仁美「……」ポロポロ

さやか「そんなこんなであたしは今も魔法少女を…って仁美!?」

仁美「さやか…さん…」

さやか「えっ?」

仁美「さやかさぁんっ!!」ダキッ

杏子「!!」

さやか「ちょ?ちょちょっ、ひ、仁美!?」

仁美「さやかさん…ごめんなさい…ごめんなさい…」

さやか「え?な、なにが?」

仁美「さやかさんは私の命や上条くんの腕を助けてくれたのに」

仁美「それなのに私は何も知らないどころか、泥棒猫みたいな真似までしてしまって…」

さやか「…仁美」

仁美「ごめんなさい、謝って許して貰おうとは思っていません…でも、ごめんなさい」

さやか「顔あげなよ、仁美」

仁美「さやかさん…」

さやか「あたしはこれで良かったって思ってるよ」

さやか「あたしが魔法少女になることで、まどかも仁美も助けることができたし」

さやか「恭介もバイオリンをまた弾くことができるようになった」

さやか「それに、そのおかげで杏子やマミさんとも仲良くなれたんだもん」

杏子「さやか…」

さやか「だから、これで良かったんだよ」

仁美「でも…魔法少女は、さやかさんは…体が…その…」

さやか「…」

仁美「…後悔はしていないのですか?」

さやか「ううん、そんなことないよ…後悔なんて、あるわけない」

さやか「あたしは魔法少女になって良かったって、本当に思ってるんだからね!」

仁美「さやかさん…」

杏子「ま、そう言うことさ」

仁美「……」

杏子「だからそう自分を責めるなって、な?」

仁美「はい…」

マミ「こちらの方は大丈夫のようね」

さやか「マミさん!」

マミ「美樹さん、大丈夫?」

さやか「はい、お陰さまで!…本当にありがとうございました」

マミ「ふふ、間一髪。ってところだったものね」

杏子「ほむらはどうだった?」

マミ「鹿目さんと二人きりにしてきたわ」

マミ「これが最後、もう一度改めて二人の答えを待ちましょう」

マミ「その結果がどうなろうと、もう私は口出ししないわ」

杏子「そっか、そうだよな」

さやか「うん…あの二人に任せよう」

仁美「あっ!」

さやか「ん?どうしたの…あ!」
ほむら「みんな…」

杏子「よぉ」

仁美「暁美さん…」

マミ「答えは見つかった?」

ほむら「……いいえ」

さやか「っ…なら、どうすんのさ!」

まどか「まって、さやかちゃん!」

さやか「まどか…どうすんのよ」

ほむら「まどかを一晩、家に泊めるわ」

ほむら「そこで二人で考えてみる…」

マミ「そう、それが答えになるのね」

ほむら「ええ…」

マミ「わかったわ、ならもう遅いし、私たちは帰ることにするわ」

さやか「……」

ほむら「さやか…」

さやか「……なによ」

ほむら「本当に…ごめんなさい」

ほむら「嘘をついてしまって…あんなにあなたは頑張ってくれたのに…」

さやか「…いいよ、別に、あたしが勝手にやったことなんだし」

ほむら「……」

さやか「…この先どうなるかわかんないけどさ、もしあんたがまた見滝原に来たら」

さやか「その時は見滝原スペシャルジャンボパフェスペシャル奢って貰うから」

ほむら「…ふっ、財布と相談するわ」

さやか「うーんと奢らせるんだから覚悟しときなさいよね!」

ほむら「わかったわ」

さやか「あたしからは以上!」

ほむら「…ありがとう」

仁美「……」

ほむら「…志筑さんも、ありがとう」

仁美「いえ…私は何も言えません…」

仁美「…ただ」

ほむら「?」

仁美「暁美さんと一緒にいる時のまどかさんは、私やさやかさんでは叶わない程の嬉しそうな表情をいつもされていました」

仁美「だから…」

ほむら「……そうね」

仁美「私はこれ以上何も言えません…」

ほむら「ええ…」

杏子「よし、もう帰ろうぜ」

マミ「そうしましょう」

ほむら「杏子、巴さん…ありがとう」

杏子「今度ラーメン奢れよ」

マミ「また会いましょう」

ほむら「ええ…」