円環の理

ほむら「んー…いまいち理解が追い付いていないのだけど、私の半身はまどかの半身を家に泊めたみたいね」

まどか「いいなぁ、私も泊まってみたかったなぁ、ほむらちゃんのお家」

ほむら「…もう円環の理に導かれてしまった以上、建前なんてもういいわ」

まどか「……うん?」

ほむら「私だって…本当はまどかと一緒にいろんなことしたかった…」

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「なのに私は…」

まどか「ほむらちゃん!」

ほむら「まどか…?」

まどか「だったらさ!ここでたくさんいろんなことしようよ!」

まどか「もうこれからはずーっと一緒だよ!」

ほむら「ずっと一緒…」

まどか「そうだよ!」

ほむら「そう…よね、そうなのよね」

ほむら「もう私はずっとここにいるのだものね」

まどか「ぅ…」

まどか「や…や、やっぱり嫌かな…?」

ほむら「……たしかに、覚悟していたとは言え実際にこうして円環の理に導かれると」

ほむら「未練はあったのかもしれないわ」

まどか「あ…」

ほむら「親にだって申し訳ないし…」

まどか「そ…うだよね…」

ほむら「でも、私の半身はまだむこうにいるのだもの」

ほむら「だったら、もう心配する必要なんて…ないわ!」

まどか「!」

ほむら「私はここでまどかと一緒に過ごすことに専念できるんだもの」

まどか「!!」

ほむら「だから…」スッ

まどか「ほむら…ちゃん」

パシッ

ほむら「やっと…つかま」

まどか「ほむらちゃぁぁぁん!」ダキッ

ほむら「わぷっ!?」

まどか「うわぁぁぁぁぁん」

ほむら「ま、まどか!?」

まどか「寂しかったよぉ…」

ほむら「えっ?」

まどか「だって…私…ちゃんと覚悟してたはずなのに…」

まどか「知り合いなんて誰もいないし…私、こんなんだから威厳も何もなくって…」

まどか「なぎさちゃんが先輩だからって色々助けてくれたけど…迷惑かけちゃってすっごく申し訳ないし…」

まどか「どうしたらいいかわからなかったの…」

まどか「なんとなく、さやかちゃんがこっちに来てくれるような気がしてたけど」

まどか「さやかちゃんは向こうで杏子ちゃんと幸せそうに暮らしてたから…羨ましくって」

まどか「だから何とかしてほむらちゃんと会いたかったから、あんな形で強引なことしちゃって…」

まどか「そして気付いたら、ほむらちゃんを円環の理に導いちゃってたから…」

まどか「内心すごく不安だったの…不安で不安で…ほむらちゃんに嫌われちゃったらどうしようって…」

まどか「だからほむらちゃんが一緒にいてくれるって言ってくれたのが…すごく嬉しくて…」

ほむら「もういい、もういいのよ、まどか」

まどか「ほむらちゃん…!」

ほむら「もう二度とあなたを一人になんてしないわ」

ほむら「これからは私も円環の理の一部としてあなたと共に生きていく」

ほむら「もう二度と離さないわ」

まどか「ほむらちゃん!」

ほむら「そうと決まれば、問題を一つに一つ解決する必要があるわね」

ほむら「まずはむこうに残ったあなたとあの子をどうするか」

ほむら「そしてあの子をどう慰めるか」

ほむら「他にも色々とあるだろうけど、私とまどかならできないことはない」

ほむら「そうよね?まどか!」

まどか「うんっ!」