ホーリーマミ「巴…マミ…?」

マミ「ええ、私も巴マミよ」

ホーリーマミ「そんな…」

フェリシア「なー、なんで二人もいるんだ?」

さな「魔女やウワサじゃなさそうです…」

ももこ「でもドッペルゲンガーでもなさそうだな…」

かえで「レナちゃんはどう思う?」

レナ「レナはマミだと思う…」

かりん「それだとマミさんが二人いることになっちゃうの…」

やちよ「……鶴乃、どう思う?」

鶴乃「声や姿だけじゃなくて、魔力もよく似てる…」

鶴乃「ねえ、そっちの白いマミちゃん、変身解いてくれないかな?」

ホーリーマミ「え、ええ…」パアッ

いろは「あっ…」

フェリシア「やっぱまんまねーちゃんじゃんか!」

ももこ「…うひゃー…本当にそっくりだ」

やちよ「……ミラーズでもないわ」

さな「な、ならなんなんですか…?」

いろは「あ、あの!まどかちゃんって神様ですか?」

ホーリーマミ「えっ?鹿目さん?鹿目さんは普通の魔法少女の女の子だと思うけど…」

やちよ「!」

いろは「なら、ほむらちゃんは?」

ホーリーマミ「暁美さんも普通のはず…」

マミ「じゃあ、なぎさちゃんは?」

ホーリーマミ「なぎさ…?ごめんなさい、知らないわ」

マミ「…なるほどね」

鶴乃「マミちゃんなら普通は知ってるはずの情報を知らないとなると…」

やちよ「まさか、パラレルワールド…?」

鶴乃「だね」

フェリシア「はらへるワールド??」

いろは「フェリシアちゃん…[困った笑顔]」

さな「ぱ、パラレルワールドは…平行世界って意味で…似たような世界がたくさんあって…」

フェリシア「はぁ?世界はこの世界だけだろ?」

鶴乃「後で教えてあげるから今は待っててよ」

フェリシア「めんどくさそうだしオレはパスな!」


やちよ「その方が助かるかもね」

ももこ「なら、そっちのマミちゃんはパラレルワールドから来たマミちゃんってことかよ!?」

かえで「で、でもそんなことあり得るの…?」

レナ「かえでちゃん…」ギュー

かりん「むしろこっちの方がパラレルワールド感ある光景なの」

ホーリーマミ「私がパラレルワールドから来た…?」

マミ「以前、鹿目さんに聞いたことがあるの」

マミ「別の時間軸からもう一人の暁美さんがやってきて、暁美さんが二人に増えてる時間軸があるってね」

マミ「今はその時間軸の二人は双子として生活したみたいよ」

ホーリーマミ「暁美さん?時間軸??」

マミ「その様子だと、そっちの暁美さんはまだ最初の頃の姿のようね」

いろは「こっちの世界はういやまどかちゃん達でいろんなことがあって」

いろは「最終的になんかすごいことになってるからね…」

さな「も、もう一人の巴さんがこの世界に来たってことですか…?」

フェリシア「わかった!デカゴンボールのトランクスみたいなもんだろ!」

鶴乃「そうそう!そんな感じ!」

ホーリーマミ「わ、私…いつのまに…」

マミ「あなたは何をしていたの?」

ホーリーマミ「…私は色々あって、この姿と力を手に入れたわ」

ホーリーマミ「それからはフローレンスと一緒に神浜に希望を届けるためにあちこち移動していたの」

マミ「フローレンス?」

ホーリーマミ「ええ、私の大切なお友だちよ。今はまだ出せる状態じゃないから見せられないけれど…」

かえで「ドッペルのことかな?」

レナ「かりんちゃん!レナと一緒に頑張ろうよ!」

かりん「わ、わかったけど調子がでないの…」

かりん「マジカルかりん!ここにさんじょー!ゆくぞ!」

かえで「ノリノリだよ?」

レナ「アクセルアクセルアクセル!」

かりん「アクセルアクセルアクセル!」

レナ「レナの力無駄だったら悲しいな…」コネクト

かりん「うむ!力をかす!」コネクト

ホーリーマミ「ありがとう、これなら…フローレンス!」ドンッ

やちよ「巴さんのドッペルとは違う…!?」

鶴乃「え!?ドッペル変えられるの!?」

かえで「レナちゃん、かりんちゃん、今度はこっちのマミさんにお願い!」

レナ「うん!見ててね、かえでちゃん!レナ頑張るから!」コネクト

かりん「やっぱり調子がでないのだ!」コネクト

マミ「ティロ・デュエット!でてきなさい!」ドンッ

フローレンス「」

キャンデロロ「」

フェリシア「すげぇ!」

さな「なんだか綺麗です…」

ももこ「はー、ドッペルは似てないんだなー…」

鶴乃「うううー…いいなぁ」

やちよ「私は鶴乃のドッペル好きよ?」

鶴乃「ししょー!」

レナ「レナはももことかえでちゃんが大好き!」

ももこ「アタシも二人とも大好きだぞ!」

かえで「ふゆぅ」

いろは「ドッペルは違うけど魔力は似てる…ならやっぱりパラレルワールドの巴さん…?」

マミ「そう…みたいね」

ホーリーマミ「でもなんで私はここに…?」

やちよ「世界を飛び越えてきたことはわからなかったの?」

ホーリーマミ「え、ええ、全く…」

いろは「何かおかしなことはなかったんですか?」

鶴乃「何してたか思い出してみてよ!」

ホーリーマミ「私は願いを叶える力を手に入れて、神浜の魔法少女に希望を届けると決めたの」

ホーリーマミ「それでいろんな魔法少女の様子を見て、声をかけてたりしたわ」

ホーリーマミ「ある程度魔法でその魔法少女が何を望んでいるのかわかるから、それを実現させてあげたかったの」

ホーリーマミ「その魔法少女も喜んでくれるし、私も嬉しかったわ」

マミ(やっぱり…なんとなくその気持ちはわかるわ)

マミ(私もその力があったら、そうしていたのかもしれない…)

ホーリーマミ「それを繰り返していたら…こうなっていたの」

ももこ「なら無意識のうちにこっちに来ちゃったってわけ?」

鶴乃「何か違和感とかなかった?」

ホーリーマミ「違和感…?あ、そうよ!私…『クリスマスなんて大嫌い』って強い思念を感じわ」

マミ「!」

ホーリーマミ「だからその魔法少女を救うためによりいっそう頑張ろうとしたのよ」

ホーリーマミ「とにかく魔法少女の願いを叶えてみせる…って」

さな「もしかして、クリスマス反対軍…?」

フェリシア「オレそこまで嫌ってないぞ!?」

ホーリーマミ「その思念を感じて、魔法少女を探していたのだけど結局見つからなかったわ…」

ホーリーマミ「その魔法少女を私の力で救いたかったの…」

やちよ「だから手当たり次第、魔法少女の願いをかなえようとしていたのね…」

マミ「それ…もしかしたら、私なのかも…」

ホーリーマミ「!」

ももこ「えっ?」

マミ「……そもそも、なんで私が神浜に来ているかと言うと」

マミ「クリスマスを今年も一人で過ごすことになりそうだから、それが嫌で…気分転換で来たの」

かえで「あっ」

かりん「あっ」

レナ「う…」

マミ「ここなら学校での知り合いとはあわないだろうなって…」

マミ「でも呉さんとは会ったのよね…」

マミ「呉さんと美国さんが二人でクリスマスを過ごす感じだったから、少し嫉妬したわ…」

マミ「そして次に出会ったのが七海さんと環さん」

マミ「二人とも本当に仲良さそうで微笑ましかったし」

マミ「クリスマスパーティーをすると聞いて、羨ましかったけれど…」

いろは「巴さん…」

やちよ「……ごめんなさい」

マミ「いえ、この紅茶は本当に嬉しかったんです。クリスマスプレゼントが貰えたって…」

フェリシア「なー、オレとさなには何も思わなかったのかよ?」

マミ「正直に言うとね、神浜について早々可愛らしい二人と出会って」

マミ「『オレ達はもう家族』って聞いて、ちょっとだけ嫉妬しちゃったの」

フェリシア「わ!わ!ば、バカ!なんで言うんだよ!」

やちよ「フェリシアがそんなことを?…ふふっ」

いろは「フェリシアちゃん…!」

フェリシア「わー!わー!がうがう!」

鶴乃「あはは!フェリシアはやっぱり可愛いなぁ」

さな「はい」

マミ「ふふっ」

ももこ(キャンデロロがちょっとでかくなった…)

マミ「そして、次に出会ったのがデート中の二人よ」


かえで「で、デートだなんて!」

レナ「レナはかえでちゃんと二人っきりでデートの気分だったよ」

かえで「!」

かりん「むむ!まだかえでちゃんとレナちゃんの事だとは言ってないぞ!」

かりん「かえでちゃんもデートだって意識してた証拠なのだ!」

かえで「ふみゃうみゃう!?」

レナ「かえでちゃん…!」ギュー

かえで「ふ、ふゆぅ…」

ももこ(アタシの見立て通りでよかったよかった)

レナ「だから、かえでがマミに嬉しそうに話してるのみて…すごく嫉妬したもん」

かえで「そうだったんだ…」

マミ「そしてクリスマスの話しになって…辛くて逃げ出したの」

かえで「あっ…」

レナ「ご、ごめんなさい…ううう」

かりん「ふむ、それでああなっていたのか……なの」

マミ「でも…その後、十咎さんと一緒にいるうちに寂しさはなくなっていったわ」

ももこ「!」

マミ「十咎さんは私を尊敬してるって言ってくれたけど…」

マミ「私も、十咎さんのことを尊敬していたの…」

マミ「そんな十咎さんからああ言ってもらえて、嬉しかった…」

ももこ「マミちゃん…」

マミ「そんな時、もう一人の私を見かけたの」

ホーリーマミ「あの時、横を通った仲良さそうな二人組があなた達だったのね…」

マミ「ええ、だから私の『クリスマスが大嫌い』と言う気持ちが同じ魔力をもつもう一人の私に届いて」

ホーリーマミ「その『クリスマスが大嫌い』な魔法少女を救うために無意識のうちにこっちに来てしまった…と言うこと…かしら」

フェリシア「つまり黄色いねーちゃんが白くて黄色いねーちゃんを呼んだのか!」

鶴乃「うーん、そんな感じかな?」

マミ「……」

ホーリーマミ「……」