まどか「うぅ…」オロオロ

まどか「ここ…どこぉ…?」

まどか「物凄く変なところだよ…」

まどか「美術の教科書に載ってそうと言うか…」

まどか「うぅ…こんなの絶対おかしいよぉ…」

まどか「ほっぺを何回もつねったのに…」

まどか「怖いよぉ…さやかちゃん…」

ゴゴゴ

まどか「きゃっ?わわわっ…」

まどか「じ、地震…!?」

一方その頃

ほむら「それにしても…妙ね」

ほむら「さっきから使い魔を見かけるけど何かを探しているようだわ」

ほむら「今までとはなにかが違う…」

ほむら「少し、使い魔の後を付けてみようかしら」

再び一方

薔薇園の魔女「ρρτσΥρГВВДДικ」ゴゴゴ

まどか「ひっ……!?」ヘナヘナ

まどか「ぁ…わ……」カタカタカタ

まどか(な…なにあれ!?)

まどか(こ、腰が抜けちゃった…)

まどか(声もでない…)

その頃ほむらは

ほむら「ん…?」

ほむら「あれは…」

ほむら「まどか!?」

ほむら「どうして、まどかがここに!?」

ほむら「くっ、時間を…!あれは…」
ほむら(百江ゆかりと巴マミ…!)

薔薇園の魔女「τΨσρВηεπσΧθι」スッ

まどか「あ…っ…!?」

まどか(し、触手が…)

ゆかり「マジカル・アローっ!!」

マミ「大丈夫!?鹿目さんっ!」

まどか「ぇ…?」

ゆかり「もう大丈夫だよ、まどかちゃん」

まどか「ゆかり…ちゃん…マミさん…?」

ゆかり「いきなり秘密がバレちゃったね」

ゆかり「クラスのみんなには内緒だよっ!」

まどか「……!?」

マミ「ゆかりちゃん、もう躊躇わないわ…いっきにいくわよ!」

ゆかり「うんっ!」

まどか「……」

まどか(それはとっても、不思議な光景でした)

まどか(生き物なのかどうかもわからない、おっきなものにやられそうになった時)

まどか(わたしの目の前に表れた2人の女の子)

まどか(一人は弓矢、もう一人は鉄砲?を持っていて)

まどか(わたしが小さい頃から憧れていた衣装を纏っていて)

まどか(あっと言う間に不思議な生き物をやっつけたのでした)

薔薇園の魔女「……」

マミ「……やったのね…」

ゆかり「大丈夫?まどかちゃん!」

まどか「う、うん…」

ゆかり「怪我はない?」

まどか「うん…」

マミ「間に合ってよかったわ」

ゆかり「うん、よかった…」

薔薇園の魔女「…」ゴゴゴ

まどか「あっ!?う、うしろっ!」

マミ「っ!」

ゆかり「えっ?」

ドンッ

マミ「くぅ!?」バシィッ

ゆかり「ま、マミちゃんっ!」

マミ「きゃぁぁぁっ!」ヒューン

マミちゃんが、わたしを庇って吹き飛ばされた…

マミちゃんを助けなきゃ

でもすぐに次の攻撃が…

避けなきゃ

でも

避けたらママが…

ゆかり「っ…」ギュッ

まどか「あ…あ…」

ゆかり「わたしが耐えれば…」

ほむら「その必要はないわ」

ゆかり「えっ?」

ドカァァァァァン

その必要はないわ

そう聞こえた瞬間、魔女は爆発していました

カランカラン

と音を立ててグリーフシードが転がってきます

グリーフシード…

そう、これが魔女の…魔法少女の…

ほむら「詰めが甘過ぎる」

ほむら「そんなんじゃ魔法少女として生きていけないわ」

ほむら「巴マミ、そして…」

ほむら「百江ゆかり」

まどか「ほむら…ちゃん?」

ゆかり「!」

そうか、ほむらちゃんが時間を止めて助けてくれたんだ