ほむら「ちょ、ちょっと!何言ってるの!?」

ほむ母「だって、毎日『まどか、まどか』ってほむらちゃんが言ってるから…」

まどか「あ、あの…?」

ほむ母「あらっ?えっ、お友達?いたの?」

まどか「は、はい…」

ほむ母「ほむらちゃん!」ダキッ

ほむら「ま、またっ?」

ほむ母「ほむらちゃんがお友達を家に連れてきたの初めてじゃない!良かったね!」ギュッ

ほむら「は、はぁ…?」

まどか「あはは…」

ほむ母「あっ、ごめんなさいね、私はほむらちゃんのママです」

まどか「ど、どうも、はじめまして」

ほむ母「すごく可愛いじゃない、名前は何て言うの?」

ほむら「あ…!」

まどか「あ、えと、その…か、鹿目…ま…」

まどか「まどか…です」

ほむ母「まどかちゃんね!よろし…あら?」

ほむ母「まどか…?」

まどか「は、はい…」

ほむら「~!」

ほむ母「え?もしかして、ほむらちゃんが毎日毎日名前を呼んでた『まどか』って…」

ほむ母「あなた…なの?」

まどか「あ、え、えーと…」

ほむら「も、もうっ!お母さんは関係ないでしょ!」

ほむ母「関係あるわよ!娘の想い人なんだから!」

まどか「あぅ…」

ほむら「ぬぅぅぅぅぅ!お母さんのバカッ!!」

ほむ母「ばっ…!?」

ほむら「私、部屋に入るから!」ツカツカ

ほむ母「……」ションボリ

まどか「え、あ…」

ほむら「まどか、こっちにきて!」

まどか「う、うん…あの、お、おじゃまします…」

その頃

見滝原

仁美「キュゥべえさん、私…魔法少女になりたいんです!」

さやか「な、何言ってるのよ仁美!やめなって!」

マミ「私もお勧めはしないわ、魔法少女は死と隣り合わせよ…その場の勢いでなるものではないわ」

仁美「なら尚更です!さやかさんや巴さんが命懸けで戦っているのなら、私も戦います!」

さやか「だからやめなって!仁美は関係ないんだから!」

仁美「それです!」

さやか「えっ?」

仁美「『仁美は関係ない』…それも理由の一つです」

さやか「仁美…?」

仁美「…私、以前から、さやかさんやまどかさんとの間に距離を感じていましたの」

さやか「……」

仁美「それは、ちょうど暁美さんが転校して来た時からです」

仁美「それまでは、さやかさん、まどかさん、そして私」

仁美「三人一組でやってきたつもりでした」

仁美「だけど、さやかさんとまどかさんの二人だけの時間が増え」

仁美「私は避けられているように感じてきましたの…」

仁美「そしていつの間にか私がいた場所には暁美さん、巴さん、佐倉さんがいました…」

仁美「私…本当に寂しくて…」

仁美「上条くんに告白したのも、その寂しさを紛らわしたかったからなのかもしれません…」

さやか「…!」

仁美「でも、その上条くんはさやかさんの願いで元気になられた上に、さやかさんが上条くんに想いを寄せていたのも気づいていたのに…」

仁美「私は…何てことを……」

さやか「仁美……」

仁美「だから、私は償いたいんです!キュゥべえさん、私を魔法少女にしてください!!」

キュゥべえ「僕は構わないけど、本当にいいのかい?」

キュゥべえ「魔法少女になれば死と隣り合わせの毎日を送ることになるし」

キュゥべえ「魔力を使いきったり、絶望すれば魔女になってしまう」

キュゥべえ「言ってしまえば、魔法少女になると言うことは、火をつけたダイナマイトのようなものだ」

キュゥべえ「それに、君の素質ではせいぜいさやかと同程度の魔法少女にしかなれないよ」

キュゥべえ「しかも、もう宇宙の寿命はマミのあまりの可愛さによって、まどかが契約する以上にとんでもなく長くなったんだ」

キュゥべえ「だから、君が契約しても僕たちには特にメリットはないんだし、僕はお勧めはしないよ」

キュゥべえ「それでも魔法少女になるのかい?」