通学路

まどか「……」ソワソワ

さやか「まどかー!」

まどか「ひゃあっ!?」ビクッ

さやか「ごめんごめん寝坊して…って何そんなにびっくりしてんの?」

まどか「え、や、な…何でもないよ?」

さやか「そう?あ、風邪はもう大丈夫?」

まどか「風邪?」

さやか「うん、昨日風邪で休んだんでしょ?」

まどか「うっ…う、うん、もう大丈夫だよ」

さやか「ん、なら良かった」

まどか「……」

さやか「そうそう、ほむらの話聞いた?」

まどか「わぁぁっ!?」

さやか「うわっ?な、なに?」

まどか「ほ、ほむらちやんがどうしたの!?」

さやか「え?あー…そのさ、ほむらが一昨日の夜、誰かに襲われたみたいで」

まどか「……」ヒヤヒヤ

さやか「血まみれの状態でマミさんに保護されたんだ」

まどか「……そ、そうなの?」

さやか「うん、だからあたしは犯人を探し出してやるって決めたのさ」

まどか「そ、そうなの!?」

さやか「うん、もう大体犯人の目星はついてるんだけどね」

まどか「あわわわわ」

さやか「ん?まどか?」

まどか「……」ブルブル

さやか「え?ちょっと、めっちゃ真っ青じゃん!だ、大丈夫?」

まどか「あ、あぅ…」

さやか「ダメだよまどか!」

まどか「ご、ごめんなさい!!」

さやか「いや、別に謝らなくてもいいけどさ、まだ風邪治ってないんでしょ!」

まどか「え…?」

さやか「先生にはあたしから言っておくから、あんたは今日も休みなよ」

まどか「え?え…で、でも…」

さやか「いいから、はい、Uターン!」

まどか「わ、わたし…」

さやか「なに?送っていこうか?」

まどか「そ、それは大丈夫だけど…でもっ」

さやか「いいから気にしなさんな、ほら帰った帰った」

まどか「うぅ…」

さやか「またね、暖かくして寝なよ?」

まどか「う、うん…」

そして昼休み

杏子「さやかー飯食おうぜ」

さやか「ごめん、あたし用事があるんだ」

杏子「そうか?なら仁美たまには二人で食うかい?」

仁美「ええ、まどかさんもお休みですし」

さやか「んじゃ、あたしは行ってくる」

杏子「ああ」

屋上

さやか「マミさんは…いた!」

マミ「あら?美樹さん、こんなところにどうしたの?」

さやか「あはは、たまにはマミさんと二人でお弁当食べたいなーって」

マミ「まあ、本当に?良いわよ、食べましょう!」

さやか「失礼しまーす」

マミ「いらっしゃい!」

さやか(さて、まずは普通にしといて油断させなきゃ)

30分後

さやか「ごちそうさま!さっすがマミさん!おかずも最高っす!」

マミ「ふふ、ありがとう」

マミ「美樹さんのも美味しかったわ、ソウルジェムみたいなのが特にね」

さやか「あはは、あれは杏子の好物なんですよー」

マミ「そうなのね」

さやか「……ところで」

マミ「ん?」

さやか「ほむらは大丈夫ですか?」

マミ「んー…大丈夫と言うか、大丈夫じゃないと言うか…」

マミ「特に昨日から変わってないわ」

さやか「…」

マミ「今日はなぎさが休みだったから、代わりに看病してもらってるのだけど何の連絡もないし…」

さやか「そうですか…」

さやか「………」

マミ「やっぱり心配よね」

さやか「マミさん…」

マミ「ん?」

さやか「ベテランの魔法少女であり、あたしや杏子、そしてほむらの師匠でもある魔法少女」

マミ「??」

さやか「そのマミさんを見込んで、大切な話があるんです」

マミ「え、ええ…?」

さやか「マミさん」

さやか「あたしはSです」

マミ「!!??」

マミ(え、Sってあの…!?)

マミ(たしかクォナン=シィーンチ=ローライト…!)

マミ(まさかあの書き込みを見られていたの?)

マミ(し、しまった!まさか美樹さんがSだったなんて…)

マミ(みんなの前ではああいった発言は我慢してたからSNSで書き込みしたのに…!)

マミ(でも何で美樹さんが私にそのことを?)

さやか「…」ジィー

マミ(はっ、私が童謡するかどうか見ている…とか?)

マミ(仕方ないわ、書き込みがバレた以上、恥ずかしがらずに堂々としなきゃ)

マミ「そう、あなたがクォナン=シィーンチ=ローライトだったのね」

さやか「!」

さやか(童謡どころか堂々としてる?まさかお見通しってこと?)

さやか(さすがマミさん…手強い…!)

マミ「それで、私に何のようかしら?」

さやか「っ…ま、マミさんは何であんなことを!?」

さやか(なんでほむらを…!)

マミ(何であんな書き込みをしたのか…と言うことかしら?)

マミ「…前からずっと我慢していたの」

さやか「なっ…?」

さやか(前からずっとほむらを狙っていたと言うこと!?)

さやか(マミさん程のベテランの魔法少女が悪魔になったら、まずいことになる…!)

さやか「じ、じゃあやっぱりマミさんがMだったんですね…」

マミ「M…?新世界の神、円環の理のこと?」

さやか「まどかに押し付けるんですか!?」

マミ「ちょっと意味がよくわからないのだけど…」

さやか「マミさん…」

マミ「えっと…」

キーンコーンカーンコーン

さやか「……放課後、みんなを連れてマミさん家に行きます」

さやか「そこで白状してください」

マミ「えっ?嫌よ、なんでわざわざそんなことを…」

さやか「っ…と、とにかく!逃げないでくださいね!」タタッ

マミ「…??」