ほむら「ごめんなさい…」

まどか「…ほむらちゃん」

ほむら「あなたが私のことを想ってくれていることは本当に嬉しいわ」

ほむら「本当に嬉しい…!」

まどか「……」

ほむら「…でも、それでも私は…あなたの気持ちに応えることはできないわ」

ほむら「ごめんなさい…」

ほむら「本当に…ごめんなさい…」

まどか「……そっか」

ほむら「まどか…」

まどか「えへへ…わたし、失恋しちゃったんだね」

ほむら「……ごめんなさい」

まどか「…ううん、いいの。わたしの方こそ、本当にごめんなさい」

ほむら「…」

まどか「やっぱり、わたしなんかじゃ、ほむらちゃんとは釣り合わないもんね」

ほむら「っ!そんなことは!」

まどか「ほむらちゃんなら、きっと素敵な彼氏さんができるよ」

ほむら「ち、違うわ!私は別にそんなんじゃ…」

まどか「…ねえ、ほむらちゃん。わたしのワガママ聞いてくれるかな?」

ほむら「…え、ええ」

まどか「ほむらちゃん、こんなわたしだけど、これからもお友達でいてくれる…かな?」

ほむら「もちろんよ…!もちろんそうに決まってるわ!」

ほむら「例え何があっても、私は、私たちは友達よ…!」

ほむら「あなたと友達ですらいられなくなるなんてこと…絶対に嫌だもの…」

まどか「…そっか、よかった」

ほむら「まどか…」

まどか「後ひとつ…いいかな?」

ほむら「ええ…」

まどか「ほむらちゃん…目を閉じて欲しいなって」

ほむら「?目を瞑ればいいの?」

まどか「うん」

ほむら「それくらいなら…」トジ

まどか「ほむらちゃん…」スッ

ほむら「?」

まどか「……」チュ

ほむら「!?」

まどか「…えへへ」

ほむら「ま、まど!?」カァァァ

まどか「ほむらちゃんのほっぺ、柔らかったよ」

ほむら「な、なんで…??」

まどか「……もうおしまいっ!」

ほむら「まどか?」

まどか「もう今のでわたしは満足したよ、もう大丈夫」

ほむら「……」

まどか「…えへ、最低だよね、わたし」

ほむら「あ、いや…」

まどか「フラれたのに、こんなことしちゃうなんて最低だもん」

ほむら「……」

まどか「ほんと最低…ぐす…」

ほむら「!」

まどか「…」ゴシゴシ

まどか「ううん!もう泣かないもん!」

まどか「これ以上ほむらちゃんに迷惑かけるわけにはいかないもんね」

まどか「今のが最後のワガママだよ」

まどか「往生際が悪すぎるよね…」

まどか「本当にごめんなさい、ほむらちゃん」

ほむら「…まどか」

まどか「最低な友達で、ごめんね…」

ほむら「……私は、あなたの気持ちには応えられない」

まどか「…うん」ウルッ

ほむら「けど」

まどか「!」

ほむら「あなたは、かけがえのない最高の友達よ、まどか」

まどか「…ありがとう」ゴシゴシ

ほむら「だから泣かないで…?」

まどか「うん…」ゴシゴシ

ほむら「まどか…」

まどか「えへへ…」



さやか「まどか、思いきったことするな…」

仁美「…私、なんと申せばいいのか」

杏子「ほむらはこっち側だと思ったのにな…やっぱりダメだったか」

さやか「……」

杏子「ほむらもほむらだぜ、普段あんなにまどかを特別扱いしてんだからさ」

杏子「まどかがその気になるのも無理ないじゃんかよ」

仁美「まどかさん、本当に楽しそうにしていましたから…」

さやか「………」

杏子「…なあ、さやか。どうしたんだよ、何か知ってんのか?」

さやか「…いや、別に」

杏子「……ふぅん、ま、あたしはいいけどさ」

杏子「あんまり抱え込むなよ?」

さやか「!…うん、大丈夫」

仁美「まどかさん…」