あすなろ市

かずみ「できたよー!」

カオル「待ってました!」

海香「ウォールナッツもいいけれど、やっぱりかずみの手料理が一番ね」

かずみ「ありがと!でもまた神浜に遊びにいきたいね!」

カオル「魔法少女の中じゃ評判の神社があるみたいだし、今度行ってみる」

海香「それもよさそうね」

かずみ「よーし!それじゃ来年のお正月はそれでいこっか!」

神浜

某神社

月夜「やっぱりここが一番落ち着くのでございます」

月咲「ここが一番落ち着くよね」

月夜「ねー」
月咲「ねー」

月夜「あの日の夜、ここで月咲ちゃんとすれ違っていなかったら」

月咲「今ごろ私は壊れていたと思います…」

月咲「うちだってあの日の夜、月夜ちゃんとすれ違わなかったら…」

月咲「きっとうちは壊れてたと思うよ…」

月夜「私と月咲ちゃんはいろんな意味で一心同体なんだと思います」

月咲「そうだね、うちと月夜ちゃんは二人で一人…二人一緒なら、きっとどんなことも乗り越えられると思うよ」

月夜「私達は魔法少女としても、普通の人間としても」

月夜「これからもいろんな試練が押し寄せてくると思います」

月夜「だけど…月咲ちゃんがいてくれれば…」

月咲「うん、うちも月夜ちゃんさえいてくれれば…」

月夜「月咲ちゃん」

月咲「月夜ちゃん」

月夜「来年も、再来年も…大人になっても、ずっと一緒にいて欲しいのでございます」

月咲「もちろんだよ、うちと月夜ちゃんはずっと一緒だよ」

月咲「毎年ここでこうして月夜ちゃんと二人で過ごしたいな」

月夜「月咲ちゃん…大好きでございます」

月咲「月夜ちゃん、うちも大好きだよ」

そして

マミ「神浜もクリスマス一色ね」

ホーリーマミ「そうね、みんな幸せそうだわ」

マミ「今までは…この光景が嫌だったわ」

ホーリーマミ「ええ…世間と自分のギャップが嫌だった…」

マミ「でも、もう大丈夫…私達にはみんながいてくれるんだもの」

ホーリーマミ「そうね、私達はもうひとりぼっちなんかじゃないわ」

梨花「あっ、マミちゃん!」

マミ「綾野さん!」

梨花「久しぶりっ!神浜に来てたんだ?」

マミ「ええ、あの…そちらの方は?」

れん「い…五十鈴れんです、はい…」

マミ「五十鈴さんね、私は巴マミ、よろしくね」

ホーリーマミ「よろしくね」

梨花「ねぇねぇマミちゃん!そっちの子は?マミちゃんとそっくりだけど!」

梨花「縦ロールが1個なところ以外違いがわからないし…双子?」

ホーリーマミ「ええ、私は巴ホミ」

梨花「ホミちゃん?珍しい名前だけど、なんかしっくりくるかも!」

梨花「どっちがお姉ちゃんなの?」

マミ「え?それなら…わた」

ホーリーマミ「私が一応姉よ」

マミ「えっ」

梨花「そうなんだ!」

ホーリーマミ「名前も『マ』の一個上のひらがなが『ホ』でしょ?そういうことよ」

ホーリーマミ「ね?妹のマミちゃん?」

マミ「うっ…あ、あなたねぇ」

梨花「あ、ならミミちゃんはいないの?」

ホーリーマミ「ふふ、いないけどもしいたらそうなっていたのかもね」

マミ「むー」プクー

梨花「マミちゃんって妹だったんだね、そんな感じ全くしかなかったから意外だよー」

マミ「ふふ、ありがとう」

梨花「でも妹って言われて拗ねてるところ見てると、やっぱ妹なんだって思っちゃった」

マミ「えー!?」

ホーリーマミ「うふふっ」

ホーリーマミ『名前と髪型はあなたに譲歩したのだから、これくらいいいわよね?』

マミ『し、仕方ないわね…』

れん「……」

れん(私…嫉妬してるの…?)

梨花「あ、そうだ!マミちゃん、前の約束覚えてる?」

マミ「約束?」

梨花「そ!約束!彼氏つくってダブルデートのやつ!」

マミ「あー…」

マミ(結局、男の子とは全く話しすらできなかったのよね…)

マミ(そもそも未だに顔と名前が一致しないレベルなのよ…)

ホーリーマミ「あなたが彼氏を?そんな約束してたのね」

マミ「もう、悪い?」

ホーリーマミ「ううん、ただ意外だなって」

梨花「えー?マミちゃんめちゃくちゃ可愛いし性格も良いから彼氏いないことの方が不思議だよー!」

マミ「ありがとう、でも私に彼氏はまだ早いみたいだわ」

梨花「そっか、ならお互い様だね」

ホーリーマミ「お互い様?あなたは彼氏すぐできそうだけど…」

れん「……」

れん(梨花ちゃんは可愛いから…すぐできそうだけど…)

れん(胸がくるしい…嫌だ…取られたくない…)

梨花「あはは、あたしね、ほんとは彼氏なんて最初から作る気なかったんだ…」

マミ「へ?」

梨花「……あたし、彼氏作るって張り切ってたけど…あれ、嘘なの」

マミ「そうなの?そんな風には全然見えなかったけど…」

梨花「あたしはさ…その…私ね、好きなのが女の子なんだ」

マミ「!」

ホーリーマミ「!」

れん「…」

梨花「……変だよね?自分でもよくわかってる…」

梨花「魔法少女になった理由もそれだしね…結局あの恋は終わったけど…」

梨花「表面では彼氏作りに頑張ってるあたしを演じてたけど」

梨花「ほんとの私は女の子が好き…」

梨花「だからあの時もマミちゃんにああ言っておきながら、嘘言ってたんだ…」

マミ「そう…だったのね」

梨花「…あは、変だよね?なに言ってるんだろう」

マミ「変じゃないわ、少なくとも私の回りには女の子同士で恋人になってるカップルが二組はいるもの」

梨花「!」

マミ「むしろカップルと言うレベルを越えているわ…ハンパないわよ」

梨花「えー!?」

ホーリーマミ「私もいろんな魔法少女を見てきたけど、魔法少女同士のカップルは普通にいたわ」

ホーリーマミ「むしろ神浜では男の子と付き合ってる魔法少女の方が明らかに少ないと思う…」

梨花「そ、そうなの!?知らなかった…」

れん「…!!」

梨花「あ…でも考えてみれば…心当たり結構あるかも」

マミ「だから綾野さんは全然おかしくないと思うわ」

梨花「そっか…うん、そっか!」

梨花「なら…もうこれ以上嘘つかなくても…いいよね」

れん「梨花ちゃん…?」

梨花「……あ、あのね!れんちゃん!」

れん「は、はい…」

梨花「……私っ!れんちゃんのこと好きなのっ!」

れん「!!!」

マミ「!」

ホーリーマミ「!」

梨花「嫌われたくないから…ずっと黙ってたけど…」

梨花「失恋して…すっごく落ち込んでた私のそばに、ずっといてくれて」

梨花「励ましてくれたれんちゃんのことをね…」

梨花「いつの間にか…好きになっちゃってたみたいなんだ」

れん「……」

梨花「だ、だからね…れんちゃん、私のこと好きにならなくてもいいから…」

梨花「嫌いにならないでほしい…な」

れん「う…うぅ…」ポロポロ

梨花「れ、れんちゃん!?泣いてるの?」

れん「うぅぅぅ…」ポロポロ

梨花「ご、ごめんね!私が変なこと言ったからだよね?泣かないで?」

れん「ち…違うんです…はい」

梨花「違う?」

れん「嬉しくて…」

梨花「!」

れん「私も…梨花ちゃんが好きだから…」

梨花「!!」

れん「だから…嬉しくて…うぅぅ」

梨花「じゃ、じゃあ…私達両想いなの!?」

れん「はい…はいっ…!」

梨花「わ…!わっ!やった!やったぁ!」

梨花「嬉しい…初めて恋が実った…!」

れん「梨花ちゃん…うぅ」ポロポロ

梨花「も、もう…泣かないでよ?ね?…あれ?」

梨花「なんで私も…泣いて…」ポロポロ

梨花「う…うぅ…れんちゃーん」ギュッ

れん「はい…はいっ…!」ギュッ

マミ「……ふふ、私達はここまでね」

ホーリーマミ「ええ、二人の邪魔になっちゃうわ」

ホーリーマミ「でもせめて…」パチン

マミ「!ふふ、そのくらいの魔法が一番ね」

ホーリーマミ「ええ…そうね」

マミ「それじゃあ、クリスマスデート頑張ってね」

ホーリーマミ「行きましょう」

マミ「ええ」

梨花「えへへ…人前で泣くのはあの時以来だな」

梨花「マミちゃん、私達…あれ?いない」

梨花「…気を利かせてくれたんだね、ありがと」

れん「わぁ…梨花ちゃん」

梨花「あっ!雪だ!ホワイトクリスマスだよ!」

れん「綺麗です…はい…!」

梨花「綺麗だねー…!」

マミ「あーあ、私はいつになったら彼氏ができるのかしら…」

ホーリーマミ「あら、彼女じゃないの?」

マミ「……それに関してはノーコメントね」

ホーリーマミ「ふふ、そうよね」

ももこ「おっす!マミちゃんズ!」

かえで「こんにちは!」

レナ「えへへ」

マミ「こんにちは」

ホーリーマミ「こんにちは」

ももこ「この雪、ホミちゃんだろ?」

ホーリーマミ「あら、もうバレるなんて」

ももこ「これくらいが一番いいよ、これならみんな幸せになれるしな!」

レナ「ホワイトクリスマス…綺麗だね」

ももこ「この綺麗なレナも明日にはいなくなってると思うと、それはそれで名残惜しいんだよなー」

かえで「でもやっぱりレナちゃんは元のふてぶてしさがあってこそだよ」

レナ「ふてぶてしいなんて、酷いよぉ」

ホーリーマミ「なんていうか、色々とごめんなさい」

マミ「明日からのレナちゃん…本当に大丈夫なのかしら?」

レナ「別に今のレナが魔法で操られてるわけじゃないし、レナの意思だからきっと大丈夫だよ」

ももこ「大変と言えば鶴乃だな、あれからやちよさんにこてんぱんにやられて」

ももこ「それからずっと大人しくなってるみたいだし」

ホーリーマミ「そうなの?なら慰めてあげないと…」

ももこ「あー、そうじゃなくってさ。鶴乃って大人しくなったあと反動で急に騒がしくなるから」

ももこ「たぶん今日のパーティーはかなり賑やかになると思ってさ」

ももこ「やちよさんもかなり張り切ってるし、きっと忘れられないクリスマスになるよ」

マミ「なら私達も張り切ってケーキ作らなきゃね」

ももこ「頼むな!アタシは肉料理たんまり作るから!」

かえで「相変わらずももこちゃんは茶色尽くしだね!」

レナ「レナ、ももこの手料理も大好き!」

ももこ「ももこさんも張り切らなきゃな!」

マミ「ついたわね」

やちよ「いらっしゃい!」

いろは「もう準備はできてますよ!」

フェリシア「なー!なー!早く始めようぜー!」

さな「まずは料理が先だよ…?」

鶴乃「万々歳からも持ってきたから…」

ももこ「な、おとなしいだろ?」

マミ「たしかに」

いろは「でもさっきからウズウズしてて…」

フェリシア「たぶん五人が来るの待ってたんだと思うぞ」

鶴乃「そう!だから今から全力で楽しむよ!ふんふんふん!!」

ももこ「やっぱりかー!」

やちよ「ふふ、楽しいクリスマスパーティーにしましょうね」

やちよ「まずは最初にみんなで言うわよ」

いろは「そうですね!」

マミ「それじゃあ、準備はいい?」

ホーリーマミ「ええ!」

ももこ「それじゃあいくぞ!」

さな「せ、せーのっ」

みんな「Merry Christmas!!」



マミホミ双の大晦日に続く