翌朝

まどか「さやかちゃん遅いね」

仁美「そうですわね…」

まどか「あ、ゆかりちゃんとほむらちゃんはもう暫く休むみたい」

仁美「その方が良いですわ、特に暁美さんは…」

まどか「うん…別人みたいになっちゃったもんね」

まどか「今のほむらちゃんは、守ってあげたくなるような…可愛いし、大人しいし」

まどか「クールでカッコいいほむらちゃんとは逆だよね」

仁美「たしかに…あら、さやかさん」

さやか「…お、おはよ」

まどか「おはよう、さやかちゃん!」

仁美「おはようございます」

さやか「えと…何か話し込んでたみたいだけど、何の話をしてたの?」

まどか「あ…」

仁美「そ、それは…」

さやか「……は、話したくないなら大丈夫だから!」

まどか「あっ、そうじゃなくてね?」

仁美「昨日、色々とありまして…」

さやか「いや、いいよ!なんか気を使わせたみたいだし!」

まどか「別にそんなつもりじゃ…」

さやか「そんなことより!聞いてよ!あたしに彼氏できたんだよ!」

まどか「わ、わー!ほんと?おめでとう!(棒)」

さやか「え?なにそのわざとらしいリアクション!?」

まどか「ご、ごめんね?実は…」

仁美「すみません、私が口を滑らせてしまいましたの」

さやか「そ、そっか、仁美は知っててもおかしくないもんね」

仁美「ごめんなさい」

さやか「いや、いいよ…それに仁美は昨日気を利かせて二人きりにしてくれたんでしょ?」

仁美「ええ、お二人が結ばれて良かったですわ」

さやか「うん!やー…てっきり、仁美と恭介が相思相愛ってやつだと思ってたからヒヤヒヤもんだったわ」

仁美「ふふ、私はもう大丈夫ですわ」

まどか「仁美ちゃん…」

さやか「あいつも近い内に退院するし、そうなったら4人で登校しても大丈夫かな?」

仁美「…ええ、もちろん」

さやか「ありがとね」

仁美「はい」

まどか「……」

まどか(仁美ちゃん…無理してなきゃいいんだけど…)

昼休み

屋上

まどか「今日は4人でお昼だね」

マミ「誘ってくれてありがとう」

仁美「いえ、こちらこそ」

さやか「マミさんが学校に来てる…ってことは、もしかしてゆかりもほむらも目をさましたんですか?」

さやか(まあ見たから知ってるけどさ)

マミ「え?あー…」

さやか(……やっぱり言いづらそう)

まどか「ええと…」

さやか(なんで?あたしに知られちゃ不味いことでもあるの?)

仁美「実は、昨夜にお二人共目を覚ましましたの」

さやか「!そ、そうなの?へー、よかったー!(棒)」

まどか「?」

まどか(あれ?なんで棒読みなんだろう?)

マミ「そ、そうなの。目を覚ましたの」

さやか「なんだぁ、じゃああたしにも言ってくれれば直ぐ駆け付けたのに」

仁美「できる限り、さやかさんには上条くんの側にいて欲しかったのです」

さやか「へ?」

仁美「さやかさん、今のあなたは上条くんの側にいる義務があると思いますの」

さやか「いや、義務ってほどじゃないと思うけど…」

マミ「?」

仁美「私は、さやかさんには上条くんの側で笑っていて欲しいんです」

仁美「上条くんとできる限り多くの時間を過ごして欲しい…」

さやか「……」

仁美「ですので、魔法少女絡みのことは私達に一旦任せておいて欲しいのです」

マミ「えっ」

さやか「え?ちょっ、なんで?あたしも魔法少女なんだから、それは嫌だよ」

まどか「あわわ」

仁美「もし、さやかさんが魔女との戦いで傷を負ったら、上条くんにどう説明するおつもりですか?」

さやか「それは…」

仁美「もちろん、私やマミさんだけで対処できない場合はさやかさんを頼ります」

仁美「ですが、今はまだその場合ではありません。私達に任せておいて欲しいのです」

さやか「っ…」

仁美「さやかさんが憎くて言ってるわけじゃありません」

仁美「さやかさんに少しでも多く幸せな時間を過ごして貰いたいからです」

仁美「幸せを掴んだばかりのさやかさんに危険な目を合わせるわけにはいきませんわ」

さやか「……あたしだって、覚悟して魔法少女になったんだけど…」

仁美「もちろん、それもわかっていますわ」

さやか「…ほんとにそうかな」

仁美「ええ」

さやか「……」

仁美「……」

マミ「ええと…」オロオロ

まどか「仁美ちゃん…さやかちゃん…」

まどか(仁美ちゃん…ちょっとムキになってるような…)

まどか(さやかちゃんが心配なのはわかるけど…)

まどか(それよりも…もっと何か…)

まどか(……やっぱり、仁美ちゃんは上条くんのことが…?)

まどか(うぅ、わからないよぉ…)