ほむら(志筑さん、そんなに美樹さんのことが大切だったんだ…)

ほむら(…私の知ってる世界でもものすごく仲良しで羨ましかった)

ほむら(鹿目さんが嫉妬するくらいだったんだもん…)

ほむら(それに…わたしも鹿目さんの為に魔法少女になったみたいなんだし)

ほむら(志筑さんの気持ちはよくわかる気がするよ)

ほむら(だけど…)

ほむら(少なくとも私の知ってる世界の上条くんは)

ほむら(きっと志筑さんじゃなくて美樹さんを選んでいたはず…)

ほむら(もちろん魔法は関係なく…)

ほむら(あの時ワルプルギスが来なかったら…)

まどか『うう、仁美ちゃんをどうやって慰めるかわかんないよ』

まどか『ねぇ、ほむらちゃんはどう思う?』

まどか『そ、そうだよね、わかんないよね』

まどか『私…こんなんだし、誰かを好きになったこともないし』

まどか『ラブレターだって一通も貰ったことないもん』

まどか『うぅ、さやかちゃんの夢がやっと叶いそうだけど』

まどか『仁美ちゃんはその逆だし…』

まどか『うー、わかんないよぉ』

ほむら(…みたいなことを鹿目さんは言ってた)

ほむら(ワルプルギスが来なければ、あのあたりで美樹さんは上条くんと付き合い始めるはずだったんだよね…?)

ほむら(なら…この世界でもそうだったんじゃ…?)

ほむら(あ…でもあの世界は美樹さんも志筑さんも魔法少女にはならなかったんだし)

ほむら(やっぱり違うのかな…?)

マミ「……」

マミ(キュゥべえ…どうしちゃったんだろう…)

マミ(わたしの知ってるキュゥべえなら、絶対止めたはずなのに…)

マミ(明らかに今いるキュゥべえとわたしの知ってるキュゥべえは別人…)

マミ(ん?別キュゥべえ…別べえ?)

マミ(ううん!そんなことはどうでもいいの!)

マミ(とにかくキュゥべえにいったい何があったのか)

マミ(そろそろ考えなきゃ…)

マミ(でもまずは志筑さんだよ)

マミ「志筑さん…」

仁美「……結局私はただの独り善がりだったのかもしれません」

マミ「そ、そんなこと…」

仁美「さやかさんが怒るのも当然ですわ…」

仁美「私が余計なことさえしなければ…さやかさんは…」

仁美「私さえいなければ…」

マミ「し、志筑さん!?しっかりして!」

ゆかり「ひ、仁美ちゃんっ!」

ほむら「あわわわ…」

ほむら(あ、あれ…これって…前にわたしが…)

マミ『間一髪、ってところね』

まどか『もう大丈夫だよ、ほむらちゃん』

まどか『クラスのみんなには内緒だよっ!』

ほむら「…魔女」

マミ「えっ!?」

ゆかり「あ…魔女の口付けが…!」

仁美「私…もう死んだほうが…」

マミ「い、いつの間に!?」

ゆかり「近くにいるはずだよ!」

仁美「…」ブツブツ

ほむら「し、志筑さん!」

マミ「完全に魅了されてる…このままじゃ時間の問題だよ!」

ゆかり「マミさん!グリーフシードを!」

マミ「う、うん!…あれ?ない…?」

ゆかり「えっ」

マミ「そんな!?ずっとここにかくしてたのに…」

マミ「ここを知ってるのはキュゥべえくらいしか…」
ほむら「そ、そう言えばキュゥべえがこの部屋にいたような…」

マミ「え…」

マミ「やっぱりキュゥべえが…?」

仁美「もう…疲れました…」ズズズ

ゆかり「ソウルジェムが…」

仁美「私なんて…最初からいなければよかったんですわ…」

ゆかり「仁美ちゃんっ!」

マミ「ダメーっ!」

ほむら「あわわ…」

仁美「さやかさん…ごめんなさい…」

マミ「あぁ…」

ゆかり「仁美ちゃん!!」
カッ

マミ「きゃっ?」

ほむら「わっ?」

ほむら「……鹿目…さん?」

マミ「えっ?…な?」

マミ「白い…羽…?」

マミ「それに…髪もそこまで長くは…」

マミ「ゆかり…ちゃん…なの?」