数日後

杏子「勝利、いただいたよ!」

マミ「惜しかったわね」

まどか「やったぁー!すごいね!」

ほむら「……」

ほむら(こうも簡単に魔女に勝てると、逆に不安になってくるわ)

ほむら(本当にこのまま上手くいけるのかしら…)

マミ「鹿目さんと暁美さんのコンビネーションは本当にすごいわね」

まどか「うぇひひ」

杏子「時止めってヤバイよなー、それが二人もだぜ?」

杏子「そりゃ魔女を文字通り秒殺できるわけだよ」

ほむら「……でも、ワルプルギスには通じないわ」

杏子「ん?そんなの試してみなきゃわかんないじゃん」

ほむら「統計よ…私の魔法はやつに通じないと思っていた方がいいわ」

マミ「そうなの…?鹿目さんはどう思う?」

まどか「んー…ワルプルギスは普通の魔女と全然違うし、難しいかも」

マミ「そう…」

杏子「時止め自体が効かないのか?」

ほむら「もちろん時間は止められるわ…でも、ワルプルギスの体力は桁外れよ」

ほむら「時間を止めている間に倒しきれる可能性は限りなく低いわ」

杏子「ふーん?まるで実際に戦ったみたいだよな、マミ?」

マミ「たしかに…」

ほむら「……」

マミ「とにかく、ワルプルギスの対策は必須ね」

杏子「だな」

マミ「ワルプルギスとは持久戦になると考えた方がいいのよね。」

ほむら「…そうね」

杏子「持久戦ねぇ、あたしもマミもあまり長時間戦うには向いてないんだよな」

マミ「四人の中じゃ鹿目さんが一番ヒーラー向きだけど…」

まどか「わたしの回復魔法は四人全員カバーできないかなって…」

杏子「だよな、なら一撃が致命傷になりかねない…か」

マミ「そうね…あと一人回復魔法が得意な味方がいたら…」

杏子「そう都合良くはいないよな」

ほむら「……」

ほむら(美樹さやか…)

ほむら(いや、あの子がワルプルギス戦を生き延びれるわけないわね)

ほむら(むしろ真っ先に死にかねないわ)

ほむら(これまで美樹さやかがワルプルギスまでに生き延びること自体なかったはず…魔法少女になっていたらのはなしだけど)

ほむら(あの子が回復に徹してくれれば話しは別だけど…)

まどか「さやかちゃん…?」

ほむら「まどか、美樹さやかは…」

まどか「さやかちゃん!」

ほむら「え?」

さやか「なんか楽しそうじゃん、あたしも仲間に入れてくれないかな?」

ほむら「なっ!?」

マミ「仲間にって…私たちは遊んでる訳じゃないわ」

杏子「そうそう、帰った帰った」

さやか「あたしは美樹さやか。あたしも見滝原の魔法少女だよ」カッ

ほむら「!?」

まどか「!?」

マミ「魔法少女?」

杏子「へぇ…?」

さやか「どう?仲間に入れてくれる?」

マミ「…拒否する理由はないけど、どう思う?」

杏子「相手はワルプルギスだ、トーシローなら引っ込んでた方がいいに決まってる」

マミ「そうよね…」

ほむら『なんで美樹さやかが?』

まどか『わ、わかんないよ…魔法少女のこと秘密にしてたのに…』

ほむら『どういうことなの…?』

まどか『それにさやかちゃん…妙に落ち着いてるって言うか』

まどか『余裕があるような…』

ほむら『…本当に美樹さやかなの?』

まどか『さやかちゃんのはずだけど…』

さやか「そうだ、なんなら手合わせしてみない?」

さやか「あたしが勝ったら仲間に入れてよ」

マミ「手合わせなんて、そんな…」

杏子「いいぜ、あたしが相手になってやる」

さやか「そりゃどーも」

マミ「佐倉さん!」

杏子「いいじゃねぇか、あたしにあっさり負けるなら戦力外だし」

杏子「そうじゃなかったら、役に立つかもしれないしさ」

マミ「そうかもしれないけど…」

まどか『どうしよう!ほむらちゃん!』

ほむら『あの美樹さやかからは何か違う…様子見が賢明ね』

まどか『さやかちゃん…』

杏子「おい、いくぞ!」

さやか「オッケー!」