ほむら「まどかは本当に何も覚えてないのよね?」

まどか「うん…ごめんね」

ほむら「いえ…そうなるよう仕込んだのは私よ」

ほむら「あなたから魔法少女に関する知識は何もかも消したの」

ほむら「だから円環の理のことや私や杏子、マミのことも覚えていなくて当然よ」

まどか「……そうでもないかも」

ほむら「え?」

まどか「何でかはわからなかったんだけど、ほむらちゃんの事は最初から気になってたんだ」

まどか「杏子ちゃんやマミさんも、他の子より気になることはあったんだけど」

まどか「ほむらちゃんが一番だったの」

ほむら「…それは私が校内を案内したりしたからじゃないの?」

まどか「うん、そう思ってたの」

まどか「でも…違ったみたい」

ほむら「え?」

まどか「白まどか…円環の理のわたしを見てよくわかったんだけど」

まどか「元々のわたしは、ほむらちゃんのことが凄く大好きだったみたいだもんね」

ほむら「…そ、そうらしいわ…」

まどか「わたしがあそこまでガンガン行けるなんて、全然思えないけど」

まどか「それくらい性格が変わっちゃうほど、好きだったんだなって」

ほむら「……あのまどかは、元のまどかから普通の人間としての情報を引き抜かれたまどかなの」

ほむら「たぶん、そのせいで私に対する気持ちが増幅してしまったんだと思うわ」

モニタリングルーム

マドカ「って言ってるよ?」

アルティメットまどか「むー、ほむらちゃんまだ解ってくれてないの?」

アルティメットまどか「私のこの想いは今までの積み重ねなんだよ!」

マドカ「だよねぇ」

ほむホーム

まどか「たぶん違うと思うよ」

ほむら「そう…?」

まどか「なんとなく、なんだけどね」

まどか「ほむらちゃんへの想いは、今までの積み重ねなんだと思うの」

ほむら「積み重ね…」

まどか「うん、そしてそれがわたしにも確かに残ってるんだと思うなぁ」

ほむら「そうかしら…」

まどか「最初にほむらちゃんが白まどかに連れ去られた時なんか」

まどか「わたしの中の何かが弾けたみたいだったもん」

ほむら「…確かにあの時のまどかは今のあなたよりも、どちらかと言うと円環の理のまどかっぽかったわね」

まどか「うん、だからたぶんあの時のわたしは引き裂かれる前のまどかに近かったんだと思うよ」

ほむら「……そんなことが…」

まどか「わたしの中には確かにほむらちゃんへの想いがあるの」

まどか「でもわたしには記憶はないから…」

まどか「だからね、ほむらちゃん」

まどか「わたしにこれまでの記憶を蘇らせて欲しいの」

ほむら「!?……だ、ダメよ!それはできないわ!」

まどか「大丈夫だよ、ほむらちゃんの思っているようなことにはならないから」

ほむら「え?」

まどか「ほむらちゃんは、わたしに魔法少女と関わらない普通の生活をして欲しいんだよね?」

ほむら「そうよ、あなたには二度と同じような思いはさせないわ」

まどか「そのことなら大丈夫…白まどかに、円環の理のわたしにも説得されたの」

ほむら「えっ?」

まどか「あなたはこの世界で平和に暮らして…ってね」

ほむら「まどかが…?」

モニタリングルーム

マドカ「そうなの?」

アルティメットまどか「うん…あの私がみんなと幸せそうに暮らしているのを見てね」

アルティメットまどか「あの私には、もう二度と魔法少女にはならないで欲しいって思ったんだ」

マドカ「…」

アルティメットまどか「私はもちろん円環の理としての使命があるし、人間に戻るつもりもないよ」

アルティメットまどか「でもせめてもう一人の私には幸せに暮らしいて欲しいの」

アルティメットまどか「これが私の本音だったって気付かされたよ」

アルティメットまどか「ほむらちゃんが無理して似合いもしない悪魔になっちゃったのも」

アルティメットまどか「あの時、記憶がなかった素の私の本音を話しちゃったからなんだしね…」

マドカ「……」