その頃

さやか「~♪」

さやか「えへ…えへへ…」

さやか「っ~!」

さやか「あー!ヤバいヤバいヤバい!」

さやか「テンションおかしくなっちゃってますね!あたし!」

さやか「まさか恭介からあたしにねー」

さやか「なんかあたしのこと眼中にない感じだったのは気のせいだったのか~」

さやか「あ~!」

さやか「えへへへ」

さやか「なんか仁美も気を使ってくれたみたいだしね、お礼しなきゃ」

さやか「それにまどかもね!」

さやか「………」

さやか「そうだ、ゆかりとほむらはどうなったんだろ…」

さやか「……何時までも浮かれてちゃダメだわ、あの二人をなんとかしなきゃいけないんだし」

さやか「ちょうどこの辺だし、マミさん家寄って行こう」

一方

マミ「みんな、遅くまでありがとう」

まどか「そんな、マミさんこそありがとうございました」

仁美「本当にお二人が目を覚まして良かったですわ」

ゆかり「心配かけてごめんね」

ほむら「何て言うか…その…ごめんなさい…」

まどか「早くほむらちゃんも元に戻してあげなきゃ」

マミ「明日からの課題ね」

ほむら「すみません…」

まどか「さやかちゃんにも伝えとかないとね」

ゆかり「さやかちゃんは上条くんのところにいるんだよね?」

仁美「はい、もう面会時間ではないので帰ったかもしれませんが」

まどか「さやかちゃん、良かったね!やっと上条くんと…」

ゆかり「!」

仁美「まどかさん、それはさやかさんの口から直接聞くまでは…ね?」

まどか「あっ、うん、そうだね」

マミ「?」

ほむら「?」

ゆかり「……仁美ちゃん、良かったの?」

仁美「え?」

ゆかり「あ!ううん…ちょっと気になって」

わたしの世界では仁美先生は上条仁美になってるんだもん

仁美「…ふふ、私は大丈夫ですわ。むしろ嬉しいくらいです」

仁美「それよりも、魔女の件は…」

ちょっと離れたところ

さやか「あ!まどか達じゃん、マミさん家にいたんだ」

さやか「あれ!?ゆかりとほむらもいる!?」

さやか「良かった…!二人とも無事だったんだ!」

まどか「さやかちゃんには内緒?」

さやか「うん?」

仁美「はい、このことはさやかさんにまだ話すべきではないと思いますの」

さやか「なんの話だろ…?」コソッ

仁美「ようやく幸せを掴んだばかりのさやかさんに、あの話をするのは…」

ゆかり「そうだね、ショックは大きいと思うし…」

マミ「幸福から絶望への落差があればあるほど、ソウルジェムは穢れるってキュゥべえも言ってたわ…」

仁美「はい、ですので暫くは私達だけの秘密…と言うことで」

まどか「決まりだね、さやかちゃんには内緒だよ?」

ゆかり「わかったよ」

マミ「うん」

ほむら「美樹さん……」

仁美「それでは、これで失礼しますわ」

まどか「また明日」

ゆかり「うん、また明日」

マミ「気をつけて帰ってね」

ほむら「さ、さようなら…」



さやか「………」

さやか「あたしには内緒だよ…?」

さやか「なんの話を…してたのさ…」

さやか「…まどか、仁美」



まどか「遅くなっちゃったね」

仁美「ええ、でも何故だかスッキリしていますの」

まどか「今日の仁美ちゃん、口調とかいろいろ変だったから心配したんだよ?」

仁美「あ、あれは…///」

仁美「何て言うか、自由の身になれた気がして…それでその、普通の話し方の方が良いかもって…」

まどか「うぇひひ、仁美ちゃんってお嬢様口調だもんね」

仁美「この話し方だって、お父様がこうしろと言うから…」

まどか「んー、たしかに仁美ちゃんらしくないけど、たまには普通の話し方をしてみてもいいんじゃないかな?」

まどか「わたしで良ければ、練習相手になるよ!」

仁美「まどかさん…」

まどか「仁美ちゃんには命も、さやかちゃんのことも助けてもらったばかりだし」

まどか「それにさ、その…わたしと仁美ちゃんは親友…でしょ?だから力になりたいの」

仁美「…ふふ、ふふふっ」

まどか「ふぇ?」

仁美「ごめんなさい、なんだかおかしくって」

まどか「うぅ、変なこと言っちゃったかな…?」

仁美「いえ、逆ですわ。嬉しいんですの、まどかさんが親友と言ってくれて」

まどか「!」

仁美「私の親友はさやかさんとまどかさんですわ、でも何時もさやかさんが一緒にいるから」

仁美「まどかさんと二人だけ、と言うことは滅多にありませんもの」

仁美「だから、どことなくさやかさんがいないとぎこちなかったんですわ」