まどか「あはは…実はわたしもなんだ」

まどか「いつもわたし達の中心にさやかちゃんがいたからね」

まどか「でも、仁美ちゃんも同じこと考えてて安心できたかな」

仁美「ふふ、そうですわね…私もまどかさんも、さやかさんに助けてもらってばかりでしたわ」

仁美「さやかさんはようやく幸せを掴んだんですもの、これからは私達がさやかさんを支える番ですわ!」

まどか「うん!」

仁美「それではまどかさん、明日からも頑張りましょう!」

まどか「がんばるぞー!」

仁美「はい!」

まどか「てぃひひ、違うよ仁美ちゃん、そこは『おー!』だよ?」

仁美「そ、そうですわね」

まどか「それじゃあもう一度、がんばるぞー!」

仁美「おー!」

まどか「うぇひひ!そうそう!」

仁美「ふふっ!」



さやか「……」

さやか「……楽しそう」

さやか「まどかと仁美って二人きりでも仲良いんだね」

さやか「いや、親友だから当然なんだけど…」

さやか「…なんかモヤモヤする」

さやか「なんの話ししてたんだろ…」

さやか「あたしには内緒なんでしょ…?」

さやか「…………」

マミマンション

ほむら「……」オロオロ

ゆかり「そんなに緊張しなくても大丈夫だよ?」

マミ「ま、まぁ気持ちはわかるかな…」

ほむら「ごめんなさい…」

ゆかり「んー…たぶん、このほむらちゃんは1週目のほむらちゃんで間違いないと思うんだけどなぁ」

マミ「暁美さんのことも未来で聞いてたんだもんね」

ゆかり「一応、ママからちょっとは聞いてたんだけどね」

ゆかり「でも、それより…何て言うのかな、感覚でわかるの」

マミ「感覚…」

ゆかり「ほむらちゃんのことが、何となくわかるんだ」

ゆかり「もしかしたら、あの時ほむらちゃんのソウルジェムから記憶が流れてきたのかも」

マミ「そうなのかな」

ほむら「うぅ…」

ゆかり「今のほむらちゃんは、メガネと三つ編みおさげが似合う気もするの」

マミ「あー…それはなんとなくわかるかも」

ほむら「……」オロオロ

ゆかり「今までのほむらちゃんは何処に行ったんだろ?」

マミ「一旦、ゆかりちゃんの体に乗り移ってたはずだし、もしかしたら体の中にいるんじゃ…?」

ゆかり「えー?それはないと思うけど…」

マミ「そ、そうだよね…」

ゆかり「ソウルジェムも特に変化はないし…」

マミ「変身してみたら何かわかるかも」

ゆかり「そうだね」

ゆかり「………」

ゆかり「……あれ?」

マミ「どうしたの?」

ゆかり「へ、変身が…できない…?」

マミ「え!?」

ゆかり「あれっ?なんで?」

マミ「そんな…」

ほむら「あわわ…」

ゆかり「ほ、ほむらちゃんは変身できる?」

ほむら「わ、わたしは魔法少女になってないと思います…」

マミ「でもソウルジェムはあるみたいだけど…」

ゆかり「記憶だけがなくなってるのなら良いんだけど…」

ほむら「ソウルジェム…これですか…?」

ゆかり「変身するように祈ってみて?」

ほむら「こ、こうですか?」パァッ

ほむら「きゃっ?」

マミ「へ、変身できたわ」

ゆかり「じゃあわたしだけ…?」

ほむら「わ、わたしが魔法少女に…いつなったんだろう…?」

マミ「暁美さんはどこまで覚えているの?」

ほむら「えっと…たしか…鹿目さんと巴さんに助けてもらって…」

ほむら「二人が魔女をやっつけるところを後で見てた…ような…」

マミ「そっか、私は鹿目さんとコンビだったんだ」

ゆかり「魔法少女としての記憶がないなら、無理させることはできないね」

マミ「うん…でも、ひとまず命は助かったんだし、気にしても仕方ないわ」

マミ「今日はもう休もう?お風呂の準備もできてるしね」

ゆかり「うん、そうだね。ほむらちゃんの着替えはわたし用の新品でいいかな?」

ほむら「あっ、でも、わたし…」

ゆかり「たぶん、わたしとサイズ一緒だと思うから大丈夫だよ」

ほむら「じゃ、じゃあ…」

マミ「あれ?」

マミ(……心なしか、暁美さんって今の方がスタイルいいような…)