和子「味噌汁は赤味噌ですか!?白味噌ですか!?」

和子「はいっ!中沢くんっ!」

中沢「えっ!ど、どっちでも良いかと…」

和子「その通り!味噌はどちらでも構いません!」

和子「男子の皆さんは白味噌じゃなきゃ食べられなーい、なんて男には絶対ならないこと!」

さやか「またダメだったんだ…」

まどか「…」

和子「あと、それから…こほん」

和子「みなさんに大切なお話があります」

仁美「なんなのでしょうか?」

さやか「う、うん、なんだろ…」

和子「暁美さんは昨日、東京に転校になりました」

仁美「えっ!?」

さやか「……」

まどか「……」

ザワザワ

和子「急になってしまったけど、暁美さんには色々とあったみたいなの」

和子「私も転校を知ったのはついこの前で、暁美さんから言わないようにお願いされていたから言えませんでした」

和子「みんな、ごめんね」

中沢「そんな…」

仁美「な、何で…?」

さやか「……」

恭介「…さやか」

さやか「恭介?」

恭介「さやかは知っていたのかい?」

さやか「う、うん…まぁ」

恭介「そっか…」

まどか「……」

さやか「……」

休み時間

まどか「……」

さやか「ま、まどか…」

まどか「なあに?」

さやか「あ、あのさ!話があるんだけど…いい?」

まどか「うん」

さやか「じゃ、じゃあ屋上行こっか」

まどか「うん」

仁美「まどかさん…」

屋上

さやか「……その、話ってのはさ、ほむらのこと…なんだけど」

まどか「うん」

さやか「……もしかして、知ってた…?」

まどか「うん、昨日杏子ちゃんから聞いたの」

さやか「え?杏子!?」

まどか「昨夜、杏子ちゃんがお家に来てね、話してくれたんだ」

さやか「な、なんであいつがその事を知ってるの?」

まどか「杏子ちゃんは、ほむらちゃんを駅で見送ったんだって」

さやか「へ!?」

まどか「杏子ちゃんも薄々感づいていたみたい」

さやか「そ、そうだったの?そんな風には見えなかったけど…」

まどか「…わたしも、嫌な予感はしていたの」

さやか「まどか…」

まどか「ここ最近のほむらちゃんは、どう見たって変だったもん」

さやか「そりゃあ…まあ…」

まどか「きっと、わたしのせいだって思ってたけど、結局何もできなかった」

まどか「どこかほむらちゃんが遠くに行ってしまいそうな気がしてたのに…」

さやか「……」

まどか「そしたら、転校しちゃった」

さやか「ま、まどか…」

まどか「わたしには最後まで何も話してくれなかったのは、やっぱり悔しいかな」

まどか「ほむらちゃんは、さやかちゃんにだけ話してくれたんだよね?」

さやか「う…う、うん」

まどか「……」

さやか「……あ、まどか…その、ご、ごめん」

まどか「ううん、違うの…ごめんね、さやかちゃん」

まどか「謝るのはわたしの方だよ」

さやか「えっ?」

まどか「杏子ちゃんがね、はっきり言ってくれたんだ」

まどか「『ほむらが見滝原を去るのは、まどかが原因だ』って」

さやか「へ?」

まどか「『まどかがほむらの事を好きになったから、あいつは転校に踏みきった』」

まどか「『責任はあんたにある』ってね」

まどか「杏子ちゃん、はっきり言ってくれたの」

さやか「あのバカ…なんてことを…!」