マミ「佐倉さん、本当に大丈夫なのかしら?」

杏子「大丈夫って、何が?」

マミ「ほら、美樹さん達を残して私たちだけでこんな……」

杏子「…大丈夫だって、今はさやか達は抜きで考えようぜ?」

マミ「でも……」

杏子「………」

マミ「…佐倉さん?」

杏子「……マミはさ、やっぱさやかやまどか達の方が心配?」

マミ「え?それは……そうね。嘘、ではないわ」

杏子「……」

マミ「私ね?私たちはみんなで一つだと思うの」

マミ「誰か一人でも欠けてしまっては完成しないパズルのような…」

マミ「とにかく、みんなバラバラはダメだって…そう、思うわ」

杏子「……そっか」

マミ「佐倉さん……」

杏子「…なあ、マミ…あたしさ、何の意味もなくあんたをここに連れてきたわけじゃないんだ」

マミ「……」

杏子「…あたし、マミに言いたいことがあるんだ」

マミ「…なに?」

杏子「それは…そのっ……あのさっ!」

マミ「?」

杏子「いや!なんつーか…その、あれってやつ?」

杏子「あたしらしくねぇ、っーか…似合わないって言うか……」

マミ「どうしたの?らしくないわ」

杏子「あっ、いや!あはは……まぁわかってんだけどさ、うん」

杏子「やっぱさ、その……照れるじゃんよ」

マミ「……?」

杏子「あーっ!もー!何でこうなるんだよ!」

杏子「せっかくマミと二人きりになれたのにさ!」

マミ「…ふふっ、変な佐倉さん」

杏子「っ…やっぱ変…?」

マミ「ふふ、ちょっとね。らしくないと言うか何と言うか」

マミ「まるで…そうね、上条くんと一緒にいる時の美樹さんみたい」

杏子「は、はぁ?あたしが?さやかみたいぃ?」

マミ「うん、少しだけどね」

杏子「っー!何かやだな、それ……」

マミ「そうかしら?私は好きよ?あの美樹さんもね」

杏子「そ、そっか…んー……」

マミ「ふふ、それでどうしたの?私と二人きりじゃないと言えないことでもある?」

杏子「ん…まぁな」

マミ「ふふ、そっか」

杏子「ま、確かに言われてみりゃ、さやかみたいかも知れねーな」

杏子「回りくどいっつーか、クヨクヨしすぎっつーか」

杏子「うん、まっそこは認めるよ」

マミ「でも好きな人の前だとああなるのも仕方ないことだと思うわ」

マミ「美樹さんも恋する乙女、ってやつかしら?」

マミ「普段とは違った可愛さがあるものね」

杏子「ははっ、そうかもな」

マミ「ふふっ、それで?美樹さんの話じゃなくて佐倉さんの話でしょ?本題は」

杏子「あぁ、まぁさやかと似たようなもんかもな」

マミ「結局、私に何が………」

マミ「………ん?」

マミ「美樹さんは上条くんと二人きりの時に………」

マミ「私は…佐倉さんと二人きりで……」

マミ「佐倉さんと美樹さんは似てて……あれ?」

マミ「あっ…!」

杏子「ん?」

マミ「えっ?あれっ?うそっ?」

杏子「……」

マミ「ま、まさかっ?さ、さ佐倉さんっ?あなたっ!え?」

マミ「わ、わた!私に…えっ?」

杏子「マミ」

マミ「わっ、わわわ?だ、ダメよ?私はまだ中学生だし…」

マミ「そ、それに!女の子同士でそんな…!」

マミ「で、でも…中には女の子同士でも……」

マミ「だ、だけどっ!それでも……」

マミ「うぅ…でもぉ……んー……」

マミ「佐倉さん…となら……良い…のかしら……」

マミ「うん…私…佐倉さんとなら……」

杏子「マミ……」

マミ「……さ、佐倉さんっ!」

マミ「わかったわ…付き合いましょう、私たち…!」

杏子「っ……」

マミ「ふつつかものですが…よ、よろしくお願いしますっ…!」

杏子「く……」

マミ「……佐倉さん?」

杏子「っ…くっ…くくくっ…ははは…ははははっ」

杏子「あははははっ!」

マミ「………え?」

杏子「ちょっ…マミ!あんた何勘違いして…あははっ!」

マミ「へ……?」

杏子「何一人で顔赤くして…くくくっ!」

マミ「あの……」

杏子「はぁっ…ったく、腹痛くなっちまったじゃんかよ」

マミ「えと………」

杏子「あのさ、マミ?あたしは別にあんたに告白するために呼び出したんじゃないんだぜ?」

マミ「え……」

杏子「あたしに恋愛だなんてまだまだ早いっつーの」

マミ「そ、そうなの…?」

杏子「ああ、別に男と仲良しこよしするつもりなんてないさ」

杏子「まぁ、誤解されるような言い方したあたしが悪いんだけどさ」

マミ「……それじゃあ、私…一人ではしゃいじゃったのね」

杏子「あはは、別に落ち込むことなんかないじゃんかよ」

マミ「だって…てっきり私……」

マミ「うぅぅぅぅっ…恥ずかしぃ……」

杏子「悪かったって、だからそんな顔すんなよ、マミ」

マミ「うぅぅ……」

杏子「………」

マミ「うぅ……?」

杏子「……ま、半分正解みたいなもんだし?」

マミ「え…?」

杏子「……マミには悪いことしちまったし、思いきってあたしも話すよ」

マミ「……」

杏子「いつもありがとな、マミ」

マミ「え…?」

杏子「あたし、これでもマミにはかなり感謝してるんだぜ」

マミ「私に……?」

杏子「あたしがこうしてここにいるのも、さやか達とバカできるのもさ」

杏子「みんな、マミがいてくれたおかげなんだ」

マミ「……私の…?」

杏子「ああ、マミがいなかったらあたしは今ごろここにはいないよ」

杏子「もしかしたら、一人魔女にやられてたこもしれないし」

杏子「あたし自身が魔女になってたかもしれない」

マミ「……そんなこと…」

杏子「あるよ、もちろんさやか達のおかげでもあるけどさ」

杏子「やっぱマミ…あんたが一番だ」

マミ「………」

杏子「あたしに光を照らしてくれたのはマミだよ」

杏子「その…何て言うか…あのさ」

杏子「あたしにとってマミは太陽のような…えーと…」

杏子「姉ちゃん…みたいな感じ…かな」

マミ「…!」

杏子「家族三人とも失ったあたしだけどさ」

杏子「マミは…まるで本当の姉ちゃんのような存在に感じるんだ」

杏子「っと、なんかまた回りくどくなっちゃったね」

杏子「とにかく、あたしはマミに感謝してるってわけ」

マミ「佐倉さん……」

杏子「…ま、その…好き、ってのもあながち間違いじゃねーかもな」

杏子「あはは、なーんて」

マミ「佐倉さぁぁんっ!」ギュッ

杏子「うわぁっ?な、なんだ?」

マミ「佐倉さぁぁぁん……」ギュゥッ

杏子「な、なんだ?どうしたんだよマミ!苦しいじゃんか」

マミ「うぅ……」

杏子「う…もしかして、嫌…だった」

マミ「ううん…違うの」

杏子「え?なら……」

マミ「凄く嬉しいの!」

杏子「マミ………」

マミ「…私ね?いつも心の何処かでさみしがっていたの」

マミ「鹿目さんや美樹さん、暁美さん…みんなといるときにね」

マミ「私だけ何処か…一人違う場所にいるような…疎外感がして……」

杏子「……」

マミ「私なんかいなくても…みんな変わりないのかなって……」

マミ「本当は誰からも必要とされてないんじゃないかって……」

マミ「怖かったの……」

マミ「だからみんなとバラバラになるのも嫌だった…」

マミ「みんなから離れたくなかったの……」

杏子「…そっか、だからあの時も……」

マミ「……でも、大丈夫…負けるもんですか!」

マミ「だって私には…佐倉さんっ!」

杏子「マミ…」

マミ「あなたがいてくれたんだもの!」

杏子「へへっ、ああ!」

マミ「てへへ…」

杏子「でも、何もマミに感謝してるのはあたしだけじゃないんだぜ?」

杏子「さやか達、みんなもあたしと同じさ」

マミ「……うんっ」

杏子「ふふっ」

マミ「……でもね?佐倉さん」

杏子「ん?」

マミ「私ね……佐倉さんは特別な存在なの」

杏子「……」

マミ「だって佐倉さんは私にとって初めての魔法少女仲間、友達」

マミ「そして―――」

杏子「……!」

マミ「佐倉さん…」

杏子「…ああ、あたしもだぜ、マミ」

マミ「佐倉さんっ!」

杏子「えへへっ!」

マミ「うふふっ!」

―――――

―――



さやか「それにしても、まどかは帰ってきたら良いとして」

さやか「杏子やマミさん、ほむら達はどこをほっつき歩いてんのよ?」

さやか「さやかちゃんだけをおいてけぼりだなんて許さんぞぉー!」

まどか「まあまあ、さやかちゃん。ほむらちゃんにはほむらちゃんの事情があるし」

まどか「それに……あっ!」

さやか「どしたの、まどか?」

まどか「見て見て!さやかちゃんっ!」

さやか「んー?あっー!!」
DSC_0189

まどか「二人仲良く歩いてるマミさんと杏子ちゃんは」

まどか「とっても幸せそうにしているなって」

まどか「そう思えて私も嬉しく感じちゃうのでした」

おわり