さやか「ほむらぁぁぁ!」ダキッ

ほむら「さやかぁぁぁ!」ダキッ

さやか「~!」ブルブル

ほむら「~!」ブルブル

クスクスティヒヒ

マミ「抱き合って震えるなんて可愛いわねぇ」

杏子「動画撮っといて正解だったぜ」

なぎさ「やれやれなのです」

まどか「二人とも、そんなに怯えなくて大丈夫だよ?」

マミ「もうリボンは消してあるわ」

さやか「え…?」ソーッ

ほむら「なに…?」ソーッ

まどか「じゃーん!『ドッキリ大成功』ー!」

さやか「は」

ほむら「え」

杏子「あはははっ!本気でビビってやがんの!」

なぎさ「情けないのです」

マミ「ごめんなさいね、そんなに怖かったかしら?」

まどか「ごめんね」

さやか「ど、どういうことなの…?」

ほむら「…」

マミ「鹿目さんがね、暁美さんともっと仲良くなりたいと言い出したのがことのほったんなの」

マミ「そして、暁美さんにドッキリをしかけたのよ」

ほむら「ドッキリ…ですって…?」

杏子「そしたら、まどかのやつキスしやがったからなー、びっくりしたぜ」

まどか「えへへ…」

ほむら「…まどか、ドッキリと言えどあなたの行動には問題があると言わざるを得ないわ」

まどか「ご、ごめんね?わたしったらはしゃいじって」

まどか「気がついたらあんなことしてたの」

なぎさ「まどかは嘘でやったわけじゃないのです」

ほむら「だ、だだだとしたらなおさらよ!」

杏子「おちつけ」

まどか「ごめんなさい…」

なぎさ「でも、さっきのほむらは、そうとうニヤニヤしていたのです」

マミ「暁美さんって意外と表情にでるのね」

ほむら「う…」

杏子「気を失ったふりしてたんだろーけど、バレバレだっての」

ほむら「……」

なぎさ「要するに満更でもなかったのです」

ほむら「…悪かったわね」

杏子「まあ、あんなことあれば笑いたくなるのも無理ないよな」

なぎさ「さやかにはびっくりしたのです」

さやか「…」

マミ「元々は暁美さんにだけドッキリをするつもりだったのだけど」

マミ「佐倉さんが美樹さんにも、って言うものだから」

さやか「あんたねぇ…」

杏子「いやー、まさかあんな意味不明な推理するだなんて予想の斜め上だったぜ」

さやか「許さない!」

マミ「でも、まさか私が犯人にされるとは思わなかったわ」

さやか「うっ」

マミ「ちょっぴりショックだったんだから…」

さやか「ま、マミさんもマミさんですよ!めっちゃくちゃ怖かったんですから!」

マミ「そうかしら?やりすぎだったかも…?」

杏子「何回も同じ台詞言うの面倒だったよなぁ?」

なぎさ「もっとましな方法はなかったのですか?」

マミ「ごめんね、あれは咄嗟に考えたことだったから」

さやか「と、とにかく!本気でビビったんですからね!」

さやか「マミさんだとマジでやりかねないし…」

マミ「えぇっ?別に私はそんなんじゃ…」

なぎさ「でも、ドッキリを提案したのもマミだし、犯人がマミなのは間違いじゃないのです」

マミ「うっ」

ほむら「そうよそうよ」

さやか「そうだそうだ」

マミ「ま、まぁ…でもほら、こうやってみんなで笑うことができたんだし…ね?」

杏子「そうだよな、さやかもほむらも変な拘りがあってなかなか仲良くしようとしなかったのに」

杏子「さっきなんかお互い抱きついてたんだしよ」

さやか「う…」

ほむら「う…」

杏子「それにほむらだって、まどかにあんなことされたんだしラッキーだったじゃん」

ほむら「ほむぅ…」

まどか「うぇひひ…」

マミ「あれは鹿目さんの独断だものね」

まどか「あ、アメリカじゃあれが普通だったような気がするなって」

なぎさ「たぶん気のせいなのです」

杏子「ま、これに懲りたら、さやかとほむらは変にいがみ合わないこと、わかったか?」

さやか「べ、別にあたしらは…」

ほむら「ねぇ…?」

マミ「そして暁美さん、もう鹿目さんから逃げちゃダメよ?」

マミ「あなたが鹿目さんのことどう思ってるのかなんて、みんなお見通しなんだから」

ほむら「うぅ…」

なぎさ「と言うか、ほむらは口だけで、顔に思いっきりでてくるから嘘ついてもすぐわかるのです」

ほむら「そ、そんなに?」

マミ「そんなに」

まどか「え、えっと…ほむらちゃん、たしかにわたしやりすぎちゃったけど」

まどか「できればこれからはちゃんとお話ししたいなって」

ほむら「…し、仕方ないわね」ファサッ

なぎさ「顔がデレデレなのです」

ほむら「ぬぅぅぅぅ!!」

マミ「もう、素直じゃないわね」

杏子「あはははっ!」

まどか「てぃひひ!」

なぎさ「やれやれなのです」

さやか「……ふっ」

その後

さやか「あーあ、なんかあたしだけ損した気分ー」テクテク

キュゥべえ「やあ、さやか」

さやか「あれ、どうしたの?あんまりプラプラしてるとほむらに怒られるよ」

キュゥべえ「それなら大丈夫だよ、ほむらは今ご機嫌だからね」

さやか「ふーん?」

キュゥべえ「それにしてもさやか、君は彼女達に怒らないのかい?」

さやか「ん?あードッキリのこと?」

キュゥべえ「そうだよ、客観的に見たら、君だけ道化のようだったからね」

さやか「まーねぇ、けっこう酷いことしてくれちゃって」

キュゥべえ「その割りには君に怒りはなさそうだ」

さやか「まっ、時には道化を演じることも必要ってこと」

さやか「そうしたら丸く収まるんだからね」

キュゥべえ「なら君はわざと道化を演じていたのかい?」

さやか「さーねー?」

キュゥべえ「…ほむらの言う通りだ、君は本当に残念なのか、残念を演じているのかが本気でわからない」

さやか「それでいいんじゃない?」

キュゥべえ「わけがわからないよ」

キュゥべえ「君はいったい…」

さやか「美樹さやか、探偵さ」

キュゥべえ「……」

キュゥべえ「やっぱりわけがわからないよ」

おわり