鶴乃「お待たせしました~!」

かりん「早いの!」

アリナ「ん?」

鶴乃「チャーハンセット二つです!」

かりん「えっ?」

アリナ「ちょっと、頼んだのは半チャーハンとチャーハン単品なんだケド」

鶴乃「万々歳からのお年玉です!」

アリナ「お年玉?」

かりん「どういうことなの?」

鶴乃「実はね、張り切ってたくさん用意してたんだけど」

鶴乃「よくよく考えたら、元旦から中華食べに来る人あんまりいないのかなって」

鶴乃「だから今日来てくれたお客様には注文に合わせたサービスをしてるんです!ふんふん!」

かりん「じゃ、じゃあ食べてもお金変わらないの…?」

鶴乃「もちろん!」

アリナ「アリナのチャーハンが普通の量になってるんだケド」

鶴乃「それもサービスだから大丈夫だよ!」

アリナ「……でも、なんか…」

鶴乃「あ、もしかしてダイエット中だったり?」

アリナ「は?アリナ自分のスタイルには自信あるんですケド」例のポーズ

かりん「アリナ先輩かっこいいの♪」

鶴乃「あはは、なら残さず食べてってね~」

アリナ「あっ」

アリナ(上手くのせられた…由比鶴乃…やっぱり厄介だヨネ)

アリナ(でも、お腹ペコペコだし…)

かりん「ラッキーなの~♪」

アリナ(この子も嬉しそうだから、アリナ的にもラッキーだヨネ)

アリナ「えっと、チャーハンと餃子と…酢豚?」もぬん

アリナ(それにしてもこれは…お世辞にも美味しそうとは言えないんだケド)

アリナ(不味そうじゃないケド、見た目は50点…)

かりん「先輩はこの中で何が好きなの?」

アリナ「別に、アナタは?」

かりん「わたしは…あ!」

かりん「チャーハンと~♪ぎょーざとすぶた~♪」

アリナ「!」

かりん「どれが~好きか~♪自分に問うてみるの~♪」

かりん「中華屋に行くと~♪絶対頼むのは~♪」

かりん「やっぱーり♪だいすーきなチャーハンなのなの~♪」

アリナ(歌詞はともかく、歌う姿がラブリーすぎるんだケド!?)

アリナ「…今のクレイジーな歌はなんなの?」

かりん「絶対に笑ってはいけないインキュベーター24で浜べえが歌ってたの」

アリナ「そう…ふふ」ニコ

かりん「!」

かりん(アリナ先輩がまた笑ったの!普段滅多に笑わないから嬉しいの♪)

かりん(今日のアリナ先輩、いつもより優しいし、機嫌も良さそうなの)

かりん(最初はピンクの子にすごく八つ当たりしてて機嫌悪そうだったけど)

かりん(今はそうじゃなくなって良かったの)

かりん「あれ?よく見たらチャーハンの種類が違うの」

アリナ「あ、たしかにバリエーションが違うヨネ」

かりん「わたしは…チャーシューチャーハン?」

アリナ「アリナは…レタスチャーハンなワケ」

鶴乃「あー、それやちよ達にいつもと違うチャーハン作ってった名残なんだよね」

アリナ「ふーん」

かりん「アリナ先輩はどっちがいいの?」

アリナ「アリナ的にはレタスでいいんですケド、レタス好きだし」

鶴乃「あ、やっぱり!」

アリナ「誰の髪がレタスっぽいって!?」

鶴乃「えぇ?そこまで言ってないよ!?」

アリナ「ふん」

かりん「わたしはアリナ先輩の髪色、綺麗で大好きなの♪」

アリナ「べ、別に気にしてないんですケド…ありがと」

かりん「えへへ」

鶴乃「ふふ」ニコニコ

鶴乃(アリナって正直マギウスの中でも印象良くない方なんだけど)

鶴乃(こうして見ると可愛いところあるんだね)

鶴乃(フェリシアが珍しく今も怯えてる相手なんだけどね)

鶴乃(そう言えば、やちよが初詣でフェリシアが怒られて泣きそうになってたって言ってたっけ)

鶴乃(かりんちゃん、ハンカチ巻いてるし…たぶんフェリシアが怪我させたんだろうなぁ)

鶴乃(やちよがフェリシア連れてってくれて良かったかもね)

アリナ「もぐもぐ…」

アリナ(本当に50点って感じで逆に関心するんですケド)

アリナ(でも…この子にごちそうして貰えてるんだし、サービスもしてくれたから)

アリナ(悪く言うわけにはいかないヨネ)

かりん「先輩、レタスチャーハンどうなの?」

アリナ「…まあ、おいしいケド」

鶴乃「ほんと!?」

アリナ(ほんとは50点だケド)

かりん「良かったの♪チャーシューもおいしいの!」

アリナ「ふふ、そう」ニコニコ

アリナ(かわいい)

かりん(アリナ先輩が楽しそうで料理もおいしく感じるの♪)

鶴乃(すごい良い笑顔!たぶん自覚してないんだろうなー)