まどか「あっ、あそこにいる人って先生じゃないかな?」

さやか「よし、それじゃ聞いてみようか!」

まどか「うん!」

さやか「あのー、すみみせーん」

先生「うん?」

さやか「すみません、ちょっと聞きたいことがあるんですけど」

先生「君たちは…うちの生徒じゃないね、一体何のようだい?」

まどか「あの、わたし達…お友達に会いに来たんです」

さやか「だからお邪魔しちゃいました」

先生「なるほどね…特に怪しいところもないし、それなら大丈夫だよ」

さやか「やった!」

先生「でも、ちゃんと手続きはしないとね、向こうに事務室があるからまずはそこでお願いするよ」

まどか「は、はい!ありがとうございます」

さやか「ありがとうございます!いこっ!まどか!」

まどか「うん!」

事務室

事務員「なるほど、お友達に会いに来たのね」

さやか「はい!」

事務員「別に怪しんでる訳じゃないけど、一応身元の確認をしなきゃいけないの」

事務員「生徒手帳は持ってる?」

さやか「あ…」

まどか「あ、あります」

さやか「うお、ルミナスな生徒手帳!持ってきてたんだ!」

事務員「えーと、群馬の見滝原中学校ね、テレビで見たことあるわ」

さやか「あー!そうです、改装して取材が来たんですよー」

さやか「あの時、あたしインタビューに答えたんですよ!」

事務員「ん?…あぁ、見覚えあるかも知れないわ」

さやか「ほんとですか?」

事務員「ええ、ならあなたもそれで身元を確認したことにしておくわ」

さやか「やったー!」

事務員「それで、その会いたいお友達は?」

まどか「ほむらちゃん!…あ、暁美ほむら、さんです」

事務員「あけみほむらさん…ね、そんな子いたかしら…」

さやか「つい最近転校してきたはずです!」

事務員「転校?最近転校はなかったと思うけど…」

まどか「そ、そんなことないはずです!」

さやか「探してください!あたし達と同じ中二です!」

事務員「そうね、探してくるからちょっと待っててね」

まどか「よ、よろしくお願いいたします!」

さやか「黒髪のすまし顔で美人なやつです!」

事務員「ふふ、わかったわ」

まどか「……うぅ」

さやか「もしかしたら、まだ転校が済んでないのかな?」

まどか「そうかな…」

さやか「学校はここで間違いないもん、ちゃんとその場で確認したんだから」

まどか「うん…」

さやか「間違いないよ、絶体」

まどか「……」

さやか「それに…和子先生も何処に転校したから知らされてないんだから、あいつの言葉を信じるしかないし…」

まどか「うん…」

さやか「あいつが嘘なんかつくわけないよ…!」

まどか「……うん」

数分後

事務員「お待たせ」

さやか「見つかりました!?」

まどか「ほむらちゃん…!」

事務員「……ごめんなさい」

さやか「え?」

まどか「……」

事務員「ここ数ヵ月での転校はなかったわ、それに今転校してくる予定もないの」

さやか「そ、そんなはずないです!」

事務員「…二年生も全生徒調べてみたけど、暁美ほむらさんはいなかったわ」

さやか「そんな!」

事務員「だから…うちにはあなた達のお友達はいないわ」

さやか「そんなぁ…!」

まどか「………」

1時間後

喫茶店

まどか「………」

さやか「………」

まどか「………」

さやか「ま、まどか…探そう!近くの学校全部!」

さやか「あいつ恥ずかしがり屋だからさ、ほんとの学校言えなかったんだよ!」

さやか「だから、近くの学校を教えちゃったんだって!」

さやか「だから探そう!ねっ!」

まどか「……うん」