キュゥべえ「それはそうと、さやか」

さやか「なによ」

キュゥべえ「何故突然、上条恭介が君のことを好きになったのか不思議に思わない?」

さやか「……!」

さやか「うん、あたしもそれは不思議だったよ」

キュゥべえ「…」

さやか「なんで急に恭介があたしのことを…ってね」

さやか「だから何度も確認したよ、本当にあたしで良いのかって…」

さやか「恭介も何度も答えてくれた、あたしが良いって」

さやか「今まで気づけなかった…ってさ」

さやか「だから今は不思議じゃないよ」

キュゥべえ「なるほどね」

さやか「それがどうしたって言うのよ」

キュゥべえ「………」

さやか「キュゥべえ?」

キュゥべえ「いや、なんでもないよ。知らない方が良いこともあるみたいだからね」

さやか「はぁ?」

キュゥべえ「君たち人間は真実を知ったとたん、急に態度が変わったりするからね」

キュゥべえ「知らぬが仏、と言うのかな」

さやか「は、え?ちょっと!どういう意味よ!」

キュゥべえ「今の質問は忘れてくれて大丈夫だよ」

さやか「いやいや、気になるでしょ!」

キュゥべえ「……そんなに知りたいのかい?」

さやか「そりゃあんな言われ方すればそうなるに決まってるじゃん」

キュゥべえ「後から文句言われても困るから、先に言っておくけど」

キュゥべえ「ショックを受けても僕は知らないよ?」

さやか「何が言いたいのさ…」

キュゥべえ「本当にいいんだね?」

さやか「良いから早く話なさいっての」

キュゥべえ「……なら言うよ」

さやか「………」

キュゥべえ「君が上条恭介と恋人になれたのには理由があるんだ」

さやか「…はぁ?」

キュゥべえ「君には上条恭介が突然、君に告白したように見えたと思う、前兆もなくね」

さやか「…たしかにそうだったけど…」

キュゥべえ「でもね、前兆なんてあるわけがないんだ」

キュゥべえ「何故なら、上条恭介は自らの意思で君に告白したわけじゃないからね」

さやか「……え?」

キュゥべえ「上条恭介は前以てさやかに告白しようとしていたわけじゃないのさ」

さやか「え…?」

キュゥべえ「だってあの告白には上条恭介本来の意志は関係してないんだからね」

さやか「………」

さやか「……ま…って」

さやか「どういう…こと…?」

キュゥべえ「例えば…そうだね、上条恭介の腕が治ったのは本人の意思によるものではないだろう?」

さやか「それはあたしが願ったから…」

キュゥべえ「それと同じだよ」

さやか「!?」

キュゥべえ「上条恭介が君のことを好きになったのも、願いによるものなんだ」

さやか「………!!!」

キュゥべえ「つまり、彼は願いに操られているにすぎないんだよ」

さやか「………」パクパク

キュゥべえ「驚きで声もでないのかい?」

さやか「…っ…な……」

キュゥべえ「僕たちにはもちろん恋愛なんて感情はないから気持ちは理解し難いけど」

キュゥべえ「本人の意思とは関係なく誰かを好きになるなんて、なかなか可哀想なことだと僕は思うよ」

キュゥべえ「それに、さやか。君もね」

さやか「…な…んで…」

さやか「誰がそんなこと…」

キュゥべえ「君にも心当たりはあるんじゃないかな」

さやか「…!」

キュゥべえ「君達が願いのおかげで恋人になれたのとほぼ同じタイミングで一人の魔法少女が生まれたんだ」

キュゥべえ「それが誰だかはわかるよね」

さやか「…ひと…み…!?」

キュゥべえ「そう、志筑仁美」

キュゥべえ「彼女の願いは『美樹さやかと上条恭介が恋人になりますように』なんだよ」

さやか「……!!??」