ももこ「かえで!何があったんだ!?」

かえで「ま、マミさんが突然現れて願いを叶えるって…」

かえで「それにレナちゃんが答えたら…」

レナ「ももこ…大好き」ギュー

ももこ「おわっ?れ、レナ!?」

かりん「こうなっちゃったの…」

マミ「さ、さっきまでのレナちゃんと全然違うわ…」

かえで「!」

いろは「やっぱり…レナちゃんまで…」

かえで「あ、あの!やっぱりさっきのはマミさんじゃないんですよね?」

マミ「え、ええ…その人も巴マミと名乗ったみたいだけど…私じゃないわ」

マミ(でも…もしかしたら…?)

かりん「どういうことなの?」

いろは「その巴さんって白くてハデだったよね?」

かりん「そうなの、クリスマス感があったの…」

かえで「やっぱり偽者だったんだ…あの時もっと早く気づいてたら…」

レナ「ももこ…」ギュー

ももこ「レナは何をされたんだ?」

かりん「素直な性格に生まれ変わりたいって言ってたの…そしたら、かえでちゃんに抱きつき始めたの…」

いろは「それって、レナちゃんって普段からこうしたがってたってことなの!?」

かえで「……」

かりん「それはわからないの…」

ももこ「レナ…そんなことを…」

レナ「レナ…ももことかえでちゃんが大好き…離れたくない」ギュー

かえで「……」

いろは「かえでちゃん?」

かえで「…私、偽マミさんを探してきます!」タタッ

ももこ「あ、おい!かえで!アタシも行くから!」

レナ「レナを一人にしないでっ!」ギュー

ももこ「わ!わ!」

レナ「ももこっ…」ギュー

いろは「レナちゃんがしがみついて離れない…」

かりん「かえでちゃんを追いかけてくるの!」タタッ


ももこ「ごめん!助かるよ!」

マミ(レナちゃんはあくまで自分で性格を変えるように願ったのよね…?)

マミ(そして…私の偽者?がそれを叶えた…)

マミ(でも何のために?そんなことをして何の特になるのかしら…)

マミ(ただの善意で?でもそんなの独りよがりの善意…)

マミ(…独りよがり……?)

マミ「いったい何が目的なのかしら…?」

ももこ「わからないけど…少なくとも二人は見た目や性格を変えられちゃったんだ」

ももこ「そのまま野放しにするのは絶対に不味いからな…」

レナ「レナはこれがいい…これでももことかえでちゃんと一緒にいられるもん…」ギュー

レナ「あのマミが本物でも偽者でも感謝してるよ」

マミ「……」

ももこ「あれは偽者だよ、本物のマミちゃんはアタシといたんだ」

ももこ「それになレナ…そんなことしなくても、アタシ達はと一緒だろ?」

レナ「ううん…三人とも年齢も違うし…いつまでもこうやって一緒にいられないに決まってる…」

レナ「特にレナが元のレナのままなら…いつかはまた一人に戻るってわかってるから…」

レナ「だからレナ、このままがいい…」ギュー

ももこ「レナ…」

いろは「……」

いろは(私達もみんな年齢はバラバラだし…いつまでも、みかづき荘にいられないのはわかってる…)

いろは(でも…それは…)

マミ「……」

マミ(私自身には何の心当たりもないわ)

マミ(でも…なんとなくわかる気がする…)

マミ(少なくともドッペルゲンガーじゃない…はず…)

マミ(……よし)

マミ「私、偽者を探してきます。十咎さんはレナちゃんをお願いします」

いろは「私も一緒にいきます!」

マミ「環さん…」

ももこ「ごめん!二人とも頼んだよ!」

いろは「行きましょう!巴さん!」タタッ

マミ「ええ、環さん!」タタッ

レナ「なんでみんなあの白いマミを悪者って決めつけるの?」

レナ「レナはおかげで生まれ変われたのに…」

ももこ「…レナ、今のレナは魔法でそうなってるだけだよ」

ももこ「だから元に戻してやるからな」

レナ「やめてよ!レナはこのままがいい!元の水波レナなんて大嫌いっ!」

レナ「ずっとずっと一緒にいたいの!元のレナなんかじゃそんなの無理だもん!」

ももこ「……レナ、そこまでアタシやかえでのことを…」

ももこ「…アタシの親友の水波レナは確かに我儘だし、意地っ張りだし、素直じゃないよ」

レナ「うん…だからレナなんて大嫌い…今のレナがいい…」

ももこ「でもな?アタシもかえでも、そんなレナが好きだからいつも三人一緒にしてきたんだ」

レナ「……」

ももこ「…アタシはさ、前に苦い思い出があって…鶴乃はともかく、やちよさんとは今でも気まずいことがあるんだ」

ももこ「あれもアタシが弱かったから招いたこと…」

ももこ「それはアタシもやちよさんも…鶴乃もそう思ってるはず」

ももこ「あの悲劇は繰り返させない…」

ももこ「やちよさんが、いろはちゃん逹を全力で守っているように」

ももこ「アタシも、レナとかえでを守るって決めたんだ」

ももこ「だからレナ…心配すんなって、アタシ達はずっと一緒だからな?」

レナ「ももこ……」

レナ「でも…でも…レナ…やっぱり今がいい…」

レナ「元に戻ったら、また余計なこと言って誰かを傷付けるに決まってるもん…」

ももこ「その時は一緒に解決すればいいじゃん、だろ?」

レナ「……」

ももこ「だからアタシ達も偽マミちゃんを探そう!」

ももこ「アタシはもちろん、かえでだってそれを望んでるんだ」

ももこ「レナに元に戻って欲しいって一番強く思ってるのは、かえでだと思うぞ?」

レナ「…そんなことない…だってレナ、かえでに酷いことたくさんしてきたもん…」

ももこ「でもかえではいつも笑って許してくれるだろ?それが答えだよ」

ももこ「今の素直で可愛いレナもいいかもしれないけど、やっぱり元のレナが一番!」

ももこ「これがアタシとかえでの答えだよ」

レナ「………」

ももこ「だから一緒に行こうぜ!」

レナ「……うん」

ももこ「ほら、手」

レナ「……うんっ!」ギュッ

その頃

マミ「環さんもごめんなさい、巻き込んでしまって…」

いろは「そんな、あやまらないでください。私も早くみんなに元に戻って欲しいんです」

いろは「それに巴さんは何も悪くないんですから」

マミ「……環さん、あのね?私…もしかしたら、偽者の気持ちがわかるかもしれないの」

いろは「えっ?」

マミ「たぶん偽者は魔法の力で『誰かの願いを叶えて人助けをする』…って思っている気がするわ」

いろは「それは…私もなんとなくそんな気がしますけど…」

マミ「きっと偽者は善意でそうしてるんだと思うの…結果的にそれが悪いことだと気付かずにね」

マミ「私…頭が固いところがあって、思い込みが激しいの」

マミ「環さんと初めて会ったときも、そうだったわ」

マミ「環さんを人型の魔女と決めつけて…」

いろは「あれは仕方ないです…ドッペルのことを知らなかったら、尚更…」

マミ「でもあの時、七海さんも由比さんも十咎さんも、環さんに操られてるって思い込んで」

マミ「自分が正しいとずっと信じてた…」

マミ「…私は一度自分が正しいと信じたものは、妄信的に信じるようになって、回りが見えなくなるの」

マミ「そして信じてたものが打ち砕かれたとき…私自身も粉々に砕け散ってしまう…」

いろは「巴さん…」

マミ「……もしかしたら、あの偽者はそんな私の弱い心が具現化した存在なのかもしれないわ」

いろは「そ、そんな?」

マミ「あの偽者は自分のしていることが正しいって、喜ばれるって…そう思い込んでる気がするの」

マミ「だから…私…」

いろは「…一旦落ち着きましょう?まだ巴さんの偽者と決まったわけじゃないんですし」

いろは「もしかしたら、レナちゃんみたいに他人に変身できる魔法少女なのかもしれないですよ?」

いろは「それか新しいウワサかもしれないですし…」

いろは「今の巴さんを責めたって、何も良いことはないですよ」

マミ「……ありがとう」