうこと?」

ほむら「……まどかと杏子が付き合ってて…私……」

さやか「あの2人が付き合ってるって…嘘でしょ?」

ほむら「嘘じゃないわ!この目で見たもの!」

さやか「うーん、なんだかなぁ」

ほむら「せっかくロッキーゲームしようと思ってたのに……」

さやか「だからそんなに落ち込んでたの?」

ほむら「まどか……」

さやか「はぁ、仕方ないわね。いいよ、代わりにあたしがしてあげる」

ほむら「え?」

さやか「あたしもさっきロッキー買ってきたとこだったしね」

さやか「ほら、あたしをまどかだと思って」

ほむら「さ、さやかぁ…!」

さやか「よしよし」

さやか「はい、いくよ?」

―――

杏子「なん…だと…?」

杏子「ほむらに先越された……」

杏子「どういうことだ…ほむらはまどか狙いじゃなかったのかよ」

杏子「う…今さら入っていける雰囲気じゃないし……」

杏子「くそ……」トボトボ

―――

――



まどか「あれ?杏子ちゃん…?」

杏子「まどか……」

まどか「さやかちゃんはどうしたの?」

杏子「ほむらに先越されちまっててね…はぁ……」

まどか「え…ほ、ほむらちゃんが?」

杏子「ああ……」

まどか「うーん…さやかちゃんとほむらちゃんが…」

まどか「本当にそうなのかな?」

杏子「わかんねーけど見ちまったんだよ……」

まどか「杏子ちゃん……」

杏子「さやかとロッキーゲーム…」

まどか「……な、ならまたわたしと…」

杏子「…!」

まどか「一回だけじゃ寂しいかな」

まどか「えへへ、なんてね。冗談だよ…って、杏子ちゃん?」

杏子「まどかぁ!」ズイッ

―――

――



マミ「もぐもぐ」ムスッ

キュゥべえ「マミ、どうしてこんなに大量のお菓子をふて腐れながら食べてるんだい?」

マミ「どうして何時も私だけのけ者にされるのよ……」

キュゥべえ「と言うと?」

マミ「佐倉さんは鹿目さんと!暁美さんは美樹さんとロッキーゲームをしてたのよ?」

マミ「私、見たんだから!」

キュゥべえ「そ、そうかい」

マミ「私は無視するのに…ぐすっ」

キュゥべえ「お菓子の食べ方くらいどうだっていいじゃないか」

マミ「良くないわよぉ……」

キュゥべえ「仕方ない、なんなら僕がしてあげてもいいよ」

マミ「えっ?」

キュゥべえ「そのくらいなら僕にでもできるだろう?」

マミ「キュゥべえ!」

―――

――



さやか「ふぅ、今日は疲れたなぁ」

さやか「ほむらのやつ、いくらなんでも自棄になりすぎだっての」

さやか「まぁ、最後は落ち着いてたし大丈夫…かな?」

さやか「…ロッキー、まだ少し余ってる」

さやか「ほんとは杏子にあげるつもりで買ったんだっけ」

さやか「………」

さやか「よし!」

―――

まどか「杏子ちゃん、あれで元気になってくれたかな?」

まどか「わたしなんかで良ければいくらでも、って思ったけど」

まどか「杏子ちゃんは本当はさやかちゃんとしたかったんだもんね?」

まどか「やっぱり相手がわたしなんかじゃ嫌だったりしなかったのかな…?」

まどか「わたしは…ドキドキしちゃったけどね」

まどか「えへへ…」

~♪

まどか「あれ?メールだ、こんな遅くに誰からかな?」

まどか「あっ…!」

―――

杏子「なんかまどかには悪いことさせちまったかな」

杏子「腹いせみたいになっちゃったし……今度会ったら謝らなきゃな」

杏子「………さやか、どうなったんだろ」

杏子「まさかほむらと…?」

杏子「さやか…」

杏子「はぁ……」

さやか「あれ?杏子じゃん」

杏子「さ、さやか?」

さやか「あはは、偶然だね」

杏子「あ、ああ!そうだね」

さやか「えっ…とさ、お腹空いてたりしない?」

杏子「えっ?」

さやか「たまたま、たまたまなんだけど一本だけロッキーが余っててさ」

さやか「だから食べない?」

杏子「え?えっと…く、食う!」

さやか「そ、そっか!それなら…はい!」

杏子「え?」

さやか「ほむらとロッキーゲームしてたらハマっちゃってさ」

さやか「だから…その、食うかい?」

杏子「……食う!」

おわり