公園

杏子「よっし、ここなら誰にも聞かれないっしょ」

ほむら「…そうね」

杏子「…なあ、ほむら」

ほむら「……」

杏子「あたしはさ、もうあんたが何をどうしようと何も言うつもりはないよ」

杏子「自身のこと、周りのこと、そしてまどかのこと」

杏子「その辺を考えれば、嫌でもその答えに行き着くさ」

ほむら「……」

杏子「だから、ほむらはそれで良いよ」

杏子「それが本当に一番悔いのない答えならさ」

ほむら「………」

杏子「でも、あたしは違う答えに辿り着いてみせる」

ほむら「…えっ?」

杏子「あんたの言う通り、いくら結ばれようと棘の道になるのは間違いないよ」

杏子「それに、周りが内心どう思っているのかもわからないし」

杏子「マミ辺りにも反対されるかもしれない」

杏子「そもそも、さやかにそっちの気がないのもわかってる」

ほむら「!…あなた…?」

杏子「ああ、あたしはさやかに告白する」

ほむら「!」

杏子「そして手に入れてやるんだ、さやかを、幸せを」

ほむら「杏子…」

杏子「……あたしもさ、同類なんだよ、あんたとね」

杏子「今までずっと悩んでた、どうすれば良いかわからなかったんだ」

ほむら「…」

杏子「…正直、あたしはほむらが羨ましいよ」

ほむら「え…?」

杏子「ほむらがまどかの事を好きだってのは、誰の目から見ても明らかだったし」

ほむら「うっ…」

杏子「それに、まどかもほむらの事好きだってのもわかった」

杏子「でも、なかなか進展しないままでいて、ようやくまどかから告白した」

杏子「でも、あんたは拒否して転校までした」

ほむら「……っ」

杏子「あたしは内心、ガッカリしたよ」

ほむら「…?」

杏子「まどかとほむらが付き合えば、あたしもさやかと付き合えるんじゃないかって」

杏子「変な期待をしてたんだ」

杏子「でも、ほむらがまどかに応えなかったことで理解できたよ」

杏子「やっぱり、無理だったんだって」

ほむら「……」

杏子「誰がどう見ても相思相愛で、周りにも見方がたくさんいるほむらですら無理だったんだ」

杏子「あたしにできるはずがない…ってね」

ほむら「杏子…」

杏子「さやかは未だに上条のこと引きずってるし、第一あたしもさやかも女だ」

杏子「もちろん、ほむらやまどかみたいに、女同士でも相思相愛になるやつはいる」

杏子「でも、さやかは……」

ほむら「……」

杏子「はぁ…何いってんだろーな、あたし」

杏子「とにかく、あたしも今の今までずっと悩んできたんだ!」

杏子「だけど悩むのはもう止めることにした」

杏子「いくら考えても、悩んでも、結果が変わることはないんだからさ」

杏子「だから、あたしは覚悟を決めたんだ」

杏子「さやかに告白して、付き合って、幸せになってやるって」

杏子「選んだ道が、もし行き止まりなら…そこで悩めばいい」

ほむら「…!」

杏子「いや、もし行き止まりでもぶち破ってやる!」

ほむら「…杏子」

杏子「…言いたかったことはもう言った」

杏子「あんたと会うのはこれが最後かも知れねぇ…」

杏子「あたしの選んだ道と、ほむらの選んだ道」

杏子「どっちが正しいかはわかんねぇ」

杏子「でも、お互い悔いのないように選んだ道なんだ」

杏子「そうだろ?」

ほむら「……」

杏子「もし、まどかがこのまま見滝原に帰るならあたしが連れて帰る」

杏子「でも、あんたがまどかを……いや、後は言わなくても大丈夫か」

ほむら「まどか…」

杏子「あたしはもう暫くここで待ってる」

杏子「…じゃ、頑張れよ」