さやか「…あたしだって…好きで闘ったわけじゃ…」

マミ「志筑さんの治療は私がするわ…」

さやか「あたしがします!」

マミ「ダメよ…だって美樹さんも相当の魔力を消費してるもの」

さやか「!」

さやか(あれ…いつの間に…?)

マミ「美樹さん…ここは一旦引いて欲しいの」

マミ「それでもう一度よく考えて」

マミ「なんで志筑さんとこんなことになったのか…」

マミ「私も志筑さんの意識が戻ったら、しっかりと話を聞いておくから…」

さやか「……」

マミ「…ごめんなさい…私…先輩なのに全然役にたてなくって…」

さやか「そんなこと…」

マミ「ううん、私がしっかりしてればこんなことにはならなかったはずだもん…!」

マミ「どんな理由があっても二人が戦うのは絶対に間違ってる!」

さやか「…」

まどか「うぅ…」ウルウル

マミ「…鹿目さん、美樹さんを家まで送ってあげて」

まどか「は、はいっ!」

さやか「あたし……」

マミ「美樹さん、今は頭を冷やして欲しいの」

さやか「別にあたしは」

マミ「お願い」

さやか「……わかりました」

まどか「さやかちゃん…」

さやか「帰る」ダッ

まどか「あっ…マミさん、仁美ちゃんのことお願いします!」ペコッ

マミ「うん、美樹さんをよろしくね」

まどか「はい!」タタッ

マミ「………」

仁美「」

マミ「どうして…こんなことに…」

マミ「美樹さんもボロボロになってたし…二人は本気で戦ってたんだよね?」

マミ「確かに昼休みの時から険悪な雰囲気はでてたけど…」

マミ「……志筑さんは昨日からどこか情緒不安定だったし…」

マミ「…私がもっとちゃんとしていれば…」

マミ「ごめんなさい…」

マミ「今、治してあげるからね」パアッ


その頃

まどか「待ってよ、さやかちゃん!」

さやか「……ねえ、まどか」

まどか「え?」

さやか「あたし…そんなに頼りないかな…」

まどか「頼りない…?」

さやか「自惚れだったのかもしれないけど、あたしは今までまどかや仁美の力になれてたと思ってた」

さやか「だから魔法少女になって、もっとまどかも仁美も恭介も…みんなの力になれると思ってた」

さやか「それなのに、急に魔女との戦いを控えろ…って」

さやか「そんなの納得できるわけないじゃんか!」

まどか「さやかちゃん…」

さやか「あたしは恭介の為だけに魔法少女になったんじゃない!」

さやか「マミさんやゆかりの話を聞いて魔女のこと知って」

さやか「魔法少女のことを色々知って」

さやか「あたしがみんなを守るって、そう決めたからあたしは魔法少女になったんだ!」

さやか「もちろん恭介の腕を治してあげたかったけど」

さやか「それと同じくらい、あたしはみんなの力になりたかった!」

さやか「なのに…恭介と恋人になった途端、急に戦うなだなんて…意味わかんない…」

さやか「仁美の考えてることが全然わかんない…」

まどか「……」

さやか「ねえ、まどか…あたし…間違ったこと言ってる?」

まどか「……ま、間違ってはいない…と思うよ」

さやか「でしょ?ならさ」

まどか「で、でもっ!」

さやか「!」

まどか「でも…仁美ちゃんは…さやかちゃんのことが心配なの」

まどか「わたしももちろん心配だよ?」

まどか「でも…仁美ちゃんが一番さやかちゃんのことを考えてると思うの」

さやか「…あたしはそれが全然わかんないよ」

まどか「そうかもしれないけど…」

まどか(たぶん、仁美ちゃんはさやかちゃんがこの世界でも魔女になっちゃうと思ったから…)

まどか(無理矢理さやかちゃんを戦わせないようにしたかったと思うの…)

まどか(でも、それをさやかちゃんに言うことはできないよぉ…)