コンビニ

京子「え?後は一人で大丈夫?」

マミ「ええ、これ以上迷惑はかけたくないし…」

結衣「迷惑だなんて思ってないよ」

マミ「ありがとう…でも、もう大丈夫だから」

京子「うーん、結衣どうする?」

結衣「無理矢理側にいるわけにもいかないしな…」

結衣「それに、ほむらちゃんと居合わせるのも、ちょっと…」

京子「あー、ほむらちゃんと会うのは不味いなー」

結衣「うん、それもあるし…よし、ここは…京子」

京子「ん?」

結衣「――これでいこう」コソッ

京子「オッケー!」

マミ「あの…」

結衣「うん、わかった。なら私達は帰ることにするよ」

京子「だからここで待っててくれよなー」

マミ「ありがとう。恩にきるわ」

結衣「それじゃあ、元気でね」

京子「またなー!」

マミ「ふふっ、そちらこそ元気でね。ありがとう」

結衣「さて、次はほむかちゃんに連絡だな」ピッピッ


ほむか「あっ、結衣ちゃんから電話だ」

ほむら「そ、そう…」

さやか「おやおや?何だから様子が変だよ、ほむらちゃ」

ほむら「そんなことないわよ…あとその言い方は止めなさい」

さやか「どうしよっかなー」

ほむら「…美樹さやか、あなた本当に見滝原に帰った後、覚悟しておきなさいよ」

さやか「ぬっ!目が怖いぞ…」

杏子「さやかが、ほむらばっかからかうからだろ」

さやか「だって面白いんだもん」

ほむら「あなたねぇ…!」

ほむか「うん、わかったよ。またね」ピッ

杏子「どうだって?」

ほむか「何だかわからないけど、結衣ちゃん達は先に帰って、今はマミさん一人になってるんだって」

ほむら「え?帰ったの?」

ほむか「うん、そうみたい」

ほむら「……そう」

さやか「ふーん?ん、あたしも電話が…あれ、仁美?」

杏子「仁美から?」

さやか「うん、ちょっとでるね」

さやか「申す申す」

仁美『さやかさん、ごきげんよう』

さやか「ごきげんよーぉー!」

仁美『ふふ、今日もごきげんですわね』

さやか「さやかちゃんは、何時だってごきげんですからね!」

仁美『そうですわね。ところで、さやかさん』

さやか「んー?」

仁美『実は、私も今東京に来ていますの』

さやか「うっそ?まじ?えっ、どこどこ?遊ぼうよ!」

仁美『はい、私もさやかさん達とご一緒できましたら、それはとっても嬉しいなって』

さやか「だったら、場所を教えてくれると、それはとっても嬉しいなって」

仁美『ふふふ。その感じだと、まどかさんは今側にいませんの?』

さやか「うん、今まどかはほむらにご立腹だからねー」

仁美『えっ!?』

さやか「ま、大丈夫大丈夫。なんとかなるって!」

仁美『そ、そうですの?』

さやか「うん。まぁほむらっちゃは涙目だけどね」

ほむら「……」ギロッ

さやか「おー怖い怖い」

仁美『…えっと、それも気になりますが、今は先に言わなきゃいけないことが』

さやか「ん?」

杏子「なぁ、ほむか。そのコンビニはもうすぐか?」

ほむか「うん、もうちょっとでつくよ」

仁美『実は今、私…巴さんと一緒にいますの』

さやか「へっ?そうなの?」

仁美『はい、今も側にいますわ。かわります?』

さやか「あー…うん、お願い」

仁美『わかりました。では』

マミ『み、美樹さん!』

さやか「マミさん!」

杏子「ん?」

ほむか「マミさんと電話かな?」

ほむら「そのようね」

マミ『ごめんなさい…私、みんなとはぐれちゃった上に携帯も忘れちゃったみたいで…』

さやか「あはは、ほんとびっくりしましたよ」

さやか「あたし達もちょうど、マミさん探してる最中だったんですよね」

マミ『本当?ごめんなさい、迷惑かけちゃったわね…』

さやか「いいっていいって。あたし達も悪かったんですし」

ほむか「そろそろつくよ」

杏子「わかった」

ほむら「仁美が来たから、二人は帰ったのかしら……」

杏子「あー、そうかもな」

マミ『ありがとう…でも、志筑さんがいなかったらどうなっていたことか……』

さやか「うーん、でもどの道そこに向かってますからね」

マミ『え?志筑さん、場所言ってたかしら?』

さやか「へ?」

仁美『いえ、まだですが…』

マミ『そうよね?すごいわ、美樹さん!よくわかったわね』

さやか「え?コンビニじゃないの?」

マミ『ん?喫茶店よ?』

さやか「はい?」

ほむか「ついたよ」

杏子「おう!」

マミ「…」キョロキョロ

ほむら「…!」

杏子「……な!?」

ほむか「あれっ?」

ほむら「……どう言うこと?」

さやか「うわっ?マミさんいつのまにイメチェンしたんすか?すっごい美人!」

マミ「えっ?」

マミ『えっ?』