ピッピッピッ

ポーン

杏子「いや、まいったぜ」

マミ「さっそくね」

杏子「いやいや、今日はマジでまいってんだぜ、あたし」

マミ「一応聞くけど、なんで?」

杏子「こんな誰に需要があるのかわかんねぇSSが今年最後のSSになる上に」

杏子「いつもは二部構成だけど、それしたら大晦日がなんかあれだから今回は一発で仕上げなきゃなんねーんだぜ?」

マミ「んー、それはたしかに…」

杏子「まいったぜ」

マミ「でもそれなら最初からこれをしなきゃ良いのに」

杏子「そしたらあたしとマミの出番もっとなくなるよ」

マミ「…それは困るわね」

杏子「だろ?あー…年末くらい何も考えずに過ごしてーよ」

杏子「年末くらいはテレビの特番見たりとかしてさ」

マミ「そうねぇ」

杏子「年末ったら、なんだかんだで紅白だよなー」

マミ「無難だものね」

杏子「あ!紅白って言ったら…あのさ、あたしの勘違いかもしれねーんだけどさ」

マミ「!」

杏子「もしかして…マミって紅白の司会したりしない?」

マミ「紅白の司会?いやいやいや、流石の私でもそれは無理よ、ありえないわ」

杏子「あー、やっぱりかぁ」

マミ「そればっかりはねぇ…むしろ紅白なんだから、佐倉さんとなぎさちゃんかキュゥべえの方がまだ可能性はあるんじゃない?」

杏子「いや無理だろ、あたしとか芸能人じゃないし、なぎさ女だし、キュゥべえ宇宙人だし」

マミ「それもそっか、まぁ現実的じゃないわね」

杏子「そうだな、じゃあ一応マミの口から直接要ってもらっていいかい」

マミ「かまわないわ」

杏子「マミは紅白の司会はしないんだな?」

マミ「します」

杏子「えっ!?」

マミ「まぁ、するけどね」

杏子「えっ?まって!マジでマミが紅白司会すんのか?」

マミ「ええ、そうよ」

杏子「でもさっきありえないとか、芸能人じゃないとか言ってたじゃんか」

マミ「それは、私が司会をしないと言うことがありえないと言うことよ」

杏子「えっ?そっち?」

マミ「そりゃそうよ、だって私よ?」

杏子「だって私よ?って…え、でもあんた芸能人とかでもないだろ?」

マミ「何言ってるのよ、巴マミと言えばもはや伝説的アニメ魔法少女まどか☆マギカの人気に火を付けた人物じゃない」

杏子「火を付けたって言うか食われたと言うか」

マミ「それに劇場版では、主役兼ヒロイン兼ラスボスの暁美さんを倒す活躍をしたのよ?」

杏子「うん、まぁ」

マミ「そんな私なんだから、そりゃ紅白の司会のオファーくらいくるわよ」

杏子「はぁ、ちなみにどんなオファーだったわけ?」

マミ「ん?そんなの、NHKのお偉いさんが直接頭を下げに来たのよ」

マミ「『ねえ、マミさん。紅白の司会をしてもらえるわけにはいかないか?』って」

杏子「なんだその頼み方」

マミ「だから私は『かまわんよ』って」

杏子「なんだその了承の仕方」

マミ「そんなこんなで私は紅白の司会になったのよ」

杏子「はぁ、じゃあ打合せとかリハとかもうしたんだ?」

マミ「いえ、ぶっつけ本番よ?」

杏子「え?マジ?でもそれじゃもう片方の司会の人とかもなのか?」

マミ「そうなるけど、白組の司会は暁美さんだから問題ないわ」

杏子「ほむら?!なんであいつが?あいつ女だし白組って言うか黒組だろ!」

マミ「ほら、暁美さんって一番男装が似合うと思わない?」

杏子「え?あー…うん、たしかに美少年が一番似合うのはあいつか…?」

マミ「だから今年の紅白の司会は私と暁美さんなの」

杏子「へー」

マミ「楽しみだわ」

杏子「ん、まぁいいや、んじゃ紅白司会のマミから直接宣伝しとく?」

マミ「かまわないわ」

マミ「私、巴マミが司会を勤める2015年紅白歌合戦!大晦日よ、みんなよろしくぅー!」

杏子「うん、まぁ年末に何書いてんのかって言うか、時間の無駄だったかと言うか」

マミ「…」

杏子「それじゃあ行くぜ!今年最後のクレーマ・ストゥファートのオールナイトニッポン!」

杏子「来年もよろしくなー!」



ラジオ『ライネンモヨロシクナー!』

ほむら「…は?」

おわり