ほむら「……まどか」

まどか「うん」

ほむら「これだけは、はっきり言っておきたいの」

ほむら「私にとって、まどかはかけがえのない大切な友達よ」

ほむら「あなたが一番の友達」

ほむら「そして、本当にあなたのことが大切なの」

ほむら「この気持ちは一生変わらないと誓うわ」

まどか「…ありがとう」

ほむら「……でも、それでも…やっぱり、あなたの気持ちに答えることはできないわ」

まどか「……」

ほむら「あなたが私に好意を寄せてくれていることは、正直…すごく嬉しいの」

ほむら「私自身、過去に何度もあなたへ想いを伝えようとしたこともあったわ」

ほむら「…それに、実際に……」

まどか「…!」

ほむら「……それでね、私わかったの」

ほむら「あなたは、私とそう言う関係になるべきじゃないって」

まどか「……」

ほむら「あなたの立場で考えれば、理不尽なことを言っているように聞こえると思うし、実際に理不尽だと思うわ」

ほむら「だけど……」

ほむら「ごめんなさい、言葉で伝えることが難しくて…」

ほむら「とにかく、私は…あなたの気持ちに答えることはできないの」

ほむら「本当にごめんなさい…」

まどか「……」

真ほむルーム前

ほむ母「……」

一方

見滝原

さやか「やめときなって、仁美!」

マミ「…気持ちはわかるけど、背負うものが大きすぎるもの、やっぱりおすすめはできないわ」

キュゥべえ「僕もそう思うよ」

仁美「……」

キュゥべえ「偉大なるマミによって宇宙の寿命が大幅に伸びたことによって、僕たちも基本的に契約することはなくなったんだ」

キュゥべえ「特に、この周辺のエリア…君たちの言葉を借りるなら、関東ではもう契約することはなくなった」

キュゥべえ「結果的に魔法少女は増えずに、ただ魔女だけが残っているのが問題と言えば問題なんだけどね」

さやか「東京で魔法少女がろくにいなかったのってそのせいかよ!」

キュゥべえ「うん、でも魔法少女は増えず、魔女も減ることはあっても、増えることはあまりないからね」

キュゥべえ「魔力の消費で濁ったソウルジェムも僕たちが浄化できるし」

さやか「ん?重要なことさらっと言わなかった!?」

キュゥべえ「要するに、僕たちインキュベーターにとっても、契約をするメリットはほぼないに等しいんだ」

キュゥべえ「だから、志筑仁美。君は魔法少女にはならないほうがいいよ」

仁美「…それでも私はなりたいんです」

さやか「仁美っ!」