魔法少女まどか☆マギカの新作

叛逆の物語の続編

ほむか「この2つのことを2年以上考えてきて、若干諦めも頭を下げる過ぎった時に飛び込んで来た大ニュース」

ほむか「まどマギ新作に繋がるコンセプトムービー」

ほむか「ついにと言うか、ようやくと言うか、本当かと言うか、嘘かと言うか、信じていいのかと言うか、このコンセプトムービーだけで終わりだったらどうしようと言うか」

ほむか「いろんな考えが頭を過りますが、やはり一番の感想はこれ」

ほむか「やったぁぁぁーーーっ!!!」

ほむか「と言うわけで、MADOGATARI展でついに公開されたムービー」

ほむか「それはあくまで、『新作を作りますよ!』と言う製作発表ではなく」

ほむか「『もし仮に新作を作るならこんな感じですよー』と言う新作へのヒントとなるコンセプトムービーなのです」

ほむか「もちろん、正式に発表されるのが一番ではありますが」

ほむか「どんな形であれ、公式がまだまどマギを作る可能性を示唆」

ほむか「しかも四分間のムービーと言う形で発表したのですから」

ほむか「たぶん作るだろうけど何時になるかわからないし、このままフェードアウトしてしまうのかもしれない感を十分に払拭してもらえたと思います」

ほむか「例のごとく、このブログのアクセルが増えているところを見ると」

ほむか「皆さんも同じような気持ちなのではないのでしょうか?」

ほむか「わたしはすごく嬉しいです」

ほむか「みんなもそうですよね?」

ほむか「でも、地方かつ超金欠なわたしは現地に行けないので」

ほむか「ネットで指をくわえているだけの状態です」

ほむか「でも、そこそこどんなムービーかは把握できたので」

ほむか「大雑把にまとめてみようと思います」

4分間のムービー

最初の1分ほどは叛逆の物語の冒頭のようなもの

バレエ姿のまどかを背景に、まどかとほむらがナレーションを始める

暖かい日常、大切な家族、誰かに想われること

それらは天国にはなく、神様が持っていないもの

つまり円環の理にいるアルティメットまどかが持っていないもの

そんな可哀想な神様を、トカゲの少女が真っ二つに裂いてしまう

ほむらがまどかを二つに裂いてしまう

とかほむがまどかを一生懸命引っ張ってると考えると可愛いですが

要は叛逆の物語そのものですね

そして、ほむらは拍手をする

猫がたくさんいる

その中には猫の死体も紛れ込んでいる

見滝原に大きな像の頭が落ちてくる

さらに地球には巨大な魔女のようなものが寄生している

様々な異変が起き始める

キレる杏子

魔女化するさやか

再びほむらと退治するマミさん

意味深な発言をする仁美

これらの異変の原因かと問われ「メリットがない」と否定するキュゥべえ

やはり、敵として立ちはだかるのは、ほむら…?

そんか叛逆の物語の続編を連想させるムービー

決して新作が確定したわけでも、叛逆の物語の続編と明言されたわけでもない

それでも、見た人は新作が来ると確信できるほどのクオリティ

それが、新たなる物語へと繋がるコンセプトムービー

ほむか「と、ちぐはぐですがこんな感じみたいです」

ほむか「もうなんと言うか、本当に嬉しいです」

ほむか「例えるなら、偽りの見滝原で再び本物のまどかと再開できたほむらのような心境でしょうか」

ほむか「本当に嬉しい」

ほむか「もうこれ以上は言葉は不要ですね」

ほむか「ありがとう」