マミ「ちょっと遅い情報なのだけど、マギアレコードにて今明かされる衝撃の真実があったわ」

マミ「これよ」
image

マミ「暁美ほむら役の斎藤千和じゃなくて、斎藤千和役の暁美ほむらになっているわ」

マミ「この事から以下の可能性が考えられるわ」


実は私たちが「暁美ほむら」だと思っていたキャラクターが「斎藤千和」で
「斎藤千和」だと思っていた声優が「暁美ほむら」だった


もちろん「斎藤千和」が実在の人物で「暁美ほむら」がアニメのキャラクターであるに決まっているが
マギアレコードでは、「暁美ほむら」演じる「斎藤千和」と言う新たなキャラクターが登場する


ミス

マミ「さて、まずは①についてね」

マミ「私たちは暁美さんの正体に気づいていなかったかもしれないの」

マミ「実は暁美さんは実在していて、「斎藤千和」と言う偽名で声優として活動していた」

マミ「あの抜群の演技力も、数多のループの中で培ったものなのかもしれないわ」

マミ「そして、魔法少女まどか☆マギカで本人役で出演し」

マミ「この世界が鹿目さんの犠牲のもとに成り立っていることを伝えたかったのかもしれない…」

マミ「次に②ね」

マミ「まどマギは常に私たちの予想を越えてくるわ」

マミ「だから今までになかった、アニメのキャラクターが声優を演じる」

マミ「って新たな試みをするのかもしれないの」

マミ「つまり、斎藤千和さんは「暁美ほむらを演じつつ、さらにその上で自分を演じる」って」

マミ「難易度の高い演技を試されるのかもしれないわ」

マミ「でも彼女ならそのくらい易々とこなしてしまうでしょうね」

マミ「そして③」

マミ「もともとマギアレコードは鹿目さんがなぜか『奇跡も魔法もあるんだよ』と」

マミ「美樹さんの台詞を使っていたわ」

マミ「たんなるミスなのか、あえての演出なのか判断しにくかったのだけど」

マミ「今では別の台詞に変えられているわ」

マミ「このことから、たんなるミスと言う可能性が高まったのだけど」

マミ「実はそこもふまえて意図的な演出…という可能性もあると思うの」

マミ「だから、暁美さんと千和さんが入れ替わっているのも」

マミ「なんらかの演出なのかもしれない…わね」

マミ「そんなマギアレコードは五月中旬配信予定よ!」