仁美「はぁ…」トボトボ

仁美「私…何してるんだろ…」

仁美「さやかさんが無事で良かったのに…」

仁美「上条くんとさやかさんが上手くいってて嬉しいはずなのに…」

仁美「私の願いはこれで良かったはずなのに…」

仁美「なんで…私は…」

仁美「私は……」

マミ「志筑さーん!」

仁美「っ…マミさん」

マミ「お待たせ!」

仁美「……私は…」

マミ「さ、帰りましょう!」

マミ「私の家で鹿目さん達も待っているはずよ!」

マミ「週末にパーティーするんだから頑張って準備しなきゃ!」

仁美「パーティー…」

マミ「うん、美樹さんの為に開くって言ったじゃない!」

仁美「………」

マミ「志筑さん?」

仁美「マミさん…私は…そのパーティー…やっぱり…」

マミ「……苦しいの?」

仁美「えっ」

マミ「さっきから志筑さん…ずっと苦しそうなんだもん」

仁美「……やはり、そう見えますか」

マミ「…言いたくなければ言わなくてもいいけど」

マミ「もし、話して少しでも楽になるんだったら」

マミ「その…私に話して欲しいな」

マミ「私はその、み、みんなの…せ、先輩だから!」

仁美「……マミさん」

マミ「や、やっぱり私じゃ頼りない…よね」

仁美「…いえ、そんなことはありませんわ」

マミ「!」

仁美「なら、お言葉に甘えて…私の悩みを聞いてください」

マミ「う、うん!」

仁美「……話せば長くなるかもしれません」

仁美「でも、できる限り簡単に話しますわ」

マミ「好きなように話して大丈夫だよ」

仁美「ありがとうございます…では」

仁美「私は…お慕いしていた男の子がいましたの」

マミ「好きな男の子…?」

仁美「はい、その方が先ほどの…」

マミ「か、上条くん!?」

仁美「…ええ」

マミ「そっ、そ、そ、そうだったった」アタフタ

仁美「私は小学生の頃…さやかさんやまどかさんと一緒に上条くんのコンクールに行きました」

仁美「そこでヴァイオリンを弾いている上条くんの姿に惹かれたのです」

仁美「でも、その時…同時に気付いたことがあります」

仁美「それが…さやかさんもまた、上条くんのことをお慕いしていたんだと言うこと」

仁美「それも、私なんかよりもずっと前から…と言うことでした」

マミ「あ…」

仁美「上条くんとさやかさんは小学校に入学する時には既に幼馴染みだったみたいですし」

仁美「さやかさんはずっと上条くんを側で見てきた」

仁美「そうしている内に好きになったんだと言うことは簡単に想像できました」

仁美「対して上条くんは特に恋愛に関しては興味がなかったんだと思います」

仁美「これは私の推測ですが、さやかさんのような可愛い女の子が」

仁美「あんなに側にいてくれたのに、全く意識をしていたかったと言うことは」

仁美「おそらく、さやかさんの魅力に気づいていないのではなく」

仁美「そもそも、恋愛に関する興味そのものがなかったんだと思います」

仁美「例えば、まどかさんと二人っきりになってもお互いなんとも思っていなかったみたいですし」

仁美「私と二人っきりになった時も、気まずそうな表情をしていただけ…」

仁美「むしろ口調もおかしくなっていたので、私のことは苦手だったんだと思います」

マミ「……ん?」

マミ(もしかしてだけど)

マミ(もしかしてだけど)

マミ(それって志筑さんのこと意識して気まずくなってたんじゃないの?)

マミ(私にはまだその気持ちがわからないけど…)

マミ(好きになった人と二人っきりになったら緊張するだろうし…?)

仁美「だから私は…」

マミ「あの、たぶん…なんだけどね」

仁美「?」

マミ「上条くんはその、志筑さんのことが苦手とかじゃなくて…」

マミ(あれ?でもこれって黙ってた方がいいのかな…?)

仁美「苦手じゃなくて?」

マミ「その…逆と言うか…」

仁美「……上条くんが私のことをお慕いしていたと言うことですか?」

マミ「ん、んと、まぁ、そうと言うか」

仁美「…たしかに…その可能性は考えましたわ」

マミ「あ、そうなの?」

仁美「私は自分で言うのも変な話なのですが」

仁美「比較的モテる方だと思います」

マミ「そ、そう」

マミ(自分で言うの…?)

マミ(でも確かに志筑さんは美人だし、お嬢様だし)

マミ(3年の間でも見滝原中で一番モテる女の子って有名だったような…)

マミ(ラブレターとかも凄いらしいし…)

マミ(今は暁美さんも美人って話をよく聞くけどね)

マミ(わたしは無縁だけどね…)

マミ(別の世界とはいえ、未来のわたしが有名なアイドルになるだなんて)

マミ(未だに全く想像できないし…)